公務員試験は既卒職歴ありでも大丈夫?既卒職ありの受験ポイント

いつ倒産するかどうかわからない企業より、安定した公務員になりたいと思う方も多いのではないでしょうか。

公務員試験は試験に合格さえすれば公務員になることができますが、既卒で職歴ありだと不利なのでは?と不安になるでしょう。

公務員試験で既卒職歴ありは不利になる?それとも有利になる?

既卒職歴ありの人が公務員試験を受験する際のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卓球でカットマンと試合をするときの攻略方法や戦い方とは

カットを使い、ボールに下回転をかけて相手のミスを待つ戦い方のカットマン。カットマンと戦うことが苦手な...

思い込みがミスを招く。ミスをしないための対策と予防について

あなたは思い込みが激しいほうですか?私自身は、世の中を色眼鏡でしか見ていません!そんな、思い...

野球の差し入れに嬉しいものとは!社会人野球で喜ばれる差し入れ

社会人野球をしている方に差し入れをしたいという場合にはどのようなものが喜ばれるのでしょうか。せっ...

台風で会社から帰れない時の対策は?酷い時は会社泊も検討に

台風の影響で、会社から自宅へ帰れないという事態はよく起きるものです。鉄道などは安全のためすぐに運...

通訳の仕事が将来なくなる?今後通訳者が求められるスキルとは

通訳を仕事にしている人たちにとって不安なこと、それが通訳の将来性です。一説には今後数十年で通...

配達の仕事は以外と楽だったという実際の声と、気になる内容とは

楽な仕事とはどんな仕事だと思いますか?人との関りがない・ノルマや残業がない・責任がない事など色々...

休職と退職の違いとは?それぞれの特徴を確認しよう

退職を考えているときには、休職をしてから退職をしたほうがいいのでしょうか? それともすぐに退職をした...

ビリヤードのフォームを綺麗に見せたい!そのための秘訣とは

ビリヤードが上手な人ってフォームも綺麗でかっこいいですよね。しかし初心者の場合は、なんとかそ...

大学生の読書感想文の書き方のコツや高評価を得るポイントとは

大学生になっても読書感想文をレポートで提出しなければならないときがあります。では、大学生の読...

電話が鳴るのが怖い!緊張や苦手に感じる仕事の電話対応克服法!

仕事で電話がかかってくるのは緊張してしまい苦手に感じる事が多いと思います。私も事務の仕事をしてい...

ボウリング初心者ができること!上達するためのコツについて

ボウリングは幅広い年代に人気のスポーツですよね。一度はやったことがあるという方が多いと思いま...

研修期間中でも辞めることは可能?バイトの辞め方について

頑張ろうと思ってバイトを始めたものの、自分の思っていた仕事とは違いすぎて辞めたいと思うこともあるでし...

市役所への就職で感じるメリット。やりがいと働きやすさ

市役所などの公務員の仕事は、他の民間企業と比べてどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。...

No Image

相撲の座布団を投げる【座布団の舞】投げる理由とその歴史を解説

相撲中継を見ていると、座布団を投げる人たちの映像を目にすることもありますよね。座布団を投げるのは一体...

消防救助隊が行う訓練とは?人命救助を目的とした厳しい訓練

消防には救助隊と呼ばれている、人命救助を目的とした専門部隊があります。レスキュー隊とも呼ばれているチ...

スポンサーリンク

公務員試験で既卒職歴ありは不利になる?

世の中には色んな職業がありますが、公務員はやはり魅力的ではないでしょうか。公務員になるためには、公務員試験を受ける必要ですが、既卒で職歴があると、不利になってしまうのでしょうか?

答えを言いますと、既卒で公務員試験を受けると、有利にもなるし、不利にもなるようです。理由ですが、有利になる場合は、社会人としての強みがアピールポイントになり、他の新卒や現役大学生との差をつけることができます。

不利になる原因ですが、職歴がないことが不利になり、年齢はある程度行っているけど、職歴がないことで不利になってしまいます。

公務員試験を受けるとき、職歴があると良いのか、無い方が有利なのか、きわどい選択なのかもしれませんね。

既卒職歴ありで公務員試験を目指す場合のポイントは?

公務員試験を受ける際、既卒で職歴がある方が有利なのか、それとも職歴が無い方が有利なのかについてみてきました。次に、既卒で職歴がある場合、公務員試験でどうやったら合格できるのか、そのポイントについてみていきたいと思います。

公務員試験を受けるには、「一般枠」と「社会人採用」があります。

既卒者であれば、職歴がない分、不利になる可能性があるので、「一般枠」がお勧めになると思います。

職歴があり、ある程度の年齢がある方ですが、新卒であったり、大学生が受験しているとしても、自分には自分の強みがある!と自信を持つ事が大切になってくると思います。

また、面接では、職歴がある方も、どうして公務員を目指しているのか、しっかりとした答えをすることができるとプラスに繋がると思います。過去に色んな間違いをしたとしても、これからどのように改善していけるのかがポイントになってくるのではないでしょうか。

既卒職歴ありで公務員試験を受ける人が注意したいこととは?

既卒で公務員試験を受ける際、過去の職歴を踏まえてどうプラスにしていくかについてみてきました。次に、ここでは、既卒で職歴がある人が、公務員試験を受ける際に注意したいことについてみていきたいと思います。

既卒が不利になるとするとしたり、どうして公務員を狙っているのか、どうして前職を辞めて公務員になりたいのか?それについて聞かれると思います。その質問に対して、説得力のある答えができるかどうかが鍵となってくるのではないでしょうか。

中々難しい点だと思うのですが、前職を批判したり、文句を言っているようでは、説得力がないのかもしれませんよね。

面接官からの目からみて、どういう言い方をしたら、プラスに捉えられるか、それを考えながら、話した方が良いのかもしれません。「良いコミュニケーションが取れてるか」そういった点も面接で見抜かれるかもしれませんよね。

既卒職歴ありこそ公務員試験を受けるべき?その理由とは

既卒で職歴ありの方が、面接で、何をどういったら公務員試験を合格できるかについてみてきました。次に、既卒で職歴がある人こそ、公務員試験を受けるべきであるという主張をここでみていきたいと思います。

多くの人が既に知っているかもしれませんが、公務員は、リストラがほぼされなかったり、色んな福利厚生があったりと、いくつもの魅力がある仕事になります。

そのような仕事に就けるということは、今まで負け組みだった人が、一発逆転できるという考え方もあると思います。

就職が難しい中、転職をしたりしていると、世の中からもネガティブなイメージを持たれるかもしれませんよね。そう考えると、公務員に就職できるというのも、一つの人生の機転になるのかもしれませんね。

ここで人生を前向きに変えたい!そう思っている人は、公務員に是非挑戦して勝ち取ると、人生を前向きに考えることができるかもしれませんね。

公務員試験既卒職歴なしでも大丈夫?

既卒で職歴ありであっても公務員試験を受けて、人生を変えるべきだという主張をみてきましたが、ここでは、公務員試験に関して、既卒で職歴なしでも合格するのかどうかについてみていきたいと思います。

それをみていく前に、公務員試験には、一次試験(筆記試験)、2次試験(面接)という形になります。ここで既卒で職歴がない人ですが、面接で詰まる事になると思います。

面接では、これまで何をしてきたのかについて聞かれてくるので、職歴がないとマイナスになる箇所だとは思います。

職歴がないとなると、その期間何をしていたか、面接官からつっこまれることになると思います。その質問に関して、説得力のある回答、納得のできる回答ができないと、面接を合格するには難しくなってくると思います。

良い答えとして、やり遂げたい夢や目標があったので、バイトをしていたとか、何か理由があればベストです。ですが、どうしてその夢や目標を諦めて、公務員という道に進むのか、それについても最善の答えが求められると思います。

面接官に対して、納得できる回答を前もって用意しておくことができれば、合格は勝ち取ることができると思います。頑張ってください。