東京消防庁の体力試験の内容とは?合格に向けて体を鍛えよう!

東京消防庁の一次試験に合格するといよいよ二次試験!勝負の体力試験が待っています。

ではその体力試験の内容はどうなっているのでしょうか?一番きついのは?やっぱりそこそこ体力はつけておくべき?

事前に体力試験の内容を理解して対策しよう!東京消防庁の体力試験の内容について具体的に説明します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新人が使えないのは当たり前?上司の不満・新人の不満

新しく入社してきた新人が使えないと腹を立てている上司や先輩のみなさん、新人が使えないのは当たり前だと...

スパイクの手入れ方法!天然革皮のサッカースパイクお手入れ方法

天然革皮のサッカースパイクを使用している人もいますよね。天然革皮のサッカースパイクはお手入れをするの...

インドのスポーツ「カバディ」の歴史やルール、魅力について

インドのスポーツ、カバディを知っていますか?インドのスポーツと言えばクリケットですが、クリケ...

教員採用試験の服装の一次試験で迷うなら、スーツがおすすめ

教員採用試験の一次の多くは筆記試験です。筆記試験なので募集要領には「服装自由」と書かれていること...

学校の教員同士の知られざる人間関係について調査!

学校の教員とはいえ、そこはやはり生身の人間です。民間企業と同じように、人間関係で悩む教員も多いよ...

No Image

弓道初心者必見!上達するための筋トレメニューを大特集

弓道というと、ゆっくりとした動きがメインですよね。しかし、ゆっくりと動くためにも筋肉が必要です。...

職場の可愛い子はやっぱり目立つ!彼女が好かれる理由とは

職場の可愛い子が目立つのは、見た目だけではなかった!可愛い子は隠れて努力をしているのかもしれません。...

契約書の郵送方法・梱包方法とマナーや注意点について

新社会人として仕事していると、書類の郵送を頼まれることもあるでしょう。その時に注意が必要なの...

年上後輩のトリセツ。仕事がどのくらいできるのかを見極める

年上の後輩について。仕事上の立場として上司だけど、年齢的には部下が年上。この場合、『...

ボウリング初心者ができること!上達するためのコツについて

ボウリングは幅広い年代に人気のスポーツですよね。一度はやったことがあるという方が多いと思いま...

退職後の書類はいつ届く?離職票が届く日数と返却される書類

会社を退職したあと、退職した会社から離職票をもらわなければ失業保険の手続きをすることができません。退...

会社が寒い!夏の冷房対策で体調不良を予防!自分でできる対策

会社のエアコンが効きすぎてて夏でも寒いという人もいますよね。外の気温は高いのに、オフィスの中はまるで...

スライディングの練習方法!野球が上手になるコツについて

スライディングは野球の走塁において欠かせないものですが、正しいコツを掴むまで練習をする必要があります...

No Image

空手の蹴りの基本が上達するコツや正しい蹴りを身に着ける方法

空手の蹴りの基本である前蹴りが上達すると、自分の負けない得意技として有利な試合運びができるようになり...

消防士の体力試験の評価の目安と試験対策!

消防士になるためには、消防士採用試験を受けて合格しなくてはなりません。筆記試験や面接の他に体...

スポンサーリンク

東京消防庁の体力試験の内容とは?事前にトレーニングをしておくべき?

就職活動をしている方にとって、東京消防庁も一つの選択肢になってきますよね。体力試験を受けなくてはいけないことになると思いますが、どういった内容のものになるのか、疑問に思うこともあると思います。

東京消防庁の体力試験の内容や事前にどんなトレーニングが必要か

東京消防庁Ⅰ類ですが、体力検査は1㎞走、反復横とび、上体起こし、立ち幅とび、長座体前屈、握力、腕立て伏せが実施されます。
1㎞走(5分間)、反復横とび(30秒間)、上体起こし(30秒間)、立ち幅とび(2度実施)、長座体前屈(2度実施)、握力(左右1回)、腕立て伏せ(1回4秒×15回)になります。

上記をみると、「体力がないと試験に合格できないな」っという印象を持たれると思いますが、そうではありません。一定の体力があれば合格できるので、安心して下さいね。

東京消防庁の体力試験の内容の中で一番大変なものは?

東京消防庁の体力試験の内容について先程は説明してきました。

では、上記で説明した東京消防庁の体力試験の中で、一番大変なものは何になってくるのでしょうか?

最初に上半身裸で靴、靴下脱いで準備体操をし、最後に腕立て伏せをします。その腕立て伏せが結構大変らしいです。

  • 腕は肩幅、踵同士をつけて、上体を反らさないようにする。
  • 約20回程行う。腕を曲げた際は、顎は床から約15センチ程度。
  • 腕を曲げたまま10秒以上キープする場合もある。

上記のような形になります。他にも、長座前屈(座って壁に背中をまっすぐにして着け、足を伸ばして前屈) ・立ち幅跳び(立ったまま両足で踏み切って前に跳ぶ) などがあります。
個人差もあると思いますが、腕立て伏せが大変だという意見がありました。

体力試験も内容が様々なので、どれが一番大変かと聞かれたら、個人差が出てくる可能性もあります。上記の意見ですが、参考にしてみて下さい。

東京消防庁の体力試験の具体的な内容について説明します!

東京消防庁の体力試験では、腕立て伏せを最後にし、その腕立て伏せが一番大変であるという意見を上記では見てきました。

次に、東京消防庁の体力試験の具体的な内容について触れていきたいと思います。

  1. ランニング(1km)
    評価は3段階に別れ、◎と◯と×になります。殆どの受験生は◎になります。
    ◎にならない受験生ですが、遅れていたり、ついていけない場合になります。
  2. 長座前屈
    40センチ位を目安にしましょう。事前にストレッチをしていることにより、良い結果が出ると思います。
  3. 反復横跳び
    ここで体力の差が出やすいので、頑張りたい箇所になります。
    3の部分で個人差が出るようです。確実に合格を狙いたいのであれば、3を重点的に練習した方が良いと思います。少し大げさな位に線を踏んだ方が良いかもしれませんね。

東京消防庁の体力試験には落とし穴がある?

東京消防庁の体力試験の具体的な内容と、反復横跳びで個人差が出やすいので、反復横跳びについては研究が必要な事を先程はみてきました。

その東京消防庁の体力試験ですが、落とし穴があるという意見があります。実際あるかどうかここでその疑問に答えていきたいと思います。

「落とし穴」とまではいきませんが、2つある試験の内、体力試験の際に書く身上表を見落としがちになる傾向があるようです。

「体力試験」ともなると、身上表には中々頭が回らずに自分の経歴であったり、志望動機を書かされることで、度肝を抜かれる人もいるようです。

ただ、知っていれば冷静に対処することができるので、焦らずに記入していきましょう。

その内容が次の段階である面接試験に繋がっていきますから、その点を突破していれば、面接も楽になってきます。身上表をきちんと記入していきましょう。

東京消防庁の体力試験は体力のない人でも受かる?

東京消防庁の体力試験ですが、身上表をあまり考慮していない為に記入する際に度肝を抜かれる、冷静に対応して次のステップである面接試験に繋げていく必要があることを上記では説明してきました。

最後に、東京消防庁の体力試験ですが、体力の無い人でも受かるのかどうかについてみていきたいと思います。

過度に体力がない人でない限り、合格すると思います。経験者の意見ですが、その方もある程度は体力に自信はあったけれどそれ程ではない、その方の手応えでいくと過度に体力がない人でない限り、合格するのではないかと。

消防吏員としてはある程度の体力は要求されるので、なさすぎると体力試験は合格しないし、後々体力的にも問題になるため不合格にするのだと思います。

ただ、逆にいうとある程度の体力があれば、問題なく合格していくと思います。そこそこの体力がある方でしたら、自信を持って試験を受けても問題はないのではないでしょうか。