転勤が多い会社に勤めるのは大変!?大切なのは家族の絆

転勤が多い会社はあります。金融業界などでは3年という短いスパンで転勤することもありますし、会社によっては全国各地を転々とすることもあります。

転勤が多いと人間関係を一度リセットできるといったメリットもありますが、当然デメリットもたくさんあります。家族がいる場合は、度重なる引っ越しで苦労することもあるでしょう。

転勤が多い会社に勤める苦労はあると思いますが頑張りましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

履歴書をパソコン作成!写真は?ポイントと気をつけたい注意点

最近では、履歴書をパソコンで作成するという人も多いのではないでしょうか。 では、履歴書をパソコ...

面接が「怖い」「 行けない」と感じる方へ!面接の乗り切り方

会社の面接は誰しも緊張するものです。 しかし、面接なくして会社に入ることはできません。 面接に行...

年下の上司にタメ口を使うのは非常識?ビジネスマナーとは

上司が年下ならタメ口で話してもいいのでしょうか?年齢は自分のほうが上だから、年下上司がタメ口で話して...

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本からコツまで解説

ソフトテニスでサーブを確実に入れるためにはトスの上げ方が大切だと言われていますが、始めたばかりの初心...

韓国に住む、そして仕事をしたいと考えている人へのアドバイス!

日本から飛行機で3時間弱で行くことができる「韓国」。観光名所に行くと日本人でいっぱいですよね。 ...

特別区の面接は重要、その評価が合格・不合格の分かれ道となる

特別区の面接。 この評価によっては、筆記試験が低くても評価が上がる可能性もあるため、しっかり具体的...

年末はやっぱり仕事が忙しい!忙しい仕事を乗り切る方法

年末になると毎年仕事が忙しいと感じる人は多いですよね。 会社全体がなんとなくバタバタして、年末...

私立と公立の教師の違いって?採用試験や待遇面での違いとは

教師といっても、私立と公立とでは採用試験や級両面、待遇や働き方まで違いがあります。 では、私立...

職場のおばさんは子供かも?陰口を言う心理や対処法

職場のおばさんの中には、人の陰口を言うのが好きな人っていますよね。 では、そんな人の陰口を言う...

英検面接官バイトの仕事内容や日給といった基本情報をご紹介!

大学生が行うバイトの中でも特に人気の高いバイトが、英検の面接官バイトです。 ただ面接官のバイトと聞...

職場の愚痴を言わないと幸せになれる?愚痴のメカニズムとは

職場の愚痴。 口を開けば、不平不満のオンパレード! 愚痴っていると、ヒートアップしてどんどんどん...

バレーのアンダーサーブの基本と上達のコツ【初心者向け】

バレーボール初心者はまず、サーブの練習から行います。 サーブの仕方にはいろいろなスタイルがあり...

パワハラ上司への仕返し!社長に報告する場合の手順について

パワハラ上司による被害を受けている人は、毎日会社に行くのも嫌になるのではないでしょうか? なん...

学校の教員同士の知られざる人間関係について調査!

学校の教員とはいえ、そこはやはり生身の人間です。 民間企業と同じように、人間関係で悩む教員も多いよ...

教員採用試験の服装の一次試験で迷うなら、スーツがおすすめ

教員採用試験の一次の多くは筆記試験です。 筆記試験なので募集要領には「服装自由」と書かれていること...

スポンサーリンク

転勤が多い会社に勤めるメリットは?

転勤が多いと引越しが多かったりと大変ですが、反対にメリットもあるのです。

転勤があれば人間関係がリセットできる

転勤が多いと、その分新しい環境でまた人間関係を作り直すことになります。

大変なことではありますが、反対に転勤によって前の職場の人間関係ともおさらばできるのです。

転勤がない会社だと毎日嫌いな仕事仲間とも顔を合わせなくてはならなく、どちらかが退職しないとこの状況から脱する事は出来ずに嫌な思いを続けていかなければなりません。

しかし転勤があれば、嫌いな仕事仲間が異動したり自分が異動することで人間関係をリセットする事ができるのです。

嫌な人がいても時間が経てばいつか転勤があって離れられると思えば気も楽になります。

転勤が多いと色々な場所に住む事ができる

転勤することで様々な場所に住む事ができます。
自分の意思での引越しではありませんが、その分知らない場所で住むよい機会となるのです。
その土地で新しい事を経験していくうちに自分の価値観も広げていく事ができるでしょう。

転勤が多い会社に勤めると費用もかさむ!?転勤が多いデメリットは?

では反対に、転勤が多いデメリットをお伝えします。

転勤すると親しい人や土地と離れてしまう

転勤で人間関係をリセットする事は出来ますが、職場でよい人間関係を築いていた場合は親しい仕事仲間と離れ離れになってしまいます。

そして単身赴任をしなくてはならなくなった場合は、自分の家族とも離れ離れになりますし、近くに住んでいた友人とも会いづらくなってしまいます。

また、住んでいた町にも思い入れが強くなっている場合は、慣れ親しんだ土地が恋しくなる事でしょう。

転勤にはお金がかかる

やはり、引越しにはお金がかかります。
会社で引越し費用を負担してくれるとは思いますが、引越しのたびにカーテンや照明を替えなくてはならなくなりますし、日用品を新調したりするとお金がかかってしまいます。

引越し手続きが大変

引越しももちろん大変ですが、引越しの手続きも大変です。
住民票の変更や各種住所変更、郵便物の変更手続き、ガスや水道などの契約手続きなど様々な手続きをしなくてはなりません。

会社の中でも特に転勤が多い金融業界、なぜそんなに転勤が多いの?

転勤が多い業界として、金融業界が上げられます。
では、なぜ金融業界は転勤が多いのでしょうか。

それは、金融業界はお金を扱う仕事のため横領や不正融資などといった不正が行われやすいことにあります。

ずっと同じ職場にいると人間関係が密なものになり、不正のリスクや利用されるリスクが高くなってしまうのです。

そして、経験を積ませるためにも転勤を多くしている理由の一つでしょう。

経済状況などはその土地によってまったく異なってきます。
地方や都市でも全然カラーが違って、農林水産業が盛んな土地や、中小企業が多い土地などによって働き方も全然変わってくるでしょう。

そのような様々なカラーを持った土地で経験を積むことで、より柔軟な仕事が出来るようになります。

30代後半から転勤が多い人は出世する人!?

転勤は出世コースであると言われる事が良くあると思います。

30代後半には自分の家庭を持っている人が多くいることでしょう。
それでも転勤の辞令は関係なく下されるのです。

ですが、転勤をさせるという事は様々な場所で仕事の経験を積んで欲しいという会社の意向なのでしょう。

いずれ会社を支えるような役割をさせたいと考えている人に対して転勤の辞令が下されます。

40代、50代になってから責任のあるポストに就かせるためにも、30代後半から3、4年間隔で転勤をさせて経験を積ませようとするのでしょう。

家族もいて転勤するのは大変ですが、将来の出世のためには今がチャンスだと思って転勤を受け入れましょう。