NO IMAGE

弓道初心者必見!上達するための筋トレメニューを大特集

弓道というと、ゆっくりとした動きがメインですよね。しかし、ゆっくりと動くためにも筋肉が必要です。

では、弓道上達のために必要な筋肉はどの部位なのでしょうか?初心者でもできる筋トレメニューとは?

弓道上達のために必要な筋肉とその筋肉を鍛えるための筋トレメニューをご紹介します。さっそくチャレンジしてみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

会社を休めない!体調不良で休めないワケとブラック企業について

体調不良で具合が悪いのに会社を休めない。高熱でフラフラなのにどうしても出社しなくてはならない。こんな...

【背泳ぎ】キックで沈む原因と沈まないようにする練習方法・コツ

背泳ぎをしていると、キックのときに体が沈むことがあります。何度練習しても上手にキックができずに悩んで...

アメリカの医師免許は難易度が高い?高得点を狙って勉強しよう

アメリカの医師免許を取得したいと考えた場合、日本の医師国家試験よりも難易度が高いのかどうなのか気にな...

ボウリングの曲げ方のコツとは?カーブを投げるときのポイント

ボウリングでカーブボールを投げるときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?プロ...

No Image

相撲の座布団を投げる【座布団の舞】投げる理由とその歴史を解説

相撲中継を見ていると、座布団を投げる人たちの映像を目にすることもありますよね。座布団を投げるのは一体...

夜勤で働く女性の危険性とは?注意するポイントについて解説

看護師や介護職、コンビ二など女性でも夜勤で働く人も増えていますが、男性よりも危険が多いと言えますよね...

バレーのトスの指の形とは?トスの基本や練習方法を紹介します

バレーのトスの指の形はどのようにするといいのでしょうか?トスが上手くいかない原因にはどのようなものが...

アルバイト(飲食系キッチンの場合)面接のポイントや注意点

飲食系のアルバイでは、ホールとキッチンがありますよね。キッチンを希望する場合は、面接で希望を伝えまし...

出版社に就職するには学歴が必要?学歴が重視される理由とは

出版社といっても大手から中小企業まで規模は様々ですが、特に大手出版社に就職するためにはある程度の学歴...

履歴書に書く資格は何級から?一般的なルールを知っておこう

自分をアピールするための履歴書には、持っている資格をすべて書きたいものですよね。でも、何級か...

美容師国家試験の筆記試験の内容や合格基準、勉強方法とは

美容師になるには美容師国家試験を受験する資格を得たうえで、筆記試験と実技試験を受けて合格しなくてはな...

社長が仕事をしない会社は倒産する?良い社長は仕事をする!

毎日一生懸命に仕事をしている従業員の皆さん、お仕事ご苦労さまです。会社の利益向上と自分のお給料のため...

水泳個人メドレーのコツ、自己ベストを上げるために必要なこと

4種目泳ぐ水泳の個人メドレーですが、泳ぎが速くなるコツや指導する場合どこを強化すべきかで悩むことがあ...

パワハラの仕返しを退職後にしようとしている人へ

仕事をする上で問題になっているのが、上司や先輩からのパワハラです。あまりに怒りが蓄積してしまうと...

ソフトテニスのフットワークが上がる練習方法を紹介。姿勢も大事

ソフトテニスはフットワークが重要なスポーツでもあります。足が遅いからと諦めないで、フットワークの...

スポンサーリンク

弓道初心者が筋トレメニューで鍛えておきたい筋肉とは

弓道は勢いをつけずに、ゆっくりとした動きになるので、筋肉が必要になります。

弓を引く時に必要なのは、腕の力の他にも必要な筋肉がいくつかあります。

弓道に必要な筋肉の場所

  • 握力
  • 背中
  • 下半身

ゆっくりとした動作や静止など、弓道で必要な動作には、重心も大切です。

重心を保つためには、バランス力も必要になります。

バランス力には体幹も鍛えないといけません。

なので、腕、握力、胸、背中、下半身の筋力の他にも体幹を鍛えましょう。

  • 大胸筋
    ちゃんと弓を最後まで引き、胸がしっかりと左右に開いている状態になるために大胸筋を鍛えましょう。
  • 上腕三頭筋
    力こぶをつくろうとした時の反対側にあたる筋肉で、ここを鍛える事によって、安定感や弓へ伝わる力が強くなります。
  • ハムストリング
    太ももの後ろ側中心の筋肉で、ここを鍛える事によって下半身に筋力がつき、安定されます。

  • 手の平など、手の筋肉をつける事で、構えや軌道の安定が可能になります。
  • 背筋
    背筋を鍛える事によって弓を引く時に背中側で体を支える事ができます。

弓道上達ための筋トレメニューにはゴムチューブを使おう

胸を開くようにして弓を引ききるのに必要な筋肉は、普段の生活ではなかなか鍛えられる事が少ないところが多いです。

なので、普通に腕などの筋肉をつけようとトレーニングしようとしていても、必要なところと違ったところだけ鍛えられただけになってしまう事が多いです。

なので、腕立て伏せなどの筋肉トレーニングは弓道をするにあたって必要はありません。
弓道に必要な筋トレは、ゴムチューブを使用するのがお勧めです。

ゴムチューブは、スポーツ用品店などで市販されています。

ゴム弓よりゴムが強いために、ある程度の筋力をつける事が可能になります。

弓道上達のために自宅でできる筋トレメニューとは

弓を引く時に、上腕二頭筋を使用してしまっていては、的が外れやすくなってしまうので気をつけましょう。

上腕三頭筋を使用できるように、張っている事を意識しましょう。

上腕三頭筋を使っていれば、姿勢が安定して、軌道もぶれ難くなります。

もしも上腕三頭筋が使用されていなく、張っていない状態だったら、手先に余分な力が入ったり、手首の曲がりの原因になり、軌道がズレやすくなります。

  • 上腕三頭筋とは
    長頭と短頭からなっている
  • 長頭の使い方
    脇を閉める
  • 短頭の使い方
    脇を開く

それぞれ鍛えたい部分をイメージしながら筋トレしましょう。

●ひし形で腕立て

上腕三頭筋に効果のある腕立てです。

  • 両手で、ひし形の形をつくります。
  • 背筋を伸ばして手はひし形の形のまま、胸の真っすぐ下になるように腕立てふせをします。

弓道に必要な【体幹】を鍛えよう

弓道は、重心を大切に、背筋を伸ばして滑るように歩きます。

上体がまっすぐになるように安定させながら弓を引くのに、ぶれないために大切です。

しかし体幹をちゃんと鍛えていないと、その歩き方さえ難しく、ぶれてしまう事があります。

バランスを保つためにも体幹をしっかりと鍛える必要があります。

体幹の筋トレメニュー

  • 背筋を伸ばして両足を大きく前後に開く
  • 背筋は真っすぐのまま両手の手の平を上げて、頭上で合わせる。
  • 上半身はそのまま静止させたまま、両ヒザをゆっくりと曲げて腰を落とす。
  • 後ろに開いたほうのヒザが、床につきそうになったら、ゆっくりと元に戻していく。
  • 左右反対に繰り返して、それぞれ10回やる事が目安。

1日に2回やると更に効果的です。

弓道に大切な背筋の筋トレも忘れないようにしよう

背筋も、弓道をやるのにもとても大切な役割をしていますので、筋トレに取り入れましょう。

広背筋を鍛えるためには、ダンベルを使う事をお勧めします。

ダンベルを使用した筋トレメニュー

  • 両手にダンベルを持ち、背筋を真っすぐ伸ばす
  • 前傾姿勢になる
  • 背筋を使用している事を意識しながらダンベルを自分の体の方へ引き寄せるようにする

大円筋を鍛えるためには、チューブなどを使う事をお勧めします。

チューブを使用した筋トレメニュー

  • チューブを丈夫な高いところにセットする
  • 背中の筋肉を使用している事を意識しながら下に引いていく

両方とも背中の筋肉を意識して、腕の力の入りすぎに注意しましょう。

10回を1セットとして、1日に3セットが目安です。