テニスのポイントはなぜ0ではなくラブなのかその謎を解明します

全米オープンなどテニスの4大大会の試合をテレビで見ていると、ポイントが0ではなくラブと呼ばれていたり、1点が15だったりとちょっとわかりづらいですよね。

なぜ野球やサッカーと違ってテニスは「ラブ、15、30、40」とポイントを数えるのでしょうか?特別な理由があるのでしょうか?

テニスのポイントの数え方に関する疑問にお答えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

旅行のキャンセル料は仕事が原因なら会社に請求できるのか

楽しみにしていた旅行。でも旅行直前になって会社から「仕事に出てくれ」と休日出勤を命じられてしまうこと...

職場のおばさんは子供かも?陰口を言う心理や対処法

職場のおばさんの中には、人の陰口を言うのが好きな人っていますよね。では、そんな人の陰口を言う...

バレーボールのサーブの打ち方とはコツやポイントを紹介

バレーボールのサーブはどのような打ち方であれば入るのでしょうか?バレーボールのサーブといえば、フロー...

GW明けの仕事で朝礼スピーチをするならネタ選びや準備のコツ

GW明けの仕事というのは憂鬱になりがちですが、さらに連休明けに朝礼当番が当たってしまったときはせっか...

仕事と業務の違いとは?デキる男は業務じゃなくて仕事がデキる!

仕事と業務の違いについて理解はできますか?出社して一日をやり過ごせば、お給料がもらえるということ...

大学の単位は4年生になる前に取っておこう!その理由を徹底解説

大学4年生ともなると就活もあり、大学へ行かない日の方が多くなりますよね。そうなると気になるの...

マラソンが趣味の人にみられる性格とは?共通点は〇〇

マラソンが趣味の人に見られる性格ってなんでしょうか?ストイック?がんばり屋さん?我慢...

嫌いな人が職場にいる時に示す態度とは?接し方に注意!

「最近職場にいる人の態度がおかしい、もしかして嫌われている?」と悩んでいませんか?嫌いな人が...

証明写真の時の服装や色で印象はガラッと変化!オススメスタイル!

アルバイトや就活や免許証などの証明写真を撮る場合に注意したいことがあります。あまり写っていな...

面接が「怖い」「 行けない」と感じる方へ!面接の乗り切り方

会社の面接は誰しも緊張するものです。しかし、面接なくして会社に入ることはできません。面接に行...

会社で無視されるのは、パワハラ・モラハラにあたる可能性が

会社での無視。上司からの無視、同僚からの無視。上司から業務上の連絡すらもらえないのは...

公務員の志望動機の書き方のコツやポイント地元以外を受ける場合

地元以外の公務員試験を受けるときにはどのような志望動機を用意したらいいのでしょうか?地元以外...

韓国に住む、そして仕事をしたいと考えている人へのアドバイス!

日本から飛行機で3時間弱で行くことができる「韓国」。観光名所に行くと日本人でいっぱいですよね。...

コンビニで品出しのプロになる!作業のコツとその極意について

コンビニでの品出しをスムーズに行うコツはいくつかあります。店舗やそのお店の立地条件により、売...

ボウリングでハウスボールを使ってアベレージを上げる方法とは

職場のボウリング大会などがあると、少しでも良いスコアを出したいですよね。でもマイボールを購入...

スポンサーリンク

テニスは0ポイントをなぜ「ラブ」と言うの?スペルは?

最近では日本人テニスプレーヤーが活躍しています。そのためテレビでもテニスの試合が中継されることが多くなりました。
試合を見ていて、ルールが難しいと感じている人もいるようです。
確かにラブと言われても初めて試合を見ていると何のことだか分かりません。
なぜテニスでは0ポイントのことをラブというのでしょうか。

0ポイントをラブと言うのかには様ざまな諸説がある

どれが真実なのかは誰も分からないというのが現実です。しかし複数ある諸説の中で有力と言われているものがあります。
それはフランゴで卵を意味する「l’oeuf」から取った言葉だという説です。
これは0と卵が似ているためそう言われているようです。
では「l’oeuf」という言葉がどうしてラブになったのでしょうか。

テニスはフランスの修道院で生まれたスポーツ

それがイギリスへと伝わりました。
イギリスでは「l’oeuf」という発音が難しかったのか、聞き間違いをしてしまったのか理由は分かりませんが、ラブと言ってしまい結果それが定着してしまったという説が有力なのです。

イギリスにはクリケットというスポーツがあります。
これは少し野球に似ていて、クリケットという単語を耳にしたことがある人もいるでしょう。そのクリケットの打者の得点が0点に終わった時は「duck」や「duck’s egg」と読んでいます。
そこから考えるとイギリス人はもともと0を卵に結びつけていたのではないかと考えられます。

テニスのポイントの数え方のナゾ、なぜ「15、30、40」となっているの?

まだまだテニスの得点には謎があります。
ラブの謎は解明されても、なぜ他の点数は「15、30、40」という数え方になるのでしょうか。
テニスの試合を見ることに慣れていない人が見ているとなかなか点数を把握することが難しいでしょう。
ではどうしてそのような数え方になってしまったのでしょうか。
テニスというスポーツがテニスと呼ばれる前にテニスに似たスポーツが中世ヨーロッパに存在されていたと言われています。
そのスポーツでは60で位を1つ上に上げる「60進法」が主流であったと言われており、60という数字をベースにいくつかの説があるようです。

テニスのポイント「時計の文字盤説」

時計には文字盤があります。
それを4分割し1週するとゲームが終わるという考えで、実際に時計の文字盤を使用してカウントをしていたという説です。
この説が一番の有力説とされています。

ポイントの謎、修道院の生活時間説

テニスの前のスポーツは「ジュー・ド・ボー」と呼ばれるものです。
これは修道院で考案されたと言われています。
その修道院の生活時間が基本15分で組まれていたため、カウントを数える時にも使用されたという説もあります。

テニスに関係?貨幣の単位説

昔はテニスは賭けの対象になっていました。
賭けをする際に60に達した人が勝ちというルールがあったため、それを参考にしたという説もあります。

3つの説がありますが、なぜ3ポイント目だけ40と言われているのか疑問に感じます。
有力説としては45が長くて言いにくいというものがあります。

テニスのポイントがなぜ「15、30、45」かがわかれば、数え方は簡単!

テニスを初心者が始めると最初は素振りをすることが多いです。
しかし他にもすることがあります。それは試合中の得点係です。
得点係はただ得点を入れればいいだけですが、ルールやテニスの得点について理解をしていないと非常に難しいものです。
テニスは0(ラブ)から始まり、15(フィフティーン)、30(サーティン)、40(フォーティーン)という数え方になります。
文章にすると難しく感じてしまうかもしれませんが、実は簡単です。

テニスは4ポイントを先に取った選手が勝ちという簡単なルール

難しくなってしまうのは増える数が違うからかもしれません。
最初のうちはポイントを数える時に時計をイメージするといいでしょう。
ゲーム開始を0、1ポイント入れば15の位置、2ポイント目は30の位置とイメージするのです。
注意が必要なのは3ポイント目は45ではなく40だと言うことです。
次のポイントを取ることが出来れば時計は一周するので1ゲームが終わりということになります。
最初は難しいと思うので、時計をイメージすることで簡単に得点を数えることができるはずです。
慌ててしまっては試合をみることが出来ずに正確に得点を入れることができません。
時計をイメージしながらしっかり試合をみていきましょう。

テニスのゲームカウントとセットカウントの数え方は?

得点の数え方を理解することができれば、今よりもっとテニスが楽しくなるはずです。
しかし得点にはまだゲームカウントとセットカウントがあり、数え方があるのです。

ゲームカウントとセットカウントはポイントとは数え方が違う

どちらも英語で1から6までをカウントするのです。
ゲームカウントをコールする際には最初にゲームカウントを言うのが礼儀になります。
例えば1対0の場合は「ワン・トゥー・ラブ」になりますし、2対1の場合は「トゥー・トゥーワン」と言ったように数えていきます。
ここで注意が必要なのは同点の時です。

同点の時はポイントと同じくオールと言う

例を挙げると、1対1の場合であれば「ワン・オール」、2対2の場合は「トゥー・オール」です。
これで相手のゲーム数と自分のゲーム数を足して奇数の場合はコートをチェンジしていくのです。
なぜコートチェンジをするのでしょうか。
テニスは屋外での試合も多く、太陽の位置や風の影響を受けてしまうことがあります。
そこで公平にするためにコートチェンジをするのです。

テニスではゲームカウントやセットカウントになればデュースはありません。
ゲームカウントが5対5になった場合はデュースがあります。連続してゲームを取り7ゲームになった方が勝者になります。
6対6の場合はタイブレークです。
タイブレークとは次のゲームで12ポイント制でスタートし2ポイント差を付けて7点を先取するか6ポイント同士になってから2点連続で先取したプレイヤーを勝者とするルールです。
テニスはルールが複雑ですが、覚えてくると試合を見ていても楽しいので、是非覚えてみましょう。

テニスを始めるなら、試合中にカウントを確認することが大切

テニスはサッカーやバスケとは少し得点に違いがあります。
サッカーやバスケはずっと点を積み重ねていくイメージですが、テニスにはゲームやセットという単位があります。
テニスはこのゲームやセットをどうやって取得することができるかが大事なのです。
そのためにゲーム中のポイントが重要になってくるのです。
例えばもし試合中にあなたがサーブを打つとしましょう。
その場合0対40と40対0ではプレーする時のプレッシャーは違うでしょう。
同点だった場合でも心境は違うでしょう。
カウントもしっかりと把握することがゲームをする上で重要になってくるのです。
他にもしっかりカウントを両者で確認してからプレーを行うことも重要です。
セルフジャッジをしながら試合をすることもテニスをしているとあるはずです。
その時には「今のゲームか」「いや違う」と言ったようなことは避けるべきところです。こうなる前に対戦する人とのコミュニケーションを取ることが必要なのです。
サーブを打つ先取がカウントをコールしましょう。そこで認識が違う場合はしっかりと声を上げることも大切です。
試合が終わって試合に文句を言ってしまうのはスポーツマンシップがありません。
そうならないためにもカウントをコールされた時合っていれば会釈するなどの意思表示をしましょう。