エントリーシートの内容を忘れたまま面接を受けるリスクとは

書類選考の判断材料として存在するエントリーシート。

エントリーシートの内容によって合否が左右されるほど大事なものですが、面接時に緊張のあまりエントリーシートの内容をすっかり忘れてしまうこともあるでしょう。

エントリーシートの内容を忘れたまま面接受け、もし違う話をしてしまったらどうなるのでしょうか。内容を忘れたまま面接を受けるリスクとは?

エントリーシートはしっかりコピーし、内容を理解してから面接を受けることが大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

職場にいるうるさい人への対処法。相手を変えることはできないけど

職場にいるうるさい人は、どんなことがうるさいと感じますか?仕事のやり方?プライベート自慢?た...

返信マナーが知りたい!「行」を消して書き換えるときのポイント

返信用の封筒や往復はがきなどには宛先がすでに描かれていて、企業名の下に「行」と書かれていることがあり...

市役所への就職で感じるメリット。やりがいと働きやすさ

市役所などの公務員の仕事は、他の民間企業と比べてどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。...

居酒屋でのアルバイトのコツ!メリットと気を付けるべきポイント

居酒屋は他のアルバイトよりも効率的にバイト代を貯めることができて、人気のアルバイトです。働いてい...

職歴証明書を公務員試験時に提出する理由とその必要性

職歴証明書は、公務員に転職する際に提出を求められる書類の一つです。職歴証明書は、在籍していた会社...

バドミントン【左利きの相手】の攻め方とは?戦い方のコツ

バドミントンで左利きの選手とあたるときにはどのような攻め方をしたらいいのでしょうか?左利きだ...

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本からコツまで解説

ソフトテニスでサーブを確実に入れるためにはトスの上げ方が大切だと言われていますが、始めたばかりの初心...

出張用のスーツケースは1泊でも準備しよう!そのワケと選び方

出張や移動が多いビジネスマンに欠かせないといっても過言ではない、ビジネス用のスーツケース。1...

ソフトテニス戦略、前衛として相手にプレッシャーを与える動き方

ソフトテニスで相手に勝つためには戦略が必要です。特に前衛の動き方は重要で、フェイントなどを使いながら...

新入社員が体調不良で欠勤する時には電話?メール?連絡方法とは

体調不良で新入社員が欠勤するときには、どのように連絡をしたらいいのでしょうか?どんなに体調が...

ボクシングのストレートはコツを掴めば初心者でも打てる

ボクシングのストレートを打つには、コツを掴めば初心者でも打てるようになります。特に、ボクシン...

就活の作文は原稿用紙を正しく使って書くことが大切です

普段パソコンを使っている人は、就活試験の作文のために原稿用紙を使って文章を書くとなると、わからないこ...

クロールの息継ぎの教え方とは?まずはプールサイドで練習しよう

クロールの息継ぎを子供に教えるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?子供にわかりやす...

公務員が昇給するのはいつ頃?昇給の決め方と昇給スピード

給料が安定している公務員ですが、昇給するのがいつなのか、また昇給スピードや昇給はいつまで続くのかわか...

高校の非常勤講師の年収やボーナスはいくら?その実態に迫ります

教員資格は持っているものの採用試験に受からず高校の非常勤講師をするとなると、どのくらいの年収になるの...

スポンサーリンク

エントリーシートの内容を忘れた!面接で違う話をしたらどうなるの?

就活をしていると、大切になってくるのが、エントリーシートだと思いますが、折角エントリーシートを提出して面接まで行ったにも関わらず、エントリーシートの内容を忘れてしまった。そんな時、エントリーシートと違う内容を面接で話してしまったら、どうなるのでしょうか?

答えからいうと、極端に話しの方向性が間違っていない限りは、問題はありません。

会社側も、面接の場では就活生が緊張していて、うまく話せないことはわかっています。

ただ、もし「エントリーシートと違った内容を話しているな」っと感じるのなら、「エントリーシートの内容とは少し異なったことを話していますが」と付け加えると、企業側も違和感を感じないので、良いと思います。

ないとは思いますが、学歴や資格などの情報がエントリーシートと異なっている場合は、企業側はあなたに疑いをもつようになります。エントリーシートに記述する際は、間違いがないかどうか、気をつけて記述しましょう。

エントリーシートの内容を忘れたまま面接受けるリスクとは?

先ほどは、エントリーシートの内容を忘れたまま面接を受けるにしても、話の方向性が極端に違わない限りは、問題がないことについてみてきましたよね。

ただ、エントリーシートの内容を忘れたまま面接を受けると、ある程度のリスクが伴うことを、ここではみていきたいと思います。

エントリーシートと違う内容を面接で答えたとなると、企業側としては、前もって聞きたいことが聞けない状況になることもありえます。その為、不採用になる確率が無いこともない、そのことを頭に入れておいた方が良いと思います。

となると、エントリーシートと全く同じ内容を面接で話せば良いのか?と聞かれると、それはそれで違うという答えになります。

大切なのは、エントリーシートと統一感を持たせることになってきます。その為、面接では、エントリーシートとなるべく同じ内容のことを話すほうが会社には好印象を与えることになります。

忘れたでは済まされない!エントリーシートと面接の内容が重視される理由とは

先ほどは、エントリーシートの内容を忘れたまま面接を受けると、不採用のリスクが高まることについて触れてきました。

ここでは、どうして面接では、エントリーシートと面接の内容が一致されることが重視されるのか、その理由についてみていきたいと思います。

エントリーシートとの適合性

企業側も、エントリーシートを確認してから、面接に望んでいます。その為、エントリーシートの内容に基づいて面接で質問をするのは、「適合性」を確認しているのです。例えばですが、エントリーシートで「人見知りしない」と書いてあっても、面接で全く話せないようでしたら、企業側としても違和感を感じます。

面接で自己PRと自己紹介を間違わないようにする

面接の時ですが、「自己紹介を簡単にお願いします」と言われる時があります。その時ですが、自己紹介を自己PRと間違えている人がいます。まず、自己紹介と自己PRの違いを理解しましょう。

エントリーシートのある内容だけで合否が決まる?その選考基準とは

上記では、エントリーシートの内容がどうして面接で重視されるか、その理由をみてきましたよね。

次に、ここではエントリーシートの内容がどれほど選考基準に関わるのか、その重要性をみていきたいと思います。

ある会社でですが、エントリーシートで落とす基準のようなものを話してくれています。
その内容ですが、

  • 「会社説明会やホームページでは記載されていないことを一つでもピックアップしていると、合格にしている」
  • 「一つでも空欄があったら落としている」
  • 「伝える力があるかどうかをみている」

会社側としては、エントリーシートの内容である程度の合否をつける基準を設けているようです。入社したい会社ほど、全ての欄を埋めて、会社側が興味を持つようなエントリーシートを完成させたいですよね。

エントリーシートの内容をコピーするメリットは?

先ほどは、会社側がどのようにしてエントリーシートで合否をつけているのか、数点のポイントをみてきました。

そもそも、エントリーシートの内容ですが、その内容を忘れずに面接を受けるに越したことはありません。そうなると、エントリーシートをコピーして保存しておいた方が良いと思いますが、コピーするメリットは具体的にどんなものがあるのでしょうか。

  • コピーするメリット1:面接前に見直して、面接の為の対策ができる。
    面接時に、エントリーシートに書いたことを元にして、質問に答えることができます。その方が、採用される確率も高くなるのではないでしょうか。
  • コピーするメリット2:自分が作成したエントリーシートで、落ちたものと受かったものを比較して、何が要因で落ちているのか、把握できる。
    内定を勝ち取るためにも、自分の何が要因で落ちているかを知ることも大切になってきます。弱点がわかれば、改善することができ、内定への道のりがスムーズになると思います。よく研究して、是非勝ち取れるエントリーシートを作成していって下さいね。