走り高跳びの助走のコツやポイントとは?助走を入念に練習しよう

走り高跳びの助走では、どんなコツが必要なのでしょうか?走り高跳びの助走で意識をしなければいけないポイントとは?

走り高跳びで伸び悩んでいるのなら、助走の方法を見直してみるのもいいでしょう。

助走の距離や、踏み切りのタイミングなどを見直すことでジャンプまでの一連の流れが把握できるようになります。コツは毎日の練習とストレッチ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

仕事と業務の違いとは?デキる男は業務じゃなくて仕事がデキる!

仕事と業務の違いについて理解はできますか?出社して一日をやり過ごせば、お給料がもらえるということ...

硬式テニスのサーブの打ち方とは?初心者が入らない理由とは

硬式テニスのサーブがなかなか入らないのはどうしてなのでしょうか?初心者の場合はこんなことに注意してサ...

夜勤で働く女性の危険性とは?注意するポイントについて解説

看護師や介護職、コンビ二など女性でも夜勤で働く人も増えていますが、男性よりも危険が多いと言えますよね...

携帯ショップ店員の大変な面と魅力的な部分について

携帯ショップに行ったことがある人は多いと思いますが、知識も豊富で関心してしまいます。新機種が...

スーパーのレジで働きたい方へ!志望動機はこうしよう!

スーパーで働きたい!中でもレジを希望します!そんな時、履歴書の志望動機の欄には何て書いたらい...

会社の電話で「もしもし」はNG!電話対応のビジネスマナー

電話をかけるときや電話を受ける時に「もしもし」と言う言葉を使う人は多いですよね!きっとみなさん、特に...

同期が辞めるとわかって寂しい、でも前向きに考えて送り出そう

今までずっと仲良くしてきた同期が辞めることになると、不安や寂しい気持ちになりますよね。なんと...

コンビニの接客で覚えておきたいコツ!笑顔・挨拶・レジ操作

これからコンビニで働こうと思っている人やすでに働いている人の中には、接客をする時のコツについて知りた...

バタフライを速く泳ぐための筋トレ方法と水泳のコツを教えます

水泳の四泳法の中でも、バタフライは背中の筋肉を一番使っていると思いますよね。では、その背筋を...

会社から命じられる「出向」にはどんな意味があるのか

ドラマの中でもよく描かれる「出向」。どうしてもネガティブなイメージを持ってしまいますが、そもそも...

私立と公立の教師の違いって?採用試験や待遇面での違いとは

教師といっても、私立と公立とでは採用試験や級両面、待遇や働き方まで違いがあります。では、私立...

業務委託の副業がばれる可能性は?副業を行うコツと注意点

スキマ時間にちょっとでも稼げたらと副業を検討している方も多いでしょう。ただ気になるのが、副業をす...

大学の部活の中で初心者でも心配なく入れるものをご紹介!

大学に入ったら、サークルではなく部活に入りたいと考えている人もいるのではないでしょうか?しか...

年下の上司にタメ口を使うのは非常識?ビジネスマナーとは

上司が年下ならタメ口で話してもいいのでしょうか?年齢は自分のほうが上だから、年下上司がタメ口で話して...

No Image

陸上200mの効果的な練習方法!これでタイムを縮めよう

陸上200mは短距離に入りますが、100mとも違います。コーナーがあるため、コーナーリングの練習も必...

スポンサーリンク

走り高跳びの助走ではコレを意識することがコツ

走り高跳びでは助走が大切なポイントになります。飛距離を伸ばすためのコツはどのようなことがあるのでしょうか。走り高跳びをする場合高く飛びたいと誰でも思います。

助走する時

踏み切り前には重心を低く、適度な内傾かつ後傾姿勢を保ち踏み切りと上手く連携させることが大切になります。踏み切るときは、助走によって出たスピードや勢いで上に飛ぶ必要があります。そのため踏み切り時間が出来るだけ短く、地面と接する面積は出来るだけ多めにして、地面からの反発力を利用します。

ジャンプする直前に低くしていた重心を持ち上げます。助走の時に低くしていた重心を持ち上げジャンプ出来るような体勢にします。踏み切りの位置は離しておく方が記録が伸びます。

走り高跳びの練習をする場合、ケガをしないために、専用のマットなどを使うようにしましょう。

走り高跳びの助走のコツはスピードよりもまずはリズム

走り高跳びは、速いスピードで踏み切るよりも、リズミカルに踏み切りに入ることがコツになります。スピードがある方がいいですが、スピードが速すぎると上方向ではなく、前方向に力が変わってしまうこともあるのです。リズムよく走りその中で少しずつスピードを上げていくようにしましょう。

助走には数多くのバリエーションがある

最も個人差の出るものだと思います。助走の歩数や横の長さと縦の比率、直線助走曲線助走の比率、スライドやリズムの取り方、走る姿勢、接地方法など助走の構成要素はたくさんあります。

助走は練習中に取得したアイデアやインスピレーションも関係していることもあるのです。上手な選手はたくさんのアイデアを持っていて、自分に合った助走を作るのが上手です。風が強い時、暑い時などその日の体調に合わせて助走をすることが出来るのです。

走り高跳びの助走の距離を決めるコツとは?

走り高跳びを始めたばかりの人はまず助走の練習をすることが大切です。助走を安定させることが上達への近道になるのです。

助走の歩数が決まっていない場合は歩数を決めましょう。歩数が決まってないと助走が安定しないので、踏み切り位置が毎回変わってしまいます。そのため踏み切りが近くなったり、遠くなるのでしっかりと飛ぶことが出来なくなるのです。走り高跳びは助走の歩数を決めることをオススメします。

高跳びがなかなか上達しない選手は助走を見直してみる

助走はリズムよく、リラックスした状態で行うのがいいです。理由は走り高跳びは斜め上に飛ぶからです。助走を全力で走ってしまうと、前に飛ぶ力が強くなるので、斜め上に飛べなくなってしまいます。

走り高跳びの助走はマークを上手く利用しよう!

初期段階で、助走歩数は上達のために必要です。助走の目安は9歩から11歩になります。どこからスタートして曲がるかマーカーとつけて各自で確認するようにします。

試合では助走マークを2つ設置することが出来る

1つ目は助走のスタート地点に置きます。2つ目のマークはスタート終わり(4歩目)に地点に置きます。

「自分の歩数を知る」「スタートを正確にする」、この2つがポイントになります。

4歩目までは正確な助走をすることが出来ます。4歩目がマークの地点よりズレていたら助走をやり直しましょう。こうするだけでファールの危険性を回避することが出来るのです。

走り高跳びには、補助助走をつけるローリングスタートとセットスタートでの助走があります。大切なのは曲線部分でもしっかり走ることなので、自分のやりやすい方で行いましょう。

最初は難しいですが繰り返し練習をすることでリズムを体が覚えて自然に身につくようになります。

走り高跳びの助走はどのような練習したらいい?

走り高跳びの助走はどのような練習をしたらいいのでしょうか。

シーズン中は試合に向けて助走を合わせたり、跳躍練習をします。ミニハードルを置いて歩幅の確認をしたり、一定の距離をダッシュする練習をしましょう。

オフシーズンは体幹トレーニングや下半身中心のウエイトトレーニングなどすると効果があります。
オフシーズンの寒い時期に跳躍練習をするとケガを起こしやすいので、跳躍の練習をする場合は十分に体を温めてから行いましょう。

そしてお風呂上がりにストレッチをすることをオススメします。
お風呂上がりにストレッチをオススメする理由は、お風呂に入ると体が温まるので、筋肉が緩んでいる状態になるので、ストレッチの効果が出やすいのです。

ストレッチの方法は、反動をつけずに、ゆっくりと伸ばしたい部分を自分の行ける所まで伸ばし、限界の所で20~30秒キープします。お風呂上がりの体が温まり、持続する時間は30分程度なので、ストレッチタイムを逃さないようにしましょう。毎日続けると効果が出やすくなります。

走り高跳びの記録更新に伸び悩んでも更新できる方法

走り高跳びで伸び悩んでいる人多いですよね。走り高跳びは一定の高さをクリアしていく競技になります。ですから跳ぶことが出来ないと記録にならない難しい競技になります。

走り高跳びの助走や踏み切りのタイミングを見直す

見直すことで、伸び悩みが解消して記録を自己更新することができます。

走り高跳びの練習はシーズン中と、オフシーズンで練習方法が違うのでその時期にあった練習方法をするようにしましょう。そして何より大事なことはストレッチをすることです。お風呂あがりのゴールデンタイムに毎日続けると効果が出やすくなるので毎日行いましょう。

踏み切りの仕方、重心移動、助走などを強化、改善して自己ベストを更新できるよう練習に励むようにしましょう。