転勤が多い会社に勤めるのは大変!?大切なのは家族の絆

転勤が多い会社はあります。金融業界などでは3年という短いスパンで転勤することもありますし、会社によっては全国各地を転々とすることもあります。

転勤が多いと人間関係を一度リセットできるといったメリットもありますが、当然デメリットもたくさんあります。家族がいる場合は、度重なる引っ越しで苦労することもあるでしょう。

転勤が多い会社に勤める苦労はあると思いますが頑張りましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シェフの帽子には意味があるの?高さの理由やコック帽子の由来

レストランなどの飲食店に行くと、白くて高いコック帽子をかぶったシェフが印象的ですよね。お店によっ...

美容師の本音「こんなお客さんはもうイヤ!」と思うタイプとは

美容師という仕事ってお客さんといろいろな話もしなくてはいけないし、要望も聞かなくてはいけないので大変...

パンの販売に必要な資格とは?許可を得るためには

パンを手作りして自宅などで販売するためには、資格や許可が必要になります。では、手作りのパンを...

仕事を覚える期間に必要なことと早く正確に覚えるためのコツ

仕事を覚えるまでにかかる期間というのは、個人差がありますね。でも、なかなか仕事が覚えられない...

fラン大学生の就職活動にどんな資格が必要なのか徹底解説!

fラン大学生は就職活動をしても不利だから資格を取得した方がいい、なんて話を聞きますよね。しか...

小学校の採用試験の実技でやるコト!見ている所や評価の観点

小学校の採用試験には実技があります。採用試験の実技ではどんな事を行うのでしょう?体育...

No Image

相撲の座布団を投げる【座布団の舞】投げる理由とその歴史を解説

相撲中継を見ていると、座布団を投げる人たちの映像を目にすることもありますよね。座布団を投げるのは一体...

バレーボールのセッター、上達するための練習方法を徹底解説

少しでも良いトスを上げて得点に結び付けたい…セッターの人は皆そう考えているのではないでしょうか?...

年上後輩のトリセツ。仕事がどのくらいできるのかを見極める

年上の後輩について。仕事上の立場として上司だけど、年齢的には部下が年上。この場合、『...

【背泳ぎ】キックで沈む原因と沈まないようにする練習方法・コツ

背泳ぎをしていると、キックのときに体が沈むことがあります。何度練習しても上手にキックができずに悩んで...

公務員の面接対策とは地元以外を受けるときの準備や心構え

地元以外の公務員面接を受けるときに必ず聞かれる質問。いったい、どのように答えたらいいのでしょうか?...

バタフライを速く泳ぐための筋トレ方法と水泳のコツを教えます

水泳の四泳法の中でも、バタフライは背中の筋肉を一番使っていると思いますよね。では、その背筋を...

公務員の内定辞退連絡は手紙?電話?内定辞退のマナーとは

公務員採用試験を突破し内定通知が届いたとしても、第一希望の内定を既に貰った時は内定辞退をするしかあり...

新入社員の電話対応はいつからするの?率先して電話出ると好印象

新入社員の人たちの中には、いつから会社の電話対応をしたら良いのかわからない人もいますよね。電話が苦手...

バドミントンのバックハンドが上達するコツやポイントとは

バドミントンのバックハンドがなかなか決まらないときにはどんなことに意識したらいいのでしょうか?苦手な...

スポンサーリンク

転勤が多い会社に勤めるメリットは?

転勤が多いと引越しが多かったりと大変ですが、反対にメリットもあるのです。

転勤があれば人間関係がリセットできる

転勤が多いと、その分新しい環境でまた人間関係を作り直すことになります。

大変なことではありますが、反対に転勤によって前の職場の人間関係ともおさらばできるのです。

転勤がない会社だと毎日嫌いな仕事仲間とも顔を合わせなくてはならなく、どちらかが退職しないとこの状況から脱する事は出来ずに嫌な思いを続けていかなければなりません。

しかし転勤があれば、嫌いな仕事仲間が異動したり自分が異動することで人間関係をリセットする事ができるのです。

嫌な人がいても時間が経てばいつか転勤があって離れられると思えば気も楽になります。

転勤が多いと色々な場所に住む事ができる

転勤することで様々な場所に住む事ができます。
自分の意思での引越しではありませんが、その分知らない場所で住むよい機会となるのです。
その土地で新しい事を経験していくうちに自分の価値観も広げていく事ができるでしょう。

転勤が多い会社に勤めると費用もかさむ!?転勤が多いデメリットは?

では反対に、転勤が多いデメリットをお伝えします。

転勤すると親しい人や土地と離れてしまう

転勤で人間関係をリセットする事は出来ますが、職場でよい人間関係を築いていた場合は親しい仕事仲間と離れ離れになってしまいます。

そして単身赴任をしなくてはならなくなった場合は、自分の家族とも離れ離れになりますし、近くに住んでいた友人とも会いづらくなってしまいます。

また、住んでいた町にも思い入れが強くなっている場合は、慣れ親しんだ土地が恋しくなる事でしょう。

転勤にはお金がかかる

やはり、引越しにはお金がかかります。
会社で引越し費用を負担してくれるとは思いますが、引越しのたびにカーテンや照明を替えなくてはならなくなりますし、日用品を新調したりするとお金がかかってしまいます。

引越し手続きが大変

引越しももちろん大変ですが、引越しの手続きも大変です。
住民票の変更や各種住所変更、郵便物の変更手続き、ガスや水道などの契約手続きなど様々な手続きをしなくてはなりません。

会社の中でも特に転勤が多い金融業界、なぜそんなに転勤が多いの?

転勤が多い業界として、金融業界が上げられます。
では、なぜ金融業界は転勤が多いのでしょうか。

それは、金融業界はお金を扱う仕事のため横領や不正融資などといった不正が行われやすいことにあります。

ずっと同じ職場にいると人間関係が密なものになり、不正のリスクや利用されるリスクが高くなってしまうのです。

そして、経験を積ませるためにも転勤を多くしている理由の一つでしょう。

経済状況などはその土地によってまったく異なってきます。
地方や都市でも全然カラーが違って、農林水産業が盛んな土地や、中小企業が多い土地などによって働き方も全然変わってくるでしょう。

そのような様々なカラーを持った土地で経験を積むことで、より柔軟な仕事が出来るようになります。

30代後半から転勤が多い人は出世する人!?

転勤は出世コースであると言われる事が良くあると思います。

30代後半には自分の家庭を持っている人が多くいることでしょう。
それでも転勤の辞令は関係なく下されるのです。

ですが、転勤をさせるという事は様々な場所で仕事の経験を積んで欲しいという会社の意向なのでしょう。

いずれ会社を支えるような役割をさせたいと考えている人に対して転勤の辞令が下されます。

40代、50代になってから責任のあるポストに就かせるためにも、30代後半から3、4年間隔で転勤をさせて経験を積ませようとするのでしょう。

家族もいて転勤するのは大変ですが、将来の出世のためには今がチャンスだと思って転勤を受け入れましょう。