テニスのポイントはなぜ0ではなくラブなのかその謎を解明します

全米オープンなどテニスの4大大会の試合をテレビで見ていると、ポイントが0ではなくラブと呼ばれていたり、1点が15だったりとちょっとわかりづらいですよね。

なぜ野球やサッカーと違ってテニスは「ラブ、15、30、40」とポイントを数えるのでしょうか?特別な理由があるのでしょうか?

テニスのポイントの数え方に関する疑問にお答えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゼミは就活に影響する?影響するかは結局のところあなた次第

ゼミで専門的な分野を学んでいるから就活に有利、ゼミに入っていないから就活で不利になる、などという話を...

面接で笑顔を褒められたら合格?就職が成功するための心得とコツ

就職活動中の就活生の皆さん、面接で笑顔を褒められたら合格!という考えを持ってはいませんか?就職活動を...

内定辞退はできる?転職はいつまでできる?

転職をしたいと考えている時、内定をもらった企業の条件と自分の条件が合わないなどの理由で、内定辞退をし...

No Image

相撲の座布団を投げる【座布団の舞】投げる理由とその歴史を解説

相撲中継を見ていると、座布団を投げる人たちの映像を目にすることもありますよね。座布団を投げるのは一体...

介護施設で働く看護師の仕事内容と役割、メリットについて

介護施設で働く看護師は、病院で働く看護師とどう違うのでしょうか?では、介護施設で働く看護師の...

卓球女子にオススメな練習メニューを紹介。卓球の大事な基礎とは

卓球と聞くと地味なイメージを持ってしまう人も少なくないでしょう。ただピンポン球を打っているだけと...

ソフトテニスのローボレーの打ち方のコツ。姿勢や足さばきなど

ソフトテニスの前衛でローボレーが上手くない、苦手という声をよく聞きます。ローボレーが上手く打てる...

ぎっくり腰で仕事を辞めると決意した時に考えるべきこと

仕事をしていても腰痛があると辛くて仕事が手に付かないと言った経験はありませんか?腰は立っていても座っ...

走り高跳びの助走のコツやポイントとは?助走を入念に練習しよう

走り高跳びの助走では、どんなコツが必要なのでしょうか?走り高跳びの助走で意識をしなければいけないポイ...

会社が寒い!夏の冷房対策で体調不良を予防!自分でできる対策

会社のエアコンが効きすぎてて夏でも寒いという人もいますよね。外の気温は高いのに、オフィスの中はまるで...

台風で会社から帰れない時の対策は?酷い時は会社泊も検討に

台風の影響で、会社から自宅へ帰れないという事態はよく起きるものです。鉄道などは安全のためすぐに運...

退職時のお礼に配るお菓子にはメッセージカードを添えよう

退職時に今までお世話になったお礼として、お菓子を配ることがあります。その際、メッセージカード...

跳び箱の台上前転の怖いを克服するためのコツや練習方法とは

跳び箱の台上前転は怖いと感じる人は多いですが、その恐怖心があると余計にできなくなってしまいます。...

小学校が冬休み中先生は何をしているの?冬休み中の先生の仕事

小学校が冬休みに入ると当然学校には生徒がいなくなります。生徒がいないなら先生だって仕事がないので...

バレーボール【中学生女子】上達のための練習方法について

テレビでバレーボールの女子の試合が放送されると、まだ中学生とはいえうまくなるためにたくさん練習しよう...

スポンサーリンク

テニスは0ポイントをなぜ「ラブ」と言うの?スペルは?

最近では日本人テニスプレーヤーが活躍しています。そのためテレビでもテニスの試合が中継されることが多くなりました。
試合を見ていて、ルールが難しいと感じている人もいるようです。
確かにラブと言われても初めて試合を見ていると何のことだか分かりません。
なぜテニスでは0ポイントのことをラブというのでしょうか。

0ポイントをラブと言うのかには様ざまな諸説がある

どれが真実なのかは誰も分からないというのが現実です。しかし複数ある諸説の中で有力と言われているものがあります。
それはフランゴで卵を意味する「l’oeuf」から取った言葉だという説です。
これは0と卵が似ているためそう言われているようです。
では「l’oeuf」という言葉がどうしてラブになったのでしょうか。

テニスはフランスの修道院で生まれたスポーツ

それがイギリスへと伝わりました。
イギリスでは「l’oeuf」という発音が難しかったのか、聞き間違いをしてしまったのか理由は分かりませんが、ラブと言ってしまい結果それが定着してしまったという説が有力なのです。

イギリスにはクリケットというスポーツがあります。
これは少し野球に似ていて、クリケットという単語を耳にしたことがある人もいるでしょう。そのクリケットの打者の得点が0点に終わった時は「duck」や「duck’s egg」と読んでいます。
そこから考えるとイギリス人はもともと0を卵に結びつけていたのではないかと考えられます。

テニスのポイントの数え方のナゾ、なぜ「15、30、40」となっているの?

まだまだテニスの得点には謎があります。
ラブの謎は解明されても、なぜ他の点数は「15、30、40」という数え方になるのでしょうか。
テニスの試合を見ることに慣れていない人が見ているとなかなか点数を把握することが難しいでしょう。
ではどうしてそのような数え方になってしまったのでしょうか。
テニスというスポーツがテニスと呼ばれる前にテニスに似たスポーツが中世ヨーロッパに存在されていたと言われています。
そのスポーツでは60で位を1つ上に上げる「60進法」が主流であったと言われており、60という数字をベースにいくつかの説があるようです。

テニスのポイント「時計の文字盤説」

時計には文字盤があります。
それを4分割し1週するとゲームが終わるという考えで、実際に時計の文字盤を使用してカウントをしていたという説です。
この説が一番の有力説とされています。

ポイントの謎、修道院の生活時間説

テニスの前のスポーツは「ジュー・ド・ボー」と呼ばれるものです。
これは修道院で考案されたと言われています。
その修道院の生活時間が基本15分で組まれていたため、カウントを数える時にも使用されたという説もあります。

テニスに関係?貨幣の単位説

昔はテニスは賭けの対象になっていました。
賭けをする際に60に達した人が勝ちというルールがあったため、それを参考にしたという説もあります。

3つの説がありますが、なぜ3ポイント目だけ40と言われているのか疑問に感じます。
有力説としては45が長くて言いにくいというものがあります。

テニスのポイントがなぜ「15、30、45」かがわかれば、数え方は簡単!

テニスを初心者が始めると最初は素振りをすることが多いです。
しかし他にもすることがあります。それは試合中の得点係です。
得点係はただ得点を入れればいいだけですが、ルールやテニスの得点について理解をしていないと非常に難しいものです。
テニスは0(ラブ)から始まり、15(フィフティーン)、30(サーティン)、40(フォーティーン)という数え方になります。
文章にすると難しく感じてしまうかもしれませんが、実は簡単です。

テニスは4ポイントを先に取った選手が勝ちという簡単なルール

難しくなってしまうのは増える数が違うからかもしれません。
最初のうちはポイントを数える時に時計をイメージするといいでしょう。
ゲーム開始を0、1ポイント入れば15の位置、2ポイント目は30の位置とイメージするのです。
注意が必要なのは3ポイント目は45ではなく40だと言うことです。
次のポイントを取ることが出来れば時計は一周するので1ゲームが終わりということになります。
最初は難しいと思うので、時計をイメージすることで簡単に得点を数えることができるはずです。
慌ててしまっては試合をみることが出来ずに正確に得点を入れることができません。
時計をイメージしながらしっかり試合をみていきましょう。

テニスのゲームカウントとセットカウントの数え方は?

得点の数え方を理解することができれば、今よりもっとテニスが楽しくなるはずです。
しかし得点にはまだゲームカウントとセットカウントがあり、数え方があるのです。

ゲームカウントとセットカウントはポイントとは数え方が違う

どちらも英語で1から6までをカウントするのです。
ゲームカウントをコールする際には最初にゲームカウントを言うのが礼儀になります。
例えば1対0の場合は「ワン・トゥー・ラブ」になりますし、2対1の場合は「トゥー・トゥーワン」と言ったように数えていきます。
ここで注意が必要なのは同点の時です。

同点の時はポイントと同じくオールと言う

例を挙げると、1対1の場合であれば「ワン・オール」、2対2の場合は「トゥー・オール」です。
これで相手のゲーム数と自分のゲーム数を足して奇数の場合はコートをチェンジしていくのです。
なぜコートチェンジをするのでしょうか。
テニスは屋外での試合も多く、太陽の位置や風の影響を受けてしまうことがあります。
そこで公平にするためにコートチェンジをするのです。

テニスではゲームカウントやセットカウントになればデュースはありません。
ゲームカウントが5対5になった場合はデュースがあります。連続してゲームを取り7ゲームになった方が勝者になります。
6対6の場合はタイブレークです。
タイブレークとは次のゲームで12ポイント制でスタートし2ポイント差を付けて7点を先取するか6ポイント同士になってから2点連続で先取したプレイヤーを勝者とするルールです。
テニスはルールが複雑ですが、覚えてくると試合を見ていても楽しいので、是非覚えてみましょう。

テニスを始めるなら、試合中にカウントを確認することが大切

テニスはサッカーやバスケとは少し得点に違いがあります。
サッカーやバスケはずっと点を積み重ねていくイメージですが、テニスにはゲームやセットという単位があります。
テニスはこのゲームやセットをどうやって取得することができるかが大事なのです。
そのためにゲーム中のポイントが重要になってくるのです。
例えばもし試合中にあなたがサーブを打つとしましょう。
その場合0対40と40対0ではプレーする時のプレッシャーは違うでしょう。
同点だった場合でも心境は違うでしょう。
カウントもしっかりと把握することがゲームをする上で重要になってくるのです。
他にもしっかりカウントを両者で確認してからプレーを行うことも重要です。
セルフジャッジをしながら試合をすることもテニスをしているとあるはずです。
その時には「今のゲームか」「いや違う」と言ったようなことは避けるべきところです。こうなる前に対戦する人とのコミュニケーションを取ることが必要なのです。
サーブを打つ先取がカウントをコールしましょう。そこで認識が違う場合はしっかりと声を上げることも大切です。
試合が終わって試合に文句を言ってしまうのはスポーツマンシップがありません。
そうならないためにもカウントをコールされた時合っていれば会釈するなどの意思表示をしましょう。