転勤が多い会社に勤めるのは大変!?大切なのは家族の絆

転勤が多い会社はあります。金融業界などでは3年という短いスパンで転勤することもありますし、会社によっては全国各地を転々とすることもあります。

転勤が多いと人間関係を一度リセットできるといったメリットもありますが、当然デメリットもたくさんあります。家族がいる場合は、度重なる引っ越しで苦労することもあるでしょう。

転勤が多い会社に勤める苦労はあると思いますが頑張りましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

空手の蹴りの基本が上達するコツや正しい蹴りを身に着ける方法

空手の蹴りの基本である前蹴りが上達すると、自分の負けない得意技として有利な試合運びができるようになり...

水泳のバタ足が進まない時のコツや練習方法・ポイントを解説

水泳をやっている人の中には、バタ足がなかなか進まないことに悩んでいる人もいますよね。進むことができな...

ソフトテニスのローボレーの打ち方のコツ。姿勢や足さばきなど

ソフトテニスの前衛でローボレーが上手くない、苦手という声をよく聞きます。ローボレーが上手く打てる...

単位を落とした大学生がショックを受ける前にまず考えたいこと

大学の単位を落としたら当然ショックを受けますよね。でも。ショックを受けて落ち込んでいる場合じゃない!...

電話を取る時に緊張して噛む人のための対策方法を教えます

社会人になると仕事で電話の応対をしなければなりませんが、最近ではメールなどの普及によって電話で話す機...

ゼミは就活に影響する?影響するかは結局のところあなた次第

ゼミで専門的な分野を学んでいるから就活に有利、ゼミに入っていないから就活で不利になる、などという話を...

賛否両論!?美容師のシャンプー用手袋について

美容師さんが行うシャンプーはとても気持ちがいいものですが、最近は手袋をしてシャンプーをする美容師さん...

旅行のキャンセル料は仕事が原因なら会社に請求できるのか

楽しみにしていた旅行。でも旅行直前になって会社から「仕事に出てくれ」と休日出勤を命じられてしまうこと...

学校の教員同士の知られざる人間関係について調査!

学校の教員とはいえ、そこはやはり生身の人間です。民間企業と同じように、人間関係で悩む教員も多いよ...

法学部が公務員を目指す場合の志望理由とその考え方

法や法律について学ぶ「法学部」。法学の専門分野を学ぶわけですから、弁護士を目指す人もいますが国家...

経済学部は数学が苦手な人でも大丈夫!授業の取り方を工夫しよう

数学が苦手で文系の学部に進む人は多いでしょう。しかし、文系の中でも経済学部となると数学に関係する授業...

居酒屋でのアルバイトのコツ!メリットと気を付けるべきポイント

居酒屋は他のアルバイトよりも効率的にバイト代を貯めることができて、人気のアルバイトです。働いてい...

転勤したら住民票は独身でも移すべき義務と手続き方法

独身の社会人が転勤して住む場所が変わったときは、住民票を移すのは義務だということをご存知でしょうか?...

バスケを社会人から始めた初心者の人向けな練習方法を紹介します

バスケットボールって迫力があって、見ていても楽しいスポーツですよね。特にダンクシュートなんてカッ...

派遣辞めたい…。一ヶ月など契約期間より前に辞める場合には

派遣を辞めたい。働きはじめて日が浅い。派遣先にもよりますが、最初は一ヶ月で契約すると...

スポンサーリンク

転勤が多い会社に勤めるメリットは?

転勤が多いと引越しが多かったりと大変ですが、反対にメリットもあるのです。

転勤があれば人間関係がリセットできる

転勤が多いと、その分新しい環境でまた人間関係を作り直すことになります。

大変なことではありますが、反対に転勤によって前の職場の人間関係ともおさらばできるのです。

転勤がない会社だと毎日嫌いな仕事仲間とも顔を合わせなくてはならなく、どちらかが退職しないとこの状況から脱する事は出来ずに嫌な思いを続けていかなければなりません。

しかし転勤があれば、嫌いな仕事仲間が異動したり自分が異動することで人間関係をリセットする事ができるのです。

嫌な人がいても時間が経てばいつか転勤があって離れられると思えば気も楽になります。

転勤が多いと色々な場所に住む事ができる

転勤することで様々な場所に住む事ができます。
自分の意思での引越しではありませんが、その分知らない場所で住むよい機会となるのです。
その土地で新しい事を経験していくうちに自分の価値観も広げていく事ができるでしょう。

転勤が多い会社に勤めると費用もかさむ!?転勤が多いデメリットは?

では反対に、転勤が多いデメリットをお伝えします。

転勤すると親しい人や土地と離れてしまう

転勤で人間関係をリセットする事は出来ますが、職場でよい人間関係を築いていた場合は親しい仕事仲間と離れ離れになってしまいます。

そして単身赴任をしなくてはならなくなった場合は、自分の家族とも離れ離れになりますし、近くに住んでいた友人とも会いづらくなってしまいます。

また、住んでいた町にも思い入れが強くなっている場合は、慣れ親しんだ土地が恋しくなる事でしょう。

転勤にはお金がかかる

やはり、引越しにはお金がかかります。
会社で引越し費用を負担してくれるとは思いますが、引越しのたびにカーテンや照明を替えなくてはならなくなりますし、日用品を新調したりするとお金がかかってしまいます。

引越し手続きが大変

引越しももちろん大変ですが、引越しの手続きも大変です。
住民票の変更や各種住所変更、郵便物の変更手続き、ガスや水道などの契約手続きなど様々な手続きをしなくてはなりません。

会社の中でも特に転勤が多い金融業界、なぜそんなに転勤が多いの?

転勤が多い業界として、金融業界が上げられます。
では、なぜ金融業界は転勤が多いのでしょうか。

それは、金融業界はお金を扱う仕事のため横領や不正融資などといった不正が行われやすいことにあります。

ずっと同じ職場にいると人間関係が密なものになり、不正のリスクや利用されるリスクが高くなってしまうのです。

そして、経験を積ませるためにも転勤を多くしている理由の一つでしょう。

経済状況などはその土地によってまったく異なってきます。
地方や都市でも全然カラーが違って、農林水産業が盛んな土地や、中小企業が多い土地などによって働き方も全然変わってくるでしょう。

そのような様々なカラーを持った土地で経験を積むことで、より柔軟な仕事が出来るようになります。

30代後半から転勤が多い人は出世する人!?

転勤は出世コースであると言われる事が良くあると思います。

30代後半には自分の家庭を持っている人が多くいることでしょう。
それでも転勤の辞令は関係なく下されるのです。

ですが、転勤をさせるという事は様々な場所で仕事の経験を積んで欲しいという会社の意向なのでしょう。

いずれ会社を支えるような役割をさせたいと考えている人に対して転勤の辞令が下されます。

40代、50代になってから責任のあるポストに就かせるためにも、30代後半から3、4年間隔で転勤をさせて経験を積ませようとするのでしょう。

家族もいて転勤するのは大変ですが、将来の出世のためには今がチャンスだと思って転勤を受け入れましょう。