ソフトテニス初心者のためのスライスの打ち方とコツを教えます

ソフトテニスを始めたばかりの初心者だと、スライスの打ち方がよくわからないですよね。

スライスを打つ時のグリップの握り方は普通のショットと同じなのでしょうか?スライスサーブも同じように打てばよいのでしょうか?

ソフトテニス初心者のためのスライスやスライスサーブの打ち方とコツについて説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

転勤の時期で多いのは?辞令のタイミングや拒否と挨拶のマナー

転勤の時期とは会社によってタイミングが違うかもしれませんが、一般的に多いのはいつなのでしょうか? ...

テニスの後衛のコツとは?前衛のサポート役で終わらせない方法

テニスの後衛はどんなことを意識して動く必要があるのでしょうか?コツやポイントとは? 前衛の足を...

接客、向いてない…。お客様にイライラしてしまう時の対処法

接客、向いてないな…。 接客でうまくいかないと、落ち込みますよね。 イライラするのは、「私だ...

部活の合宿費用は侮れない、実施時期に合わせて計画的に貯めよう

子供が入った部活が合宿や遠征がとにかく多く、費用が掛かりすぎて家計を圧迫する、そういったお悩みありま...

年上後輩のトリセツ。仕事がどのくらいできるのかを見極める

年上の後輩について。 仕事上の立場として上司だけど、年齢的には部下が年上。 この場合、『...

高校生向け!就職試験の面接の基本や気をつけたいこと

高校生が就職試験の面接を受けるときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか? 面接の入室...

ソフトテニス戦略、前衛として相手にプレッシャーを与える動き方

ソフトテニスで相手に勝つためには戦略が必要です。特に前衛の動き方は重要で、フェイントなどを使いながら...

大学編入で理系から文系に変えるならスムーズ?大学編入の注意点

理系の大学に入学した後、やっぱり自分は文系が合っていたのかもと理系から文系へ大学を編入しようと考える...

ソフトテニスのフットワークが上がる練習方法を紹介。姿勢も大事

ソフトテニスはフットワークが重要なスポーツでもあります。 足が遅いからと諦めないで、フットワークの...

パワハラの仕返しを退職後にしようとしている人へ

仕事をする上で問題になっているのが、上司や先輩からのパワハラです。 あまりに怒りが蓄積してしまうと...

休職と退職の違いとは?それぞれの特徴を確認しよう

退職を考えているときには、休職をしてから退職をしたほうがいいのでしょうか? それともすぐに退職をした...

育児休暇中に退職すると決めたら、報告は早めにしよう!

出産する前は職場復帰を考えていたものの、育児休暇中にやっぱり仕事を辞めようと考える人もいるのではない...

柔道寝技のコツとは?力をかけるポイントや練習ポイントを解説

柔道技のひとつ「寝技」ですが、寝技は練習をすればするほど上達すると言われており、柔道初心者こそ寝技練...

ボールの投げ方の教え方で気をつけたいコツや握り方と注意点とは

ボールの投げ方がわからない、うまくボールを投げることができない子供に対しての教え方とはどんなことに気...

居酒屋の店員がマスクをすることに賛否両論!OKかNGか大論争

居酒屋の店員さんがマスクをしていたら、あなたは気になりますか?特に気にしませんか? この意見は年代...

スポンサーリンク

ソフトテニス初心者のためのスライスの打ち方とは

ソフトテニスを始めたばかりの人はスライスの打ち方がよくわかないこともあります。スライスの武器は、すーっと糸をひくような打球から、滑るようなバウンドです。スライスはそのような滑るスライスを目標にしましょう。

滑るようなスライスを打つためにはよく耳にする、ボールを切るようには打ちません。ボールを切るようにすると、スライス回転はかかりますが、ふらふらと落ち、球速が遅くなるので相手のチャンスボールになってしまう可能性があるのです。

初心者にオススメなスライスの打ち方はあるのでしょうか。

まず、コンチネンタルグリップ(包丁握り)で肩口にラケットをセットします。ボールに向かいラケットを直線的に移動してしっかり当てます。面の向きはそのままラケットを狙っている方向に押し流します。1番大切なことは肩の高さにラケットを持っていくことです。肩の高さからまっすぐボールに向かい振り抜く。打球の瞬間ラケットの向きはまっすぐにします。スライスはボールへの当て方が大切です。

ソフトテニスのスライスサーブの打ち方とコツとは

スライスサーブの打ち方のコツはコンチネンタルグリップ(包丁持ち)にします。他のグリップにしてしまうと回転をかけることができないので、慣れないかもしれませんが、コンチネンタル持ちにします。慣れると1番力の出るグリップになります。

スライスサーブのトスはやや右側に上げる。横すぎると打ちにくいので、斜め前ぐらいにします。トスは力を抜いて柔らかくあげるようにします。そして内旋と回内を使います。インパクトの直前に腕時計を見るように腕をひねるようにすると、腕のひねりがでるので、大きくラケットが動くようになります。上の回内と内旋の動きで勢いが出るので、ラケットを振り抜く方向で回転をかけ、右斜め上方向に振り抜きます。腕時計を見る動きをしながら、右斜め上に振り抜く動作を同時にします。慣れるまでは難しいですが頑張って練習しましょう。

ソフトテニスのスライスの打ち方はどこで使うと一番効果があるのか

初心者でソフトテニスをしているとスライスをどのタイミングで使うと一番効果があるのか気になりますよね。スライスをするとボールは長い時間浮き続けるのでラリー中に時間を稼ぐことが出来ます。スライスの打ち方について紹介します

前衛はレシーブの時に前衛サイドのラインを割って外に逃がしたり、ダブル後衛を前に引き寄せる時や、セカンドレシーブなどの時のオープンスペースへの短いショットなどの時に使ってみましょう。

スライスは流れを変えたり、相手へ攻撃するような場合に打ちます。テイクバックで相手に悟られないように出来るだけ同じフォームに見せかけてスライスを打つようにしましょう。

スライスが武器に出来るとかなり強くなります。

ソフトテニスでスライスを使うベストなタイミングとは

ソフトテニスでスライスを使うのは「時間を稼ぎたい」時に使うことが多いです。クロス回転で、前衛がポーチボレーに出たけど、先を通され2人とも同じサイドになってしまいどっちに行っていいかパニックになることがあります。このような場合は後衛はストレートへロブを打ち、ストレート展開にするといいのですが、初心者の場合冷静に考えることが出来ません。このような場合にスライス回転を使い時間を稼ぎます。又ペアが転んでしまった場合にも使うことがあります。

別のスライス回転の使い方もあります、相手にあえてチャンスボールをあげるという方法です。ポイントさえ押さえるとかなり有効な使い方ができます。

ポイントは緊張している相手に、時間のあるスライス回転ボールを、少し離れた所へわざと出すようにします。理由は緊張している相手は足が動いていません。足が動いていない相手はボールとの距離を正しく詰めることができないのです。

ソフトテニスのスライスサーブをマスターするためには

スライスサーブを打てるようになるとサーブの確率はとても上がります。理由は右利きの人がサーブを打つと、ボールの右上から回転をかけるのでボールは左に曲がりながら落ちます。フラットサーブならサービスラインを超えるようなボールでもこの回転をすることでサーブが入る確率が高くなります。

スライスサーブの特徴はボールに横回転をかけるサーブのことを言います。

打つ方は、グリップはイースタンまたはコンチネンタルにします。トスしたボールは右上を擦るように打つようにします。ラケットのスイングがフラットサーブと同じです。サーブトスの位置は基本はフラットと同じです。

スライスサーブには2種類あります。空中で大きく曲がり、バウンドは普通のスライスサーブと、空中ではあまり大きくは曲がらず、バウンドで鋭くまがり、また滑るスライスサーブがあります。どちらも回転の感覚を掴むことが出来ないとまったく打つことができません。

スライスサーブはしっかりマスターしましょう。サーブは入らないと試合にならないのでサーブはしっかり入れるようにしましょう。

ソフトテニス初心者でも格上の相手に勝つためには

ソフトテニスを始めたばかりの初心者はラリーを続けることも最初のうちは難しいですよね。ラケットの面が変な方向を向いているとボールはあちこちに飛んでいってしまいますよね。

ソフトテニスを続けているとラリーの他にサーブやボレー、スライスなどの練習もしなくてはならなくなります。ラケットのグリップの握り方をしっかり覚えると強いボールを打つことが出来るので試合でも勝てるようになります。

そしてスライスサーブの打ち方にはコツがあることです。グリップの持ち方やトスの上げ方で変わってくるのでグリップの持ち方が重要になるのです。スライスを使う場合は使うポイントを見極める必要があるのです。ポイントをしっかり見極めることで格上の相手にも試合で勝てる可能性が出てきます。