仕事を覚える期間に必要なことと早く正確に覚えるためのコツ

仕事を覚えるまでにかかる期間というのは、個人差がありますね。

でも、なかなか仕事が覚えられないと、焦りやプレッシャーでこの仕事は向いていないのでは?なんて思ってしまうこともあるかもしれません。

では、仕事を覚えるのは平均でどれくらい期間かかるのでしょうか?覚えるのが遅い人の原因ってどんなことでしょう?

そこで、仕事を覚える期間に必要なことと早く正確に覚えるためのコツについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

リフティングの技ができるようになりたい!初心者にオススメな技

サッカー初心者でもできるリフティングの技とは?ある程度リフティングができるようになったら、したくなる...

転勤が多いといわれている職業と転勤が多い理由

世の中には様々な職業がありますが、転勤が多いといわれている職業はあります。 調べてみたところ、...

障害者のための公務員試験における面接の内容や対策のコツとは

障害者が公務員を目指すなら、公務員試験の障害者枠に応募することができます。 では、障害者枠での...

陸上の走り幅跳びで記録を伸ばすための筋トレ方法を教えます

陸上の跳躍種目の中でも走り幅跳びは、まず速く走る力が必要となるでしょう。 では、記録を伸ばすた...

居酒屋でのアルバイトのコツ!メリットと気を付けるべきポイント

居酒屋は他のアルバイトよりも効率的にバイト代を貯めることができて、人気のアルバイトです。 働いてい...

職場の服装が厳しいのは何故?オシャレをしたいと考えるあなたへ

職場の服装の規定が厳しいと、なかなかオシャレも出来ずに自分が好きなファッションもすることが出来ません...

公務員の志望動機の書き方のコツやポイント地元以外を受ける場合

地元以外の公務員試験を受けるときにはどのような志望動機を用意したらいいのでしょうか? 地元以外...

ビリヤードのフォームを綺麗に見せたい!そのための秘訣とは

ビリヤードが上手な人ってフォームも綺麗でかっこいいですよね。 しかし初心者の場合は、なんとかそ...

学校の用務員の仕事内容とは?なるには?求められるもの

学校の用務員の仕事というと、学校の庭の草刈りや清掃といった仕事が目立ちますが、主にどんな仕事内容にな...

研修期間中に退職したことを職歴に載せるべきなのか

研修期間中に何らかの理由で退職してしまうことはあります。 社風が合わない、条件と違っていたなど...

スケボーの乗り方【ジャンプ】とは?コツやポイントをご紹介

スケボーをスイスイ乗りこなす人ってかっこいいですよね。 こんな感じに余裕に乗りたいと思った人って沢...

自衛官の定年後の就職先は?定年が早い自衛官の再就職について

自衛官は公務員ですが、一般の公務員よりも定年の年齢が早いです。このため、定年を迎えた年齢でも再就職を...

サッカースパイクの人工芝用と土用の違いとベストな選び方を解説

サッカースパイクには人工芝用と土用のものがあり、他にも天然芝用や兼用で履けるものもあります。ですが、...

美容師の本音「こんなお客さんはもうイヤ!」と思うタイプとは

美容師という仕事ってお客さんといろいろな話もしなくてはいけないし、要望も聞かなくてはいけないので大変...

バレークイックのタイミングは?トスとアタックの合せ方

バレーのクイックは、トスとアタックの絶妙なタイミングが生まれる攻撃の一つです。 クイックする時...

スポンサーリンク

仕事を覚える期間の前に、まずは必要なことは?

仕事に慣れるまでの期間はとても辛いと感じます。仕事が辛いと思う前に必要なことはどんなことがあるでしょう。職場で新しい人間関係を築くのは簡単ではありません。コミニュケーションをとると仕事で役に立ちます。

休み時間や勤務が終わった後に声を掛けてもらうことがあれば、嫌でも一緒に過ごしてみましょう。コミニュケーションを取ることが苦手と思うことはこの時点ではよくありません。相手に偏見を持たれてしまうこともあります。そのようにならないためにもコミニュケーションを取ることは必要です。

仕事を覚えるために観察しておく事

  • 上司に認められている人の仕事の仕方を観察して見本にする
  • お局と仲良くなり人間関係の要になる

など色々あります。面倒だけどこのことがわかると人間関係が楽になります。

仕事を覚える期間はどれくらい?覚えるのが遅い人の原因と解決策

新しい仕事に慣れるまでかかる期間は平均5ヶ月と言われています。業種によって求められる事に違いがあるので、一概に平均どのくらいとは言えないのです。しかし大体3ヶ月~半年もあれば職場の雰囲気に誰でも馴染むことが出来ます。

職場の雰囲気や仕事に慣れるまでの仕事の方法は基本的に「スピードより丁寧さ、正確さを重視」するようにしましょう。仕事の早さは作業をしていくと、個人差はありますが、仕事のスピードは確実に上がります。最初は早さよりもミスをしないことが大事なので、丁寧で正確に仕事そすることをオススメします。

仕事が遅い人の原因は、覚えること、するべき仕事に優先順位をつけることが出来ない人です。人は一度に覚える事は限界があり、誰でも教えて貰ったすべてを一度の完璧に出来る人はいません。仕事をする順番をつけることが出来ないことが仕事を覚えるのが遅くなる原因です。会社で求められる仕事の優先順位をしっかりと見極め計画的に仕事をしていくことが大切です。

やってみよう!仕事を短期間で覚える人の特徴は?

未経験で仕事を始める時、先輩に色々と教えてもらうことになるので、多少他人とのコミニュケーションが発生します。先輩たちが教えたくなる、教えがいのある新人は明るくて元気な人です。教えてもらう時はメモを取りながら返事をして先輩の話をよく聞きましょう。逆に教えがいのない新人はリアクションがなく、暗い人です。

未経験の仕事なので変なプライドは捨てましょう。別の仕事で頑張ってきたとしても過去のことです。今の職場では新人なので先輩が教えてくれる通りに仕事をしましょう。仕事を覚えるのが早い人は素直な人が多いです。

何より覚えが早い人は気が利きます。目配り、気配り、心配りがあります。自分の仕事をしていても周囲のことも見えています。新しい仕事では自分のことだけでいっぱいになりがちですが、自分が気を利かせることで周囲にいる人もあなたに気を配ってるようになります。

仕事を覚えるのが早い人は仕事を早く覚えたい人です。自分から自分に出来る仕事がないか利きます。先輩から指示がなくても自分の仕事を探します。逆に仕事を覚えるのが遅い人は指示をされないと出来ない人が多いです。早く仕事を覚えるためにも自ら仕事を探すようにしましょう。そうすると早く覚えられるし、先輩たちからの評価も良くなる可能性があります。

新人が仕事で成果を上げる期間は?独り立ちまでは?

新人が仕事を覚えて成果をあげるまでの期間は1年程度が目安です。仕事の進め方ややり方を覚え、1人で仕事を担当するまでには一定の期間が必要になります。早い時期に仕事を担当させると未熟なので失敗してしまうこともあるし、長い期間仕事を任せないと本人の目的意識が下がってしまいます。

1年ほど経験を積むと、一通り仕事のやり方を覚えるには十分な期間なので、1年を目安に1人で仕事を担当させて新人を成長させましょう。初仕事に失敗は付き物なので、上司や先輩が見守り、フォローしてあげましょう。

新人が仕事のやり方を全部覚え自分の責任と判断で仕事が出来るようになるまでは3年かかると言われています。3年あると十分に経験を積むことができます。トラブルや予想外の出来事にも対処出来る能力も身につきます。ここまで成長したら新人は卒業です。今までの仕事の他に部下の管理や新人の指導も大切な仕事になります。

これで安心!仕事を早く正確に覚えるためのコツ

本気で仕事を覚えるならメモを取る

仕事の内容や進め方、手順など講義を受ける場合は必ずメモを取ること!

間違った覚え方をすると、いつまで経っても正しい仕事ができないままになります。そのようなことにならないためにも、仕事のレクチャーは、必ずメモを取りながら受けることです。

仕事のことを教えてくれる上司や先輩に、仕事に対するあなたの積極性をアピールすることも大切です。教える人も「この人は積極的に仕事に取り組もとしている」と感じると「しっかり教えよう」という気持ちになります。そのようになると、教える方も、よりわかりやすく、丁寧に教えてくれるようになります。

メモを取ることは「教えられた内容を正確に記憶できる」「より丁寧でわかりやすく教えてもらえる」ことが出来るようになるのです。

メモをしながら教えてもらう時に大切なことはわからないことはその場で質問することです。同じことを繰り返し聞くことのないように質問する場合はメモを取りましょう。