サッカー初心者ドリブル上達方法!ドリブルのコツやポイント解説

サッカー選手のピッチを縦横無尽に駆け巡り、ゴールを狙う姿にカッコイイと思った人も多いはずです。
ワールドカップやオリンピックなど大きい大会の際には、日本中が盛り上がる国民的スポーツであるサッカーですが、初心者は何を最初にすればいいのでしょうか。

最初からゴールを狙うにしてもドリブルが必要になってくるでしょう。
まず最初にドリブルをマスターしないことには試合にも出場できません。

しかしドリブルは簡単そうに見えて難しい技でなかなか上達しない人もいるようです。
ではどうしたらドリブルは上達することができるのでしょうか。

ドリブルが上達するとさらにサッカーを面白いと思うことができるでしょう。
今回は初心者でもマスターできるドリブルテクニックや上達するポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

火葬場の仕事の内容や給料はいくらか調べてみた!やりがいとは

日本の火葬技術は世界一といわれるそうです。火葬場の仕事にはどんなイメージがありますか?...

跳び箱の台上前転の怖いを克服するためのコツや練習方法とは

跳び箱の台上前転は怖いと感じる人は多いですが、その恐怖心があると余計にできなくなってしまいます。...

レセプションとは!バレーにおける意味やその役割について解説

テレビでバレーの試合を見ていると、解説者が「レセプション」という言葉を使っていますよね。「レ...

バドミントンのドライブを速く打つためのコツと練習方法とは

バドミントンのダブルスの試合ではドライブがよく使われていますよね。そのため、少しでもドライブを速く打...

お礼状は幼稚園や保育園に内定が決まったら出す?疑問について

幼稚園や保育園の就職の内定が決まったらとても嬉しく、自分がなりたい職業に就けた喜びもひとしおですよね...

ありがとうへの返事は?上司に返事をする時に使うべき言葉

上司から「ありがとう」と言われた時、それに対して部下である自分がどんな風に返事をすればよいのか悩んだ...

柔道寝技のコツとは?力をかけるポイントや練習ポイントを解説

柔道技のひとつ「寝技」ですが、寝技は練習をすればするほど上達すると言われており、柔道初心者こそ寝技練...

仕事と業務の違いとは?デキる男は業務じゃなくて仕事がデキる!

仕事と業務の違いについて理解はできますか?出社して一日をやり過ごせば、お給料がもらえるということ...

空手の蹴り上達のための練習で意識するポイントを教えます

空手の蹴りにはいろいろな種類がありますが、練習によって上達させることができれば試合でも有効に使えるよ...

終身雇用制度が崩壊しつつある理由と今現在崩壊しない理由

一つの会社で定年まで働き続けることができる「終身雇用制度」。昔から続く日本ならではの働き方ですが...

高校の非常勤講師の年収やボーナスはいくら?その実態に迫ります

教員資格は持っているものの採用試験に受からず高校の非常勤講師をするとなると、どのくらいの年収になるの...

情報処理に関する資格は就職にどのくらい有利となるのか徹底調査

IT業界への就職を考えている大学生は、情報処理に関する資格を持っていると就職に有利になると思っている...

【新体操】家でもできる子供の柔軟性を高める効果的な練習

柔軟体操は新体操の選手に欠かせないトレーニングですが、やはり毎日続けるというのがポイントです。週...

深夜のコンビニですることはこんな事!経験者が語る!

24時間営業のコンビニでは、深夜の勤務もありますね。深夜の時間帯は来客も少ないのでしょうか?...

携帯ショップ店員の大変な面と魅力的な部分について

携帯ショップに行ったことがある人は多いと思いますが、知識も豊富で関心してしまいます。新機種が...

スポンサーリンク

サッカー初心者が知っておきたいドリブルのコツ

ドリブルはサッカーの基本になります。
ドリブルができると相手選手を抜くことができるようになり、個人の能力を表現することができます。
サッカーの練習本やネットにはサッカーの様ざまなテクニックが紹介されているでしょう。

しかしその全ての前にまずはドリブルを取得する必要があります。
ドリブルで多くの選手を抜けるようになれば、試合では数的有利な状況になりチームは優位に経つことができるでしょう。
ドリブルをマスターすることは自分にとってもチームにとっても有効的な武器になるのです。
サッカー初心者でも練習をすればコツを掴むことができます。

さらにテクニックも自分の発想次第で多くのことも取得できます。練習は裏切りません。
しっかり練習をする必要があります。

サッカーでのドリブルを上手くするコツは、細かなボールタッチをすることです。
最初のうちはドリブルで思うような抜き方ができないです。それはボールを触る時の力加減が分からないことが理由です。

ボールタッチのコツを掴むとドリブルも自然と出来てくるのです。ボールタッチは基本的な練習を繰り返すことで上手くなります。
柔らかいボールで練習をする最初は難しく感じるでしょう。
しかし練習をして上達すると簡単にタッチができるようになり、上達した証拠になります。

サッカー初心者がドリブルを上達させるには

ドリブルはただ走ってボールを蹴っているように見えるでしょう。しかし実際には奥が深い技なのです。
ただ他人がドリブルをしている姿を見ているだけでは上達しません。テクニックは練習すれば身につきます。

実際に練習をする時には、何点かあるコツを意識するといいでしょう。最初はなかなか前に進まずにイライラすることもあるかもしれません。
そんな時は足の部位を使い分け、上半身のバランスと視線の向きを意識してください。
さらに細かいボールタッチとリズムに緩急をつけるようにするとドリブルで少しずつ前に進むことができるはずです。

他にもドリブル練習中にターンをするのもオススメです。サッカーではフェイントを使うこともあります。
方向転換することで相手の目をくらますことができ、実用的な技なのです。

このフェイントを練習するためにターンは必要な練習になります。練習を続けることで初心者を脱却することも夢ではありません。
ターンにも種類があります。色々なターンを練習して、技を磨きましょう。

フェイントの練習はまず1人で自在にフェイントをコントローク出来るようになったら、本格的に練習すると良いでしょう。
実はボールタッチの練習にフェイントの動きが含まれている場合があります。
練習をする上でフェイントもみに付いていることもあるかもしれません。

サッカー初心者がドリブルをマスターするには

ドリブルをマスターするためには練習が必要です。
マスターするまではずっとドリブルをするでしょう。
マスターする時間を早めるためにはボールを体の中心線上に置いてみましょう。

ドリブルはボールを前に運ぶ意外にも役割があります。
右に切り替えしたり左に方向転換したり時には後ろに戻ることも必要になってきます。

しかし相手の守備があるとなかなか自分の思った場所に移動出来ないということも考えられます。
そこで求められるのは臨機応変に前後左右どの方向にも進むことができるようになることです。
ドリブルをする際は常にボールを自分の体の中心線上に置くことが基本になるのです。

もしボールが自分の右側にあると逆方向に方向転換することは難しく時間がかかります。
時間にするとわずかな時間ですが、試合には大切な数秒になります。
時間を無駄にしないためにも柔軟にドリブルをする必要があり、そのためにもこの練習方法は効果的なのです。

ルックアップも忘れてはいけません。ルックアップとは顔を上げて周りをしっかり見るということです。
ドリブルが出来ない人の多くはボールを見失わないように足元ばかりを見ています。

しかしそれだと周りの状況を見ることができません。そうなると相手のディフェンダーが来たとしても対処することはできません。
さらにチームメイトに適確なパスを出すことも出来なくなってしまいます。
それを防ぐためも練習のうちからルックアップを意識することが重要です。

サッカーのドリブルの重要性と上達しない原因

サッカーを語る上でドリブルは重要な技術です。しかしなぜドリブルは必要なのでしょうか。

サッカーの試合を見ているとよくある場面です。
ドリブルが上手い選手がいると、その選手を止めるために数人の選手が集まってボールを止めようとします。
1人の選手に対してマークする選手の人数が増やすということは、マークされていない空いている選手がいるということです。
空いている選手にパスを出すことによって、ゴールのチャンスを作り上げることができるのです。

またドリブルが得意なスピードがある選手の場合は、1人で何人も抜いてゴールすることもできます。
ドリブルはゲームメイクには重要な技ということが理解できたのではないでしょうか。

ドリブルが上手いと相手選手が警戒してくることがあります。
その裏をついた作戦を練る事ができるので、ドリブルの上手い選手はチームの中でも重宝されることがあるのです。

初心者のうちはどうしても力加減が分からずにボールを蹴りながら走ることもできません。
しかし少しずつ慣れてくると力加減やスピードのバランスを合わせることができるようになります。
自分のタイミングを掴むことが必要になってくるでしょう。

何度も練習をするうちに慣れてくるので、練習を重ねてください。
ボールをコントロールしようと下ばかりみると人にぶつかることもあるので、前方をしっかりみることも忘れてはいけません。

ドリブルをする上で大切なこと

実際のサッカー経験者はドリブルをする上で意識する大切なことがあるようです。
それは間合いを大切にすることです。
ドリブルが上手にできたとしても、相手との間合いが悪いと相手をドリブルでかわすことは難しいです。

例えば相手ディフェンダーが3mくらい距離を取っている時はそこからドリブルをして仕掛けようとしても距離があって無理です。
相手も下がりながら距離を取って間合いを調整しているので、この距離感をしっかり詰めることが重要なのです。
間合いをはかるためにも足元からボールを離さないことは基本であり大切なことです。
相手との間合いを計ってもそこでボールが離れてしまっては意味がありません。
間合いと同じくボールタッチも重要なので、合わせて覚えておきましょう。

他にも必要なことは周りを欠かさずに見ることです。
ドリブルに夢中になると足元を見ることが多いかもしれません。

しかし周りを見ながらプレーをすることは基本になります。
ドリブルの練習中から周りを見る癖をつけておくと今後の試合中も全体を見渡せることができるのでいいでしょう。
視野が狭いプレーヤーよりも視野が広いプレーヤーの方がゲーム展開を理解しやすいので、チームにおいても役に立てる存在になれます。