ソフトボールの投げ方でピッチャーの基本や上達のコツと練習方法

ソフトボールの投げ方について、ピッチャーにおける投げ方の基本はわかりますか?

それをさらにワンランクレベルアップするためのコツや、多くのピッチャーに見られるウィンドミルの投げ方のコツ、さらにスリングショットの投げ方についてご紹介致します。

また、ピッチャーにおすすめな自宅でできる練習方法や下半身強化の筋力トレーニングもぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッカーの無回転の蹴り方のコツや姿勢などポイントを習得しよう

サッカーの無回転の蹴り方のコツを掴めば、ボールがブレ球となる強烈なシュートを打つことができます。 ...

仕事のミスやクレームの正しい対応や落ち込んだときの心の守り方

仕事でミスをしてしまったり、そのミスによってクレームが来ることもありますよね。 では、そんな仕...

事務員の仕事が暇過ぎる!という方は是非読んで下さい!

事務員の仕事をしていて暇だ!暇過ぎる!という人がいます。 忙しくないならいいのでは?と思ってし...

年下の上司にタメ口を使うのは非常識?ビジネスマナーとは

上司が年下ならタメ口で話してもいいのでしょうか?年齢は自分のほうが上だから、年下上司がタメ口で話して...

Fランでも就活で大手の内定を勝ち取るために今すべきこと

Fラン大学生は、有名大学生よりもスタートから大きなハンデを背負っているのは事実。 また、Fランでも...

剣道【子供】を上達させるには?練習するときのポイント

子供の剣道を上達させるにはどのようなコツやポイントがあるのでしょうか? まずは、子ども自身に目...

履歴書用の写真が古いものはNG!その理由について解説します

子供と違って大人は顔が変わることもないから、履歴書に多少古い写真を使っても問題ないだろう…そんなふう...

高校の非常勤講師の年収やボーナスはいくら?その実態に迫ります

教員資格は持っているものの採用試験に受からず高校の非常勤講師をするとなると、どのくらいの年収になるの...

サーブのコツ!バレーでサーブが入らない理由と練習方法

バレーボールの初心者がまず覚えることはサーブの打ち方です。 ゲームはまずサーブから始まりますの...

ぎっくり腰で仕事を辞めると決意した時に考えるべきこと

仕事をしていても腰痛があると辛くて仕事が手に付かないと言った経験はありませんか?腰は立っていても座っ...

教育実習の時の髪型はパーマNG?注意するポイントを徹底解説!

教員免許を取得しようとしている人にとって大事な「教育実習」。ここで印象が悪くならないように注意しなけ...

スパイクの手入れ方法!天然革皮のサッカースパイクお手入れ方法

天然革皮のサッカースパイクを使用している人もいますよね。天然革皮のサッカースパイクはお手入れをするの...

エントリーシートの内容を忘れたまま面接を受けるリスクとは

書類選考の判断材料として存在するエントリーシート。 エントリーシートの内容によって合否が左右さ...

No Image

陸上200mの効果的な練習方法!これでタイムを縮めよう

陸上200mは短距離に入りますが、100mとも違います。コーナーがあるため、コーナーリングの練習も必...

転職初日の緊張を和らげる方法と転職時の心得

転職初日は緊張と不安でしかありません。 これから先自分は戦力として必要とされるのか、この職場で...

スポンサーリンク

ソフトボールのピッチャーにおける投げ方の基本とは

ソフトボールは、小学校ではあまり聞き慣れませんが中学校から部活として取り入れてる学校もありますね。ただ、ソフトボールはまだまだ普及されておらず、あの投げ方は体のどの部分を使ったらそんなにスピードが出るのか不思議に思っている人も多いと思います。
そこで今日は、ソフトボールのピッチャーの投げ方について色々と考えて見たいと思います。

ソフトボールの基本のピッチャーの投げ方

  1. 体をまっすぐキャッチャーに向けて立つ。
  2. 軸の膝を軽く曲げる。
  3. 利き手(ボールを投げる手)を後ろに下げボールに助走をのせる。
  4. まっすぐ肩を中心に時計回りに回し、手の甲を利き手の太ももにぶつけそのまま遠心力でキャッチャーに向けて、ステップを踏むのと同時にボールを投げる。

ソフトボールのピッチャーに多いウィンドミルの投げ方のコツ

投げ方で一般的なのが「ウィンドミル投法」です。
これは、腕を大きく回し遠心力でボールにスピードをのせる投法です。
ウィンドミルとは英語で「風車」という意味をもっており、まさに風車のように勢いよく回して投げることからつけられた名称のようです。

投げ方のコツとしては、遠心力を利用してスピードをつけるためステップした足を着地させると同時に腕を一気に振り下ろすことです。
タイミングがずれてしまうとスピードに乗せることが難しくボールの速度は落ちてしまいます。
ボールを離すタイミングも大切で、野球のように上投げのキャッチボールとは体の使う筋肉も違うため慣れるまでは、方向も定まらず距離が伸びないのも特徴です。
日々練習することで「ボールを離すタイミング」をつかめるようになり、スピードものってくるので体に力を入れすぎずリラックスさせてなげてみるのも良いでしょう。
あとは、体を曲げてから伸ばすといった動作をするので、腕や肩の筋力は勿論として腹筋もとても重要です。
ストレッチや筋力作りもかかさずメニューに入れるとさらに遠心力をかけられるようになるかもしれませんね。

ソフトボールのピッチャーが知っておきたいスリングショットの投げ方

基本的な投げ方ではありませんが、ソフトボールのピッチャーが習う投法として「スリングショット投法」という投げ方があります。

簡単に説明しますと、腕を後ろに引いてから投げる「下投げ」の投法です。
こちらは、ウィンドミル投法のように大きな遠心力を使うわけではないので、勿論スピードには乗りずらい投法です。

ソフトボールのスリングショットの投げ方

  1. 体をまっすぐキャッチャーに向けて立つ。
  2. リラックスした状態で構える。
  3. 体の重心を低くしながら利き手(ボールを投げる手)を後ろに引き、そこから腕を限界まで高く上げ、グラブをはめてる手で反動をつけたら勢いよくボールを投げる。

上手に投げるコツとしては、反動をたくさんつけるということです。
スピードに乗りずらい「スリングショット投法」はいかに反動をつけて投げるかが最大のポイントです。

ソフトボールのピッチャーにおすすめ!自宅でできる練習方法

クラブチームや学校に部活でできる練習時間は限られているので、自宅で自主トレはできないものか、考えてみました。

家の中だからできる練習!【ピッチングフォームの確認】

グラウンドにはなかなか全身鏡は無いですよね。
自宅なら全身鏡を使用している人も多いので、鏡の前で実際にボールを投げるのではなく自分のフォームを確認してみて下さい。
体の感覚のフォームと、実際鏡を通して見るフォームとでは異なることが多く、よりよいフォームを身に付けることができます。

自宅の庭先でできるピッチング練習方法

ボールが色んなところに飛んでいかないように網をはり、そこに向けて投げるといった至ってシンプルな練習方法で、よく野球少年もやっていますね。
ここで気をつけなければいけないのが、練習のしすぎにより肩を壊してしまうことです。一度肩を壊してしまったら、生涯プレーができないという人もいるほど致命傷にもなりかねないので、1日30球のみといったように毎日負担のかかりすぎない球数を投げる練習をしましょう。

ソフトボールのピッチャーに必要な下半身強化の筋力トレーニング

ピッチャーは、コントロールよく投げることが1番大切ですが、ではそのためにはどのような筋力トレーニングが必要なのかということです。
意外と思われる方もいるかもしれませんが、下半身の強化はとても重要な作業の1つです
確かに「あれ?投げるのは腕なのになぜ足が必要なの?」と思う人もいるでしょう。
ただ、下半身を鍛える意味として重要なのはフォームを安定させるということなのです。ボールを投げるのは腕ですが、投げる時に下半身がしっかりしていなければフォームは安定するのです。
安定したピッチングを続けるには、正確なフォームを身につけ、崩さないということです。
なので、下半身強化は大切な作業といえるのです。

下半身強化で大切なトレーニングを何点か紹介します

下半身の強化トレーニング

  • 持久力を強化するため、ランニングとスクワットは毎日する。
  • ふくらはぎを鍛えるために、階段など段差のあるところはつま先だけ乗せ、階段を上り下り一定のリズムで行ったり、カウントを数えながら左右足をお腹まであげるのを繰り返し行う。(一般的にももあげといわれています。)

他にも色々な筋力強化トレーニングはありますので自分で調べてぜひ試してみて下さい。