卓球のドライブの練習方法や卓球で安定したドライブを打つ方法

卓球のドライブを打てるようになるにはどんな練習をしたらいいのでしょうか?

なかなかドライブが安定しないときにはこんなことを意識しながら練習をしてみましょう。

また、あなたがやりやすいドライブ方法を知ることでプレースタイルの幅が広がり武器にもなるでしょう。ドライブの打ち方のポイントや練習方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学の単位は4年生になる前に取っておこう!その理由を徹底解説

大学4年生ともなると就活もあり、大学へ行かない日の方が多くなりますよね。そうなると気になるの...

会社を辞める時の挨拶のポイントや円満退職のためのマナーとは

会社を辞める時にはお世話になった上司や同僚に挨拶をしましょう。では、会社を辞める時の退職の挨...

パートを辞める際は、もっともらしい理由で円満退職!

様々な理由でパートを辞めたい・・・と思っている方がいるかと思いますが、パートを辞める際のもっともらし...

バレーボールのセッター、上達するための練習方法を徹底解説

少しでも良いトスを上げて得点に結び付けたい…セッターの人は皆そう考えているのではないでしょうか?...

小学校が冬休み中先生は何をしているの?冬休み中の先生の仕事

小学校が冬休みに入ると当然学校には生徒がいなくなります。生徒がいないなら先生だって仕事がないので...

パンの販売に必要な資格とは?許可を得るためには

パンを手作りして自宅などで販売するためには、資格や許可が必要になります。では、手作りのパンを...

履歴書に書く資格は何級から?一般的なルールを知っておこう

自分をアピールするための履歴書には、持っている資格をすべて書きたいものですよね。でも、何級か...

研修期間中でも辞めることは可能?バイトの辞め方について

頑張ろうと思ってバイトを始めたものの、自分の思っていた仕事とは違いすぎて辞めたいと思うこともあるでし...

転勤が多いといわれている職業と転勤が多い理由

世の中には様々な職業がありますが、転勤が多いといわれている職業はあります。調べてみたところ、...

携帯ショップ店員の大変な面と魅力的な部分について

携帯ショップに行ったことがある人は多いと思いますが、知識も豊富で関心してしまいます。新機種が...

単位を落とした大学生がショックを受ける前にまず考えたいこと

大学の単位を落としたら当然ショックを受けますよね。でも。ショックを受けて落ち込んでいる場合じゃない!...

書類選考の結果は?不採用は連絡なし?選考期間の目安と連絡義務

企業の面接を受けて書類選考の結果の連絡を待っているという人は、なかなか連絡が来ないと不採用になったの...

水泳のキックの強化に欠かせない筋トレ方法を紹介します

水泳のキックを強化したいときにはどのような筋トレをしたらいいのでしょうか?クロールのキック力...

小学校の用務員になるには?勤務形態や給料について説明します

小学校に勤務したいと考えている人の中には、用務員さんになりたいという人も多いと言います。では...

学校の講師を辞めたいときは?理由や会社員への転職など

学校の講師を辞めたいと持っている人は結構いるのかもしれません。学校の講師とは、生徒や保護者だ...

スポンサーリンク

卓球のドライブはレベルに合わせて練習しよう

ドライブを打ちたいけれど全くやり方がわからないという方から、ドライブはもう完璧にマスターした、という人まで多種多様なドライブを打ちたい方がいらっしゃると思います。

まずはそれぞれ自分がどのくらい、出来るのかということを知ることからはじめていきましょう。

ドライブが全く出来ないという方はまず、ドライブのやり方を捉えるという練習から始めましょう。

卓球のドライブのやり方を捉える練習と流れ

  1. 自分の下回転サーブ→相手のツッツキ→ドライブといった練習を繰り返します。
  2. 相手に下回転サーブを出してもらい、自分のツッツキと相手のツッツキを経てドライブという流れを作っても練習できます。
  3. 回転をかけるコツを掴むことが目的なので、活きたツッツキを打つということを意識して練習しましょう。
  4. ドライブが出来るようになってきたという方はいろんなコースのツッツキをドライブで打てるようになる練習を行いましょう。
    活きたつっつきをフォアやミドルにランダムに振ってもらい、それをドライブしていくという練習方法がいいでしょう。

ドライブを打つ体制を早く作ることのポイント

ドライブは出来るようになったと感じている方は、コース・サーブのふたつにドライブを打てるようになることが次なる目標です。

相手のツッツキをクロスで打つことが第一段階、ストレートで打つことが第二段階、そしてふたつをランダムに打ち分けられるようになることが最終目標です。

ほかにもサーブをドライブする練習や、ラリー中のドライブも練習していくといいでしょう。

練習は質を上げるための手段です。
質を上げるために量をこなします。

継続して練習しましょう。

卓球のドライブ練習は家でもできる!

家で一人のときにもドライブの練習がしたいと思うことは多いと思います。

ボールとラケット、さらにコートの代わりとなるような第などがあれば練習は一人でも行なえます。

家でも出来る卓球の『ドライブの練習法』

  1. 首の位置ほどからボールを下に落とす
  2. ラケットを下から上に振り、ボールを打つ
    ラバーの表面だけで薄くこするようにボールを打つ感覚を掴むことが上達のポイントです。
    ボールが山なりの軌道を描いて相手コートに入るよう練習していきます。

こうした回転をかけることにより、

  • 山なりな軌道でボールを相手コートに入れることが安定して出来るようになるためミスが少なくなる。
  • 回転がかかって打たれたボールをこちらも強い回転をかける打球で打ち返すことができれば、相手の球に左右されずに打ち返せるようになる。
  • 回転をかけることで相手のミスを誘うこともできる。
    といったメリットが生まれます。

練習法は動画でたくさん見ることが出来るので、実際にやっている人の動きを見て練習法と一緒に体の動かし方も観察していくとさらに練習が意味のあるものになっていくと思います。

卓球のドライブ練習で意識しなければいけない事とは?

卓球のドライブを打つときに意識することは低い姿勢を意識することが重要

プロのプレイヤーのドライブを打つときの姿勢などを観察したときに、おおまかな共通点としてあるのが『低い姿勢』でのドライブです。

重心がしっかりすることにより安定したドライブを放つことが出来るため、コツを掴んで体にそれを馴染ませたプロの卓球選手たちは自ずと姿勢が低いことが多いはずです。

まずはそうした『ドライブを打てる人』の姿勢やフォームを観察して真似して見るだけでも上達すると思います。

自分のフォームを動画などに残してプロと比較すると、どこをどうしたらいいのかということがはっきりと分かったりもしますのでそうした方法も使って、自分のフォーム改善も行っていきましょう。

どうしても練習が行き詰まったときは一度フォームなんて気にせずにやってみてください。

気にしすぎてしまっても体に力が入りすぎてしまい、悪影響となることもあります。
そうした事態を防ぐためにも適度に脱力しながら、かつ緊張感を持って自分の本領を発揮できる状態を作りましょう。

ドライブの練習はイメージしながらやってみよう!

ドライブの練習は『こんなドライブが打ちたい』というイメージをしっかりともっておくとうまくいくことが多いです。

ぼんやりとただドライブの練習をしてもワンパターンなものしか打てなくなってしまったり、練習の意味がなくなってしまう形になることもあります。

そんな結果では練習しても虚しいと思いますので、まずは目標となる自分の打ちたいドライブの理想形というものを探しましょう。

前述したプロの中にも自分の打ちたいドライブというのを打つ方がいると思います。

そうした形を見つけるのが難しいという方は、まずはどこを狙ってドライブをうち、というようなイメージトレーニングを行うような方法を取ってみてはいかがでしょうか。

頭で思い描くということは、思っている以上に力を発揮することもあります。

様々なポイントがありますが、まずは打ちたいという気持ちがないと打てるものも打てないと思います。

どんなドライブを打ちたいのか、今一度考えてみましょう。

あなたに合っているドライブはどっち?

卓球のドライブとひとくちに言っても種類があります。
使用しているラケットや戦型によっては向き不向きが生まれてくることもあるでしょう。
ドライブとはそもそも、回転がかかっている打球のことをいいます。
そしてさらにその回転は下回転でないといけません。

種類が様々ありますので特徴などを紹介していきます。

卓球の『ドライブの種類』について

  • スピードドライブ
    回転が少なく、速度の早い打球です。
    スピードドライブという種類のそれが、みなさんがドライブと呼ぶ一般的なドライブ打球です。
  • ループドライブ
    回転量が多い代わりにスピードにやや劣るといった打球です。
    ラケットを下から振ることで回転をかけます。
    緩急をつけたいときやカットマンの相手に対してよく使われます。
  • パワードライブ
    回転量、スピードともにしっかりとあるドライブ打球です。
    スピードドライブとループドライブを組み合わせたような打球で、プロの打つスピードドライブのような位置づけの打球です。
    打つには技術が必要になってきます。
  • カーブドライブ、シュートドライブ
    曲がるドライブです。
    ある程度うまい人なら練習すると打てるようになるドライブです。
    練習を重ねればこうしたドライブで相手を撹乱するなんていう作戦もできるようになるかもしれません。

こうしたドライブの種類を知っておけばどんなときにどんなドライブを使えばいいのかということがわかると思うので、戦法の中に組み込むことが出来ますね。

自分の打ちたいドライブと、さらに効果的なドライブの使い方についても知っておくだけでさらに上達していけるはずです。