NO IMAGE

サッカーのボールタッチ練習方法!コツとポイント・練習を解説

サッカーが上達したいという人は、ボールタッチの練習を取り入れて基本的なことを身につけると良いです。ボールタッチが上手にできるようになると、ドリブルの技やスピードも身につくようになります。

では、一体どんな練習をすればボールタッチが上達するのでしょうか。効果的な練習方法をチェックしてみましょう。

そこで今回は、サッカーのボールタッチの練習方法と、練習によって得られるメリットについてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女の職場で飛び交う陰口について。言われても気にならない方法は

女の職場あるある。たくさんありますが、一番多いのは『陰口』で盛り上がるというのではありませんか?...

卓球初心者の練習方法!基本的な練習や上達のためにできる練習

卓球をはじめたばかりの卓球初心者の人は、一体どんな練習をすれば卓球が上手になるのか知りたいですよね。...

走り高跳びの助走のコツやポイントとは?助走を入念に練習しよう

走り高跳びの助走では、どんなコツが必要なのでしょうか?走り高跳びの助走で意識をしなければいけないポイ...

返信マナーが知りたい!「行」を消して書き換えるときのポイント

返信用の封筒や往復はがきなどには宛先がすでに描かれていて、企業名の下に「行」と書かれていることがあり...

消防士の体力試験の評価の目安と試験対策!

消防士になるためには、消防士採用試験を受けて合格しなくてはなりません。筆記試験や面接の他に体...

特別区の面接は重要、その評価が合格・不合格の分かれ道となる

特別区の面接。この評価によっては、筆記試験が低くても評価が上がる可能性もあるため、しっかり具体的...

年下の上司にタメ口を使うのは非常識?ビジネスマナーとは

上司が年下ならタメ口で話してもいいのでしょうか?年齢は自分のほうが上だから、年下上司がタメ口で話して...

バレーのアンダーサーブの基本と上達のコツ【初心者向け】

バレーボール初心者はまず、サーブの練習から行います。サーブの仕方にはいろいろなスタイルがあり...

高跳びの背面跳びのコツや意識するポイントと記録を伸ばす練習

高跳びの背面跳びのコツを掴んで練習をすれば、きっと記録を伸ばすことができます。まずは、背面跳...

少人数の職場では急に休めないない実態がある!そのワケと対策

少人数の職場だと、体調が悪かったり急用が出来てもなかなか休めないという場合がありますね。人手...

退職する人に贈り物をしたい!バイトの場合はこんなプレゼント!

バイトの仲間が退職する時に、何か記念にプレゼントをしたいけれど何を贈ったらよいのかよくわからないと悩...

ソフトテニスのフットワークが上がる練習方法を紹介。姿勢も大事

ソフトテニスはフットワークが重要なスポーツでもあります。足が遅いからと諦めないで、フットワークの...

出版社に就職するには学歴が必要?学歴が重視される理由とは

出版社といっても大手から中小企業まで規模は様々ですが、特に大手出版社に就職するためにはある程度の学歴...

パンの販売に必要な資格とは?許可を得るためには

パンを手作りして自宅などで販売するためには、資格や許可が必要になります。では、手作りのパンを...

バドミントンの試合で緊張したときに試してみて。緊張しない方法

バドミントンの試合の前は緊張する、有名なバドミントン選手でさえ緊張するといいます。ですが緊張...

スポンサーリンク

サッカーのボールタッチ練習のコツ

サッカーのドリブルを上手にできるようになるためには、ボールにタッチをする感覚を掴むことが大切です。

足の裏や内側だけではなく、足の様々な場所でのタッチを練習を重ねる事で、ドリブルがより出来るようになります。

ボールタッチの練習

  • 足の裏でタッチする練習
    背中が丸まらないようにピンと伸ばすようにした姿勢で行いましょう。ボールを落いて、足の裏で軽く、右と左を交互にテンポよく力まないようにタッチします。
  • インサイド(足の内側)でタッチする練習
    こちらも背中を伸ばした状態で、インサイドでテンポよく左右で交互にタッチします。強弱をつけたりして上手く扱えるように練習しましょう。
  • 足の裏を使用してボールを引き、インサイドで押し出す練習
    足の裏で自分の方にボールを引き寄せて、インサイドで押し出す事を交互にやります。ボールが身体から遠くならないようにキープしたまま練習し、慣れてきたらスピードを上げていきましょう。

サッカーのボールタッチ練習方法・基礎とドリブル

ボールタッチの練習の基本と、ドリブルの練習をしていきましょう。

ボールを自分でコントロール出来るように練習する事は大切です。

あまり場所を取らないですし、1人でも出来る練習方法です。

ボールをコントロールできるようにする練習

  • インサイドタップ
  • 足裏でタッチしてインサイドでタッチ
  • 足裏からインサイドへ、そして逆足でのタップ
  • ドラッグ、プル(インサイド、アウトサイド、インステップ)
  • ボールウォーク(インとアウト)
  • 足裏シェイク
  • プルプッシュビハインド

ドリブルが上達する練習

  • ジグザグにドリブル(自分の2足分の幅でマーカーなどを並べて、その間を通るのがお勧め)
  • マーカーをジグザグ状に並べる
  • 幅1メートル位おきにマーカーを並べてドリブルする
    (ボールタッチした後に数歩分走ったり、1歩ごとにボールタッチしたり変えてみる)
  • 反対側の足でも練習する

サッカーのボールタッチ練習・インサイドと足裏

足の裏や他の場所でもボールタッチの練習は大切ですが、インサイドでコントロールする場面が多くなります。

●インサイドでコントロールするメリット

  • 力の強弱がつけやすい
  • 安定感があるのでコントロールしやすい

インサイドでボールタッチする事の注意点

  • 体の真ん中あたりにボールが来るようにする
  • 少しヒザは曲げ気味にして余分な力を入れない
  • 重心は親指側
  • 顔を下の方を向けすぎない
  • ぶれないように安定させる
  • 足の幅や力加減をキープしながら、右足と左足で交互に動かす

●足の裏でのタッチ

  • ボールをしっかりと受け止めやすくなる

足の裏を使用したタッチの注意点

  • 自分の半歩分前にボールが来るようにする
  • 重心は親指側
  • 顔を下の方を向けすぎない
  • テンポ良く右足と左足で交互に動かす

ボールタッチが上手にできればドリブルのスピードも速くなる

ドリブルをやるにあたって姿勢も大切です。

●ドリブルの姿勢

  • 真っすぐと立ち骨盤も傾いていない姿勢を心がける

背中が丸まってしまうと目線も下にいってしまいやすいですが、真っすぐにする事で見た目がキレイなだけでなく、周囲の状況などを把握しながらスピードも出しやすくなります。

●ドリブルのときに使う足の位置

  • 薬指の周辺の、柔らかい場所

つま先でドリブルをやってしまうと、体重が後ろ側に傾きやすくなってしまいます。

また、足首が思うように動かしにくくなるので、コントロールがききにくくなります。ドリブルの時に足の内側を使用していると、ヒザが外側に向きガニ股になりやすく、充分なスピードが出ない原因になってしまいます。

サッカーのボールタッチがうまくできることのメリット

サッカーでボールタッチの練習をする事でたくさんのメリットがあります。

サッカーの上達につながらるのでしっかりとただしいフォームで練習しましょう。

ボールタッチの練習をするとボールのコントロール力がつく

ボールタッチを色々と練習をする事で、思うようにボールをコントロールしやすくなります。

  • 強弱
    力の強弱の付け方、それによってのボールの動きを知る事ができます。
  • 角度
    その時のボールの動きによって、どの角度で足を動かせばいいのかが分かるようになります。
  • 使う足の場所
    足の使用する場所によっても、ボールが向かう方向が違ってきます。
    その時の状況やボールの動きなどによって、より良い方法の動きをする事によってボールのコントロールができます。

いずれも繰り返して練習して、慣れる事によって見なくても出来るようになってきます。