ハンドボール上達への道。練習を家でも出来るメニューがあります

ハンドボールの練習で家でも出来るメニューを紹介します。

ハンドボールはシュートの時のジャンプがダイナミックで迫力がありますね。

そのジャンプ力や瞬発力を付ける練習方法、力強いシュートを打つ為の練習方法、いつでもどこでも出来る基本のキャッチの練習方法など参考にしてみてください。

またちょっと変わった練習法も紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

郵便局のアルバイトの合否通知は?面接の注意点と対策

郵便局のアルバイトの面接を受けたら、その合否の通知はどのように知らされるのでしょうか?なかな...

不採用の理由を知りたい!ハローワークで聞いてみよう!

転職活動中の人はハローワークの求人を見て応募するという人も多いでしょう。しかし、運悪く不採用...

送別会のマナー【送られる側】挨拶や服装とお金や贈り物など

送別会において送られる側の場合のマナーとはどんなことでしょうか?例えば、送別会で送られる側の...

飲み屋の経営を女1人で切り盛りする秘訣と成功ポイント

女1人で飲み屋の経営を始めようと思っても、実際に本当にそれが可能なのか、やっていけるのかと不安になる...

コンビニの品出しの時間はお店によって違う!時間帯を紹介

24時間営業していたり、ちょっとした物を買うのに気軽に寄ることが出来て便利なコンビニ。いつも...

保険外交員として働く女性の現状と問題点とは

保険外交員として働いている女性は多く、セールスレディとして各家庭を回っています。これから保険外交...

受領のメールを返信する時のポイント!ビジネスメールの送り方

取引先の会社の人から資料などを送ってもらった時、「受け取りました」の意味を込めてメールを返信しますよ...

サッカー初心者ドリブル上達方法!ドリブルのコツやポイント解説

サッカー選手のピッチを縦横無尽に駆け巡り、ゴールを狙う姿にカッコイイと思った人も多いはずです。ワ...

硬式テニスのサーブの打ち方とは?初心者が入らない理由とは

硬式テニスのサーブがなかなか入らないのはどうしてなのでしょうか?初心者の場合はこんなことに注意してサ...

イラストバイトなら完全在宅でもできる仕事!

仕事をして収入を得たいけど、できれば在宅で仕事がしたい・・・そんな方におすすめしたいのが在宅で出来る...

特別区の面接は重要、その評価が合格・不合格の分かれ道となる

特別区の面接。この評価によっては、筆記試験が低くても評価が上がる可能性もあるため、しっかり具体的...

水泳のバタ足が進まない時のコツや練習方法・ポイントを解説

水泳をやっている人の中には、バタ足がなかなか進まないことに悩んでいる人もいますよね。進むことができな...

ボールの投げ方の教え方で気をつけたいコツや握り方と注意点とは

ボールの投げ方がわからない、うまくボールを投げることができない子供に対しての教え方とはどんなことに気...

野球観戦を女子一人で楽しむススメと知っておきたいポイント

野球観戦に女子一人で行ってみたいけど、一人だと少し不安でなかなか行動できないでいる女子もいるでしょう...

社会人の理想的な手帳の書き方とは?ここを工夫すれば一目瞭然

社会人の手帳はどのような書き方をしたら予定を把握しやすくなるのでしょうか?手帳は予定を書くも...

スポンサーリンク

家でも出来るハンドボールの練習方法。ジャンプ力で差をつける

部活でハンドボールを始める人もいますよね。ハンドボールはジャンプ力で差が出るスポーツでもあります。
ハンドボールはジャンプ力や瞬発力をつけてプレーに差をつけるようにしましょう。

ジャンプの練習は家でも出来る

まずジャンプ力をつける練習をしましょう。効果があるのはニーアップジャンプです。

まっすぐ立ち、右足を後ろに引きます。右足を胸の方に引き上げます。そして右足を元に戻します。次は左足です。この動作を繰り返し体に足を引き上げる角度を覚えさせます。

まっすぐに立ち、右足を後ろに引きます。左足でジャンプしたと同時に右足を胸の方に引き上げます。着地した時に左膝を柔らかく使い衝撃を和らげ、右足を元の位置に戻すします。はじめは左右の足5回を3セットするようにしましょう。

ハンドボールのシュート力をあげる家での練習法

ハンドボールの試合を見ているとシュートの力が強い人はとても格好がよく見えますよね。目にも止まらない勢いでシュートが決まるとステキです。
シュート力をあげるためにはどのような練習をするといいのでしょうか。
自主練で効果のある方法を紹介します。家でも練習をすることでシュート力もつきます。

シュート力をつけるためには効果がある練習は筋トレ

筋トレの中でも懸垂がおすすめ。懸垂をすることでボールを投げる時に使う背筋と握力を鍛えることが出来るのです。体幹を鍛えることもできるのです。
懸垂はハンドボールを上達したい人にはオススメです。

家にあるちょっとした出っ張りや掴む場所があれば、そこを利用してい懸垂をするようにしましょう。
ただ懸垂をするだけでなく懸垂する時に意識したい場所を紹介します。

手の位置は肩幅よりも少し広めにします。体を引き上げるときは息を吸いながら、脇をしめて上げます。
肘を背中の後ろに来るくらいまで、引き鎖骨や胸に来るまで体を持ち上げます。そして息を吐きながら体を下ろしましょう。

ハンドボールで重要なキャッチの練習は家でもどこでも出来る

ハンドボールの上達で重要なのはキャッチになります。キャッチをするのに余裕が出来て視野が広がります。
そして次のパスはシュートの動作がしやすく、仲間がパス、ミスをしてもキャッチ出来て信頼されます。ボールを触り続けることで、体の一部のようにボールを自在に操れるようになります。パスキャッチは、利き手の前方で、三角形を作って構えます。脇を軽くしめて、力を入れずにボールをキャッチしましょう。脇はしめすぎても、開けすぎても、ミスの原因になります。

家で行う簡単な練習方法

ボールを持ったら、ただ持っているだけでなく、手のひらの上で回したり、手で弾いたり、手の甲に乗せてボールをいつも手に持っているようにすることです。この練習方法はいつでもどこでも出来ることです。

家でハンドボールを持っていると、テレビを見ているすき間時間や、ベットの上での寝る前の少しの時間などもボールを触ることが上達するポイントになります。

ハンドボールの練習はフェイントも大事

ハンドボールの練習ではフェイントの練習も大切になります。フェイントには種類があります。まずインフェイントです。

ハンドボールでフェイントする場合

ディフェンスはあなたを守ろうとします。ディフェンスは抜かれたくないのです。抜かれてしまうと、ゴールに多くシュートが入ってしまうのです。ポイントは以下に外側に行くと思わせることが重要なのです。ステップの1歩目をアウトにして、ディフェンスをステップで惑わしアウトに動かすことでインフェントが成り立つのです。

ハンドボールではフェイントは基本になる

練習をしっかりして、いつでも抜けるようにしておきましょう。

インフェントで抜くとチャンスはありますが、そう簡単にはディフェンスを抜くことが出来ません。ディフェンスはインを抜かれないように意識している場合、あえて抜くためにアウトフェイントという選択肢もあります。この2つのフェイントを習得できないとハンドボールの上達は難しくなります。

コツはディフェンスにイン側の方へ意識と重心を寄らせること。インフェントとは正反対で、イン側に重心を動かすのが重要です。

ハンドボールの練習に取り入れてみませんか

ハンドボールをする場合、練習にいろいろなトレーニングを取り入れて練習することもあります。ハンドボールで必要な太ももの筋力アップや体幹筋を同時に鍛えることが出来るのでとてもいいトレーニングになります。

おすすめ練習、バランストレーニング

片足立ち、バランスボールなどを使い、バランス感覚のトレーニングをします。慣れてきたら片足立ちでキャッチの練習をするようにしましょう。
フェイントなどでバランスが崩れたとしても、バランス感覚がいいと、体勢の立て直しがすぐに出来るようになります。

家で筋力トレーニング

器具を使わなくても、腕立て伏せや、腹筋、背筋など1人でも筋肉トレーニングをすることが出来ます。
筋肉トレーニング後はしっかりとストレッチをしてケガをしにくい体作りを行うようにします。

ハンドボールの上達にはボールに触っている時間が関係していることもある

ハンドボールの部活に入る人も多いですよね。ハンドボールの魅力はシュートを入れる時のダイナミックなジャンプとシュート力ですよね。
誰からみても格好いい選手いますよね。そんな選手を目指しましょう。

しかし部活を始めたばかりの人は、すぐにはジャンプ力もシュート力もつきません。
何事にも努力が必要です。家や部活のすき間時間にどれだけボールに触っている時間があるか、ジャンプの練習をするかでハンドボールが上達が決まることもあるのです。

しっかりと基礎や体力つくりなどの練習することが上達への近道なのかもしれません。基練習や筋肉トレーニングを毎日続けることで確実にハンドボールが上達します。コツコツと毎日することをオススメします。