パワハラ上司への仕返し!社長に報告する場合の手順について

パワハラ上司による被害を受けている人は、毎日会社に行くのも嫌になるのではないでしょうか?

なんとか仕返ししたいものの、またパワハラされるかと思うと怖くてなにもできない・・・そんな人は社長に言うのが一番なのでしょうか?その前にできることとは?

パワハラ上司への仕返しは社長に報告!その手順や方法について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

会社の雰囲気に馴染めないと感じ、疎外感を感じているあなたへ

会社の雰囲気に馴染めないと、なんだか居心地の悪い気分で仕事をしているあなた。『自分もしくは会社に...

就活でコネ面接から内定までの対策と採用してもらうコツとは

就活においてコネがあるという人でも、面接は受けなくてはなりません。では、就活でコネがあるとき...

サッカーの個人技を強化させる練習とは?ドリブルのポイント

サッカーの個人技であるドリブルを強化させるにはどのような練習をしたらいいのでしょうか?足が遅...

バレーボールのサーブの打ち方とはコツやポイントを紹介

バレーボールのサーブはどのような打ち方であれば入るのでしょうか?バレーボールのサーブといえば、フロー...

育児休暇復帰のメールでの挨拶が必要な理由と送る時のポイント

育児休暇後に会社に復帰するときには、きちんとした挨拶をするのは当然ですよね。では、育児休暇復...

卓球女子にオススメな練習メニューを紹介。卓球の大事な基礎とは

卓球と聞くと地味なイメージを持ってしまう人も少なくないでしょう。ただピンポン球を打っているだけと...

【新体操】家でもできる子供の柔軟性を高める効果的な練習

柔軟体操は新体操の選手に欠かせないトレーニングですが、やはり毎日続けるというのがポイントです。週...

電話が苦手な人に教えたい!電話をかける事が苦にならない方法

プライベートでは電話をかける機会が減ってきていると言われていますが、電話をかける事でしか問い合わせが...

ソフトテニス初心者のためのスライスの打ち方とコツを教えます

ソフトテニスを始めたばかりの初心者だと、スライスの打ち方がよくわからないですよね。スライスを...

総合職で転勤を拒否する前に知っておきたい転勤のメリット

総合職だと転勤があるかもしれないことは、入社したときからわかっていたはずですよね。しかし、い...

出版社に就職するには学歴が必要?学歴が重視される理由とは

出版社といっても大手から中小企業まで規模は様々ですが、特に大手出版社に就職するためにはある程度の学歴...

レコード会社に就職すうためには学歴は必要?有利となる条件とは

レコード会社に就職したいと考えている人にとって、学歴はどこまで必要となるのか気になるところではないで...

公務員試験は既卒職歴ありでも大丈夫?既卒職ありの受験ポイント

いつ倒産するかどうかわからない企業より、安定した公務員になりたいと思う方も多いのではないでしょうか。...

電話が苦手な若者が急増中!その原因と対処方法について

電話が苦手だという方は意外と多いものですよね。しかし苦手を通り越して、いま電話に出ることが出来ない若...

公務員(臨時職員などのパート)の面接とは?アピールすること

市役所の臨時職員など公務員のパートの仕事に応募したいという人も多いのではないでしょうか?では...

スポンサーリンク

パワハラ上司に仕返ししたいなら、まずは社長に報告しよう

もしパワハラをしてくるパワハラ上司がいたら、しっかりした証拠を掴んで、さらに偉い人などに言いつけましょう。

社長でも良いですし上司の上司でも良いですし、人事部、経営陣に連絡をしてください。

しっかりした証拠がないと取り持ってもらえないこともありますから、証拠を掴んでおく事が重要になってきます。

会社は使用者責任があり、パワハラをしている加害者の変わりに損害賠償を負担する義務があるのです。

そのため、パワハラをする社員がいると言う事は会社にとっても不利益しか生み出しません。

人事部や経営陣に連絡をすることにより、上の判断でパワハラ上司は注意を受けると思いますし、場合によっては左遷させる事もできるのです。

被害者はやられた事を報告するのは当然の権利なのでしっかり報告しましょう。

パワハラ上司へ仕返ししたいなら、社長へ転職すると言おう!

もしパワハラ上司に仕返しをしたい場合は、転職する事もセットで考えておきましょう。
パワハラ上司へ復讐することにはリスクが伴います。
万が一復讐が失敗すると会社に居づらくなってしまうことも、あるかも知れません。

転職の準備が出来ていれば会社を辞める時に気兼ねなく、嫌な思いをしたことを伝えることができます。

最終出勤日に上司のパワハラが原因で転職することになった事を、人事部や社長などに連絡してみるのも良いです。

実際にその上司は評判が悪くなり、出世コースからはずされたと言うこともあります。

日々真面目に働いているあなたが転職をすることになると、会社的にもダメージは大きいでしょう。
そんな人材に対して妬みの感情でパワハラをしていた上司は上からの評判も落ちます。

しっかりした証拠があるとなお効果的ですので、転職をすることでパワハラ上司を懲らしめる有効な方法の一つなのです。

社長に報告する以外にパワハラ上司に仕返しする方法は?

社長に報告すること以外にパワハラをしてくる上司に、仕返しをする方法があります。

それは仕事を頑張る事を辞めて、上司を困らせることです。

部下の成果が上がらないと上司は困りますし、上から叱られる対象となります。

いくら自分が頑張っても、そのことを良く思わずに自分の足を引っ張ってくるような行動を取る上司はたくさん居ます。

部下の頑張りは認めずに、ひたすら失敗や粗探しに夢中になって細かい事を突っついてくるのです。

中にはわざと失敗させようと陥れてくるよな上司もいます。

そんな上司の下で仕事を頑張るのはモチベーションもあがりませんし、無駄であると感じますよね。

それなら仕事を頑張らなくてもよいのです。
頑張りによって給料が上がるわけでもないので、楽して稼ぐにはどうすればよいのかを考えて働いても良いのです。

収益が減ったとしても困るのは上司ですし、気にすることはありません。

後は転職などしてこの会社とパワハラ上司とおさらばしてしまえばよいのです。

パワハラの種類によって対処法も変わります

パワハラには「身体的攻撃型」と「精神的攻撃型」の二種類に分ける事ができます。

  • 身体的攻撃型
    身体的攻撃型は主に暴力を振るう場合です。
    もし暴力を振るわれる事があればしっかり証拠を残しましょう。
    メモで記録しても良いですし、ボイスレコーダーなのでしっかり記録をつけておきます。
    怪我をしたり物が壊れた場合は写真や問診もしっかりとっておきましょう。
    会社の人事部や経営陣だけでなく、労基署や警察などに報告することで刑事事件にもまで発展させる事ができますので、証拠をしっかり取っておく事が大切なのです。
  • 精神的攻撃型
    精神的なパワハラも立派な心の暴力です。
    こちらもしっかりメモやボイスレコーダーなどで証拠を掴んでおきましょう。
    あまりにも酷い罵倒や暴言などの場合は名誉毀損罪や侮辱罪などで、相手を訴える事ができます。

やられたらやり返す…これが一番の仕返しかも?

もし仕返しをする場合はやられたらやり返すのが、一番なのかもしれません。

しかしそれは露骨な嫌がらせをするというものではありません。
あまり大げさに上司の悪口を言ってしまうと、自分が子どもじみているように思われて悪者になってしまいます。
そのため、上手い具合に仕返しをする事が大切です。

上司から仕事のミスを押し付けられたりすることあるかもしれません。
そんな時は別の機会で上司に仕返しをしましょう。

例えば、かなり大きなミスやハプニングが起きた時に、上司以外のほかの人に困ったアピールをしてみましょう。

上司の引継ぎミスが原因である事をさりげなく話したり、上司の責任ではないけれどと濁しながら周りにそれとなく察してもらい、同情をひきつけます。

そのミスが解決したのちは、周りにこの事の大変さを伝えて、上司を持ち上げる事で仕返しは完了です。

次から周りは自分をかばってくれると思いますし、上司も周りから良い目でみられることはなくなるのです。