履歴書をパソコン作成!写真は?ポイントと気をつけたい注意点

最近では、履歴書をパソコンで作成するという人も多いのではないでしょうか。

では、履歴書をパソコンで作成したとき、写真はどうしたらいいのでしょうか?

また、履歴書をパソコンで作成するメリットとデメリットとはどんなことでしょう?気をつけたい注意点とは?

そこで、履歴書をパソコン作成するときの写真についてや、作成のポイントと気をつけたい注意点などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

会社の問題児を辞めさせる方法とは? 辞めさせるのは難しい

会社の問題児をどうにか辞めさせたい・・・しかし、辞めさせるのはとても大変なんです。どのような...

ボクシングの観戦が初心者の方へ、基本情報や見どころを紹介

テレビ中継を見て生を見てみたくなった、知り合いにボクサーがいるなどボクシングを初めて観戦するという人...

休日は仕事に活きる勉強と人脈作りに当てる!デキる人の休日とは

休日の過ごし方で、デキるやつとデキないやつに分かれてしまいます。仕事のスキルアップを図りたい...

仮面浪人に失敗するリスク!ぼっちになりやすい仮面浪人とは

大学でぼっちになりながらも仮面浪人をした結果が失敗。こんな悲しい体験をした人も世の中にはいます。...

職場が合わない、そんな直感は当たるもの。居心地の悪い職場って

職場、合わない。この職場、合わないなって直感的に思ってしまった会社に就職してしまったら、大抵...

面接で趣味特技を聞かれた場合の大学生の答え方について解説!

就活の時の面接で、趣味特技について聞かれる場合もあります。でも、大学生として正直に答えるべきなのか迷...

大学の講師になるには?必要な資格やなるための方法とは

大学の講師になるにはどうしたらいいのでしょうか?大学の教員として働きたい、教授を目指すために...

特技を面接で聞かれる大学生、そのワケを紹介します

就活が忙しい大学生は、面接の時に特技をきかれて困った経験はありませんか?趣味はあっても、特技...

イケメンで仕事ができる人には理由がある!性格や行動がポイント

どこの会社にも一人や二人はイケメンがいるでしょう。そんなイケメンは顔がいいいだけじゃなく、仕...

バレーボール【中学生女子】上達のための練習方法について

テレビでバレーボールの女子の試合が放送されると、まだ中学生とはいえうまくなるためにたくさん練習しよう...

野球の差し入れに嬉しいものとは!社会人野球で喜ばれる差し入れ

社会人野球をしている方に差し入れをしたいという場合にはどのようなものが喜ばれるのでしょうか。せっ...

研修期間中でも辞めることは可能?バイトの辞め方について

頑張ろうと思ってバイトを始めたものの、自分の思っていた仕事とは違いすぎて辞めたいと思うこともあるでし...

派遣辞めたい…。一ヶ月など契約期間より前に辞める場合には

派遣を辞めたい。働きはじめて日が浅い。派遣先にもよりますが、最初は一ヶ月で契約すると...

大学の単位は4年生になる前に取っておこう!その理由を徹底解説

大学4年生ともなると就活もあり、大学へ行かない日の方が多くなりますよね。そうなると気になるの...

ドクターヘリのCSになるには?狭き門への挑戦方法について

テレビで取り上げられているのを見て、ドクターヘリのCSになりたい、と思う人が増えているといいます。...

スポンサーリンク

履歴書をパソコンで作成するなら?写真はどうする?

履歴書をパソコンで作成する場合の注意点

手書きかパソコンか統一する

日本の企業はいまだに、履歴書は手書きの方が丁寧で印象がよいと感じる場合が多いです。
その為志望動機だけでも手書きにした方が良いのではないかと、疑問に思う人もいると思います。

しかし、もしパソコンで履歴書を作る場合は手書きと混在するのは避けましょう。

見た目も良くありませんし、志望動機の欄だけ他の会社と使いまわして手抜きをしている印象も与えます。

履歴書の写真の張り方

パソコンで履歴書を作成する場合、写真の添付は提出する方法によって変えてください。
もし印刷して提出する場合は、写真は別途印刷して糊で貼り付ける方がよいです。

もしデータで提出するように伝えられた場合は、履歴書に写真のデータを添付して提出するようにしましょう。

履歴書をパソコンで見やすく作成するには?写真は印刷後に貼付!

パソコンで見やすい履歴書を作成するための方法

パソコンで履歴書を作成する時には、文字の大きさとフォントは統一する

履歴書は見やすさを重視しますので、文字の大きさとフォントは統一しましょう。

そのほうが見栄えもよく見やすい履歴書となります。

ネットでダウンロードするフォーマットだと、元から文字の大きさ・フォントは指定されている場合もありますからしっかり確認しておくべきでしょう。

履歴書を作成する時には応募企業ごとに作成・保存する

履歴書を作成する場合は、その企業ごとに作成すべきでしょう。
書き換えで行っていると以外な場所を見落として不自然な状態で提出してしまうと言うミスもあります。

書いた内容を残しておくためにも、別名でのファイル保存を行いましょう。

履歴書を作成する時には写真は印刷後に添付する

履歴書の提出が、郵送や手渡しの場合は写真は一緒に印刷するのではなく、履歴書を印刷してから、糊などで写真を添付するようにしてください。

履歴書写真をパソコンで貼り付けるのは?

先ほども述べましたが、履歴書の提出が郵送や手渡しの場合は履歴書を印刷した後に写真を貼るようにしましょう。

ワードやエクセルの履歴書のデータにそのまま写真のデータを添付して丸ごと履歴書を印刷する事はお勧めできません。

確かに簡単ではあるのですが、この方法だと写真の見栄えはやはり普通の写真とは全然変わって来ます。

その為、履歴書は文字のみの印刷として、写真は別途印刷して張り付けたほうが良いのです。

履歴書の写真は写真屋さんで現像してもらったものを貼り付けると良いでしょう。

もしくは、写真屋さんで取ってもらった写真を写真専用紙にデータをレイアウトしてサイズをあわせたものを印刷して張り付けるのも良いです。
写真屋さんで写真を現像してもらうのも結構な費用がかかりますから、この方法はコストダウンできて良いかもしれません。

自分でレイアウトをそろえるのが大変と言う人には、証明写真を自分で作る事ができる無料ソフトもありますので参考程度に覚えて置いてください。

履歴書パソコン作成のメリットとデメリット、作成の注意点

履歴書を手書きではなく、パソコンで作成する場合のメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

●メリット
メリットとしては文字に自信がない人でも、綺麗な履歴書を作る事ができることです。
丁寧に書くとその分時間もかかってしまいますし、一社ごと書くのも大変ですよね。

パソコンで作成すれば基本情報などは転用する事が可能になったり、間違いをすぐに修正することができますので効率もあがります。

●デメリット
デメリットとしては、書く人によって個性が出ず、文字に表情がないので感情的な面では熱意が伝わりづらいです。

いまだに手書きの履歴書の方が丁寧で手間をかけてくれたと好印象を与えることが多いようです。

パソコンでもし履歴書を作る際は文字のサイズとフォントは必ず統一しましょう。
履歴書のテンプレートも適当に決めるのではなく、自分にあったものを使いましょう。

履歴書をパソコンで作るのは?迷ったら手書きで!

会社から履歴書の作成について特に指定がない場合や、パソコンで作成するか手書きで作成するか迷った時は手書きで作成した方が良いでしょう。

いまだに日本の会社では、手書きの履歴書のほうが丁寧で手間隙も欠けているので志望度が高いのだと好印象を持つ場合が多いです。

パソコンの文字だと無機質なので、手書きの方が個性や熱意を表せる事ができるでしょう。

ただし、企業に指定された場合や、IT系や外資系企業に応募する場合は履歴書はパソコンで作ったほうが好ましいです。

IT系や外資系の企業の場合は効率性を重視されるので効率性を重視している場合もありますので、手書きよりもパソコンで作ったほうが適性があると判断される事もあります。
パソコンスキルも相手に伝えるきっかけにもなりますので、応募先によって判断するようにしてみてください。