業務委託の副業がばれる可能性は?副業を行うコツと注意点

スキマ時間にちょっとでも稼げたらと副業を検討している方も多いでしょう。
ただ気になるのが、副業をすると会社にばれるのでは?という不安です。

業務委託で副業をする場合、会社にばれるとどうなるのでしょうか。業務委託と副業アルバイトではどっちの方がばれる?

業務委託の副業を行うコツと注意点についてまとめました。
業務委託のデメリット、メリットも合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

消防士の体力試験の評価の目安と試験対策!

消防士になるためには、消防士採用試験を受けて合格しなくてはなりません。筆記試験や面接の他に体...

保育士のピアノ実技試験対策!苦手なピアノを克服し合格するには

保育士試験には実技試験があり、その1つにピアノ実技があります。小さい頃からピアノを習っている...

会社でお土産を配る時に注意したいことやタイミングを紹介!

有給を貰って旅行に行った、遠出をしたのでめずらしいお土産を見つけたという機会があると会社にお土産を用...

休職と退職の違いとは?それぞれの特徴を確認しよう

退職を考えているときには、休職をしてから退職をしたほうがいいのでしょうか? それともすぐに退職をした...

野球のバッティンググローブには意味がある!その必要性を解説

プロ野球の試合を見ていると、バッターボックスに入る選手は必ずバッティンググローブをつけていますよね。...

年末はやっぱり仕事が忙しい!忙しい仕事を乗り切る方法

年末になると毎年仕事が忙しいと感じる人は多いですよね。会社全体がなんとなくバタバタして、年末...

特別区の面接は重要、その評価が合格・不合格の分かれ道となる

特別区の面接。この評価によっては、筆記試験が低くても評価が上がる可能性もあるため、しっかり具体的...

裁判所事務官の面接試験は難関?その内容と合格ポイントとは

裁判所事務官の2次試験である面接。面接カードに書かれている内容について質問されることになっているよう...

コンビニの品出しの時間はお店によって違う!時間帯を紹介

24時間営業していたり、ちょっとした物を買うのに気軽に寄ることが出来て便利なコンビニ。いつも...

パワハラ上司への仕返し!社長に報告する場合の手順について

パワハラ上司による被害を受けている人は、毎日会社に行くのも嫌になるのではないでしょうか?なん...

新入社員がカラオケを断るのはアリ?上手に断る方法

新入社員でもカラオケが苦手な人っていますよね。では、新入社員がカラオケの誘いを断ってもいいの...

情報処理に関する資格は就職にどのくらい有利となるのか徹底調査

IT業界への就職を考えている大学生は、情報処理に関する資格を持っていると就職に有利になると思っている...

上司から愚痴を聞かされるのが辛い人へアドバイス!

上司にからいつも愚痴ばかり聞かされる・・・。聞かされる方もストレスが溜まりますよね。愚痴ばか...

年末年始休みなしの仕事でも休む方法と大切なアフターフォロー

年末年始と言えば家族とゆっくり過ごすという人が多いかもしれませんが、年末年始にも休みなしの仕事の人も...

バレーボールの上達法は自宅で一人でもできるコツやオススメとは

バレーボールの上達法には自宅で一人でも簡単にできる練習方法があります。コツを掴んで自宅でも練...

スポンサーリンク

業務委託の副業が会社にばれるとどうなるの?

少しでも収入が欲しくて、副業をする方々も増えているのではないでしょうか。その副業の中では、業務委託されているものもあると思いますが、でも、その副業、会社にばれてしまった場合、どうしたら良いのでしょうか。

雇用契約では、商業時間以外に、「これはしてはいけません」などの、規制はすることができません。しかし、会社から副業を禁止されている場合もあります。その場合はそれなりの処分が言い渡されます。

どうやって会社にばれるか?それは確定申告になってきます。住民税額に関わってくるので、毎年6月に会社にばれてしまいます。

副業をしている場合ですが、収入が20万円を超えている場合は、確定申告が必要になってきます。

それが原因で会社に不利益を起こした場合は、解雇通知が合法とされているケースもあります。

業務委託と副業アルバイトではどっちの方がばれる?

副業。業務委託されている副業もあると思いますが、副業を禁止している会社に勤めていて、その副業がばれたら、最悪解雇処分を受ける可能性もあることを上記ではみてきました。

次に、副業は副業でも、業務委託とアルバイトでは、どちらがばれやすいのかについてみていきたいと思います。

まず、副業アルバイトとはどんなものを言うのでしょうか。

副業アルバイトは、既に税金が引かれているので、確定申告が必要ないものをいいます。その為、副業先の会社には、「副業である」ことを伝え、副業と本業、両方を確定申告します。

それに対して、業務委託とは、業務委託の場合は、本業にばれる確率が高いです。対策なしに確定申告をしたとしても、本業に副業していることがバレやすい状況になります。

ばれる前に注意?副業で業務委託を行うデメリットとは

副業アルバイトと業務委託では、業務委託の方が、本業にばれやすいことを、上記では触れてきました。

とはいえ、収入は欲しいし、本業にはバレたくないっと思っていると思います。そこで、副業で業務委託を行うデメリットをここで指摘しておきたいと思います。

働く側としては、業務委託として働くとなると、様々なデメリットが生じます。その一つが、待遇になります。

社会保険や雇用保険、労災保険などが、副業の業務委託だと、負担がないからです。時間外手当や休日手当、年次有給休暇も当てはまります。逆に、会社側は本来負担すべき、上記で述べたものの負担せずにすむので、楽だと言えます。

働く側としては、収入は増えるけど、本来貰えるべき待遇がない、その為、本業に比べるとお金は入るけど、きちんとした待遇がない。その点を肝に免じて働くべきなのではないでしょうか。副業には、メリットもありますが、デメリットもあります。

ばれると大変?企業が副業を禁止するのはなぜ?

副業での業務委託には、様々な待遇がカットされているデメリットがあることを、上記ではみてきました。

次に、その副業、上記でも少し触れてきましたが、ばれるとどうなるのか、どうして本業、企業側が副業を禁止しているのか、ここで説明していきたいと思います。

会社によっては、副業を禁止していますね。どうしてなのか、その理由からみていきたいと思います。

「本業の仕事に差し支えが出る」
「本業と副業で、競合関係になる可能性が出る」
「ケガをした際が、厄介」

想像がつくと思いますが、本業以外に仕事をされると、疲れも出ますから、本業の仕事に差し支えが出る可能性があります。企業としては、雇っている以上は、きちんとした仕事をして欲しいのでしょう。

また、ケガをした時に、どちらの企業が労災を出すのか、それが不明確になってしまいます。その為、企業によっては、副業を禁止しています。企業側が禁止するのには、それなりの理由があるんですね。

業務委託の副業をするメリットは?

業務委託の副業を、どうして企業側が禁止するのか、上記では、3つの理由をみてきました。

最後に、それでも副業で業務委託をする方がいると思いますが、そのメリットについてみていきたいと思います。

自分のやりたい仕事をすることができるから副業をする

中々、自分が得意な分野で働くことって難しいと感じている人もいると思います。でも、生活があるからと本業をしていて、でも自分が持っているスキルを生かす場所が欲しい。そう思って副業でそのスキルを生かし、収入を得ている人もいると思います。

そういった意味で、副業をしている人は、自分に与えられている能力を生かしているといえます。

副業は好きな時間に仕事ができる

自分のペースで仕事ができるというメリットもあります。自分が好きな所で仕事ができたら、仕事もはかどりますよね。やる気も出てきます。そういった意味では、副業もメリットがありますし、空いた時間に仕事をしたいと思っている人には、お勧めになります。