野球のツーシームの基本的な握り方や投げ方について解説します

日本のプロ野球やメジャーにはツーシームが得意な選手がいますが、自分が投げたいと思ってもどうやって投げたらいいのかよくわからないですよね。

ツーシームの基本的な握り方や投げ方はどのようにすればいいのでしょうか?プロ野球選手はどうやって投げているのでしょうか?

野球のツーシームの握り方や投げ方、そして変化や効果について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お歳暮を上司に贈るときの相場や注意することについて

いつもお世話になっている上司にお歳暮を贈ろうと考えている場合には、どのくらいのものを送るべきなのか迷...

裁判所事務官の面接試験は難関?その内容と合格ポイントとは

裁判所事務官の2次試験である面接。面接カードに書かれている内容について質問されることになっているよう...

大学の課題を出さないのを防ぐコツや遅れないためにできること

大学の課題を出さないとどうなるのかは、きっとご存知ですよね。では、どうして課題を出さないのか...

年末年始営業の飲食店は儲かる?防犯やアルバイト確保対策

年末年始に営業する飲食店は多いですが、年末年始の営業は飲食店にとって儲かっているのでしょうか?...

新入社員の仕事が遅い原因とその対処法について

新入社員の頃はとにかく仕事に慣れることに必死です。覚えることも多いため仕事が遅くなってしまいがち...

警察の交通課は忙しい!特に忙しいのはやっぱりあの時期!

警察の交通課。スピード違反の取締りや人身事故の処理などを行うため、警察の中でも特に忙しいイメージがあ...

就活で公務員の面接を受ける!好印象になる髪型対策について

就活において公務員を目指すのであれば、面接ではどんな髪型にするのがいいのでしょうか?では、公...

公務員が年休を取得する場合、理由は必要ないけど伝え方に注意

公務員は労働基準法の適用外となっていますが、年休を取得する権利はあります。一般的な会社員であ...

会社を休めない!体調不良で休めないワケとブラック企業について

体調不良で具合が悪いのに会社を休めない。高熱でフラフラなのにどうしても出社しなくてはならない。こんな...

仕事が遅い新人にイライラ…教える側の技量も問われます

仕事が遅い新人に対して、イライラしてしまうことがありますよね・・・。つい怒ってしまいたくなる...

就活で見た目が大事といわれること!男性だってそうなんです

就活を控えている学生さんは、面接や服装など色々なことが気になりますよね。大事な就活や面接です...

出張用のスーツケースは1泊でも準備しよう!そのワケと選び方

出張や移動が多いビジネスマンに欠かせないといっても過言ではない、ビジネス用のスーツケース。1...

電話で相手の声が聞こえない!そんな時の切り方マナーとは

電話をしていて相手の声が聞こえない時は、一旦電話を切った方が良いという場合があります。その際は、どの...

就活中電話に出れなかった時のマナー!折り返す時のポイント

就活中、都合が悪くて企業からの電話に出れなかったということもありますよね。結果の合否の連絡が電話で来...

卓球女子にオススメな練習メニューを紹介。卓球の大事な基礎とは

卓球と聞くと地味なイメージを持ってしまう人も少なくないでしょう。ただピンポン球を打っているだけと...

スポンサーリンク

野球のツーシームの基本的な投げ方はストレートと同じです

野球というスポーツが奥が深いのは試合展開に様ざまな感動があることもそうですが、色々なボールの投げ方があることも面白く奥が深い理由になるでしょう。
野球のツーシームという投げ方をご存知でしょうか。
野球のボールはテレビの野球中継では分からないかもしれませんが、投手は色々な投げ方をしているのです。
ではツーシームとはどんな投げ方なのでしょうか。

ツーシームとは略称でツーシーム・ファーストボールと言いストレートの投げ方の一種です。
回転は同じでバックスピンですが、同じ回転であってもボールの縫い目の向きを変えることで若干の変化を生むと言われています。
例えば通常のストレートはフォーシームと言われています。フォーシームとは1回転中に4回縫い目を通ることです。

しかしツーシームとは1ツーシームなのです。ツーシームとは1回転中に2回しか通らないことです。
ツーシームになってくると通る縫い目が減っていくので上方向への力が減ります。
そのためストレートよりもボールが沈むのです。

下方向以外にもシュート方向へ変化することもあります。球速はストレートと大差はありません。
なので若干変化させることでバットの芯を外し凡打を狙うことも可能なのです。

野球のツーシームの握り方、投げ方そして変化について理解しよう

ツーシームはストレートと同じ球速になり威力は同じようです。
しかしツーシームの場合はボールが沈むようになるので打者は非常に打ちにくいでしょう。
そんなツーシームでボールを投げたいと思う人も多いのではないでしょうか。
どんな握り方や投げ方をしたらいいのでしょう。

野球のボールには2本の縫い目があります。その縫い目に人差し指と中指を沿わせてみましょう。
その握り方が基本的なツーシームのスタイルになります。最も縫い目の細い部分を基準に人差し指と中指を付けて握っても構いません。
自分の握りやすいボールの握り方を見つけると良いのかもしれません。

またサイドスローをしている人はツーシームを簡単に投げることができます。サイドスローとは野球における投手の投法の一つです。
ボールを投げる時にボールを持つ腕がグラウンドと水平面と平行になる投げ方です。
ツーシームの投げ方は非常に簡単です。先程の縫い目を基本にした握り方のままでストレートと同様に投げてください。

ツーシームは回転で揚力を与える縫い目が少ないことが特徴です。そのため揚力が小さくなり直球ほど打球は伸びません。
その結果、直球を待つ打者にとっては若干沈んだような感覚になるのです。
その結果バットの芯を外すことができるのです。
基本的にツーシームは打者の手元あたりで沈んだり曲がることが多いです。

しかし指の幅を広げて縫い目に沿わせるだけで球速が落ちて大きな変化に繋がっていきます。
さらに人差し指などにかける力の入れ具合を変化させることによってある程度シュートさせたりスライドさせたりすることが可能になります。
なかなか上手くできないと思うこともあるでしょう。

続けるうちに感覚を掴んできます。
ツーシームをできるようになれば次はボールの指の感覚を広げてみてください。
きっと通常のツーシームとは違う変化を見ることができるでしょう。

ある元・プロ野球選手のツーシームの投げ方と球速とは

実際ツーシームを使った投げ方をしている人もいるかもしれません。
なかなか慣れない打球に打席に立つ選手は戸惑っているということもあるでしょう。
では実際プロ野球のやメジャーリーグの選手でツーシームを使用している選手はいるのでしょうか。

実際に使っている人の投げ方やボールの握り方を研究することで、よりツーシームのことを知ることができるかもしれません。
スポーツが上達するためには上手な人を真似することも必要になってきます。
ツーシームをする選手の真似をしてみることもいいのかもしれません。
日本のプロ野球界ではあまりツーシームは使われていないと思うかもしれませんが、実は多くの選手がツーシームを使っています。
その中である元プロ野球選手のツーシームの投げ方に注目してみましょう。

握り方はボールの縫い目が最も狭くなる部分に人差し指と中指を置きます。
この時ポイントになるのは人差し指と中指以外の指です。
親指はその2本の指の真下にくる位置に置いてください。
この選手のすごいところはある試合では指を揃えて握っているのですが、別の試合では指を離し無い目にかけて握っているのです。

指のかかりが悪い日はそうしているのか実際には分かりませんが、自分の感覚があるのでしょう。
おそらく練習するうちにつかめる部分だと思うので、ツーシームができるようになれば自分の感覚も大事にしていきましょう。
投げ方はストレートと同じくキャッチャーミットにめがけて投げています。
曲げる意識もなくただ真っ直ぐ打つようにすればいいでしょう。

ツーシームは打球がゆっくりになることが特徴です。実際にこの選手の球速もストレートよりも遅くなっていました。
ある試合を例にあげるとストレートの場合は145kmなのですが、ツーシームの場合は140kmと少し遅くなっていました。
ただ決め球とほとんど同じ球の速さということが驚きです。

ツーシームのメカニズムと効果について説明します

ツーシームという投げ方はどのような投げ方をするか、そしてどんなボールの持ち方をするか理解することができたとしてもどのような効果があるのかまで理解できないこともあります。
ツーシームがいいと言われてもどんな効果があって、それはどんなメカニズムでその効果が生まれるのかを知らなければ練習をしても自分でどうしてツーシームを練習しているのだろうと疑問を持ってしまうかもしれません。そこでツーシームの効果やメカニズムについてお話します。

まずツーシームのメカニズムについてです。
そもそもシームとは縫い目のことで、ツーシームの場合は1回転する間に通るボールの縫い目が2回になります。
この縫い目の回数が受ける空気抵抗を変えることでボールに変化が起こっていくのです。

次にツーシームの効果についてお話します。
ツーシームはストレートと同じスピードで打者に行くのですが、手元に来ると小さな変化を起こすのです。
その小さな変化によってバットの芯を外し、内野ゴロを打ち取ることが可能になります。何度もツーシームで投げていると時には多少コースが甘くなってしまうこともあるでしょう。
その時ミスをしてしまったと思うかもしれませんが、多少甘くなってしまっても変化はあるので心配せずにいていいでしょう。

動揺すると試合展開にも響くので平常心を持つことが必要です。
ツーシームはカウントを稼ぐ球とても有効的だと言われています。
早めに打者を討ち取ったり打球数を減らすことができるので是非挑戦してみてください。

ツーシームでゴロを打たせるためには

最近試合を見ているとツーシームを使っている選手が多くいます。その選手たちは大きな曲がりをするツーシームを投げるのです。
例えば大きく曲がるボールは大きく沈むでしょう。
それはツーシームと言えるのでしょうか。

ピッチャーとしてはゴロを狙いたいと思うのは当然のことです。
そのためにツーシームという投げ方をするのは実に有効的です。
ではツーシームでゴロを打たせるためにはどうしたらいいのでしょうか。

内野ゴロを狙うためにはボールを低めに集めましょう。
特に真ん中よりも低めからのボールゾーンに沈んでいくようなコースがオススメです。
そうすることによってヒットがしにくくなるのです。
なぜかと言うと真ん中より低めのコースは甘いけれど高さが低いためです。

コースが甘いということはバッターも手が出しやすいのでゴロをする確率が高くなるのです。
ストレートだと思って構えたボールが手元に来ると変化すると驚いてしまいますよね。
手元が狂ったときに打つボールはしっかりと見てゴロでしっかりと仕留めるようにしましょう。

最初はボールの持ち方も難しいはずです。
ボールの持ち方からまず練習し、実践で投げてみると良いでしょう。
その時にはツーシームの選手の動画を見てイメトレをするとより上達が早まります。