学校の講師を辞めたいときは?理由や会社員への転職など

学校の講師を辞めたいと持っている人は結構いるのかもしれません。

学校の講師とは、生徒や保護者だけではなく、他にも先生同士との関係にストレスが溜まることもあるようです。

では、学校の講師をやめた人が会社員への転職するにはどうしたらいいのでしょうか?

そこで、学校の講師を辞めたいと思っている人へ、その理由や会社員への転職などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レセプションとは!バレーにおける意味やその役割について解説

テレビでバレーの試合を見ていると、解説者が「レセプション」という言葉を使っていますよね。「レ...

返信マナーが知りたい!「行」を消して書き換えるときのポイント

返信用の封筒や往復はがきなどには宛先がすでに描かれていて、企業名の下に「行」と書かれていることがあり...

大学が不安で眠れない場合の対処法!考え方を変えることも大切

大変だった大学受験が終わって無事合格したものの、今度は大学での生活が不安で眠れないという人も多いので...

バタフライを速く泳ぐための筋トレ方法と水泳のコツを教えます

水泳の四泳法の中でも、バタフライは背中の筋肉を一番使っていると思いますよね。では、その背筋を...

警察の張り込み方法には一定のルールがある?徹底調査!

刑事ドラマなどを観ていると、警察が覆面パトカーに乗ってあんぱんを食べながら張り込みしているシーンって...

短距離走を速く走るコツを紹介。かかとや姿勢や靴選びについて

短距離走のタイムを上げたい、速く走るコツがあったら知りたいと思いませんか。短距離走を速く走る...

バレーのアンダーサーブの基本と上達のコツ【初心者向け】

バレーボール初心者はまず、サーブの練習から行います。サーブの仕方にはいろいろなスタイルがあり...

バイト先の店長が怖い!怖い理由を探って対処法を見つける方法

バイト先の店長が怖いという悩みを抱えながら日々のアルバイトに精を出している人もいますよね。バイト先の...

No Image

壁倒立のコツ『肩入れ』『筋肉』『バランス』について

壁倒立ができるようになりたい!コツをつかんで練習を続ければ、誰でも壁倒立ができるようになります。...

サーブのコツ!バレーでサーブが入らない理由と練習方法

バレーボールの初心者がまず覚えることはサーブの打ち方です。ゲームはまずサーブから始まりますの...

教育実習での授業を失敗しないためのコツや気をつけたいこと

教育実習で授業をすることは、とても緊張しますし、失敗するのではと不安にもなりますよね。では、...

就活で見た目が大事といわれること!男性だってそうなんです

就活を控えている学生さんは、面接や服装など色々なことが気になりますよね。大事な就活や面接です...

巫女のバイトには年齢制限があるの?巫女バイトの実態

神社でおみくじなどの対応を行う巫女のバイトですが、巫女バイトにはどうやら年齢制限があるようなのです。...

【新体操】家でもできる子供の柔軟性を高める効果的な練習

柔軟体操は新体操の選手に欠かせないトレーニングですが、やはり毎日続けるというのがポイントです。週...

浪人生がバイトの面接で気をつけたいポイントと面接同日のマナー

大学受験に失敗して浪人している人の中には、バイトをしようかと考えている人もいますよね。浪人生だからと...

スポンサーリンク

学校の講師を辞めたい理由は?ネガティブな選択ならちょっと待って!

学校の講師を辞めたいと思う場合、人それぞれ様々な理由があることでしょう。他にやりたいことがあるからというポジティブな理由もあれば、仕事が辛いからというネガティブな理由で辞めたと思う人もいます。

しかし、このようなネガティブな理由で辞めようと考えている場合は、ちょっと待ってください。

何故なら、ネガティブな理由でやめてもネガティブな結果にしかならないことが多いからです。辛いから辞めるというのは、ある意味で逃げでしかありません。その為、また次の職場でも同じことが起こってしまう可能性が高いのです。

例えば、生徒が「辛いから」という理由で部活動を辞めた場合も同じです。その辛さに耐えることが出来ずに辞めても、その後うまくいかないことが多いのです。

そのため、ネガティブな理由で講師を辞めたいと考えている場合は、今一度考え直してみてください。

学校の講師を辞めたい理由は、先生同士の関係のストレス!?

生徒から見ると円滑に見える学校講師の人間関係も、実はそんなことが無かったりもします…。学校の講師同士って、意外に微妙な距離感だったりするのです。一緒に働く仲間であるけど仲間じゃないような感じもあります。

生徒や親との距離感も難しいですが、それ以上に講師同士の人間関係にもストレスを抱いてしまう人は少なくありません。

その学校の体制や上司にもよるのですが、ある人は小学校に赴任して以来、毎日朝早くに出勤して、帰りも夜遅くという生活を強いられたようです。というのも、その人の上司が「部下は自分よりも早く出勤、遅く帰宅するというのが常識」と考える人だったのだとか。その為、自分の仕事が終わっていても上司が帰るまで帰宅できないという状況になってしまいました。

でもそんなのおかしいですよね。どうして自分の仕事は終わっているのに、無駄に学校にいなくてはいけないのでしょうか。家で出来る仕事だって沢山あります。

こんな風に、上司との関係にもストレスが溜まって、学校の講師を辞めたいと考える人が出てきてしまうのです。

学校の講師を辞めたいと思っている人へ

学校の講師を辞めたいと思えば、いつでも辞めることが出来ます。その際には後味が悪い辞め方をしないように、しっかりとマナーは守りましょう。

まず、辞める際には必ず理由を聞かれることになります。その際にしっかりと自分の意見が言えるようにしておいてください。

また、辞めるタイミングも見計らう必要があります。新しいクラスを持った直後に辞めてしまうと生徒にも先生にも迷惑をかけてしまいますので、事前に相談するなどしてベストなタイミングを見極めましょう。

そして、後の講師達が困らないように引継ぎはしっかりしておいてくださいね。

自分の夢であった講師という職業を辞めることは、かっこ悪いことではありません。子供には「夢を持ちなさい」と言っている立場なのに、本当に辞めても良いのか?と不安になることでしょう。

でもきっと、その決断をしたのにはきちんと理由があるんですよね?選択肢は一つではありません。辞めて新たな道に進むことで、生徒はその背中から教わるものもあるでしょう。

教員から会社員への転職は?

学校講師から会社員へ転職となると、まったく違う仕事に不安を抱く方も多いでしょう。転職方法にも色々とありますが、転職サイトで求人を検索してみたり、ハローワークで相談するなどして、気になる会社には履歴書を送ってみましょう。

企業の人というのは、学校講師という職業をどのように評価しているのかが気になるところですよね。もちろんその会社によっても考え方は違いますが、一般的には「先生は大変な仕事」だと思われていることが多いです。

そのため、今までの職歴を履歴書に書けば、比較的評価は高くなるかと思われます。特に学校の講師から塾講師に転職する場合は、かなり評価が高いと予想されます。

そしてどの会社でも、コミュニケーション能力というものを非常に重視しています。先生は普段から生徒やその親などと関わる機会も多い為、比較的コミュニケーション能力は高い人が多いです。そういった点も有利に働くと考えられます。

どんな学校に配属されるの?常勤講師の種類とは?

常勤講師にも様々な種類があります。一般的なのは、4月から1年契約で配属されるパターンです。教師の人数が足りないなどを理由に、1年ほど配属されることになります。

他には、産休や育休で休んでいる人の代わりとして入る臨時任用常勤講師です。この場合、4月からということでは無く年度途中から採用されることが多いです。そして産休や育休があけて戻ってくるまでの契約となります。

あとは、病休の講師の代わりとして採用されることもあります。しかし、この病休となるケースは、精神的な病気で休んでいることが多かったりします。学校の環境が悪いことが原因の可能性も高いのです。

その為、病急の講師の代わりとして採用される際は、あまり環境が良くない学校に配属される可能性があることを覚悟しておいた方が良いでしょう。

実際に、学校の状況を詳しく聞かされずに採用が決まり、荒れ放題の学校に赴任してしまったというケースもあります。出来るのであれば、事前に学校の様子などを聞いておいた方が安心かと思います。