暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

就活でコネ面接から内定までの対策と採用してもらうコツとは

   

就活でコネ面接から内定までの対策と採用してもらうコツとは

就活においてコネがあるという人でも、面接は受けなくてはなりません。

では、就活でコネがあるときの面接から内定まではどのような流れなのでしょうか?

また、就活でコネ入社が決まるまでの面接とはどのような対策が必要なのでしょう?コネでも落ちることもあるみたいですよ!

そこで、就活でコネ面接から内定までの対策と採用してもらうコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

就活でコネがあるときの面接から内定までの流れとは

世の中には、就職もコネで受かる人がいます。そんな就活でも、面接は受けなくてはいけません。

一般的な就活の流れ

  1. 企業説明会
  2. エントリーシート提出
  3. 面接
  4. 内定

簡単にいうと、上記のような流れになります。ここで、コネ就職では何が省略できるかというと、

  • エントリーシートの提出
  • 面接

上記が省略される可能性があります。ただ、面接は一部分省略の可能性があるだけなので、基本的には受けなくてはいけないという認識だと思います。

コネ就職のデメリット

内定を貰うと、断りにくいことがあります。断ってしまうと、紹介者の顔に泥を塗ることになるので。

コネ就職も良いですが、よく考えて就職した方が良いと思います。後々、「この企業自分には合わない」と思っても手遅れかもしれませんから。

就活でコネ入社が決まるまでの面接とは

就活でコネ就職で仕事が決まる。その流れであったり、何が省力されるのかについてみてきました。

コネ就職も面接は受ける必要がある

では、その面接、普通の面接とは違ってくるのでしょうか。

ある方の経験ですが、普通の面接となんら変わらなく、15分位で終了したようです。
質問内容も変わらずで強いて言えば、「どの部署に行きたいか?」と聞かれて、自分の好みの部署を答えたくらいでしょうか。
でも、「志望動機」についてはちゃんと考えて発言したようです。その為、例えコネ就職であっても、普通の面接と同じ通りの姿勢で臨む必要があります。

コネ就職できる企業は限られている可能性もあるので、同じ部署にコネ就職をしていた人は沢山いたようです。それでも、普通の面接とは変わらないので、気を抜かずに受けていきましょう。本番でしっかりと面接官の質問に答える事ができるようにしておきましょう。

就活でのコネ入社は面接でも作れる

就活でのコネ就職、面接はいつもと変わらない姿勢で受ける必要があることをみてきました。

でも、よくよく考えてみれば、面接でうまく自分をアピールする方法も「コネ」といえば「コネ」就職ですよね。そう考えてみれば、コネ就職は面接官に自分をどうアピールするかも求められてくると思います。

面接で自分の性格の良さをアピールしたり、持っている資格を全部書くことで、企業で使える存在かもしれない、それで面接官の気を引くこともできます。

また、ある派遣業界では面接が終ったあとに、会社の担当者に電話をすることをお勧めしていました。
そうやって、「どうやって相手企業に良い印象を持たせるか」それが鍵になってくることもあると思います。

コネがないなら、自分からその機会を作る、それもありだと思います。

就活でコネ採用してもらうためには

コネを就活に生かす、でもその方法は、必ずしも知っている人が企業にいるから成り立つということではなく、自分で「コネ」を作っていけることをみてきました。

では、具体的にどんな点があると「コネ」で採用してもらえるのでしょうか。

とっても簡単なことかもしれませんが、「いかに自分の顔と名前を覚えてもらうか」それが鍵になってくると思います。
他の人と差をつけるには、自分に強い印象を持ってもらう。それが大切になってきます。

では、どうやって自分に強い印象を持ってもらうか。

「直接企業に行って、関係を築くこと」だと思います。

何度もそうしている内に、覚えてもらえ、「コネ」に結びつくのではないでしょうか。

SNSやメールという方法もありますが、誰でもできるし、色んな人からもらっている可能性もあるので、ライバルに差をつけるには、直接会っていった方が良いと思います。

就活でコネがあっても落ちることもある

就活をコネで乗り切る、またどうやってコネで就職できるかについてポイントになることをみてきました。

最後に、就活でコネがあっても、100%受かるわけではない、落ちる可能性もあることについてみていきたいと思います。

コネでいける!と思っていたら、「不採用」そんなこともあると思います。

要因として考えられることですが、テストの結果が悪すぎたりすると、企業側も「不採用」を出す可能性があります。
対策としては、例えコネ就職だったとしても、しっかりとテスト勉強はしておくべきだと思います。

あまり「コネ」に頼りすぎて、何も対策をしないと後で泣くことになります。そのため、いくら「コネ」であったとしても、最低限のことをこなし、仕事をすることができる準備をしておきましょう。一般常識は仕事をしてからも必要になってくるので。

入社したとしても、問題は起きてきますから、テストは合格して仕事ができる準備をしておきましょう。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ