公務員試験は既卒職歴ありでも大丈夫?既卒職ありの受験ポイント

いつ倒産するかどうかわからない企業より、安定した公務員になりたいと思う方も多いのではないでしょうか。

公務員試験は試験に合格さえすれば公務員になることができますが、既卒で職歴ありだと不利なのでは?と不安になるでしょう。

公務員試験で既卒職歴ありは不利になる?それとも有利になる?

既卒職歴ありの人が公務員試験を受験する際のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

雪でバスが止まると、会社を休む!?遅刻した場合についても紹介

雪が降ってバスも止まると、会社を休んでもいいのでしょうか? 公共交通機関がとまってしまうと、通勤が...

教員採用試験の服装の一次試験で迷うなら、スーツがおすすめ

教員採用試験の一次の多くは筆記試験です。 筆記試験なので募集要領には「服装自由」と書かれていること...

総合職で転勤を拒否する前に知っておきたい転勤のメリット

総合職だと転勤があるかもしれないことは、入社したときからわかっていたはずですよね。 しかし、い...

野球観戦を女子一人で楽しむススメと知っておきたいポイント

野球観戦に女子一人で行ってみたいけど、一人だと少し不安でなかなか行動できないでいる女子もいるでしょう...

新入社員が体調不良で欠勤する時には電話?メール?連絡方法とは

体調不良で新入社員が欠勤するときには、どのように連絡をしたらいいのでしょうか? どんなに体調が...

スパイクの手入れ方法!天然革皮のサッカースパイクお手入れ方法

天然革皮のサッカースパイクを使用している人もいますよね。天然革皮のサッカースパイクはお手入れをするの...

平泳ぎの息継ぎのルールとは?大会で失格とならない平泳ぎの呼吸

水泳ってクロールが花形なイメージがありませんか。 けれど水泳はやってみると色々な泳ぎ方があって、ど...

ゼミは就活に影響する?影響するかは結局のところあなた次第

ゼミで専門的な分野を学んでいるから就活に有利、ゼミに入っていないから就活で不利になる、などという話を...

シングルマザーも正社員なら残業を覚悟しなければいけない!

働いている母子世帯は約8割もあるそうです。 中には正社員として働いている、働きたいと考えている...

長期休暇の理由で嘘をつくくらいなら言わないほうがいい

長期休暇の理由は正直に話したほうがいいのでしょうか?それとも嘘をついていい? 良くも悪くも、休...

特技を面接で聞かれる大学生、そのワケを紹介します

就活が忙しい大学生は、面接の時に特技をきかれて困った経験はありませんか? 趣味はあっても、特技...

卓球の左利き選手との戦い方のポイントやコツを紹介します

卓球であたりたくない相手といえば、左利きの選手ではないでしょうか? 左利きの選手はなぜこんな...

休みの日に鳴る電話!仕事関係ならどうするのか聞いてみた

せっかくの休みの日に仕事の電話がくることにどう思いますか? 休みの日くらいゆっくりさせて欲しい...

【背泳ぎ】キックで沈む原因と沈まないようにする練習方法・コツ

背泳ぎをしていると、キックのときに体が沈むことがあります。何度練習しても上手にキックができずに悩んで...

私立と公立の教師の違いって?採用試験や待遇面での違いとは

教師といっても、私立と公立とでは採用試験や級両面、待遇や働き方まで違いがあります。 では、私立...

スポンサーリンク

公務員試験で既卒職歴ありは不利になる?

世の中には色んな職業がありますが、公務員はやはり魅力的ではないでしょうか。公務員になるためには、公務員試験を受ける必要ですが、既卒で職歴があると、不利になってしまうのでしょうか?

答えを言いますと、既卒で公務員試験を受けると、有利にもなるし、不利にもなるようです。理由ですが、有利になる場合は、社会人としての強みがアピールポイントになり、他の新卒や現役大学生との差をつけることができます。

不利になる原因ですが、職歴がないことが不利になり、年齢はある程度行っているけど、職歴がないことで不利になってしまいます。

公務員試験を受けるとき、職歴があると良いのか、無い方が有利なのか、きわどい選択なのかもしれませんね。

既卒職歴ありで公務員試験を目指す場合のポイントは?

公務員試験を受ける際、既卒で職歴がある方が有利なのか、それとも職歴が無い方が有利なのかについてみてきました。次に、既卒で職歴がある場合、公務員試験でどうやったら合格できるのか、そのポイントについてみていきたいと思います。

公務員試験を受けるには、「一般枠」と「社会人採用」があります。

既卒者であれば、職歴がない分、不利になる可能性があるので、「一般枠」がお勧めになると思います。

職歴があり、ある程度の年齢がある方ですが、新卒であったり、大学生が受験しているとしても、自分には自分の強みがある!と自信を持つ事が大切になってくると思います。

また、面接では、職歴がある方も、どうして公務員を目指しているのか、しっかりとした答えをすることができるとプラスに繋がると思います。過去に色んな間違いをしたとしても、これからどのように改善していけるのかがポイントになってくるのではないでしょうか。

既卒職歴ありで公務員試験を受ける人が注意したいこととは?

既卒で公務員試験を受ける際、過去の職歴を踏まえてどうプラスにしていくかについてみてきました。次に、ここでは、既卒で職歴がある人が、公務員試験を受ける際に注意したいことについてみていきたいと思います。

既卒が不利になるとするとしたり、どうして公務員を狙っているのか、どうして前職を辞めて公務員になりたいのか?それについて聞かれると思います。その質問に対して、説得力のある答えができるかどうかが鍵となってくるのではないでしょうか。

中々難しい点だと思うのですが、前職を批判したり、文句を言っているようでは、説得力がないのかもしれませんよね。

面接官からの目からみて、どういう言い方をしたら、プラスに捉えられるか、それを考えながら、話した方が良いのかもしれません。「良いコミュニケーションが取れてるか」そういった点も面接で見抜かれるかもしれませんよね。

既卒職歴ありこそ公務員試験を受けるべき?その理由とは

既卒で職歴ありの方が、面接で、何をどういったら公務員試験を合格できるかについてみてきました。次に、既卒で職歴がある人こそ、公務員試験を受けるべきであるという主張をここでみていきたいと思います。

多くの人が既に知っているかもしれませんが、公務員は、リストラがほぼされなかったり、色んな福利厚生があったりと、いくつもの魅力がある仕事になります。

そのような仕事に就けるということは、今まで負け組みだった人が、一発逆転できるという考え方もあると思います。

就職が難しい中、転職をしたりしていると、世の中からもネガティブなイメージを持たれるかもしれませんよね。そう考えると、公務員に就職できるというのも、一つの人生の機転になるのかもしれませんね。

ここで人生を前向きに変えたい!そう思っている人は、公務員に是非挑戦して勝ち取ると、人生を前向きに考えることができるかもしれませんね。

公務員試験既卒職歴なしでも大丈夫?

既卒で職歴ありであっても公務員試験を受けて、人生を変えるべきだという主張をみてきましたが、ここでは、公務員試験に関して、既卒で職歴なしでも合格するのかどうかについてみていきたいと思います。

それをみていく前に、公務員試験には、一次試験(筆記試験)、2次試験(面接)という形になります。ここで既卒で職歴がない人ですが、面接で詰まる事になると思います。

面接では、これまで何をしてきたのかについて聞かれてくるので、職歴がないとマイナスになる箇所だとは思います。

職歴がないとなると、その期間何をしていたか、面接官からつっこまれることになると思います。その質問に関して、説得力のある回答、納得のできる回答ができないと、面接を合格するには難しくなってくると思います。

良い答えとして、やり遂げたい夢や目標があったので、バイトをしていたとか、何か理由があればベストです。ですが、どうしてその夢や目標を諦めて、公務員という道に進むのか、それについても最善の答えが求められると思います。

面接官に対して、納得できる回答を前もって用意しておくことができれば、合格は勝ち取ることができると思います。頑張ってください。