年下上司にムカつく!上手く付き合うための対処方法について

年下上司が最近増えてきて、年配の方からムカつく!といった意見も・・・。
しかし上司ですから、上手く付き合っていかなければいけませんよね。

そこでナゼ年下上司が今増えているのか?
また年下上司と上手く付き合っていくための方法について、ご紹介いたします。

さらに、どのくらいの年齢差があると気になるのか?についても調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レセプションとは!バレーにおける意味やその役割について解説

テレビでバレーの試合を見ていると、解説者が「レセプション」という言葉を使っていますよね。「レ...

単位を落とした大学生がショックを受ける前にまず考えたいこと

大学の単位を落としたら当然ショックを受けますよね。でも。ショックを受けて落ち込んでいる場合じゃない!...

スパイクの手入れ方法!天然革皮のサッカースパイクお手入れ方法

天然革皮のサッカースパイクを使用している人もいますよね。天然革皮のサッカースパイクはお手入れをするの...

サッカーと将棋は似てる部分が多い!戦術やポジションでの共通点

サッカーと将棋。この2つには似てる部分が多いと言われています。確かにどちらもゴールを巡って詰...

コンビニの接客で覚えておきたいコツ!笑顔・挨拶・レジ操作

これからコンビニで働こうと思っている人やすでに働いている人の中には、接客をする時のコツについて知りた...

法学部が公務員を目指す場合の志望理由とその考え方

法や法律について学ぶ「法学部」。法学の専門分野を学ぶわけですから、弁護士を目指す人もいますが国家...

大学のテスト勉強を一夜漬けで乗り切る方法と効率よく覚える方法

大学のテストが迫っているのに、なかなかテスト勉強が手に付かないという人もいますよね。ちゃんと勉強しな...

バレーボールのセッター、上達するための練習方法を徹底解説

少しでも良いトスを上げて得点に結び付けたい…セッターの人は皆そう考えているのではないでしょうか?...

雪でバスが止まると、会社を休む!?遅刻した場合についても紹介

雪が降ってバスも止まると、会社を休んでもいいのでしょうか?公共交通機関がとまってしまうと、通勤が...

ありがとうへの返事は?上司に返事をする時に使うべき言葉

上司から「ありがとう」と言われた時、それに対して部下である自分がどんな風に返事をすればよいのか悩んだ...

消防救助隊が行う訓練とは?人命救助を目的とした厳しい訓練

消防には救助隊と呼ばれている、人命救助を目的とした専門部隊があります。レスキュー隊とも呼ばれているチ...

スケボーの乗り方【ジャンプ】とは?コツやポイントをご紹介

スケボーをスイスイ乗りこなす人ってかっこいいですよね。こんな感じに余裕に乗りたいと思った人って沢...

ハンドボール上達への道。練習を家でも出来るメニューがあります

ハンドボールの練習で家でも出来るメニューを紹介します。ハンドボールはシュートの時のジャンプが...

タロット占い師になるには?必要なスキルや資格について解説

いつもはタロット占いをしてもらう側だけど、占う側になってみたいと感じることもありますよね。タ...

バスケの練習が家の中でも出来る様々なトレーニングとポイント

バスケが少しでも上手くなりたいと家の中でも出来る練習方法をお探しの方。家の中でも出来るトレーニン...

スポンサーリンク

年下上司がムカつく!年下上司が増えた理由は?

最近では、年功序列よりも成果主義を取り入れる会社が増えてきました。

昔は、一度就いた職業を一生やり遂げるという前提で色々な取り決めがなされてきましたが、今の時代一度就いた職や会社に定年まで勤め上げる人って、どのくらい居るのでしょうか?

学生時代は、一つ上は先輩だしひとつ下は後輩でしたが、社会に出ると年齢でその人との立場を図ることは、難しくなってきます。

最近、年下が上司になっていくと、気付いたあなた、年下のくせに偉そうに、なんて思っていてはいけませんよ。
ムカつく年下の彼らは、あなたがやってこなかったスキルアップをしっかりとこなし、成果を上げてきたから出世したのです。

あなたが、してこなかった努力をしてきたからこそ、手に入れている地位なのです。
長年、務めてきたからと言って、出世していくとは限りません。

そんな時代じゃなくなってきてしまっているのです。

年下上司のため口にムカつく!年上なのに敬語を使うべき?

社会に出たら、年齢のことは忘れましょう。
年上や年下ではなく、やはり会社での地位で相手と接しなければなりません。

年下なのに、自分より出世している人や、年下なのに自分の上司になった人には、ムカついていないで敬意を払うべきなのです。

年下上司は、才能・能力・スキルをもち、それらを遺憾なく発揮し、成果を上げてきたからこそ、今の地位を築き上げられたわけなのです。

年下だけど上司だなんて、くだらないところで引っかかっていては、上司がみんな年下になっていきますよ。

会社での立場が上なのですから、当然敬語を使うべきです。
そこにモヤモヤして引っかかっている自分を、見つめ直しましょう。

ムカつく年下上司と上手くつきあう方法

偉そうにしているからムカつくのでしょうか?
でも、自分より立場が上なのですから、偉そうにされても仕方なくありませんか?

会社から、自分は正当に評価されていないなんて言ったところで、どうにもならないのです。

ムカついたところでなにもなりません。

感情は抜きにして、自分がどういう役回りを果たすべきなのかをしっかりと確認しましょう。

実力が合っても、社会経験が少ない年下上司ですから、大人のマナーや社会人としてのルールなどをしっかりと示してあげましょう。
年下上司へのサポート役になれれば、きっと会社からの評価も上がり、部内の志気も高まることでしょう。

会社でも立場をしっかりと認識し、変なプライドは捨て、立場で仕事をすると割り切ることが重要となります。

どうしてもムカつく年下上司に耐えられない場合は…。

ムカつくのは、年下上司ではなく、年下に負けた自分ですよね。

年下に負けた。

プライドが傷つき、モヤモヤしているのでは?
奥さんにも、上司が年下だなんて知られたくないですよね?

気になるあなたは、気になるタイプなので、ずっとずっと気にし続けるでしょう。

年下上司がどんな態度であれ、あなたは気に入らないはずです。
これは、年下上司が問題なのではなく、自分の問題なのです。

年齢のことにこだわらない人は、こだわりません。
年齢のことにこだわる人は一生、こだわり続けます。

上司が年下。
これからもたくさん出てくるでしょう。
上の立場なのに、年齢が自分よりも下。

これが屈辱に感じるのなら、あなたはモヤっとし続けなければなりませんので、気持ちを切り替えて人としてのスキルをあげるように前向きに考えていきましょう。

上司がどのくらい年下だとムカつく?会社は年齢ではなく組織を重視している

長らく続いた年功序列。

成果主義、個人主義と言われていても、すぐに頭が切り替わるものでもないでしょう。

ですが、会社の勤続年数で能力がない上司の言うことを聞くのと、ちょっとシャクにさわるけど仕事ができる年下が上司という環境では、どちらのほうが納得できますか?

働き方改革が叫ばれていますが、この改革が進めば日本の古き良き終身雇用・年功序列は通用しなくなり、本当に能力のある人間しか稼ぐことができなくなって来てしまいます。

あなたは、どちら側の人間になりたいですか?

いわゆるモデルケースの人生を歩める人間って、どのくらい存在しているのでしょうか?

定年間近の58歳、勤続年数が40年の大ベテランの上司が勤続年数6年、28歳となっても仕方ないのです。

会社は組織として仕事を見ます。
年齢を考慮されなくとも、仕方がないことなのです。

職場が円滑に回ることは、会社にとって利益を生むことですが、仲良しこよしだけでは仕事にはなりませんよね。

世の中が変わっているのですから、自分の頭の中も変えなければならないですよね。