履歴書をパソコン作成!写真は?ポイントと気をつけたい注意点

最近では、履歴書をパソコンで作成するという人も多いのではないでしょうか。

では、履歴書をパソコンで作成したとき、写真はどうしたらいいのでしょうか?

また、履歴書をパソコンで作成するメリットとデメリットとはどんなことでしょう?気をつけたい注意点とは?

そこで、履歴書をパソコン作成するときの写真についてや、作成のポイントと気をつけたい注意点などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ソフトボールの投げ方でピッチャーの基本や上達のコツと練習方法

ソフトボールの投げ方について、ピッチャーにおける投げ方の基本はわかりますか?それをさらにワン...

人生の失敗は大学受験ではない?自分の考え方を変えてみよう

人生における失敗は誰にでも一度はあることでしょう。しかし、大学受験で失敗してしまうと、それが「人生の...

サッカーで無回転シュートを蹴るときのコツとメリットを解説

サッカーをしている人であれば一度は蹴ってみたいのが無回転シュートです。世界で活躍するトップ選手たちは...

公務員が年休を取得する場合、理由は必要ないけど伝え方に注意

公務員は労働基準法の適用外となっていますが、年休を取得する権利はあります。一般的な会社員であ...

職歴証明書を公務員試験時に提出する理由とその必要性

職歴証明書は、公務員に転職する際に提出を求められる書類の一つです。職歴証明書は、在籍していた会社...

事務員の仕事が暇過ぎる!という方は是非読んで下さい!

事務員の仕事をしていて暇だ!暇過ぎる!という人がいます。忙しくないならいいのでは?と思ってし...

サービス残業は当たり前?公務員の残業について

公務員は定時で帰ることができるというイメージが強いですが、実はそんなことはないようです。サー...

No Image

壁倒立のコツ『肩入れ』『筋肉』『バランス』について

壁倒立ができるようになりたい!コツをつかんで練習を続ければ、誰でも壁倒立ができるようになります。...

テニスのポイントはなぜ0ではなくラブなのかその謎を解明します

全米オープンなどテニスの4大大会の試合をテレビで見ていると、ポイントが0ではなくラブと呼ばれていたり...

不安でたまらない!仕事のミスをしてしまった時の対処法

仕事でミスをしてしまい不安になっていませんか?「上司にミスを怒られた」「ミスを指摘されて恥ず...

学校の教員同士の知られざる人間関係について調査!

学校の教員とはいえ、そこはやはり生身の人間です。民間企業と同じように、人間関係で悩む教員も多いよ...

ハードルの跳び方にはコツがある、高校のハードル走のコツとは

高校の体育の授業でハードルが行われる学校もあるでしょう。ハードルは簡単そうに見えて実は結構難しい...

会社を辞める時の挨拶のポイントや円満退職のためのマナーとは

会社を辞める時にはお世話になった上司や同僚に挨拶をしましょう。では、会社を辞める時の退職の挨...

腕立て伏せで鍛えられる筋肉の部位はやり方によって変わります

筋トレってジムに行かなくても自宅でも簡単にできるのが嬉しいですよね。自分の体を鏡でみて、知らない...

面接での印象がUPする!自然な笑顔の作り方と練習のポイント

面接では笑顔が好印象に!?でも無理に笑顔を作ろうとしても、緊張も手伝って不自然な感じになってしまいま...

スポンサーリンク

履歴書をパソコンで作成するなら?写真はどうする?

履歴書をパソコンで作成する場合の注意点

手書きかパソコンか統一する

日本の企業はいまだに、履歴書は手書きの方が丁寧で印象がよいと感じる場合が多いです。
その為志望動機だけでも手書きにした方が良いのではないかと、疑問に思う人もいると思います。

しかし、もしパソコンで履歴書を作る場合は手書きと混在するのは避けましょう。

見た目も良くありませんし、志望動機の欄だけ他の会社と使いまわして手抜きをしている印象も与えます。

履歴書の写真の張り方

パソコンで履歴書を作成する場合、写真の添付は提出する方法によって変えてください。
もし印刷して提出する場合は、写真は別途印刷して糊で貼り付ける方がよいです。

もしデータで提出するように伝えられた場合は、履歴書に写真のデータを添付して提出するようにしましょう。

履歴書をパソコンで見やすく作成するには?写真は印刷後に貼付!

パソコンで見やすい履歴書を作成するための方法

パソコンで履歴書を作成する時には、文字の大きさとフォントは統一する

履歴書は見やすさを重視しますので、文字の大きさとフォントは統一しましょう。

そのほうが見栄えもよく見やすい履歴書となります。

ネットでダウンロードするフォーマットだと、元から文字の大きさ・フォントは指定されている場合もありますからしっかり確認しておくべきでしょう。

履歴書を作成する時には応募企業ごとに作成・保存する

履歴書を作成する場合は、その企業ごとに作成すべきでしょう。
書き換えで行っていると以外な場所を見落として不自然な状態で提出してしまうと言うミスもあります。

書いた内容を残しておくためにも、別名でのファイル保存を行いましょう。

履歴書を作成する時には写真は印刷後に添付する

履歴書の提出が、郵送や手渡しの場合は写真は一緒に印刷するのではなく、履歴書を印刷してから、糊などで写真を添付するようにしてください。

履歴書写真をパソコンで貼り付けるのは?

先ほども述べましたが、履歴書の提出が郵送や手渡しの場合は履歴書を印刷した後に写真を貼るようにしましょう。

ワードやエクセルの履歴書のデータにそのまま写真のデータを添付して丸ごと履歴書を印刷する事はお勧めできません。

確かに簡単ではあるのですが、この方法だと写真の見栄えはやはり普通の写真とは全然変わって来ます。

その為、履歴書は文字のみの印刷として、写真は別途印刷して張り付けたほうが良いのです。

履歴書の写真は写真屋さんで現像してもらったものを貼り付けると良いでしょう。

もしくは、写真屋さんで取ってもらった写真を写真専用紙にデータをレイアウトしてサイズをあわせたものを印刷して張り付けるのも良いです。
写真屋さんで写真を現像してもらうのも結構な費用がかかりますから、この方法はコストダウンできて良いかもしれません。

自分でレイアウトをそろえるのが大変と言う人には、証明写真を自分で作る事ができる無料ソフトもありますので参考程度に覚えて置いてください。

履歴書パソコン作成のメリットとデメリット、作成の注意点

履歴書を手書きではなく、パソコンで作成する場合のメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

●メリット
メリットとしては文字に自信がない人でも、綺麗な履歴書を作る事ができることです。
丁寧に書くとその分時間もかかってしまいますし、一社ごと書くのも大変ですよね。

パソコンで作成すれば基本情報などは転用する事が可能になったり、間違いをすぐに修正することができますので効率もあがります。

●デメリット
デメリットとしては、書く人によって個性が出ず、文字に表情がないので感情的な面では熱意が伝わりづらいです。

いまだに手書きの履歴書の方が丁寧で手間をかけてくれたと好印象を与えることが多いようです。

パソコンでもし履歴書を作る際は文字のサイズとフォントは必ず統一しましょう。
履歴書のテンプレートも適当に決めるのではなく、自分にあったものを使いましょう。

履歴書をパソコンで作るのは?迷ったら手書きで!

会社から履歴書の作成について特に指定がない場合や、パソコンで作成するか手書きで作成するか迷った時は手書きで作成した方が良いでしょう。

いまだに日本の会社では、手書きの履歴書のほうが丁寧で手間隙も欠けているので志望度が高いのだと好印象を持つ場合が多いです。

パソコンの文字だと無機質なので、手書きの方が個性や熱意を表せる事ができるでしょう。

ただし、企業に指定された場合や、IT系や外資系企業に応募する場合は履歴書はパソコンで作ったほうが好ましいです。

IT系や外資系の企業の場合は効率性を重視されるので効率性を重視している場合もありますので、手書きよりもパソコンで作ったほうが適性があると判断される事もあります。
パソコンスキルも相手に伝えるきっかけにもなりますので、応募先によって判断するようにしてみてください。