野球のバッティンググローブには意味がある!その必要性を解説

プロ野球の試合を見ていると、バッターボックスに入る選手は必ずバッティンググローブをつけていますよね。

でも朝野球、草野球レベルなら必要ないのでは?と考えている人も多いのではないでしょうか?

そもそもバッティンググローブをつける意味とは?どんな効果が得られるの?

野球のバッティンググローブをつける意味とその必要性、選び方のポイントについて説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小学校が冬休み中先生は何をしているの?冬休み中の先生の仕事

小学校が冬休みに入ると当然学校には生徒がいなくなります。 生徒がいないなら先生だって仕事がないので...

年末はやっぱり仕事が忙しい!忙しい仕事を乗り切る方法

年末になると毎年仕事が忙しいと感じる人は多いですよね。 会社全体がなんとなくバタバタして、年末...

バレーボールの練習メニュー【中学生編】上達する方法とは

バレーボールは効果的な練習メニューを中学生から行うことで上達させることができます。 まずは基礎...

走り高跳び【女子中学生編】記録を伸ばすコツや練習のポイント

走り高跳びをやっている女子中学生には、思うように記録を伸ばせず悩む人もいるでしょう。 走り幅跳...

退職後に行う手続きの期限は?退職後に必要な手続きについて

退職後は色々な手続きをする必要があります。行わなければならない手続きの中には、期限が決められているも...

大学中退から専門学校は就職に有利なワケと人生のきっかけ

大学中退してからすぐに就職するのではなく、専門学校に再入学するという人も多いのではないでしょうか? ...

小学校の用務員になるには?勤務形態や給料について説明します

小学校に勤務したいと考えている人の中には、用務員さんになりたいという人も多いと言います。 では...

テニスの後衛のコツとは?前衛のサポート役で終わらせない方法

テニスの後衛はどんなことを意識して動く必要があるのでしょうか?コツやポイントとは? 前衛の足を...

水泳のバタ足が進まない時のコツや練習方法・ポイントを解説

水泳をやっている人の中には、バタ足がなかなか進まないことに悩んでいる人もいますよね。進むことができな...

研修期間中でも辞めることは可能?バイトの辞め方について

頑張ろうと思ってバイトを始めたものの、自分の思っていた仕事とは違いすぎて辞めたいと思うこともあるでし...

大学の単位は4年生になる前に取っておこう!その理由を徹底解説

大学4年生ともなると就活もあり、大学へ行かない日の方が多くなりますよね。 そうなると気になるの...

会社を辞める時の挨拶のポイントや円満退職のためのマナーとは

会社を辞める時にはお世話になった上司や同僚に挨拶をしましょう。 では、会社を辞める時の退職の挨...

ボールの投げ方の教え方で気をつけたいコツや握り方と注意点とは

ボールの投げ方がわからない、うまくボールを投げることができない子供に対しての教え方とはどんなことに気...

夜勤で働く女性の危険性とは?注意するポイントについて解説

看護師や介護職、コンビ二など女性でも夜勤で働く人も増えていますが、男性よりも危険が多いと言えますよね...

No Image

ソフトテニスの前衛の基本ポジションから勝ち方まで教えます

ソフトテニスを始めたばかりの人は、前衛のポジションをどう取ればいいのかわからないことが多いのではない...

スポンサーリンク

バッティンググローブをつける意味とは?草野球でも必要?

野球経験者であればどんな道具に、どんな意味があって使われているか理解しているでしょう。
しかし初心者や、野球が好きでやっているという人はあまり意識したことはないかもしれません。
バッティンググローブには、どんな役割があるものなのかを意識したことはありますか。
もしご存じないと言う方はバッティンググローブの重要性を知ることができるはずです。

バッティンググローブを付ける意味

そもそもバッティンググローブは打撃用の手袋のことで使用することでグリップ力が上がって力が入りやすくなります。
プロの選手は着用率が高いイメージがありませんか。それはプロの選手の多くが木製のバットを使用しているからです。
木のグリップは滑りやすいと言われており、滑り止めとして使われているのです。
滑り止めスプレーもあるのですが、粘着力が高くベタベタとくっついてしまうことがあるようです。強いスイングをした場合掌の皮が剥がれてしまう場合もありバッティンググローブを付ける選手が多いのです。

草野球などの場合はバッティンググローブを付ける人は少ないです。冬の場合寒さ対策として使っている人もいますが、あまり見ません。
それは草野球に使うバットは金属バットが多いからです。
手が滑ることは稀なので、バッティンググローブは必要ないと思われているようです。しかしバッティンググローブを付けて滑り止めの効果があるのは事実です。
草野球でもグリップを軽く握って打つことができるという利点もあるので、バッティンググローブを付けていて不利になることはありません。
是非一度試してみてはいかがでしょうか。

アマでも野球のバッティンググローブは必要?どんな意味があるの?

高校で野球をしているアマチュアの選手の多くはプロの野球選手になりたいと思っているでしょう。
社会人で野球をしているアマチュアの多くもそんな夢を抱いていたのではないでしょうか。
プロとアマでは色々な差がありますが、野球の道具には違いはありません。プロ、アマ問わずに野球選手のほとんどが打席に入る際にバッティンググローブを使用します。

バッティンググローブを使うことでバットをしっかりと握ることができる

さらに打撃の面でもしっかりとバットを握りそれを維持することができるのでいい球を打つことができるのです。
手が滑ってしまうと悪影響が出てしまうこともあるのです。

バッティンググローブには衝撃の保護という役割もある

野球選手は練習を続けているとどうしても掌にマメが出来てしまうのです。
それが潰れてしまって痛いという経験をした方もいるはずです。そんな練習の称号であるマメですが、練習の妨げになってしまうのは確かです。
素振りでバットを振り続ける時はマメができやすいので、バッティンググローブを使用するとマメができにくくなります。

よく野球の試合を見ているとバッティンググローブを片手に付ける選手や両手に付けている選手もいます。
実はバッティンググローブには片手にするか両手にするかは特に決まりがありません。
人の好みで決めているので、自分にあったバッティンググローブを付けてみるといいでしょう。

野球のバッティンググローブには意味がある!今は小学生でもつけています

昔と今で変わることはよくあります。昔はこうだったのになと最近の変化に驚いてしまうこともあるでしょう。
それは野球でもあります。
以前までは少年野球にはバッティンググローブは必須ではありませんでした。
むしろ小学生がバッティンググローブを付けていることに違和感があったくらいです。
しかし今では小学生の少年野球でもバッティンググローブが常備されるようになったのです。

バッティンググローブにはバットの滑り止めという役割がある

小学生は大人よりも握力がないためバッティンググローブは必需品になっているのです。ある試合中にハプニングありました。
それは相手の右バッターがフルスイングして大きな空振りになった後、バットがすっぽり抜けてしまったのです。
そのバッドがサードに飛んでしまい相手選手にぶつかってしまったのです。
なぜこのようなことが起きてしまったのでしょうか。
その原因は暑い時期に行ったため、手の汗でバットを持つ手が滑ってしまったことだったのです。
最近ではバッティンググローブがあるのでそのようなハプニングはあまり起きなくなりました。
しかし手が滑ることを問題視せずにいると大きな事故に繋がってしまう可能性があります。小学生の野球であれば尚更注意が必要です。
バッティンググローブは小学生でも必須なのかもしれません。

バッティンググローブのおすすめ素材は?

バッティンググローブの必要性は理解していただいたでしょうか。しかしバッティンググローブにも様ざまな種類があります。
バッティンググローブの素材には人工皮革と天然皮革があります。
人工皮革はバッティンググローブの中では比較的安価に購入することができます。天然の皮革よりも耐久性があり洗うことができるのは嬉しいポイントです。
毎日バットを振る人や、使った後はどうしても洗いたいと思っている人にはオススメかもしれません。
天然皮革は人工よりも少し値が張ります。
しかし人工皮革よりも圧倒的にフィット感があり、安心して使うことができるでしょう。プロの野球選手の多くは天然皮革を使用しているようです。
しかし天然皮革は洗濯することができません。汗が染み込んでも洗うことができないので、使用しているうちに臭いが気になるという人もいるようです。

一番いいバッティンググローブは一概に言うことはできません。
天然皮革は使い心地がいいのでいいバッティンググローブと言えますが、バッティンググローブは消耗品です。
使っているうちに壊れてしまうこともあるでしょう。

おすすめのバッティンググローブの使い方

そこでオススメは試合用と練習用でバッティンググローブを使い分けることです。
練習用は人工皮革、試合ようは天然皮革にするなど工夫すると経済的にもいいのではないでしょうか。

バッティンググローブのサイズ選びのポイントは?

バッティンググローブの素材について理解したけれど、重要なのは実際に使ってみて使い勝手がいいかと言うことですよね。
そこで重要になるのはバッティンググローブのサイズになります。サイズが大きいとなかなか手にフィットすることはありません。
ではどのくらいのサイズがベストなのでしょうか。
いざショップに行っても微妙なサイズ感というものもあるでしょう。これだと小さい気がするし、次のサイズだと少し大きい気がするという場合です。
大は小を兼ねると言いますが、バッティンググローブの場合は迷ったら小さめのサイズを選んでください。
バッティンググローブはマメを防いだりバットをしっかり握ることが役割です。
大きめのサイズを買ってしまうと変なところにマメが出来てしまったり、手と手袋の間に隙間ができてしっかりとバットが握れなくなってしまうのです。
ここで注意が必要なのは小さめのサイズを選ぶとバッティンググローブは破れやすいということです。
スイングを練習するたびに手袋は破れやすくなりますが、その分自分が練習をしたと言うことです。
自分が上達しているということなので、成果を感じることができてくるでしょう。道具は消耗品になります。
もったいないと使わないのではなく、使っただけ上手くなると考えて沢山バッティンググローブを使って練習をしてみましょう。