暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

公安の仕事は本当に危険?その仕事内容について徹底調査!

      2018/10/01

公安の仕事は本当に危険?その仕事内容について徹底調査!

テレビのドラマなどでも登場する「公安警察」。ドラマを見る限り、なんだか危険そうな仕事という印象が強いですよね。

公安警察は実際にはどんな組織なのでしょうか?その具体的な仕事内容とは?警察の中でもエリート集団っていうのはホント?

公安警察の仕事は危険ではない?その組織や仕事内容、よく言われているウワサについて説明します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

公安警察はエリート集団?仕事は危険だけど日本のため?

ドラマでみていると、公安の仕事haとても危険なように見えますよね。でも、それはあくまでもドラマだから、実際はそれ程危険な仕事ではないのかもしれない。そんな風に感じませんか?

そこで、ここで公安警察の仕事がどれだけ危険なのか、またどういった人たちが公安警察になるのか、みていきたいと思います。

まず、公安警察ですが、警察の一部門になります。その為、公安警察は逮捕権であったり、強制捜査権も持っています。

公安警察の仕事は、反射化活動の予防、公共の安全と秩序の維持になります。また、公安警察ですが、エリートな方々が集まる、優秀な人材が集まっている傾向があるようです。

公安警察は国家の治安維持の為に動いています。その為、国内のテロに対する捜査や情報収集を行っています。日本の治安維持の為に、一生懸命働かれているのですね。

公安警察の仕事は危険ではない?情報を調べることがメインの仕事

公安警察の仕事ですが、国家の治安維持の為に働いており、優秀な人材を集めていることを、上記ではみてきました。

次に、ドラマなどでは、公安警察は危険な仕事であるイメージがありますが、実際はどうなのか、情報収集がメインのしごとなのかどうかをみていきたいと思います。

その答えとなる部分ですが、実ははっきりとした情報はあまりません。というのも、公安警察は、極秘裏で仕事を進めているからです。

治安維持を目的としているので、暴力的な行動をする団体をマークして、実際に暴力的な活動が行われていないかどうかを、調査しています。

未然にテロの活動を防ぐ必要もあり、そのような傾向がある団体を調べることも公安の仕事になってきます。

大きな事件、テロなどが起こらないように、情報を管理する、また未然に防ぐことが、公安警察の仕事になってきます。

公安警察の組織とは?担当によっては危険な仕事もある

公安警察とは、治安維持を目的としている為、日頃からテロを起こしそうな団体の調査をしたり、凶悪犯罪が起こらないよう、未然に情報を集めて管理する役割をしていることを上記で学んできました。

次に、公安警察の組織とはどういったものなのか、また担当によっては危険な仕事があるかどうかについて、検証してみたいと思います。

公安警察の組織

公安の組織ですが、公安部には、第一から第四課まで存在しています。また、公安警察は個人主義な為、警察の中でも、あまり実態をよく知らない人が殆どです。それほど個人主義な為、仕事の内容が外に漏れることはないようです。そこが公安の厳しさなのかもしれません。

公安の仕事内容

公安警察ですが、国の為に仕事をしています。テロを未然に防ぐこと、対策を練っているので、外国や外国人も監視対象にしています。

公安警察にはこんなウワサがある?

公安警察とはどういう組織であり、国家の治安維持を目的としていることを上記でみてきました。

次に、公安警察ですが、様々なウワサが存在しているようです。どんなウワサが存在しているのか、ここでみていきたいと思います。

  • 「家族に、自分がどんな仕事をしているのかは知らせていない」
  • 「特別な機関なので、特別な情報は墓まで持っていく」
  • 「メモをすると情報が漏れる可能性があるので、メモはしない」
  • 「タバコは夜間ひと目に目立つので、吸わない」
  • 「携帯などは、自分の本名で登録したりしない」
  • 「特別な仕事なので、自分自信が張り込みをされていないかどうか、見張る必要がある」
  • 「現場では、本名では呼ばず、ペンネームなど、呼び名を変えている」

上記のウワサ、本当かどうかはわかりませんが、紹介してみました。実際はどんな感じなのでしょうか。ウワサとのギャップは激しいのでしょうか?

公安職員にもエース級の人と一般の人がいる!

公安の仕事、色んなウワサがあるようなので、上記ではその一部を紹介してきました。

これまで、公安のことについて色んなことを紹介してきたつもりですが、それでも公安のことはあまりよくわからない、秘密主義だと感じる方も多いと思います。

そこで、最後に、公安はどんな組織に分かれているのか、そして、エース級と一般の人がいる、その2点に触れて終わりにしたいと思います。

公安ですが、ここでも答えがよくわからない形になってしまいますが、一課の中でも、エース級の人とその他に分かれているようです。どうやって分けているかは定かではありませんが、課内で判断がついているようです。

課内でも、かなり違いがあり、管理が徹底されているようです。エース級の所には、普通の人は近づくことも禁止されている。もし接近するのであれば、どんな理由で接近するのか、追求されるようです。

内部のチェックはかなり厳しい。また、かなりの秘密主義、それが公安なようです。色んな事がまだベールに包まれていますね。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ