不安でたまらない!仕事のミスをしてしまった時の対処法

仕事でミスをしてしまい不安になっていませんか?

「上司にミスを怒られた」「ミスを指摘されて恥ずかしかった」「またミスをしないか不安でいっぱい」
などと考えていて、せっかくの休日も休めていないということになってはいませんか?

人間はミスをする生き物です。気持ちを切り替えて仕事にのぞみましょう!

切り替え方や、対処法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

エントリーシートの内容を忘れたまま面接を受けるリスクとは

書類選考の判断材料として存在するエントリーシート。エントリーシートの内容によって合否が左右さ...

床屋と美容院の定休日が月曜に多い理由!実は地域で定休日が違う

床屋や美容院の定休日が月曜日のことが多いのはなぜなのか、疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか...

年末年始営業の飲食店は儲かる?防犯やアルバイト確保対策

年末年始に営業する飲食店は多いですが、年末年始の営業は飲食店にとって儲かっているのでしょうか?...

No Image

サッカーのスパイクの手入れ頻度や正しい方法で大切に使おう

サッカーのスパイクのお手入れは、皆さんどのくらいの頻度で行っているでしょうか。長く使うために...

指紋採取をする警察の鑑識員になるには?鑑識員になる方法

事件や事故現場で腰を屈めながら指紋を採取している警察官を見たことありませんか?これらの警察官...

雪でバスが止まると、会社を休む!?遅刻した場合についても紹介

雪が降ってバスも止まると、会社を休んでもいいのでしょうか?公共交通機関がとまってしまうと、通勤が...

サッカーの個人技を強化させる練習とは?ドリブルのポイント

サッカーの個人技であるドリブルを強化させるにはどのような練習をしたらいいのでしょうか?足が遅...

退職は2週間前に伝えればいいの?正社員の退職について

退職したいなら2週間前でOK?正社員での雇用なら、民法627条1項の定めにより、『雇用は、解...

走り高跳びをベリーロールで飛ぶための練習法とコツを教えます

体育の時間に行う走り高跳びで、ベリーロールで飛ぶことって難しいですよね。どうしても正面から飛ぶことが...

短距離走を速く走るコツを紹介。かかとや姿勢や靴選びについて

短距離走のタイムを上げたい、速く走るコツがあったら知りたいと思いませんか。短距離走を速く走る...

集団討論のコツ!教員採用試験で周りに差をつけ高評価を得る方法

教員採用試験では集団面接の他に集団討論も行われます。形式は色々ありますが、集団討論の配点は高いた...

剣道上達のために鍛える筋肉は腕だけではないことを解説します

剣道で竹刀を力強く振るために、腕の筋肉を鍛えることが大切だと考えている人も多いでしょう。しか...

空手の蹴り上達のための練習で意識するポイントを教えます

空手の蹴りにはいろいろな種類がありますが、練習によって上達させることができれば試合でも有効に使えるよ...

学校の教員同士の知られざる人間関係について調査!

学校の教員とはいえ、そこはやはり生身の人間です。民間企業と同じように、人間関係で悩む教員も多いよ...

単位を落とした大学生がショックを受ける前にまず考えたいこと

大学の単位を落としたら当然ショックを受けますよね。でも。ショックを受けて落ち込んでいる場合じゃない!...

スポンサーリンク

仕事でミスしないか不安な理由と切り替えについて

仕事で失敗してしまうと落ち込んでしまい、それが原因で何日も立ち直れないということもありますよね。最悪の場合不安な気持ちが原因で仕事に集中できないという悪循環に陥ってしまうこともあります。頭では不安になっても仕方ないと思っていても不安な気持ちは簡単には拭えません。

その原因は脳にあります。もともと不安な気持ちは自分でコントロールできないものなのです。しかしそれがわかってしまえば簡単です。勝手に脳から出てくる不安な気持ちに、あなたが真正面から向き合う必要はないのです。

不安に襲われたときは、自分を1歩引いたところから客観的に見つめてみましょう。「あ、私今こんなことで不安になっている」と冷静に自分の不安な状態を認識することができたら少し楽になるはずです。

をれができたら次は「ではどうしたら良いのか」というところまで考えてみましょう。不安な気持ちで頭の整理がつかないときは紙に書いたり人に話を聞いてもらったりして考えをまとめる方法も有効です。

そうやって不安になったときの対処に少しずつ慣れていけば、いつか自分の不安な気持ちをコントロールすることができるようになりますよ。

仕事のミスが不安で休日が休めていない?

時には仕事でしてしまったミスを引きずって、休日もきちんと休めていない状態になってしまうこともあるでしょう。しかしそのような状態は精神的にも余裕が持てません。

仕事で不安に感じることがあるからこそ、休日はしっかり休むことを心がけましょう。お家でリラックスするのも、外出を楽しむのも良いでしょう。仕事の失敗は仕事でしか取り返すことはできません。

夜遅くまで眠れなかったり、朝早く目覚めてしまったりする人は注意が必要です。休日はしっかり休んで仕事との切り替えをできるようになりましょう。

仕事のミスが不安なら一緒にチェック

仕事でミスをしてしまうと落ち込んでしまいますよね。しかし果たしてミスをしたことのない人間がこの世にいるでしょうか。

ミスをしたあなたを叱った上司も、あなたのミスを笑った同僚だって、ミスをしたことはあるのです。みんなそのミスの経験を活かして、同じ失敗を繰り返さないように工夫しています。誰しもそうやって段々仕事に慣れていくものです。

どんなに気をつけていても、集中力が切れているときにミスは起こります。見直しも指差し確認も、集中がふと切れてしまったときには見落とすことがあります。

そんな風に限界を感じたときには、周囲の人に協力してもらいましょう。仕事にプライドを持っている人であれば、きっと一緒にチェックしてくれるはずです。

そうしてミスが減っていけば、あなたの自信に繋がります。自信は集中力を生み、段々仕事が上手く進むようになるでしょう。

仕事でミスをしてしまったら報告が大事

先ほども説明しましたが、仕事で失敗しない人はいません。失敗してからどう動くか、そこからが本番です。

仕事で失敗に気づいたら、まずはすぐに上司に報告しましょう。最もまずいのは失敗を隠すことです。その失敗がこれ以上の悪い結果を生まないためにはそうすることが1番です。失敗を隠してしまったことが原因で、後々大きな問題になり他の人の迷惑になるかもしれません。そうなってしまってから謝っても遅いですよね。

また、隠した失敗がばれることが不安で仕事に集中できずに他のミスを誘発してしまうということも十分考えられます。隠してよいことは何1つないので、腹を括って報告しましょう。

そして必要以上に落ち込まず、前向きに考えることです。失敗は成功の元です。誰だって失敗しながら学んでいくものだと割り切って、次の仕事をきちんとこなすことに集中しましょう。そうした積み重ねが、いつか失敗してしまった後輩や部下にしっかり指導できるあなたを作っていくでしょう。

あなたの周りに仕事のミスが多いと感じる人はいますか?

あなたの周囲に、「あの人またミスしてる…」と感じるようなミスの多い人はいますか?他人のミスには気づきやすいものですが、ミスが多い人の特徴をまとめてみました。ミスを繰り返してしまう人はこんな傾向があるようです。それを克服できれば、きっとミスは少しずつ減っていくはずです。

ミスの多い人はメモを取らない

いくら頭が良くて覚えるのが得意でも、メモを取ることは大切です。メモは自分の仕事でミスがないかの確認のためのチェックシートの役割も果たします。自分では気づかない小さなミスを取り逃がさないために、新しいことは必ずメモを取るようにしたいですね。

説明を聞かない人はミスをしやすい

周囲の説明をきちんと聞いていないと、間違った仕事のやり方をしてしまったりします。まずは落ち着いて説明を聞き、それから行動に移るように心がけましょう。

反省しない人はミスをしやすい

落ち込みすぎて集中できなくなるのも困りものですが、全然反省しないのも考えのもですね。きっちり反省した上で、次に繋げる努力をしてこそ失敗した意味があるというものでしょう。

いかがでしたか?もし今ミスを繰り返してしまっていて不安になっている人がいたら、これを参考に改めて自分を見つめなおしてみましょう。きっとあなたのミスを自分の肥やしにできるヒントがあるはずです。