履歴書をパソコン作成!写真は?ポイントと気をつけたい注意点

最近では、履歴書をパソコンで作成するという人も多いのではないでしょうか。

では、履歴書をパソコンで作成したとき、写真はどうしたらいいのでしょうか?

また、履歴書をパソコンで作成するメリットとデメリットとはどんなことでしょう?気をつけたい注意点とは?

そこで、履歴書をパソコン作成するときの写真についてや、作成のポイントと気をつけたい注意点などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野球のバッティンググローブには意味がある!その必要性を解説

プロ野球の試合を見ていると、バッターボックスに入る選手は必ずバッティンググローブをつけていますよね。...

裁判所事務官の面接試験は難関?その内容と合格ポイントとは

裁判所事務官の2次試験である面接。面接カードに書かれている内容について質問されることになっているよう...

高校の卒業日の記載は履歴書に必要?学歴についての疑問点

履歴書を書く時、名前や住所などの基本情報の次に筆記が必要となる学歴。高校への入学や卒業日などを書かな...

サッカーの無回転の蹴り方のコツや姿勢などポイントを習得しよう

サッカーの無回転の蹴り方のコツを掴めば、ボールがブレ球となる強烈なシュートを打つことができます。...

空手の蹴り上達のための練習で意識するポイントを教えます

空手の蹴りにはいろいろな種類がありますが、練習によって上達させることができれば試合でも有効に使えるよ...

レジのバイトでやってしまったこんなミス!対処法も紹介

色々なバイトがありますが、中にはレジを任されることもあるでしょう。レジではもちろん現金を扱い...

部活の合宿費用は侮れない、実施時期に合わせて計画的に貯めよう

子供が入った部活が合宿や遠征がとにかく多く、費用が掛かりすぎて家計を圧迫する、そういったお悩みありま...

仕事のミス!実際にしてしまった最大のミスとミスへの対処法

仕事をしていると、時々ミスをしてしまうこともありますよね。小さなミスやケアレスミスであれば問題になら...

就活でコネ面接から内定までの対策と採用してもらうコツとは

就活においてコネがあるという人でも、面接は受けなくてはなりません。では、就活でコネがあるとき...

通訳の仕事が将来なくなる?今後通訳者が求められるスキルとは

通訳を仕事にしている人たちにとって不安なこと、それが通訳の将来性です。一説には今後数十年で通...

【背泳ぎ】キックで沈む原因と沈まないようにする練習方法・コツ

背泳ぎをしていると、キックのときに体が沈むことがあります。何度練習しても上手にキックができずに悩んで...

履歴書に書く資格は何級から?一般的なルールを知っておこう

自分をアピールするための履歴書には、持っている資格をすべて書きたいものですよね。でも、何級か...

ナックルとフォークの違いとは?名前の由来から特徴まで解説

プロ野球を観ていると、ピッチャーが投げた球種が表示されますが、その種類の中でよくわからないのが「ナッ...

選挙の出口調査バイトをする際の服装は?応募する前の注意点

副収入として選挙の出口調査バイトをしようという方も多いのではないでしょうか。選挙の出口調査バイト...

シングルマザーも正社員なら残業を覚悟しなければいけない!

働いている母子世帯は約8割もあるそうです。中には正社員として働いている、働きたいと考えている...

スポンサーリンク

履歴書をパソコンで作成するなら?写真はどうする?

履歴書をパソコンで作成する場合の注意点

手書きかパソコンか統一する

日本の企業はいまだに、履歴書は手書きの方が丁寧で印象がよいと感じる場合が多いです。
その為志望動機だけでも手書きにした方が良いのではないかと、疑問に思う人もいると思います。

しかし、もしパソコンで履歴書を作る場合は手書きと混在するのは避けましょう。

見た目も良くありませんし、志望動機の欄だけ他の会社と使いまわして手抜きをしている印象も与えます。

履歴書の写真の張り方

パソコンで履歴書を作成する場合、写真の添付は提出する方法によって変えてください。
もし印刷して提出する場合は、写真は別途印刷して糊で貼り付ける方がよいです。

もしデータで提出するように伝えられた場合は、履歴書に写真のデータを添付して提出するようにしましょう。

履歴書をパソコンで見やすく作成するには?写真は印刷後に貼付!

パソコンで見やすい履歴書を作成するための方法

パソコンで履歴書を作成する時には、文字の大きさとフォントは統一する

履歴書は見やすさを重視しますので、文字の大きさとフォントは統一しましょう。

そのほうが見栄えもよく見やすい履歴書となります。

ネットでダウンロードするフォーマットだと、元から文字の大きさ・フォントは指定されている場合もありますからしっかり確認しておくべきでしょう。

履歴書を作成する時には応募企業ごとに作成・保存する

履歴書を作成する場合は、その企業ごとに作成すべきでしょう。
書き換えで行っていると以外な場所を見落として不自然な状態で提出してしまうと言うミスもあります。

書いた内容を残しておくためにも、別名でのファイル保存を行いましょう。

履歴書を作成する時には写真は印刷後に添付する

履歴書の提出が、郵送や手渡しの場合は写真は一緒に印刷するのではなく、履歴書を印刷してから、糊などで写真を添付するようにしてください。

履歴書写真をパソコンで貼り付けるのは?

先ほども述べましたが、履歴書の提出が郵送や手渡しの場合は履歴書を印刷した後に写真を貼るようにしましょう。

ワードやエクセルの履歴書のデータにそのまま写真のデータを添付して丸ごと履歴書を印刷する事はお勧めできません。

確かに簡単ではあるのですが、この方法だと写真の見栄えはやはり普通の写真とは全然変わって来ます。

その為、履歴書は文字のみの印刷として、写真は別途印刷して張り付けたほうが良いのです。

履歴書の写真は写真屋さんで現像してもらったものを貼り付けると良いでしょう。

もしくは、写真屋さんで取ってもらった写真を写真専用紙にデータをレイアウトしてサイズをあわせたものを印刷して張り付けるのも良いです。
写真屋さんで写真を現像してもらうのも結構な費用がかかりますから、この方法はコストダウンできて良いかもしれません。

自分でレイアウトをそろえるのが大変と言う人には、証明写真を自分で作る事ができる無料ソフトもありますので参考程度に覚えて置いてください。

履歴書パソコン作成のメリットとデメリット、作成の注意点

履歴書を手書きではなく、パソコンで作成する場合のメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

●メリット
メリットとしては文字に自信がない人でも、綺麗な履歴書を作る事ができることです。
丁寧に書くとその分時間もかかってしまいますし、一社ごと書くのも大変ですよね。

パソコンで作成すれば基本情報などは転用する事が可能になったり、間違いをすぐに修正することができますので効率もあがります。

●デメリット
デメリットとしては、書く人によって個性が出ず、文字に表情がないので感情的な面では熱意が伝わりづらいです。

いまだに手書きの履歴書の方が丁寧で手間をかけてくれたと好印象を与えることが多いようです。

パソコンでもし履歴書を作る際は文字のサイズとフォントは必ず統一しましょう。
履歴書のテンプレートも適当に決めるのではなく、自分にあったものを使いましょう。

履歴書をパソコンで作るのは?迷ったら手書きで!

会社から履歴書の作成について特に指定がない場合や、パソコンで作成するか手書きで作成するか迷った時は手書きで作成した方が良いでしょう。

いまだに日本の会社では、手書きの履歴書のほうが丁寧で手間隙も欠けているので志望度が高いのだと好印象を持つ場合が多いです。

パソコンの文字だと無機質なので、手書きの方が個性や熱意を表せる事ができるでしょう。

ただし、企業に指定された場合や、IT系や外資系企業に応募する場合は履歴書はパソコンで作ったほうが好ましいです。

IT系や外資系の企業の場合は効率性を重視されるので効率性を重視している場合もありますので、手書きよりもパソコンで作ったほうが適性があると判断される事もあります。
パソコンスキルも相手に伝えるきっかけにもなりますので、応募先によって判断するようにしてみてください。