パンの販売に必要な資格とは?許可を得るためには

パンを手作りして自宅などで販売するためには、資格や許可が必要になります。

では、手作りのパンを販売するためには、どんな資格や許可が必要なのでしょうか?

また、許可を取らないで販売をしたらどうなるのでしょうか?許可が取れないときは?

そこで、パンの販売に必要な資格や許可を得るためにすることなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コンビニのフランチャイズと直営店の違いとメリット・デメリット

コンビニにはフランチャイズ店(オーナー店)と直営店があります。同じコンビニですが、フランチャイズと直...

大学の単位は4年生になる前に取っておこう!その理由を徹底解説

大学4年生ともなると就活もあり、大学へ行かない日の方が多くなりますよね。 そうなると気になるの...

職場にイケメンがいたら癒しになるという女性のホンネ

職場にイケメンはいますか?また職場にイケメンは必要だと思いますか? 職場にイケメンがいたら、「...

履歴書に書く資格は何級から?一般的なルールを知っておこう

自分をアピールするための履歴書には、持っている資格をすべて書きたいものですよね。 でも、何級か...

会社で挨拶しても無視される。特定の人に?それとも職場全体で

会社で挨拶を無視される。 これって、モヤっとしますよね? 職場全体でこのようなことをされ...

高校の卒業日の記載は履歴書に必要?学歴についての疑問点

履歴書を書く時、名前や住所などの基本情報の次に筆記が必要となる学歴。高校への入学や卒業日などを書かな...

走り高跳びをベリーロールで飛ぶための練習法とコツを教えます

体育の時間に行う走り高跳びで、ベリーロールで飛ぶことって難しいですよね。どうしても正面から飛ぶことが...

バレーボールのセッター、上達するための練習方法を徹底解説

少しでも良いトスを上げて得点に結び付けたい…セッターの人は皆そう考えているのではないでしょうか? ...

教育実習での授業を失敗しないためのコツや気をつけたいこと

教育実習で授業をすることは、とても緊張しますし、失敗するのではと不安にもなりますよね。 では、...

大学が不安で眠れない場合の対処法!考え方を変えることも大切

大変だった大学受験が終わって無事合格したものの、今度は大学での生活が不安で眠れないという人も多いので...

出張用のスーツケースは1泊でも準備しよう!そのワケと選び方

出張や移動が多いビジネスマンに欠かせないといっても過言ではない、ビジネス用のスーツケース。 1...

公務員(臨時職員などのパート)の面接とは?アピールすること

市役所の臨時職員など公務員のパートの仕事に応募したいという人も多いのではないでしょうか? では...

職場のおばさんが怖いときの対処法と上手に付き合うコツとは

職場のおばさんが怖いと仕事に行くのも嫌になってしまうかもしれませんよね。 では、職場のおばさん...

卓球でカットマンと試合をするときの攻略方法や戦い方とは

カットを使い、ボールに下回転をかけて相手のミスを待つ戦い方のカットマン。カットマンと戦うことが苦手な...

コンビニの深夜バイトで女性は働けるのかどうかとその実態

コンビニの深夜バイトは昼間の時間帯よりも時給が高いので、時給優先で働く人もいますが、女性でも働くこと...

スポンサーリンク

手作りのパンを販売するための資格や許可とは

自分で生地をつくったりや冷凍生地を使ったり、いずれも店頭でパンを販売する場合には許可や届出をしなければなりません。

パンの種類により必要な許可が変わってくる

  • 菓子パン・・食パン、餡、ジャム、などを使かって販売する場合には菓子製造業の許可が必要
  • 惣菜パン・・サンドイッチや惣菜パンのみを販売する場合は自治体によって必要な許可や届けが変わ
  • 両方の場合・・菓子製造業許可と飲食店営業許可の2つ必要になる

サンドイッチはお弁当とみなされる場合があり、飲食店営業許可だけでいいと判断する保健所と飲食店営業許可と菓子製造許可の2つ許可を得なければいけないという保健所があります。

またお店の営業するにあたってシステムや形態、売るサンドイッチの種類にもよって異なる場合もあるので、店舗を構える地域の保健所に問い合わせるといいでしょう。

パン屋を開業して販売するには資格が必要?

  • 飲食店営業許可
    飲食を経営するためには必ず必要な許可であります。
    サンドイッチはお弁当と判断されるため、地域の保健所よって異なりますが、この許可も必要な場合があります。
  • 菓子製造業許可
    食パンも含め菓子パンを販売するにあたって必要な許可。
    パン屋を開業するには必要不可欠の許可といえます。
    パンを製造する上で一定基準の衛生面が必要になり、物件により改装しなければいけないこともありますので、物件選ぶ際には注意しておきましょう。
    物件が決まった後に改装が必要といわれても資金の関係もありますので気をつけてくださいね。
  • 食品衛生責任者
    店舗に必ず1名この資格を持っていなければいけません。
    自治体に申請し1日講習をうけるとこの資格を得られます
  • 冷凍または冷蔵業許可
    パンを冷凍しインターネットなどで販売する場合に必ず必要です。

資格や許可がないのに、パンを販売したらどうなる?

こんな事は考えたくありませんが、「もしも」の話で、無許可での販売した場合について紹介します。

無許可でパンを販売して問題が起きた場合は、保健所が関わっていないことから保健所から営業停止の処分が出せませんが、もし訴えられた場合には罪は確実に大きくなります。
保健所はあくまでも営業許可を与えた事業所の管理をするだけなので、無許可のお店にはノータッチということになります。

また、「あそこのパン屋は無許可。」という噂が立てば、いくら美味しいパンでも信頼性にかけるのではないでしょうか。
そのうちお客さんも減って、噂というものはどこまで流れるかわからず、保健所などに漏れる場合もあります。

それっきり評判は悪く自分達の生活にもかかってきますので、あまり変な事はしたくありませんね。

パンを販売するという事から立場を考えルールは必ず守る必要があります。

許可を取れないなら?どんな方法で販売する?

飲食営業許可、菓子製造許可、これらは場所に対しての許可であるため、もし許可が取れないのであれば、レンタルキッチンという方法をとってみてはいかがでしょうか。

レンタルキッチンはその名の通りキッチンをレンタルし、そこでパンを製造します。
レンタルキッチンはもちろん許可が取れた上で、持ち主が貸し出しを行っていますので、安心です。
自分で最初から設備を整え店を構えるよりはお試しという感じで、やってみてもいいかもしれません。

パンを販売する方法の種類について

  • 自宅を改装する
    資金はかかりますが自宅を改装し規模によってパンの販売のみ、カフェにしたり様々ですがどちらにしてもアットホームな雰囲気が漂よいます。
  • インターネット販売
    だいたいはパンを冷凍し販売します。
    地域の方だけではなく、より多くのお客様に食べて頂けます。
    この場合には、冷凍または冷蔵業許可が必要になります。
  • バザーやハンドメイド市などでの販売
    許可がとれている場所で製造したのであれば、外での販売も可能です。
    最初はこのような場から口コミで広めていきパン屋の規模を大きくしていってもいいですね。

菓子製造業の許可を得るためには

  • 工房を構える
    保健所の一定の基準に沿うような工房を構え、そのほかにも許可や届出が必要です。
    どんなにキレイであっても自宅のキッチンでは許可がおりることは、まずなく、自宅でパンを作りたいのであれば、自宅で使用する以外のキッチンを設ける必要があります。
    スペース、費用、色々な問題がでてきそうですね。
    このような問題があれば物件を借りた方が早い気もします。

物件を借りたり、購入する際は必ず保健所との確認をとりましょう。
契約後に許可がおりなかった場合は後戻りができません。

物件の位置、ガスオーブンの使用、予算、など物件探しも大変そうですが親身になってくれる保健所の担当者にあたるとラッキーですね。

物件契約後は、許可が下りるように手洗い専用場、収納場所や調理台など室内を仕上げていきましょう。