新入社員のミスはいつまで許される?ミスで評価を落とすことも!

新入社員が仕事でミスをしてしまうのは仕方のないことですが、一体いつまでだったらこれが通用するのでしょうか?
入社してどのくらいまでなら「新入社員だから仕方ないね」と言ってもらえるのか気になる人もいますよね。

新入社員の仕事のミスが許されるのは一体いつまで?ミスばかりしすぎると評価が下がる?

そこで今回は、新入社員の仕事のミスがいつまで許されるのかとミスをした時の対処法・上司の心構えについての情報をお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

消防救助隊が行う訓練とは?人命救助を目的とした厳しい訓練

消防には救助隊と呼ばれている、人命救助を目的とした専門部隊があります。レスキュー隊とも呼ばれているチ...

スライディングの練習方法!野球が上手になるコツについて

スライディングは野球の走塁において欠かせないものですが、正しいコツを掴むまで練習をする必要があります...

卓球の左利き選手との戦い方のポイントやコツを紹介します

卓球であたりたくない相手といえば、左利きの選手ではないでしょうか? 左利きの選手はなぜこんな...

上司との面談で泣く部下の取扱説明書!上司が部下にできること

上司と部下で面談をしているとき、部下が泣く場面に遭遇してしまった!仕事の最中に部下が泣いてしまった!...

情報処理に関する資格は就職にどのくらい有利となるのか徹底調査

IT業界への就職を考えている大学生は、情報処理に関する資格を持っていると就職に有利になると思っている...

バスケの練習方法を教えます!基本のパスのコツや注意するコト

バスケがうまくなりたい!ドリブルやシュートもしたいけれど、まずは基本中の基本のパスをうまくなりましょ...

履歴書に書く資格は何級から?一般的なルールを知っておこう

自分をアピールするための履歴書には、持っている資格をすべて書きたいものですよね。でも、何級か...

単位を落とした大学生がショックを受ける前にまず考えたいこと

大学の単位を落としたら当然ショックを受けますよね。でも。ショックを受けて落ち込んでいる場合じゃない!...

コンビニで品出しのプロになる!作業のコツとその極意について

コンビニでの品出しをスムーズに行うコツはいくつかあります。店舗やそのお店の立地条件により、売...

年下の上司にタメ口を使うのは非常識?ビジネスマナーとは

上司が年下ならタメ口で話してもいいのでしょうか?年齢は自分のほうが上だから、年下上司がタメ口で話して...

ディーラーに就職すると車購入は必須?ディーラー就職のポイント

カーディーラーへの就職を考えている場合、面接で乗っている車について聞かれることがあるのか、あるいは就...

シェフの帽子には意味があるの?高さの理由やコック帽子の由来

レストランなどの飲食店に行くと、白くて高いコック帽子をかぶったシェフが印象的ですよね。お店によっ...

市役所の最終面接合格必勝法!面接官にアピールするポイント

市役所の最終面接に合格するためには何が必要か。それは「情報」です。情報を集め、十分な調査研究を行...

ハンドボール上達への道。練習を家でも出来るメニューがあります

ハンドボールの練習で家でも出来るメニューを紹介します。ハンドボールはシュートの時のジャンプが...

退職時のお礼に配るお菓子にはメッセージカードを添えよう

退職時に今までお世話になったお礼として、お菓子を配ることがあります。その際、メッセージカード...

スポンサーリンク

新入社員のミスは入社していつまで「仕方ない」と思える?

新入社員は、入社後、社内の業務に慣れるまでは時間がかかります。一生懸命業務をこなしたり、覚えようと努力したとしても、ミスをしてしまうことがあるのが新入社員。では、先輩や上司はいつまでそのミスを許すことができるのでしょうか。

仕方がないと大目にみてもらえるのは、1年ほどと考えている人が大半です。中には、入社して半年経過した後のミスは仕方が無いとは考えられないと、厳しい意見の人もいます。
しかし、ミスを恐れていては、仕事はなかなか覚えられないのが現実です。業務をこなすスピードもゆっくりのため、せめて1年程度は大目にみて、新入社員の成長を促進させてあげたいところです。

新入社員とは言え、他社から見れば、先輩も新入社員も同じ会社の社員であることは確かです。会社の信頼を落とさない為にも、少しでも早くミスをなくす為の努力を怠らないことが大切になります。

あまりにもミスが多いままでは、笑って済まされない場合もあります。2年目に入ればあなたの下にも新入社員が入ってきて、あなたは先輩になるのですから。

新入社員だからといっていつまでもミスが許されるわけではない

中には、ミスをせずにしっかりと仕事をこなすことのできる新入社員もいます。新入社員の全員がミスをしているわけではありません。ミスをしない為に、気をつけて業務をこなすことができるのかどうか、慎重に仕事ができるのかどうかで、ミスをするかしないかは変わってきます。

自分は新入社員なのだからと、ミスをしても当然のように感じて、いつまでも業務をこなしていてはいけません。ミスをすることで注意されることもあるでしょう。周りの先輩たちにとっても、いつまでもミスを許すわけにはいかないのです。

ミスをした仕事は、誰かがカバーしたり修正したりしているのです。先ずはミスをしないように、慎重に努力することが大切です。何度もミスをしているようでは、快く思わない人もいるのも事実です。

ミスは当然のことではありません。新入社員という気持ちを切り替えて仕事に励むこと必要です。

いつまでも学生気分の新入社員の特徴!ミスをした時は上司に報告

いつまでも新人気分でいる為に、そのことがつい態度に出てしまうようではいけません。ミスをして注意された際に、「新人なので分かりません」と発言したり、「他の人の担当なので、後のことは分かりませんなどと、自分の業務を新人という言葉や、誰かの責任として置き換えるようでは、会社としても正社員として採用した意味がありません。あなたはアルバイトではないのです。会社を背負っている一社員なのです。

お客様からすると、社内の新入社員や先輩であったとしても、会社の社員であることには変わりありません。基本的な業務を早く覚え、自分のものにすることで、仕事に対して責任感が生まれます。

新人気分のままでは、お客様のトラブルに繋がることもあります。もしミスをして、判断が難しいようであれば、上司にすぐに報告と確認する旨をお客様に伝えることが重要となります。

上司の責任?新入社員にミスをさせないようにするには

新入社員が仕事でミスをしたとき、それは新入社員だからという理由で終わりにしてはいませんか。それは本当に、新入社員だから間違えただけなのでしょうか。

教える側にも、問題があるかも知れません。新入社員への仕事配分や、しっかり理解することができるように。上司や先輩が教育したかどうかという点も大切です。もう一度、ミスの根本原因をしっかりと探っていくことは、今後、業務をこなしていく上でも大切になってきます。

ミスをした場合には、早急に原因を解明し、それを回復していくまでが新入社員への教育と言えます。新入社員が間違えるのは当然のことですが、それは新入社員が全て原因という訳ではないことを、もう一度考えなおしてみましょう。

人間の集中力が続く範囲外で、新入社員に仕事をさせている状態が続いた時には、ミスが多いのは当然といえます。新入社員は、まだ業務になれていないため、休憩も上手にとることができないこともあります。パソコンや机に向かっている時間が長すぎるようでは、実際に成果が出ない場合もあります。

先輩や上司が、休憩など声賭けをしてあげるなどの気配りも必要です。集中力が続くように、新入社員の様子を気にかけてあげましょう。

こんな新入社員は上司にうんざりされることも…

話をよく聞いていなかったり、分からないからといって質問せずに黙っているようでは、いけません。

仕事は、学校とは違います。会社での説明の殆どは、実践現場での業務と繋がってきます。一度聞いただけで、全てを完璧にこなすことができないのは、新入社員としては当然のことかも知れません。しかし、覚えようとする姿勢が大切です。覚えたいのであれば、上司や先輩の説明は、メモをとるなどしながらしっかりと耳を傾けることが重要なのです。

また、分からないことがあっても、黙ったままではいけません。ただ黙っている人は、仕事ができない人と同じです。自主的に行動できるようになるためには、分からないことは積極的に質問することが大切なのです。会社は、自発的に行動できる人を求めているのです。