学校の講師を辞めたいときは?理由や会社員への転職など

学校の講師を辞めたいと持っている人は結構いるのかもしれません。

学校の講師とは、生徒や保護者だけではなく、他にも先生同士との関係にストレスが溜まることもあるようです。

では、学校の講師をやめた人が会社員への転職するにはどうしたらいいのでしょうか?

そこで、学校の講師を辞めたいと思っている人へ、その理由や会社員への転職などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハードルの跳び方にはコツがある、高校のハードル走のコツとは

高校の体育の授業でハードルが行われる学校もあるでしょう。ハードルは簡単そうに見えて実は結構難しい...

就活に黒髪はなぜかその理由とオシャレに就活を楽しむコツ

就活中はなぜかみんな黒髪に戻しますよね?では、なぜ就活には黒髪が良いのでしょうか?それには、...

教育実習でプレゼントを簡単に手作りするオススメと渡す注意点

教育実習で最終日に子どもたちへお礼のプレゼントをするなら、簡単な手作りプレゼントがオススメです。...

出張用のスーツケースは1泊でも準備しよう!そのワケと選び方

出張や移動が多いビジネスマンに欠かせないといっても過言ではない、ビジネス用のスーツケース。1...

パワハラ上司への仕返し!社長に報告する場合の手順について

パワハラ上司による被害を受けている人は、毎日会社に行くのも嫌になるのではないでしょうか?なん...

専業主婦が仕事復帰!家庭と仕事の両立に自信がない時の対処法

専業主婦として、子供を育てることができたのは、幸せなことだと思います。夫に感謝し、子どもと十分過...

バドミントンのバックハンドが上達するコツやポイントとは

バドミントンのバックハンドがなかなか決まらないときにはどんなことに意識したらいいのでしょうか?苦手な...

休学理由は仮面浪人!メリットとデメリット・向いているタイプ

仮面浪人したくて別のことを理由に休学する人も世の中にはいます。実際、仮面浪人することにはどんなメリッ...

学校の用務員の仕事内容とは?なるには?求められるもの

学校の用務員の仕事というと、学校の庭の草刈りや清掃といった仕事が目立ちますが、主にどんな仕事内容にな...

No Image

弓道初心者必見!上達するための筋トレメニューを大特集

弓道というと、ゆっくりとした動きがメインですよね。しかし、ゆっくりと動くためにも筋肉が必要です。...

インドのスポーツ「カバディ」の歴史やルール、魅力について

インドのスポーツ、カバディを知っていますか?インドのスポーツと言えばクリケットですが、クリケ...

バレエでポワントが立てない原因とは?コツやポイントをご紹介

バレエのポワントがなかなか立てない、グラグラしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?...

少年サッカーのコーチが特定の子供をひいきする事があるかを調査

子供に少年サッカーをやらせてる親の中には、コーチが特定の子供だけをひいきしているように感じている保護...

特別区の面接は重要、その評価が合格・不合格の分かれ道となる

特別区の面接。この評価によっては、筆記試験が低くても評価が上がる可能性もあるため、しっかり具体的...

ハンドボール上達への道。練習を家でも出来るメニューがあります

ハンドボールの練習で家でも出来るメニューを紹介します。ハンドボールはシュートの時のジャンプが...

スポンサーリンク

学校の講師を辞めたい理由は?ネガティブな選択ならちょっと待って!

学校の講師を辞めたいと思う場合、人それぞれ様々な理由があることでしょう。他にやりたいことがあるからというポジティブな理由もあれば、仕事が辛いからというネガティブな理由で辞めたと思う人もいます。

しかし、このようなネガティブな理由で辞めようと考えている場合は、ちょっと待ってください。

何故なら、ネガティブな理由でやめてもネガティブな結果にしかならないことが多いからです。辛いから辞めるというのは、ある意味で逃げでしかありません。その為、また次の職場でも同じことが起こってしまう可能性が高いのです。

例えば、生徒が「辛いから」という理由で部活動を辞めた場合も同じです。その辛さに耐えることが出来ずに辞めても、その後うまくいかないことが多いのです。

そのため、ネガティブな理由で講師を辞めたいと考えている場合は、今一度考え直してみてください。

学校の講師を辞めたい理由は、先生同士の関係のストレス!?

生徒から見ると円滑に見える学校講師の人間関係も、実はそんなことが無かったりもします…。学校の講師同士って、意外に微妙な距離感だったりするのです。一緒に働く仲間であるけど仲間じゃないような感じもあります。

生徒や親との距離感も難しいですが、それ以上に講師同士の人間関係にもストレスを抱いてしまう人は少なくありません。

その学校の体制や上司にもよるのですが、ある人は小学校に赴任して以来、毎日朝早くに出勤して、帰りも夜遅くという生活を強いられたようです。というのも、その人の上司が「部下は自分よりも早く出勤、遅く帰宅するというのが常識」と考える人だったのだとか。その為、自分の仕事が終わっていても上司が帰るまで帰宅できないという状況になってしまいました。

でもそんなのおかしいですよね。どうして自分の仕事は終わっているのに、無駄に学校にいなくてはいけないのでしょうか。家で出来る仕事だって沢山あります。

こんな風に、上司との関係にもストレスが溜まって、学校の講師を辞めたいと考える人が出てきてしまうのです。

学校の講師を辞めたいと思っている人へ

学校の講師を辞めたいと思えば、いつでも辞めることが出来ます。その際には後味が悪い辞め方をしないように、しっかりとマナーは守りましょう。

まず、辞める際には必ず理由を聞かれることになります。その際にしっかりと自分の意見が言えるようにしておいてください。

また、辞めるタイミングも見計らう必要があります。新しいクラスを持った直後に辞めてしまうと生徒にも先生にも迷惑をかけてしまいますので、事前に相談するなどしてベストなタイミングを見極めましょう。

そして、後の講師達が困らないように引継ぎはしっかりしておいてくださいね。

自分の夢であった講師という職業を辞めることは、かっこ悪いことではありません。子供には「夢を持ちなさい」と言っている立場なのに、本当に辞めても良いのか?と不安になることでしょう。

でもきっと、その決断をしたのにはきちんと理由があるんですよね?選択肢は一つではありません。辞めて新たな道に進むことで、生徒はその背中から教わるものもあるでしょう。

教員から会社員への転職は?

学校講師から会社員へ転職となると、まったく違う仕事に不安を抱く方も多いでしょう。転職方法にも色々とありますが、転職サイトで求人を検索してみたり、ハローワークで相談するなどして、気になる会社には履歴書を送ってみましょう。

企業の人というのは、学校講師という職業をどのように評価しているのかが気になるところですよね。もちろんその会社によっても考え方は違いますが、一般的には「先生は大変な仕事」だと思われていることが多いです。

そのため、今までの職歴を履歴書に書けば、比較的評価は高くなるかと思われます。特に学校の講師から塾講師に転職する場合は、かなり評価が高いと予想されます。

そしてどの会社でも、コミュニケーション能力というものを非常に重視しています。先生は普段から生徒やその親などと関わる機会も多い為、比較的コミュニケーション能力は高い人が多いです。そういった点も有利に働くと考えられます。

どんな学校に配属されるの?常勤講師の種類とは?

常勤講師にも様々な種類があります。一般的なのは、4月から1年契約で配属されるパターンです。教師の人数が足りないなどを理由に、1年ほど配属されることになります。

他には、産休や育休で休んでいる人の代わりとして入る臨時任用常勤講師です。この場合、4月からということでは無く年度途中から採用されることが多いです。そして産休や育休があけて戻ってくるまでの契約となります。

あとは、病休の講師の代わりとして採用されることもあります。しかし、この病休となるケースは、精神的な病気で休んでいることが多かったりします。学校の環境が悪いことが原因の可能性も高いのです。

その為、病急の講師の代わりとして採用される際は、あまり環境が良くない学校に配属される可能性があることを覚悟しておいた方が良いでしょう。

実際に、学校の状況を詳しく聞かされずに採用が決まり、荒れ放題の学校に赴任してしまったというケースもあります。出来るのであれば、事前に学校の様子などを聞いておいた方が安心かと思います。