暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

面接が「怖い」「 行けない」と感じる方へ!面接の乗り切り方

      2018/10/14

面接が「怖い」「 行けない」と感じる方へ!面接の乗り切り方

会社の面接は誰しも緊張するものです。
しかし、面接なくして会社に入ることはできません。
面接に行くのが憂鬱で、「面接が怖い」とか「面接に行けない」と感じてしまう人がいるかもしれません。

そんな風に感じてしまうのは、何が理由なのでしょうか?
自分の中で不安に感じる部分を考えてみて、そこから対処法を探りましょう。

面接を受けるのが怖い方への、面接の乗り切り方をご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

面接が怖い、行けない理由は何か

「面接が怖い」と思い面接に行けない、または行くのにものすごくエネルギーが要るという人、いますよね。
その面接に行けない理由は何か、まずは考えてみましょう。

極度の人見知りの人は面接が怖い

初めての人や、あまり慣れていない人の前に出るのが苦手という人にとっては、知らない人しかいない面接に行くのは、怖いと感じることでしょう。
ペーパーテストと違って、人と人が顔を合わせる面接は、人見知りの人には、高いハードルといえます。

面接で嫌な思いをしたことがある

以前の面接で、面接官が威圧的な態度を取るような人に当たってしまったり、何か失敗をして嫌な思いをしたことがある人は、再び面接をしなくてはならない時に、「またあの時の嫌な思いをするのではないか」といった恐怖感にかられて、行けない、または行きたくないと考えてしまうようです。

面接に対して「怖い」「行けない」と緊張する時には

面接に対して「怖い」「行けない」と緊張する時には、このような対策を取ってみてはいかがでしょうか。

面接のシミュレーションを何度もする

学校などでも、面接のシミュレーションをしてくれることもありますが、回数を何度もこなす事が出来ないこともあります。
そんな時は、友達に付き合ってもらったり、自分の頭の中でシミュレーションを何度もしてみましょう。
ちょっと、ふざけた内容も混ぜながらやってみると、アドリブ力がついたり、緊張もほぐれていきます。
ただし、本当に面接でふざけると落とされてしまいますから注意しましょう。

面接官も人見知りだと思って挑む

面接官と言えば、毅然とした態度で面接をするイメージがありますよね。
でも実は面接官の方でも、「明日の面接上手く出来るかな?」「準備が不十分だったらどうしよう」などと、前日から緊張する人もいます。
ですので、見た目は淡々と面接をしていても、内心ではドキドキしながら質疑応答をしているのかも知れません。
面接官も自分と同じ人見知りだと思って挑めば、面接官の事が怖いとは思わなくなります。

行けないのは面接で不採用になることが怖い…他の会社の候補も

面接に行けないのは、「面接で不採用になることが怖いから」という人もいますよね。
そのような時は、ひとつの会社に全力を注がず、他の会社の候補もいくつか考えておきましょう。
大学受験と同じように、就職で不採用(不合格)になることはさほど珍しい事ではありません。
むしろ落ちて当たり前くらいに思わなくては、神経が持ちません。

自分の中で目標や夢があり、それを叶えてくれる会社に入りたいということであれば、その会社一本に絞りたいという気持ちはわかります。
しかし、会社のほうでも採用枠は決まっており、その中で出来るだけ優秀で社風に合う人を選ばなくてはなりません。
ですので、その狭き門をくぐるのは極めて難しい事といえます。

大学受験ですべり止めを受けるように、就職でもすべり止めを候補として考えておけば、精神的にも安心できるのではないでしょうか。

面接で言葉に詰まった時は素直に伝える

面接で質問された内容が難しかったり、即座に言葉にまとめる事が出来なかったりした時に、沈黙してしまう事ってありますよね。
そのように言葉に詰まった時は、素直に伝えるようにしましょう。
しどろもどろに無理をしたアドリブをするよりも、ずっと印象が良いです。

アドリブ力は、咄嗟に面白いことを言える事だけを指すものではありません。
その場に相応しい言動や行動が出来ることも含まれます。
ですので、上手く言葉が出ずに、沈黙してしまった場合は、「すみません。上手く言葉にまとめられないのですが」と、前置きをした上で、自分の思っている事を素直に伝えたり、「答えを出すお時間を少々いただけますか」などと伝えて、冷静に対処しましょう。

また、質問内容がよく聞き取れなくてもう一度聞きたいときや、質問された内容の答えがわからなかった時なども、「もう一度質問内容をお聞きしても良いですか?」や、「わかりません。勉強不足でした。」などと素直に言うことが大切です。

面接官も所詮は普通のおじさん

よくよく考えたら、面接官も所詮は普通のおじさんなのです。
その会社で偉いとされていても、家ではテレビを見ながらゴロゴロしているのかもしれません。
ですので、あまり緊張せずに、親戚のおじさんと話すような気持ちで面接に挑んでみましょう。
とはいえ、本当におじさんと話している気持ちで「あのさあ」などと、くだけた口調にならないように気をつけましょう。

丁度良いのは、「親戚のおじさんに面接の練習をしてもらっている」という仮定をして、面接を受けてみれば、それほど緊張もしなくなるのではないでしょうか。
そこが上手くいかなくても、次のおじさんに面接の練習に付き合った貰おうくらいに考えて過ごしましょう。
そうすれば、面接を怖いと思ったり、怖気づいて行けないなんていうことも無くなります。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ