サッカー初心者のサッカー上達のコツ!取り入れたい練習を解説

サッカーをはじめたばかりのサッカー初心者の人は、どうすればサッカーが上達するのか、コツを知りたいと思いますよね。

上手にサッカーができるようになるには、一体どんな練習を取り入れるのが良いのでしょうか。練習方法を確認して、サッカー上達を目指しましょう。

そこで今回は、サッカー初心者の人が取り入れたいサッカーの練習やコツについてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肩を柔らかくする方法で水泳が上達してケガの予防にもなる

肩が柔らかくする方法をトレーニングすると水泳がとても泳ぎやすくなるでしょう。それは、水泳のト...

仕事と業務の違いとは?デキる男は業務じゃなくて仕事がデキる!

仕事と業務の違いについて理解はできますか?出社して一日をやり過ごせば、お給料がもらえるということ...

短距離走を速く走るコツを紹介。かかとや姿勢や靴選びについて

短距離走のタイムを上げたい、速く走るコツがあったら知りたいと思いませんか。短距離走を速く走る...

バレーボールの練習メニュー【中学生編】上達する方法とは

バレーボールは効果的な練習メニューを中学生から行うことで上達させることができます。まずは基礎...

会社が寒い!夏の冷房対策で体調不良を予防!自分でできる対策

会社のエアコンが効きすぎてて夏でも寒いという人もいますよね。外の気温は高いのに、オフィスの中はまるで...

走り高跳びの助走のコツやポイントとは?助走を入念に練習しよう

走り高跳びの助走では、どんなコツが必要なのでしょうか?走り高跳びの助走で意識をしなければいけないポイ...

陸上の走り幅跳びで記録を伸ばすための筋トレ方法を教えます

陸上の跳躍種目の中でも走り幅跳びは、まず速く走る力が必要となるでしょう。では、記録を伸ばすた...

ソフトボールのコツを理解して、体育の時間に打ってみよう

オリンピックなどのソフトボールの国際試合を見ると、体育の授業で自分もあんなふうに打ってみたいと思いま...

集団討論のコツ!教員採用試験で周りに差をつけ高評価を得る方法

教員採用試験では集団面接の他に集団討論も行われます。形式は色々ありますが、集団討論の配点は高いた...

契約書の郵送方法・梱包方法とマナーや注意点について

新社会人として仕事していると、書類の郵送を頼まれることもあるでしょう。その時に注意が必要なの...

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本からコツまで解説

ソフトテニスでサーブを確実に入れるためにはトスの上げ方が大切だと言われていますが、始めたばかりの初心...

野球のバッティンググローブには意味がある!その必要性を解説

プロ野球の試合を見ていると、バッターボックスに入る選手は必ずバッティンググローブをつけていますよね。...

会社の試用期間中に休むと解雇?解雇になる条件と試用期間の意味

試用期間の最中に会社を休むと、正社員になれずに会社を解雇されてしまうのではないかと不安になっている人...

消防士の体力試験の評価の目安と試験対策!

消防士になるためには、消防士採用試験を受けて合格しなくてはなりません。筆記試験や面接の他に体...

美容師が手荒れでドクターストップになる原因と対処法とは

美容師をしているのに手荒れによってドクターストップになってしまうのは悲しいことですよね。しか...

スポンサーリンク

サッカー初心者のサッカー上達のコツ・まずはリフティング練習

サッカー初心者のサッカー上達のコツは、まずはリフティング練習です。

サッカーのリフティングといえば、足の甲や両膝などで軽快にボールを蹴る、難しい動きですよね。
初めてそれをやっても、ほぼ100%人は上手く出来ません。
いきなりやろうとしても、上達するのは時間がかかります。
ですので、すぐに上手くなろうとはせず、最初は足の甲に乗せたり、膝に当てたボールを真っ直ぐ上げられるようにボールコントロールを身につけましょう。
最初は上手く出来なくても、同じ動きを何度もしていれば、上達してきます。
「この動きが出来たら、次はこの動き」など順番にやっていくことで最終的にはそれなりのボールさばきを身につけられます。
そうすれば、ドリブルだけではなく、フェイントなどをする時に役立ちます。
自分や他の人が投げたボールでリフティングするのが難しければ、最初は1度地面にバウンドさせてから行うというのも、ひとつの方法です。

サッカー初心者のリフティング上達のコツは?

サッカー初心者のリフティング上達のコツは、どのようなものがあるのでしょうか?

リフティングは一人でも出来るものですので、誰かを練習に長時間つき合わせることもなく気兼ねなく出来ます。
とはいえ、一人で黙々と行うというのもつまらないものです。

リフティングの上達を目指すならゲームのようなルールを作ってみよう

「左右5回ずつ出来たら手を叩く」とか、「時々くるっと回って背中に乗せる」などの変則的な動きも交えてみましょう。
そうすることで、つまらない練習も面白いものになります。

スマホを固定する台を持っているのであれば、自分の練習の様子を動画で撮り、自分の体の動きやボールの当て方などを確認してみましょう。
動画で保存しておけば、数カ月後の自分との比較も出来ますし、友達や監督などからアドバイスが欲しい時に見せることも出来ます。

サッカー初心者がドリブルを上手に行なうコツ

サッカー初心者がドリブルを上手に行なうコツをご紹介します。

ドリブルを上達させるには、「ジグザグドリブル」がおすすめ

インサイドタッチとアウトサイドタッチを上手く使う練習になります。
コーンを使うのが一般的ですが、個人練習などコーンを使えない時は、コーンの代わりにペットボトルなどを置くと良いでしょう。
足にボールの感覚をなじませましょう。

ドリブルを上達させる練習は、「ドリブル列車」の練習

やり方は、1メートルほど離れて歩くまたは走る人についてドリブルするというものです。
一定のスピードを保ちつつ前の人が歩いたラインに沿ってドリブルしますので、なかなか難しい練習です。
また、前の人にドリブルをしてもらって、それに後ろからついていくというのもあります。
これをすると、ドリブルが上手な人の足さばきを間近で見ることが出来ますので、こちらも初心者におすすめの練習です。

サッカー初心者が上達するコツ!ボールタッチの練習を

「サッカー初心者が上達するコツ!」ボールタッチの練習も欠かさず行いましょう。

ボールタッチの練習は地味で嫌がる子もいますが、とても大事な練習です。
足にボールの感覚を叩き込むためにも、必ず行いましょう。

  • 左右の足でキャッチ

足の間に置いたボールを右足の内側で蹴ったら左の足の裏で止め、次に左足の内側でボールを蹴ったら、右の足の裏で止めるといった一見簡単な動きですが、スピードをアップさせると意外に難しいですよ。

  • つま先で蹴ったらかかとで止める

やや後ろに置いたボールをつま先で蹴り、即座にかかとで止めます。
これは微妙な力加減が必要でボールの勢いが強すぎたり、かかとの当たりが強いと、横に転がってしまいます。
右足をやったら、左足も行いましょう。

サッカー初心者はサッカーのルールについても知っておこう

サッカー初心者はサッカーのルールについても知っておきましょう。

サッカーを行う時は、ゴールキーパー以外の人は手を使わないでボールを扱うことはご存知ですよね。
ただし、ボールがゴールラインやタッチラインを越えている時、主審がプレーを停止している時の、いわゆるアウトオブプレーの時や、スローインの時などの限られた場合はボールを手で扱うことを許されています。
手は基本的にはボールに触れると反則とみなされますが、それ以外の場所、頭や胸などはOKです。
ヘディングやトラップはサッカーをプレイする上でも重要な動きですので、ドリブルなどの練習と一緒に行いましょう。

サッカーにおいて得点が入る条件は、「ボールがゴールの中に入ること」です。
それは、「誰がボールを入れたか」ということは条件に入りませんので、自分のチームの人間が蹴るなどしたボールが自分のゴールに入っても相手の得点になってしまいます。
ですので、うっかりミスで相手に点数を入れることがないように注意しましょう。