大学の単位は4年生になる前に取っておこう!その理由を徹底解説

大学4年生ともなると就活もあり、大学へ行かない日の方が多くなりますよね。

そうなると気になるのが単位。4年生になる前までに単位はすべて取っておいた方がいいのでしょうか?残すとしたらいくつまで?もし留年しそうな場合はどうしたらいい?

4年生になる前に単位を取っておくべき理由とメリットについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

タロット占い師になるには?必要なスキルや資格について解説

いつもはタロット占いをしてもらう側だけど、占う側になってみたいと感じることもありますよね。 タ...

事務員の仕事が暇過ぎる!という方は是非読んで下さい!

事務員の仕事をしていて暇だ!暇過ぎる!という人がいます。 忙しくないならいいのでは?と思ってし...

卓球のドライブの練習方法や卓球で安定したドライブを打つ方法

卓球のドライブを打てるようになるにはどんな練習をしたらいいのでしょうか? なかなかドライブが安...

サッカー初心者のサッカー上達のコツ!取り入れたい練習を解説

サッカーをはじめたばかりのサッカー初心者の人は、どうすればサッカーが上達するのか、コツを知りたいと思...

新人が使えないのは当たり前?上司の不満・新人の不満

新しく入社してきた新人が使えないと腹を立てている上司や先輩のみなさん、新人が使えないのは当たり前だと...

女同士の喧嘩!職場で起こっていたこんな喧嘩の数々!

女同士でも職場で喧嘩になることはあるようです。 女同士の喧嘩をみたことはありますか?「ある!」...

大学中退から専門学校は就職に有利なワケと人生のきっかけ

大学中退してからすぐに就職するのではなく、専門学校に再入学するという人も多いのではないでしょうか? ...

転勤したら住民票は独身でも移すべき義務と手続き方法

独身の社会人が転勤して住む場所が変わったときは、住民票を移すのは義務だということをご存知でしょうか?...

バレーボールの上達法は自宅で一人でもできるコツやオススメとは

バレーボールの上達法には自宅で一人でも簡単にできる練習方法があります。 コツを掴んで自宅でも練...

高校の非常勤講師の年収やボーナスはいくら?その実態に迫ります

教員資格は持っているものの採用試験に受からず高校の非常勤講師をするとなると、どのくらいの年収になるの...

少年サッカーのコーチが特定の子供をひいきする事があるかを調査

子供に少年サッカーをやらせてる親の中には、コーチが特定の子供だけをひいきしているように感じている保護...

小学校が冬休み中先生は何をしているの?冬休み中の先生の仕事

小学校が冬休みに入ると当然学校には生徒がいなくなります。 生徒がいないなら先生だって仕事がないので...

仕事が遅い新人にイライラ…教える側の技量も問われます

仕事が遅い新人に対して、イライラしてしまうことがありますよね・・・。 つい怒ってしまいたくなる...

配達の仕事は以外と楽だったという実際の声と、気になる内容とは

楽な仕事とはどんな仕事だと思いますか? 人との関りがない・ノルマや残業がない・責任がない事など色々...

公務員の志望動機の書き方のコツやポイント地元以外を受ける場合

地元以外の公務員試験を受けるときにはどのような志望動機を用意したらいいのでしょうか? 地元以外...

スポンサーリンク

4年生で就活に影響なく取得できる大学の単位ってどのくらい?

大学の4年生で単位をどれくらい残してあけば就職活動に問題はないのだろう。
なんらかの理由で、4年生まで単位が残っている人もたくさんいますし、就活に問題がない程度と言われると、真面目に3年間大学に通っていて必然的に残ってしまった単位くらいだと就活に影響はないといえるでしょう。

人にもよりますが、4年生の前期で就職の内定が決まる人が多いです。
その場合ですと、後期に余裕ができるので、もっと興味のある授業をとっとけば良かった、もしくは単位を前期で全部取り合えて後期は留学などしたいという選択肢も広がって時間を有効に使うことができます。

就活に影響ない程度に単位をわざわざ残しておく必要はなく、そんな計画をして就活が長期戦になってしまえば、4年生はグズグズして学生生活が終わってしまいそうですね。

また、卒業ギリギリまでかかる履修計画はやめてくださいね。
急な用事や、流行の風邪で単位を落としてしまいかねないですので注意し必須科目は余裕を持って単位をとっておきましょう。

大学4年生で残しておいてもいい単位数は?

目安として10単位以下にまでおさえておくと、就活や論文に費やす時間に余裕が持てるあるでしょう。

1科目が2単位ですので、5科目残っているということになりますね。
5科目でしたら大学に行く時間は週に2~3回程度、授業の日程によては4回くらいになってしまいます。
就活の説明や面接は平日にあることが多く、どうしても授業と日程が被ってしまうことがあります。

このような予測をして履修の計画をたてないと、単位を落としてしまっては話しになりません。
後期に単位が取れれば問題はありませんが科目によっては前期のみという場合もありますからね。
そのために、必須科目は特に余裕持ってとっておくことが必要となります。

学生の中には、単位がギリギリだったけど、企業側にその事を説明すると快く面接の日程を合わせてくれた、なんてラッキーだった人もいたそうですよ。

しかし、それは会社側にとったらマイナスなイメージを与えかねない事でもありますので、そのようなことがないのが理想ですね。

大学の単位は4年生になる前に取っておいた方がメリットは多い?

大学の単位は4年生までにとっておくと、とても理想ですね。
ですが、それは3年間ビチビチに授業が入っていてアルバイトと両立している人や他に何か活動をしている人にとっては容易ではないともいえます。
しかし、あなたの努力や計画次第では不可能なことはありません。

4年生までに単位をとり終えるメリット

  • 他の大学や学部の授業を受けに行ける
    自分の専門分野以外に興味があること勉強ができます。条件によって単位をもらえたりもらえなかったりなので確認しときましょう。
  • 好きなことに時間を費やせる
    他に学業以外に興味があることに思う存分時間を費やせます。4年生の1年間丸まる使えるということは、何か取り組みたいことがあれば、とても有意義に取り組むことができるでしょう。

留学に行く人、アルバイトに専念する人、夢のために活動する人、資格の所得など、就職前に自分の好きなことに取り組めそうですね。

大学4年生でまだ単位がかなり残っている場合の対処法は?

4年まで単位をかなり残してしまったなんて人も少なくはないでしょう。
大学4年で大学にビッチシいかなくてはいけないとなると就活や論文さえもままならなく、学業にも就活にも専念できず悲しい結果になってしまう人も少なくはありません。

サークルで忙しい、友達との付き合い、アルバイトなどで授業をさぼりがちになってしまう傾向があります。
ただ、なんとなく大学に入った人ほどこのような傾向になりやすいのです。
楽しいことを見つけ、それに専念するのは決して悪いことではありません。
ですが、せっかく入った大学ですので、興味がない授業でも将来何か役に立つときがくるかもしれません。
それに親がどんな思い出大学に行かせているのか。
それを考えると、後から自分の行動を悔いても仕方ありません。

今やるべき優先順位を整理し、後悔のない大学生活にしてくださいね。

大学の単位は3年生までに取っておくことが得策です!

せっかく親は行かせてくれた大学、途中で退学なんて悲しい結果にはならないように対策をとっていきましょう。

ます、1年生はわりと簡単にとれる科目があります。
それで単位を増やしましょう。
学年があがるごとに単位をとるのが難しい科目がどんどん出てくるし、大学に慣れたころからアルバイトをしだす人、サークルに専念する人、周りに友達も増え、大学に行くのが億劫になってくるのが目に見えています。

3年間は遊んでも程ほどにある程度の単位をとり、4年生で好きなことを思う存分するほうが気が楽だし卒業の心配もしなくていいし、気分的にもいいんじゃないかと思います。

学業とプライベートを上手く両立することで、夢の大学生活を充実したものにしていってくださいね。