職場のおばさんが怖いときの対処法と上手に付き合うコツとは

職場のおばさんが怖いと仕事に行くのも嫌になってしまうかもしれませんよね。

では、職場のおばさんが怖いときはどうしたらいいのでしょうか?仲良くするには?

また、職場の怖いおばさんと上手に付き合うにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

そこで、職場のおばさんが怖いときの対処法と上手に付き合うコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

美容師が手荒れでドクターストップになる原因と対処法とは

美容師をしているのに手荒れによってドクターストップになってしまうのは悲しいことですよね。しか...

卓球初心者の練習方法!基本的な練習や上達のためにできる練習

卓球をはじめたばかりの卓球初心者の人は、一体どんな練習をすれば卓球が上手になるのか知りたいですよね。...

履歴書をパソコン作成!写真は?ポイントと気をつけたい注意点

最近では、履歴書をパソコンで作成するという人も多いのではないでしょうか。では、履歴書をパソコ...

面接で趣味特技を聞かれた場合の大学生の答え方について解説!

就活の時の面接で、趣味特技について聞かれる場合もあります。でも、大学生として正直に答えるべきなのか迷...

履歴書に書く資格は何級から?一般的なルールを知っておこう

自分をアピールするための履歴書には、持っている資格をすべて書きたいものですよね。でも、何級か...

居酒屋の店員がマスクをすることに賛否両論!OKかNGか大論争

居酒屋の店員さんがマスクをしていたら、あなたは気になりますか?特に気にしませんか?この意見は年代...

タロット占い師になるには?必要なスキルや資格について解説

いつもはタロット占いをしてもらう側だけど、占う側になってみたいと感じることもありますよね。タ...

アイドルの衣装をデザインする仕事をするために進むべき道とは

テレビで見かけるアイドルの衣装ってかわいいですよね。そんな衣装を見ていると「自分がデザインした衣装を...

サービス残業は当たり前?公務員の残業について

公務員は定時で帰ることができるというイメージが強いですが、実はそんなことはないようです。サー...

ボウリングの曲げ方のコツとは?カーブを投げるときのポイント

ボウリングでカーブボールを投げるときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?プロ...

部活の合宿費用は侮れない、実施時期に合わせて計画的に貯めよう

子供が入った部活が合宿や遠征がとにかく多く、費用が掛かりすぎて家計を圧迫する、そういったお悩みありま...

No Image

水泳選手の食事について。子供でも大人よりたくさん食べて大丈夫

水泳競技をしている子供は、大人の食事の2倍3倍の量を食べさせるくらいでちょうどよいと言われています。...

バレーボールの練習メニュー【中学生編】上達する方法とは

バレーボールは効果的な練習メニューを中学生から行うことで上達させることができます。まずは基礎...

No Image

ソフトテニスの前衛の基本ポジションから勝ち方まで教えます

ソフトテニスを始めたばかりの人は、前衛のポジションをどう取ればいいのかわからないことが多いのではない...

ソフトボールのコツを理解して、体育の時間に打ってみよう

オリンピックなどのソフトボールの国際試合を見ると、体育の授業で自分もあんなふうに打ってみたいと思いま...

スポンサーリンク

職場のおばさんが怖いときは

職場のおばさんが怖いときは、どのように振舞うのが正解なのでしょうか?

笑顔で挨拶する

職場の怖いおばさんには、あまり関わらないように、下を向いて挨拶していませんか?
それですと「愛想が悪い子」だと思われ、冷たくされてしまうことがあります。
自分に置き換えても、ニコニコと元気良く挨拶してくれる人と、暗い顔でボソボソと挨拶する人だったら、ニコニコ挨拶する人のほうが良いですよね。

普通に接する

正直怖いと思っている相手だと、質問もしづらいですし、頼みごとがあっても、躊躇してしまいますよね。
でも、そこはあえて、そういった感情を捨てて、思い切って話しかけてみましょう。
もし、嫌な顔をされても、「お願いします!」の言葉で乗り切りましょう。

職場ですべきことはキチンとする

おばさんも働いている一員です。
ですから、あなたが何かミスをしたり、仕事が遅くなって、全体の流れを滞らせてしまったら、さすがにおばさんも怒ってしまいます。
出来るだけミスをしないことと、効率よく動ける事を考えて働きましょう。

職場の怖いおばさんと仲良くするには?

職場の怖いおばさんと仲良くするには、どのようにしたら良いのでしょうか?

怖いと感じるのなら口答えしない

極力おばさんには、口答えせず、言われたとおりに行動しましょう。
これは、仮にあなたが正しくて、おばさんが間違えていたとしてもです。
そういう時は、すぐに反論せず、「あれ?どうでしたかね?私忘れてしまったみたいなので、確認しますね」と言って、念の為、他の社員や上司に聞いたり、資料を確認してください。
そうすると、他の社員や上司にもおばさんとのやり取りを知ってもらえますし、資料を調べた時も、「証拠」という心強い味方がついてくれます。
その時も、「ほらね?」などと、勝ち誇った言い方は絶対にやめましょう。
「課長に聞いたらこうでした。」、「ここにこう書いてあります。」と言って、おばさんには「○○さんのおかげで間違えずに済みました。」や、「ちゃんと確認出来て良かったです。」と「ありがとうございました。」の言葉を、忘れずに言えば、おばさんにも恥をかかせずに済みます。

時々お菓子を渡す

おばさん達の好物はお菓子です。
お菓子さえ渡せば、おばさんは上機嫌になります。
とは言うものの、毎日お菓子を渡すと、お金がかさんだり、逆に調子に乗ってきたりするので、適切な量とタイミングが大切です。
1ヶ月のうちに3回~5回程度を目安に、お菓子をおすそ分けする雰囲気で渡しましょう。

職場の怖いおばさんと上手に付き合う方法

職場を平穏に過ごす為にも、職場の怖いおばさんと上手くやっていきたいですよね。
そんな怖いおばさんと上手に付き合う方法をご紹介します。

自分から話しかける

相手が怖いおばさんですと、極力近づきたくないですよね。
でもそこは、グッとこらえて、あえて笑顔で話しかけてみましょう。
一番無難なのは、天気の話しです。
「今日は、寒いですね。」や、「昨日は、暑かったですよね。」など、無難な感じで話しかけると、相手も大人ですから、それなりの返事はしてくれるはずです。
そこから、適当にテレビの話や、通勤途中の道が混んでいたなど、世間話が出来れば、より良いです。

噂話に積極的に加わらない

おばさんの好物は、お菓子だけではなく、噂話も大好きです。
全く話しに加わらないというのも、おばさん達から「ノリが悪い」と思われてしまいますので、適当に話を聞いて、相槌を打ちましょう。
ですが、この時に自分からノリノリで噂話を言ったり、噂話の的の人を「あー、あの人感じ悪いですよね。」などと言って、悪口に発展させるのはやめましょう。
知らないフリをして、「えー、そうなんですかー。」と言っておけば、大体OKです。

職場のおばさんが怖いのは、コレが原因かも?

職場のおばさんが怖いのは、コレが原因かも知れませんよ。

褒めが足りない

おばさんの好物は、他にもあります。それは、「褒め言葉」です。
といっても、あきらかに太っている人に「細い」と言ったり、的外れなことを言うと、おばさんの機嫌を損ねてしまいます。
「褒めるところなんてない」と思うようなおばさんが相手でも、なんとか褒め所を探してあげましょう。
「若いですね」、「センスが良いですね」、「気配り上手ですね」など、おばさんが喜ぶ褒め言葉はたくさんありますから、色々見つけて褒めてあげれば、怖かったおばさんも、あなたには、にこやかに接してくれるかも知れません。

自分の先入観

「おばさん=怖い」と決め付けていませんか?
怖いと思う相手だから、何かで注意されただけでもより怖さを感じたりします。
冷静になって考えてみたら、ただ「使ったものは、元に戻しておいてね」と言われただけだったりすることもあります。
怖いとおびえず、おばさんの言っている意味を落ち着いて聞けば、全く怖くなくなるかも知れません。

職場のおばさんがどうしても怖いときは

なんとか、職場のおばさんのご機嫌をあれこれ取ろうとしても、しっかり仕事を頑張っていても、イジワルをしてきたり、嫌がらせをしてくるおばさんがいる事があります。

そんな人間がいるのは悲しい事ですが、どうしても怖いと感じたり、精神的に追い詰められてしまった時は、思い切って上司に相談してみましょう。
おばさん側に非がある場合は、上司の方から注意してくれたり、部署換えをしてくれたりします。

しかし、あまり取り合ってもらえなかったり、上司がおばさんの味方についてしまう事もあるかも知れません。
そんな時は、その職場を辞めましょう。
すぐに辞めると、生活が困る可能性がありますから、ある程度まとまった貯金をしてから辞めることをおすすめします。

人が働く大半の理由は、お金です。
そのお金の使い道は、自分が充実した生活を送るためです。
充実した生活がしたいのに、仕事のせいで心も体もボロボロになるのでは、意味がありません。
一旦苦しみから離れる事で、新たなスタートが切れるはずです。