転勤が多い会社に勤めるのは大変!?大切なのは家族の絆

転勤が多い会社はあります。金融業界などでは3年という短いスパンで転勤することもありますし、会社によっては全国各地を転々とすることもあります。

転勤が多いと人間関係を一度リセットできるといったメリットもありますが、当然デメリットもたくさんあります。家族がいる場合は、度重なる引っ越しで苦労することもあるでしょう。

転勤が多い会社に勤める苦労はあると思いますが頑張りましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お礼状は幼稚園や保育園に内定が決まったら出す?疑問について

幼稚園や保育園の就職の内定が決まったらとても嬉しく、自分がなりたい職業に就けた喜びもひとしおですよね...

契約書の郵送方法・梱包方法とマナーや注意点について

新社会人として仕事していると、書類の郵送を頼まれることもあるでしょう。その時に注意が必要なの...

GW明けの仕事で朝礼スピーチをするならネタ選びや準備のコツ

GW明けの仕事というのは憂鬱になりがちですが、さらに連休明けに朝礼当番が当たってしまったときはせっか...

学校の用務員になるには!用務員の就職方法や仕事内容

私達が小学生の頃や中学生の頃、学校には「用務員さん」と呼ばれる人がいましたよね。いつも笑顔で挨拶...

上司との面談で泣く部下の取扱説明書!上司が部下にできること

上司と部下で面談をしているとき、部下が泣く場面に遭遇してしまった!仕事の最中に部下が泣いてしまった!...

パンの販売に必要な資格とは?許可を得るためには

パンを手作りして自宅などで販売するためには、資格や許可が必要になります。では、手作りのパンを...

面接で笑顔を褒められたら合格?就職が成功するための心得とコツ

就職活動中の就活生の皆さん、面接で笑顔を褒められたら合格!という考えを持ってはいませんか?就職活動を...

スーパーで食品を扱うバイトのメリット・デメリット

アルバイトとしてスーパーのバイトは求人も多く、通いやすいという点でも人気です。年代もさまざまな人...

旅行のキャンセル料は仕事が原因なら会社に請求できるのか

楽しみにしていた旅行。でも旅行直前になって会社から「仕事に出てくれ」と休日出勤を命じられてしまうこと...

バイトを辞める理由は嘘でもいいの?辞める理由と言い方のコツ

バイトを辞める理由が、面倒になったから、あるいは仕事が面白くない、店長が嫌いだからなど、辞める理由を...

エントリーシートの内容を忘れたまま面接を受けるリスクとは

書類選考の判断材料として存在するエントリーシート。エントリーシートの内容によって合否が左右さ...

経済学部は数学が苦手な人でも大丈夫!授業の取り方を工夫しよう

数学が苦手で文系の学部に進む人は多いでしょう。しかし、文系の中でも経済学部となると数学に関係する授業...

高跳びの背面跳びのコツや意識するポイントと記録を伸ばす練習

高跳びの背面跳びのコツを掴んで練習をすれば、きっと記録を伸ばすことができます。まずは、背面跳...

育児休暇復帰のメールでの挨拶が必要な理由と送る時のポイント

育児休暇後に会社に復帰するときには、きちんとした挨拶をするのは当然ですよね。では、育児休暇復...

スキー上級者の滑り方、上級者はどんな滑り方をしているのか

ゲレンデに行くと山の頂上から颯爽と滑っていく人に目がいきませんか。結構多くの人は注目しているはず...

スポンサーリンク

転勤が多い会社に勤めるメリットは?

転勤が多いと引越しが多かったりと大変ですが、反対にメリットもあるのです。

転勤があれば人間関係がリセットできる

転勤が多いと、その分新しい環境でまた人間関係を作り直すことになります。

大変なことではありますが、反対に転勤によって前の職場の人間関係ともおさらばできるのです。

転勤がない会社だと毎日嫌いな仕事仲間とも顔を合わせなくてはならなく、どちらかが退職しないとこの状況から脱する事は出来ずに嫌な思いを続けていかなければなりません。

しかし転勤があれば、嫌いな仕事仲間が異動したり自分が異動することで人間関係をリセットする事ができるのです。

嫌な人がいても時間が経てばいつか転勤があって離れられると思えば気も楽になります。

転勤が多いと色々な場所に住む事ができる

転勤することで様々な場所に住む事ができます。
自分の意思での引越しではありませんが、その分知らない場所で住むよい機会となるのです。
その土地で新しい事を経験していくうちに自分の価値観も広げていく事ができるでしょう。

転勤が多い会社に勤めると費用もかさむ!?転勤が多いデメリットは?

では反対に、転勤が多いデメリットをお伝えします。

転勤すると親しい人や土地と離れてしまう

転勤で人間関係をリセットする事は出来ますが、職場でよい人間関係を築いていた場合は親しい仕事仲間と離れ離れになってしまいます。

そして単身赴任をしなくてはならなくなった場合は、自分の家族とも離れ離れになりますし、近くに住んでいた友人とも会いづらくなってしまいます。

また、住んでいた町にも思い入れが強くなっている場合は、慣れ親しんだ土地が恋しくなる事でしょう。

転勤にはお金がかかる

やはり、引越しにはお金がかかります。
会社で引越し費用を負担してくれるとは思いますが、引越しのたびにカーテンや照明を替えなくてはならなくなりますし、日用品を新調したりするとお金がかかってしまいます。

引越し手続きが大変

引越しももちろん大変ですが、引越しの手続きも大変です。
住民票の変更や各種住所変更、郵便物の変更手続き、ガスや水道などの契約手続きなど様々な手続きをしなくてはなりません。

会社の中でも特に転勤が多い金融業界、なぜそんなに転勤が多いの?

転勤が多い業界として、金融業界が上げられます。
では、なぜ金融業界は転勤が多いのでしょうか。

それは、金融業界はお金を扱う仕事のため横領や不正融資などといった不正が行われやすいことにあります。

ずっと同じ職場にいると人間関係が密なものになり、不正のリスクや利用されるリスクが高くなってしまうのです。

そして、経験を積ませるためにも転勤を多くしている理由の一つでしょう。

経済状況などはその土地によってまったく異なってきます。
地方や都市でも全然カラーが違って、農林水産業が盛んな土地や、中小企業が多い土地などによって働き方も全然変わってくるでしょう。

そのような様々なカラーを持った土地で経験を積むことで、より柔軟な仕事が出来るようになります。

30代後半から転勤が多い人は出世する人!?

転勤は出世コースであると言われる事が良くあると思います。

30代後半には自分の家庭を持っている人が多くいることでしょう。
それでも転勤の辞令は関係なく下されるのです。

ですが、転勤をさせるという事は様々な場所で仕事の経験を積んで欲しいという会社の意向なのでしょう。

いずれ会社を支えるような役割をさせたいと考えている人に対して転勤の辞令が下されます。

40代、50代になってから責任のあるポストに就かせるためにも、30代後半から3、4年間隔で転勤をさせて経験を積ませようとするのでしょう。

家族もいて転勤するのは大変ですが、将来の出世のためには今がチャンスだと思って転勤を受け入れましょう。