就活に黒髪はなぜかその理由とオシャレに就活を楽しむコツ

就活中はなぜかみんな黒髪に戻しますよね?では、なぜ就活には黒髪が良いのでしょうか?

それには、日本特有の考え方が今も根強くついているからなのです。

だけど、就活中でも可愛くオシャレを楽しみたいという女子も多いはずです!

そこで、就活に黒髪はなぜかその理由とオシャレに就活を楽しむコツや就活でも可愛い黒髪風を叶えるおすすめヘアカラーなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボウリング初心者ができること!上達するためのコツについて

ボウリングは幅広い年代に人気のスポーツですよね。一度はやったことがあるという方が多いと思いま...

仕事が遅い新人にイライラ…教える側の技量も問われます

仕事が遅い新人に対して、イライラしてしまうことがありますよね・・・。つい怒ってしまいたくなる...

陸上の走り幅跳び練習方法!走り幅跳びの記録を伸ばす練習方法

陸上で走り幅跳びの競技をしている人は、自分の記録を伸ばすことができる練習方法を知りたいと思いますよね...

公務員の面接対策とは地元以外を受けるときの準備や心構え

地元以外の公務員面接を受けるときに必ず聞かれる質問。いったい、どのように答えたらいいのでしょうか?...

駅員の仕事は楽?決して楽とは言えない駅員の仕事の実態とは

毎日見かける駅員さん。なんだか仕事が楽そうでいいなと思っていませんか?一見楽そうに見える駅員...

肩を柔らかくする方法で水泳が上達してケガの予防にもなる

肩が柔らかくする方法をトレーニングすると水泳がとても泳ぎやすくなるでしょう。それは、水泳のト...

面接を連絡なしでドタキャンするのはだめ!相手の立場になろう

面接の連絡なしでドタキャンをすると、あなたの評価がガタ落ちしてしまう!?お互いのためにも、き...

No Image

相撲の座布団を投げる【座布団の舞】投げる理由とその歴史を解説

相撲中継を見ていると、座布団を投げる人たちの映像を目にすることもありますよね。座布団を投げるのは一体...

卓球女子にオススメな練習メニューを紹介。卓球の大事な基礎とは

卓球と聞くと地味なイメージを持ってしまう人も少なくないでしょう。ただピンポン球を打っているだけと...

年下上司にムカつく!上手く付き合うための対処方法について

年下上司が最近増えてきて、年配の方からムカつく!といった意見も・・・。しかし上司ですから、上手く...

硬式テニスのサーブの打ち方とは?初心者が入らない理由とは

硬式テニスのサーブがなかなか入らないのはどうしてなのでしょうか?初心者の場合はこんなことに注意してサ...

長期休暇の理由で嘘をつくくらいなら言わないほうがいい

長期休暇の理由は正直に話したほうがいいのでしょうか?それとも嘘をついていい?良くも悪くも、休...

経済学部は数学が苦手な人でも大丈夫!授業の取り方を工夫しよう

数学が苦手で文系の学部に進む人は多いでしょう。しかし、文系の中でも経済学部となると数学に関係する授業...

ソフトテニス戦略、前衛として相手にプレッシャーを与える動き方

ソフトテニスで相手に勝つためには戦略が必要です。特に前衛の動き方は重要で、フェイントなどを使いながら...

バスケのシュート練習を自宅でする方法!高校生からの上達法

高校からバスケ部に入ったという方も多いですよね。バスケを始めたばかりだと、やはりたくさんの練...

スポンサーリンク

なぜ就活には黒髪が良いのか?

就活中の黒髪は一般的な常識

そのことに対して特に疑問も抱かずに、黒髪に染め直す大学生も多いことでしょう。

しかし実際のところ、どうして黒髪にしないといけないのでしょうか?

黒髪主義は日本特有である

その為、海外の人は日本人が就活の際に黒髪にすることに対して、疑問を抱いているのだとか。同じアジアの国でも、他国では茶髪のまま就活をするなんていう人は普通にいるみたいですよ。

もちろん、黒髪にしたからと言ってその人の中身が変わるわけではありません。しかし、周りから見たその人のイメージが変わることは確かです。

どうしても髪の色が明るいとチャラチャラしたイメージを抱いてしまいがちです。その点、日本人本来の黒髪であれば相手に対して「マナーがなっている人」「仕事を任せられそう」といったような信頼感を与えることが出来るのです。

面接においては、相手にそういった印象を与えることもとても重要になるのです。その為、就活では黒髪にするというのが一般的になっています。

就活生が黒髪に戻すのはなぜ?

美容師やアパレル関係の仕事は例外として、一般企業においては社会人の髪色は「黒髪」や「暗めの茶髪」くらいが定番となっています。

そんな中、就活の面接を明るい髪色で受けてしまえば「この人は社会人になる準備が出来ていない」と思われてしまい、落とされてしまう可能性が高いのです。「社会人になったら黒髪にします」なんて言っても無駄ですよ。

例えば「御社の為に一生懸命頑張ります!」なんて言った場合でも、茶髪か黒髪かでその言葉の重みは大きく変わってくるのです。もちろん、黒髪の方が信頼を勝ち取ることが出来ます。

黒髪で就活生の心意気を見ている

人を見た目で判断しないで欲しいなんて思うかもしれませんが、見た目というよりも心意気を見ているのです。この会社に入る準備は出来ているのかということ。だから、面接の時点で黒髪にしてこないような人はアウトということです。

社会人になれば、社内だけでなく取引先やお客様など、外部の人と関わりを持つことも多くあります。そういった人に良い印象を与えられる人かどうかということも、面接においては見極められているのです。

だから就活生は企業に少しでも良いイメージを与える為、黒髪に戻すのです。

就活に黒髪はなぜか?しないほうが良い場合も?

日本人の地毛は、黒髪が一般的

その為、黒髪というだけで相手に素直さや誠実さを伝えることが出来るのです。日本人の顔にも黒髪が一番似合いますし、就活中に着るスーツとも合いますよ!

就活においては、他の人と差をつけたいと思うことでしょう。確かに明るい髪色にしておけば、他の人よりも目立つことは確かです。しかしそれは、単なる悪目立ちに過ぎません。

その為、就活中は必ず黒髪にするようにしましょう。

しかし一方で、黒髪にしない方が良いというケースもあります。例えば元々色素が薄くて、髪の色が明るめの人っていますよね。そういった人が無理に黒髪にしようとすると、不自然になってしまうことがあるのです。

その為、黒髪にするというよりは、自然な髪色でいることをおすすめします。

ただ…お堅い職業の場合など、企業によっては絶対に黒髪の方が有利というところもあります。しっかりと企業研究をして、髪の色をどうするべきかも考えてみてください。

黒髪でもオシャレに就活を楽しむには?

就活中でも、少しでもオシャレに見せたいですよね!髪の量が多かったり傷んでいたりするのにそのまま髪をおろしていると、野暮ったい印象になってしまいますよ。

もし毛先がキレイなのであれば、髪をおろしてハーフアップスタイルにするもの良いでしょう。

ショートカットの場合は髪を結ぶのは難しいので、耳にかけるだけでも明るい印象になりますよ。

でもやっぱり一番おすすめなのは、アップスタイルです。ある程度髪の長さが無ければ難しいかもしれませんが、CAさんのように髪を全てまとめてお団子にし、ネットなどに入れるとスッキリ!清潔感があって、好印象になること間違いなしです。

そして、前髪も重要です。お辞儀をする度に前髪が目にかかるのはNGですので、固定しておかなくてはいけません。ただ、ピンを使って前髪をピタッと止めるのはなんだかちょっとダサい感じがしてしまいます。

そんな時におすすめなのが、前髪カールです。前髪にカーラーを巻いたりコテで巻くなどして、目にかからないようにカールしてください。最後はスプレーなどで軽く固めれば、落ちてこないですよ。

就活でも可愛く!黒髪風を叶えるおすすめヘアカラー

就活中は黒髪にするのが定番ですが、黒染めをすると地毛よりも黒くなってしまったりして、不自然になってしまうことがあります。

しかも、黒過ぎてなんだかかっこ悪い。就活とは言え少しでも可愛くいたい、そう思うのが女心ですよね。

そういった場合におすすめなのが、「黒髪風」カラーに染めることです。

例えば「グレージュ」です。黒髪でありながらも、透明感を出してくれるので重たい印象になりません。ボブにも似合う髪色ですよ!

続いては「ダークベージュ」です。少しだけベージュが入っているものの、髪色が明るいという印象にはなりません。お休みの日などにもヘアアレンジをして楽しめちゃいます。

あとは、「ダークグレー」もおすすめです。黒髪とまではいきませんが、黒髪に近い色をしています。地毛に見えるものの抜け感がある為、就活中にはおすすめの髪色です。