大学の単位は4年生になる前に取っておこう!その理由を徹底解説

大学4年生ともなると就活もあり、大学へ行かない日の方が多くなりますよね。

そうなると気になるのが単位。4年生になる前までに単位はすべて取っておいた方がいいのでしょうか?残すとしたらいくつまで?もし留年しそうな場合はどうしたらいい?

4年生になる前に単位を取っておくべき理由とメリットについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

硬式テニスのサーブの打ち方とは?初心者が入らない理由とは

硬式テニスのサーブがなかなか入らないのはどうしてなのでしょうか?初心者の場合はこんなことに注意してサ...

休学理由は仮面浪人!メリットとデメリット・向いているタイプ

仮面浪人したくて別のことを理由に休学する人も世の中にはいます。実際、仮面浪人することにはどんなメリッ...

No Image

壁倒立のコツ『肩入れ』『筋肉』『バランス』について

壁倒立ができるようになりたい!コツをつかんで練習を続ければ、誰でも壁倒立ができるようになります。...

スライディングの練習方法!野球が上手になるコツについて

スライディングは野球の走塁において欠かせないものですが、正しいコツを掴むまで練習をする必要があります...

リフティングの技のコツを教えて!色々なリフティングの技のコツ

かっこよくリフティングができる人に憧れている人もいますよね。サッカーのリフティングの技を上達させるに...

柔道の寝技を最強にする基礎トレーニングや練習のコツとは

柔道の寝技が最強に強くなりたいなら、基礎となるトレーニングやコツを掴んだ練習を重ねる必要があります。...

ボウリングでハウスボールを使ってアベレージを上げる方法とは

職場のボウリング大会などがあると、少しでも良いスコアを出したいですよね。でもマイボールを購入...

大学の部活の中で初心者でも心配なく入れるものをご紹介!

大学に入ったら、サークルではなく部活に入りたいと考えている人もいるのではないでしょうか?しか...

少人数の職場では急に休めないない実態がある!そのワケと対策

少人数の職場だと、体調が悪かったり急用が出来てもなかなか休めないという場合がありますね。人手...

会社を休めない!体調不良で休めないワケとブラック企業について

体調不良で具合が悪いのに会社を休めない。高熱でフラフラなのにどうしても出社しなくてはならない。こんな...

インドのスポーツ「カバディ」の歴史やルール、魅力について

インドのスポーツ、カバディを知っていますか?インドのスポーツと言えばクリケットですが、クリケ...

ハンドボール上達への道。練習を家でも出来るメニューがあります

ハンドボールの練習で家でも出来るメニューを紹介します。ハンドボールはシュートの時のジャンプが...

お坊さんの修行の内容はやっぱり厳しい?一日の流れとは

お坊さんの修行は厳しいものだと一般的には言われていますが、その修行内容がどんなものなのか気になります...

ソフトテニス初心者のためのスライスの打ち方とコツを教えます

ソフトテニスを始めたばかりの初心者だと、スライスの打ち方がよくわからないですよね。スライスを...

走り高跳び【女子中学生編】記録を伸ばすコツや練習のポイント

走り高跳びをやっている女子中学生には、思うように記録を伸ばせず悩む人もいるでしょう。走り幅跳...

スポンサーリンク

4年生で就活に影響なく取得できる大学の単位ってどのくらい?

大学の4年生で単位をどれくらい残してあけば就職活動に問題はないのだろう。
なんらかの理由で、4年生まで単位が残っている人もたくさんいますし、就活に問題がない程度と言われると、真面目に3年間大学に通っていて必然的に残ってしまった単位くらいだと就活に影響はないといえるでしょう。

人にもよりますが、4年生の前期で就職の内定が決まる人が多いです。
その場合ですと、後期に余裕ができるので、もっと興味のある授業をとっとけば良かった、もしくは単位を前期で全部取り合えて後期は留学などしたいという選択肢も広がって時間を有効に使うことができます。

就活に影響ない程度に単位をわざわざ残しておく必要はなく、そんな計画をして就活が長期戦になってしまえば、4年生はグズグズして学生生活が終わってしまいそうですね。

また、卒業ギリギリまでかかる履修計画はやめてくださいね。
急な用事や、流行の風邪で単位を落としてしまいかねないですので注意し必須科目は余裕を持って単位をとっておきましょう。

大学4年生で残しておいてもいい単位数は?

目安として10単位以下にまでおさえておくと、就活や論文に費やす時間に余裕が持てるあるでしょう。

1科目が2単位ですので、5科目残っているということになりますね。
5科目でしたら大学に行く時間は週に2~3回程度、授業の日程によては4回くらいになってしまいます。
就活の説明や面接は平日にあることが多く、どうしても授業と日程が被ってしまうことがあります。

このような予測をして履修の計画をたてないと、単位を落としてしまっては話しになりません。
後期に単位が取れれば問題はありませんが科目によっては前期のみという場合もありますからね。
そのために、必須科目は特に余裕持ってとっておくことが必要となります。

学生の中には、単位がギリギリだったけど、企業側にその事を説明すると快く面接の日程を合わせてくれた、なんてラッキーだった人もいたそうですよ。

しかし、それは会社側にとったらマイナスなイメージを与えかねない事でもありますので、そのようなことがないのが理想ですね。

大学の単位は4年生になる前に取っておいた方がメリットは多い?

大学の単位は4年生までにとっておくと、とても理想ですね。
ですが、それは3年間ビチビチに授業が入っていてアルバイトと両立している人や他に何か活動をしている人にとっては容易ではないともいえます。
しかし、あなたの努力や計画次第では不可能なことはありません。

4年生までに単位をとり終えるメリット

  • 他の大学や学部の授業を受けに行ける
    自分の専門分野以外に興味があること勉強ができます。条件によって単位をもらえたりもらえなかったりなので確認しときましょう。
  • 好きなことに時間を費やせる
    他に学業以外に興味があることに思う存分時間を費やせます。4年生の1年間丸まる使えるということは、何か取り組みたいことがあれば、とても有意義に取り組むことができるでしょう。

留学に行く人、アルバイトに専念する人、夢のために活動する人、資格の所得など、就職前に自分の好きなことに取り組めそうですね。

大学4年生でまだ単位がかなり残っている場合の対処法は?

4年まで単位をかなり残してしまったなんて人も少なくはないでしょう。
大学4年で大学にビッチシいかなくてはいけないとなると就活や論文さえもままならなく、学業にも就活にも専念できず悲しい結果になってしまう人も少なくはありません。

サークルで忙しい、友達との付き合い、アルバイトなどで授業をさぼりがちになってしまう傾向があります。
ただ、なんとなく大学に入った人ほどこのような傾向になりやすいのです。
楽しいことを見つけ、それに専念するのは決して悪いことではありません。
ですが、せっかく入った大学ですので、興味がない授業でも将来何か役に立つときがくるかもしれません。
それに親がどんな思い出大学に行かせているのか。
それを考えると、後から自分の行動を悔いても仕方ありません。

今やるべき優先順位を整理し、後悔のない大学生活にしてくださいね。

大学の単位は3年生までに取っておくことが得策です!

せっかく親は行かせてくれた大学、途中で退学なんて悲しい結果にはならないように対策をとっていきましょう。

ます、1年生はわりと簡単にとれる科目があります。
それで単位を増やしましょう。
学年があがるごとに単位をとるのが難しい科目がどんどん出てくるし、大学に慣れたころからアルバイトをしだす人、サークルに専念する人、周りに友達も増え、大学に行くのが億劫になってくるのが目に見えています。

3年間は遊んでも程ほどにある程度の単位をとり、4年生で好きなことを思う存分するほうが気が楽だし卒業の心配もしなくていいし、気分的にもいいんじゃないかと思います。

学業とプライベートを上手く両立することで、夢の大学生活を充実したものにしていってくださいね。