暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

市役所の最終面接合格必勝法!面接官にアピールするポイント

      2018/10/14

市役所の最終面接合格必勝法!面接官にアピールするポイント

市役所の最終面接に合格するためには何が必要か。それは「情報」です。
情報を集め、十分な調査研究を行うことで合格率もアップします。

その上で、市役所の最終面接で合格するには何をアピールするべきなのでしょうか。合格か否かを分けるのは?

市役所の最終面接合格必勝法をご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

市役所の最終面接で合格するには何をアピールするべき?

市役所の最終面接を受けるともなると、緊張する方も沢山いると思います。

その面接ですが、何をアピールしたら、合格にたどり着くことができりのか、その要因をここで一緒にみてみましょう。

「市民への思い入れ」

市民に対してどのような公務員になりたいのか、自分が描くイメージをはっきりと答えることができると良いと思います。誠意をもって答えれば、あなたの思いが面接官に伝わると思います。

「市民への関心と思いやり」

面接時間は思っている以上に短いので、一つ一つの質問に端的に、落ち着いて答える必要があります。焦らずに、落ち着いて答えましょう。

また、あなたが応募する「市」について調査をして、その市にある問題を把握して、対策を答えることができると良いと思います。

市役所の最終面接で合格か否かを分けるのは身だしなみや話し方

先程は、市役所の最終面接で、合格する為のポイント2つをみてきました。

次に最終面接の合否を左右する、身だしなみや話し方について触れていきたいと思います。

面接も点数制です。その為、身だしなみや話し方については注意が必要になってきます。
服装ですが、おしゃれは避けましょう。そして、清潔感が伝わる髪型や服装で面接に挑んでいきましょう。

面接時の髪型ですが、男性は短くして、女性は長い場合は束ねましょう。メイクはナチュナルメイクを心がけましょう。

話し方ですが、敬語を使う必要があります。それは、業務が始まってからも同じになりますから、冷静にきちんとした敬語を話すことができるかどうかが問われてきます。

普段からの練習が必要になってきます。適切な日本語を話せるようにしておきましょう。

市役所の最終面接で合格率をあげるテクニックとは

先程は、市役所の最終面接の合格を左右する身だしなみと言葉遣いについてみてきました。

次に、上記の点を踏まえた上で、どうすれば合格率を上げることができるのか、テクニックをみていきたいと思います。

面接の際はその場の雰囲気で、一番偉い人、決定権が強そうな人に向けて話す必要があります。その為、アイコンタクトは大切になってきます。

面接官が複数いる場合は、質問をしてきている面接官の方をみて話すこと、視線が面接官からずれないことを意識する必要があります。

面接で何が重要になってくるかというと、誰に向かって話すのか、その人とのアイコンタトをとっていく、そういった「コミュニケーション能力」が見られているのだと思います。

また、面接官からの自己紹介がある時ですが、聞き逃さずに聞いていましょう。誰に決定権があるのかが、そこで判断がつきますから。

市役所の最終面接で落ちてしまうのはどんな人?

上記では、市役所の最終面接、合格率を上げるには、決定権がある人を意識して話していくこと、またその人とのアイコンタトを十分とることを学んできました。

次に、その市役所の最終面接ですが、残念ですが落ちてしまう人の特徴をここでみていきたいと思います。どんな人が最終面接で落ちてしまうのでしょうか。

面接では面接官とのコミュニケーションが大切

その為、面接に落ちる方ですが、面接官とのコミュニケーションに問題があったり、声が小さかったり、何を言っているのかがわからない事が原因になってきます。

そして、もう一つの点ですが、これは応募している人からすると、難しい点になりますが、

「一緒に働きたくない人」も要因になるようです。

あなたはその職場で働きたくて、面接を受けると思いますが、相手からみると「この人とは働きたくない」と思われてしまうと、中々面接にも受かりにくくなってきます。

ある意味、面接官の好みで合否が決まってくるのだと思います。

市役所の最終面接で合格するための対策

市役所の最終面接で落ちてしまう人

面接でのコミュニケーションに問題があり、また面接官の好みから外れてしまうことが要因であることを先程はみてきました。

最後に、市役所の最終面接で合格するための秘訣をここで学んでいきたいと思います。

まず、面接で落ちやすい要因をここでもう一度みていきたいと思います。一つの要因として考えられるのは、「公務員じゃなくてもいいんじゃないの?」と思われたり、そこで働きたい理由がわからない人です。その為、公務員ではなくてはいけない理由、また市役所で働かないといけない理由を明確にして最終面接に挑む必要があります。

面接官が、「そういう理由なんですか」と感銘するものを考える必要がありますし、公務員を応募するきっかけであったり、経緯がはっきりしている方が、面接官としても、「この応募者は他の応募者とは違うな」っと感じると思います。

志望動機であったり、面接でのうまいコミュニケーションのとり方、面接までに是非クリアしていきたいですよね。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ