公務員試験は既卒職歴ありでも大丈夫?既卒職ありの受験ポイント

いつ倒産するかどうかわからない企業より、安定した公務員になりたいと思う方も多いのではないでしょうか。

公務員試験は試験に合格さえすれば公務員になることができますが、既卒で職歴ありだと不利なのでは?と不安になるでしょう。

公務員試験で既卒職歴ありは不利になる?それとも有利になる?

既卒職歴ありの人が公務員試験を受験する際のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

職場にイケメンがいたら癒しになるという女性のホンネ

職場にイケメンはいますか?また職場にイケメンは必要だと思いますか?職場にイケメンがいたら、「...

ソフトテニスの練習方法!フットワークが上達するトレーニング

ソフトテニスの練習ではフットワークを鍛えることがとても重要なポイントになります。ここでは、遠...

新入社員がカラオケを断るのはアリ?上手に断る方法

新入社員でもカラオケが苦手な人っていますよね。では、新入社員がカラオケの誘いを断ってもいいの...

人生の失敗は大学受験ではない?自分の考え方を変えてみよう

人生における失敗は誰にでも一度はあることでしょう。しかし、大学受験で失敗してしまうと、それが「人生の...

大学のテスト勉強を一夜漬けで乗り切る方法と効率よく覚える方法

大学のテストが迫っているのに、なかなかテスト勉強が手に付かないという人もいますよね。ちゃんと勉強しな...

退職は2週間前に伝えればいいの?正社員の退職について

退職したいなら2週間前でOK?正社員での雇用なら、民法627条1項の定めにより、『雇用は、解...

女同士の喧嘩!職場で起こっていたこんな喧嘩の数々!

女同士でも職場で喧嘩になることはあるようです。女同士の喧嘩をみたことはありますか?「ある!」...

テニスの後衛のコツとは?前衛のサポート役で終わらせない方法

テニスの後衛はどんなことを意識して動く必要があるのでしょうか?コツやポイントとは?前衛の足を...

大学編入で理系から文系に変えるならスムーズ?大学編入の注意点

理系の大学に入学した後、やっぱり自分は文系が合っていたのかもと理系から文系へ大学を編入しようと考える...

退職後に行う手続きの期限は?退職後に必要な手続きについて

退職後は色々な手続きをする必要があります。行わなければならない手続きの中には、期限が決められているも...

居酒屋の店員がマスクをすることに賛否両論!OKかNGか大論争

居酒屋の店員さんがマスクをしていたら、あなたは気になりますか?特に気にしませんか?この意見は年代...

サッカーの無回転の蹴り方のコツや姿勢などポイントを習得しよう

サッカーの無回転の蹴り方のコツを掴めば、ボールがブレ球となる強烈なシュートを打つことができます。...

新入社員の仕事が遅い原因とその対処法について

新入社員の頃はとにかく仕事に慣れることに必死です。覚えることも多いため仕事が遅くなってしまいがち...

会社を辞める時の挨拶のポイントや円満退職のためのマナーとは

会社を辞める時にはお世話になった上司や同僚に挨拶をしましょう。では、会社を辞める時の退職の挨...

休日は仕事に活きる勉強と人脈作りに当てる!デキる人の休日とは

休日の過ごし方で、デキるやつとデキないやつに分かれてしまいます。仕事のスキルアップを図りたい...

スポンサーリンク

公務員試験で既卒職歴ありは不利になる?

世の中には色んな職業がありますが、公務員はやはり魅力的ではないでしょうか。公務員になるためには、公務員試験を受ける必要ですが、既卒で職歴があると、不利になってしまうのでしょうか?

答えを言いますと、既卒で公務員試験を受けると、有利にもなるし、不利にもなるようです。理由ですが、有利になる場合は、社会人としての強みがアピールポイントになり、他の新卒や現役大学生との差をつけることができます。

不利になる原因ですが、職歴がないことが不利になり、年齢はある程度行っているけど、職歴がないことで不利になってしまいます。

公務員試験を受けるとき、職歴があると良いのか、無い方が有利なのか、きわどい選択なのかもしれませんね。

既卒職歴ありで公務員試験を目指す場合のポイントは?

公務員試験を受ける際、既卒で職歴がある方が有利なのか、それとも職歴が無い方が有利なのかについてみてきました。次に、既卒で職歴がある場合、公務員試験でどうやったら合格できるのか、そのポイントについてみていきたいと思います。

公務員試験を受けるには、「一般枠」と「社会人採用」があります。

既卒者であれば、職歴がない分、不利になる可能性があるので、「一般枠」がお勧めになると思います。

職歴があり、ある程度の年齢がある方ですが、新卒であったり、大学生が受験しているとしても、自分には自分の強みがある!と自信を持つ事が大切になってくると思います。

また、面接では、職歴がある方も、どうして公務員を目指しているのか、しっかりとした答えをすることができるとプラスに繋がると思います。過去に色んな間違いをしたとしても、これからどのように改善していけるのかがポイントになってくるのではないでしょうか。

既卒職歴ありで公務員試験を受ける人が注意したいこととは?

既卒で公務員試験を受ける際、過去の職歴を踏まえてどうプラスにしていくかについてみてきました。次に、ここでは、既卒で職歴がある人が、公務員試験を受ける際に注意したいことについてみていきたいと思います。

既卒が不利になるとするとしたり、どうして公務員を狙っているのか、どうして前職を辞めて公務員になりたいのか?それについて聞かれると思います。その質問に対して、説得力のある答えができるかどうかが鍵となってくるのではないでしょうか。

中々難しい点だと思うのですが、前職を批判したり、文句を言っているようでは、説得力がないのかもしれませんよね。

面接官からの目からみて、どういう言い方をしたら、プラスに捉えられるか、それを考えながら、話した方が良いのかもしれません。「良いコミュニケーションが取れてるか」そういった点も面接で見抜かれるかもしれませんよね。

既卒職歴ありこそ公務員試験を受けるべき?その理由とは

既卒で職歴ありの方が、面接で、何をどういったら公務員試験を合格できるかについてみてきました。次に、既卒で職歴がある人こそ、公務員試験を受けるべきであるという主張をここでみていきたいと思います。

多くの人が既に知っているかもしれませんが、公務員は、リストラがほぼされなかったり、色んな福利厚生があったりと、いくつもの魅力がある仕事になります。

そのような仕事に就けるということは、今まで負け組みだった人が、一発逆転できるという考え方もあると思います。

就職が難しい中、転職をしたりしていると、世の中からもネガティブなイメージを持たれるかもしれませんよね。そう考えると、公務員に就職できるというのも、一つの人生の機転になるのかもしれませんね。

ここで人生を前向きに変えたい!そう思っている人は、公務員に是非挑戦して勝ち取ると、人生を前向きに考えることができるかもしれませんね。

公務員試験既卒職歴なしでも大丈夫?

既卒で職歴ありであっても公務員試験を受けて、人生を変えるべきだという主張をみてきましたが、ここでは、公務員試験に関して、既卒で職歴なしでも合格するのかどうかについてみていきたいと思います。

それをみていく前に、公務員試験には、一次試験(筆記試験)、2次試験(面接)という形になります。ここで既卒で職歴がない人ですが、面接で詰まる事になると思います。

面接では、これまで何をしてきたのかについて聞かれてくるので、職歴がないとマイナスになる箇所だとは思います。

職歴がないとなると、その期間何をしていたか、面接官からつっこまれることになると思います。その質問に関して、説得力のある回答、納得のできる回答ができないと、面接を合格するには難しくなってくると思います。

良い答えとして、やり遂げたい夢や目標があったので、バイトをしていたとか、何か理由があればベストです。ですが、どうしてその夢や目標を諦めて、公務員という道に進むのか、それについても最善の答えが求められると思います。

面接官に対して、納得できる回答を前もって用意しておくことができれば、合格は勝ち取ることができると思います。頑張ってください。