新入社員のミスはいつまで許される?ミスで評価を落とすことも!

新入社員が仕事でミスをしてしまうのは仕方のないことですが、一体いつまでだったらこれが通用するのでしょうか?
入社してどのくらいまでなら「新入社員だから仕方ないね」と言ってもらえるのか気になる人もいますよね。

新入社員の仕事のミスが許されるのは一体いつまで?ミスばかりしすぎると評価が下がる?

そこで今回は、新入社員の仕事のミスがいつまで許されるのかとミスをした時の対処法・上司の心構えについての情報をお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

面接での印象がUPする!自然な笑顔の作り方と練習のポイント

面接では笑顔が好印象に!?でも無理に笑顔を作ろうとしても、緊張も手伝って不自然な感じになってしまいま...

ボクシングの観戦が初心者の方へ、基本情報や見どころを紹介

テレビ中継を見て生を見てみたくなった、知り合いにボクサーがいるなどボクシングを初めて観戦するという人...

賛否両論!?美容師のシャンプー用手袋について

美容師さんが行うシャンプーはとても気持ちがいいものですが、最近は手袋をしてシャンプーをする美容師さん...

高跳びの背面跳びのコツや意識するポイントと記録を伸ばす練習

高跳びの背面跳びのコツを掴んで練習をすれば、きっと記録を伸ばすことができます。まずは、背面跳...

牽制が野球の試合を制す!そのやり方について徹底解説します

野球の試合において牽制でランナーをアウトにすることもできますが、正しいやり方やコツがわかっていないと...

同僚の退職が決まり寂しいと感じる人へ。その気持ちの解消法

仲の良い同僚が退職する事が決まったらショックと寂しさで一杯になると思います。会社の同僚と言えば同...

レセプションとは!バレーにおける意味やその役割について解説

テレビでバレーの試合を見ていると、解説者が「レセプション」という言葉を使っていますよね。「レ...

大学のテスト勉強を一夜漬けで乗り切る方法と効率よく覚える方法

大学のテストが迫っているのに、なかなかテスト勉強が手に付かないという人もいますよね。ちゃんと勉強しな...

キャビンアテンダントの採用条件…顔など見た目は重要なのか

大学生の憧れの職業でもあるキャビンアテンダントですが、イメージ的には美人でなければなれない…そんな風...

バスケの練習方法を教えます!基本のパスのコツや注意するコト

バスケがうまくなりたい!ドリブルやシュートもしたいけれど、まずは基本中の基本のパスをうまくなりましょ...

通訳の仕事が将来なくなる?今後通訳者が求められるスキルとは

通訳を仕事にしている人たちにとって不安なこと、それが通訳の将来性です。一説には今後数十年で通...

バドミントンのバックハンドが上達するコツやポイントとは

バドミントンのバックハンドがなかなか決まらないときにはどんなことに意識したらいいのでしょうか?苦手な...

バレーのジャンプサーブを女子が打てるようになるコツや極意

バレーでジャンプサーブを女子が打つとすごく歓声が上がり、盛り上がりますよね。ジャンプサーブを...

幼稚園教諭はピアノ伴奏が出来ないとダメ?ピアノ練習のコツ!

幼稚園の先生だからといって先生全員がピアノが得意なわけではありません。ただ保育士と違い、幼稚園教...

電話を取る時に緊張して噛む人のための対策方法を教えます

社会人になると仕事で電話の応対をしなければなりませんが、最近ではメールなどの普及によって電話で話す機...

スポンサーリンク

新入社員のミスは入社していつまで「仕方ない」と思える?

新入社員は、入社後、社内の業務に慣れるまでは時間がかかります。一生懸命業務をこなしたり、覚えようと努力したとしても、ミスをしてしまうことがあるのが新入社員。では、先輩や上司はいつまでそのミスを許すことができるのでしょうか。

仕方がないと大目にみてもらえるのは、1年ほどと考えている人が大半です。中には、入社して半年経過した後のミスは仕方が無いとは考えられないと、厳しい意見の人もいます。
しかし、ミスを恐れていては、仕事はなかなか覚えられないのが現実です。業務をこなすスピードもゆっくりのため、せめて1年程度は大目にみて、新入社員の成長を促進させてあげたいところです。

新入社員とは言え、他社から見れば、先輩も新入社員も同じ会社の社員であることは確かです。会社の信頼を落とさない為にも、少しでも早くミスをなくす為の努力を怠らないことが大切になります。

あまりにもミスが多いままでは、笑って済まされない場合もあります。2年目に入ればあなたの下にも新入社員が入ってきて、あなたは先輩になるのですから。

新入社員だからといっていつまでもミスが許されるわけではない

中には、ミスをせずにしっかりと仕事をこなすことのできる新入社員もいます。新入社員の全員がミスをしているわけではありません。ミスをしない為に、気をつけて業務をこなすことができるのかどうか、慎重に仕事ができるのかどうかで、ミスをするかしないかは変わってきます。

自分は新入社員なのだからと、ミスをしても当然のように感じて、いつまでも業務をこなしていてはいけません。ミスをすることで注意されることもあるでしょう。周りの先輩たちにとっても、いつまでもミスを許すわけにはいかないのです。

ミスをした仕事は、誰かがカバーしたり修正したりしているのです。先ずはミスをしないように、慎重に努力することが大切です。何度もミスをしているようでは、快く思わない人もいるのも事実です。

ミスは当然のことではありません。新入社員という気持ちを切り替えて仕事に励むこと必要です。

いつまでも学生気分の新入社員の特徴!ミスをした時は上司に報告

いつまでも新人気分でいる為に、そのことがつい態度に出てしまうようではいけません。ミスをして注意された際に、「新人なので分かりません」と発言したり、「他の人の担当なので、後のことは分かりませんなどと、自分の業務を新人という言葉や、誰かの責任として置き換えるようでは、会社としても正社員として採用した意味がありません。あなたはアルバイトではないのです。会社を背負っている一社員なのです。

お客様からすると、社内の新入社員や先輩であったとしても、会社の社員であることには変わりありません。基本的な業務を早く覚え、自分のものにすることで、仕事に対して責任感が生まれます。

新人気分のままでは、お客様のトラブルに繋がることもあります。もしミスをして、判断が難しいようであれば、上司にすぐに報告と確認する旨をお客様に伝えることが重要となります。

上司の責任?新入社員にミスをさせないようにするには

新入社員が仕事でミスをしたとき、それは新入社員だからという理由で終わりにしてはいませんか。それは本当に、新入社員だから間違えただけなのでしょうか。

教える側にも、問題があるかも知れません。新入社員への仕事配分や、しっかり理解することができるように。上司や先輩が教育したかどうかという点も大切です。もう一度、ミスの根本原因をしっかりと探っていくことは、今後、業務をこなしていく上でも大切になってきます。

ミスをした場合には、早急に原因を解明し、それを回復していくまでが新入社員への教育と言えます。新入社員が間違えるのは当然のことですが、それは新入社員が全て原因という訳ではないことを、もう一度考えなおしてみましょう。

人間の集中力が続く範囲外で、新入社員に仕事をさせている状態が続いた時には、ミスが多いのは当然といえます。新入社員は、まだ業務になれていないため、休憩も上手にとることができないこともあります。パソコンや机に向かっている時間が長すぎるようでは、実際に成果が出ない場合もあります。

先輩や上司が、休憩など声賭けをしてあげるなどの気配りも必要です。集中力が続くように、新入社員の様子を気にかけてあげましょう。

こんな新入社員は上司にうんざりされることも…

話をよく聞いていなかったり、分からないからといって質問せずに黙っているようでは、いけません。

仕事は、学校とは違います。会社での説明の殆どは、実践現場での業務と繋がってきます。一度聞いただけで、全てを完璧にこなすことができないのは、新入社員としては当然のことかも知れません。しかし、覚えようとする姿勢が大切です。覚えたいのであれば、上司や先輩の説明は、メモをとるなどしながらしっかりと耳を傾けることが重要なのです。

また、分からないことがあっても、黙ったままではいけません。ただ黙っている人は、仕事ができない人と同じです。自主的に行動できるようになるためには、分からないことは積極的に質問することが大切なのです。会社は、自発的に行動できる人を求めているのです。