ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本からコツまで解説

ソフトテニスでサーブを確実に入れるためにはトスの上げ方が大切だと言われていますが、始めたばかりの初心者にとっては難しく感じますよね。

基本的なトスの上げ方はどのように行えばいいのでしょうか?トスは高い方が安定するのでしょうか?

少しでも安定したトスを上げるためのコツと意識すべきポイントについて説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

学校の講師を辞めたいときは?理由や会社員への転職など

学校の講師を辞めたいと持っている人は結構いるのかもしれません。学校の講師とは、生徒や保護者だ...

ソフトテニスの効果的な中ロブの打ち方とは?練習方法も解説

ソフトテニスのロブの中でも「中ロブ」は攻撃にも使えるものですよね。でも、中途半端になってしま...

昇任試験の面接はスーツ!どんなことを見てる?受かるためには

昇任試験の面接では、服装としてスーツを着るのが一般的でしょう。では、昇任試験の面接でスーツを...

返信マナーが知りたい!「行」を消して書き換えるときのポイント

返信用の封筒や往復はがきなどには宛先がすでに描かれていて、企業名の下に「行」と書かれていることがあり...

No Image

壁倒立のコツ『肩入れ』『筋肉』『バランス』について

壁倒立ができるようになりたい!コツをつかんで練習を続ければ、誰でも壁倒立ができるようになります。...

スーパーのレジで働きたい方へ!志望動機はこうしよう!

スーパーで働きたい!中でもレジを希望します!そんな時、履歴書の志望動機の欄には何て書いたらい...

バレーボールのサーブの打ち方とはコツやポイントを紹介

バレーボールのサーブはどのような打ち方であれば入るのでしょうか?バレーボールのサーブといえば、フロー...

経済学部は数学が苦手な人でも大丈夫!授業の取り方を工夫しよう

数学が苦手で文系の学部に進む人は多いでしょう。しかし、文系の中でも経済学部となると数学に関係する授業...

レコード会社に就職すうためには学歴は必要?有利となる条件とは

レコード会社に就職したいと考えている人にとって、学歴はどこまで必要となるのか気になるところではないで...

長期休暇の理由で嘘をつくくらいなら言わないほうがいい

長期休暇の理由は正直に話したほうがいいのでしょうか?それとも嘘をついていい?良くも悪くも、休...

警察官の面接のコツや合格する人の特徴や必要なこととは

警察官の面接で合格するためにはコツはあるのでしょうか?そもそも、警察官採用試験の面接ではどん...

やる気が出ない。仕事をサボる気持ちがあるなら休みを取ろう

やる気が出ない。にんげんだもの、やる気がでない時だってあります。疲れてるんじゃない?疲れ...

就活で見た目が大事といわれること!男性だってそうなんです

就活を控えている学生さんは、面接や服装など色々なことが気になりますよね。大事な就活や面接です...

バドミントンのドライブを速く打つためのコツと練習方法とは

バドミントンのダブルスの試合ではドライブがよく使われていますよね。そのため、少しでもドライブを速く打...

会社から命じられる「出向」にはどんな意味があるのか

ドラマの中でもよく描かれる「出向」。どうしてもネガティブなイメージを持ってしまいますが、そもそも...

スポンサーリンク

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本とは?

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本とは一体何でしょうか?

トスを上げる時はやや前方でボールから手を放します。
ボールはキツく握ることはせず、指の上に乗せて親指を上に添えるようにしてボールを安定させます。

上げる時は腕全体を使って上げましょう。

トスは高く上げる方と低く上げる方ではどちらが安定すると思いますか?
答えは低く上げる方です。

トスが高いとボールが風に吹かれてブレ、打つタイミングも合わせにくいからです。

トスを高く上げる方がスピードのあるサーブが打ちやすいですが、初心者の方向けに今回は安定感を重視してサーブを入れることを優先的にします。

トスが低すぎても余裕が無くなってしまうので、高すぎず低すぎずを目指しましょう。

しかし、トスはその日の天候や上げる時の少しのズレでも多少ブレてしまうものなので、あまりブレないようにすることにこだわらなくても良いですよ!
リラックスして上げることがポイントですよ。

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方で意識すべきこととは?

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方で意識すべきことは何でしょうか?

トスの正確さはサーブのフォームに関わってきます。
安定したサーブを打つためには正確なコントロールでトスを上げなければいけません。

トスを上げる時のボールの持ち方は上記でも説明しましたが、5本の指先にボールを軽く乗せるように持ちます。
手を逆さまにしたらボールが落ちてしまうくらい、優しく持つように意識しましょう。

サーブ時の体重移動の仕方

初めは前の足に体重を乗せて構え、一旦後ろの足に体重移動させ、再び前の足に移動させた瞬間にトスを上げます。

トスの上げ方で意識することは、「自分の思い通りの場所に安定して上げること」です。
トスが安定していなければ毎回同じ打点で打つことができないため、トスを安定して上げることはとても重要な役割なのです。
サーブを安定して打つということはゲームを制することにも繋がりますよ!

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方で大切なのは「高さと位置」

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方で大切なのは「高さと位置」です。

トスを上げる位置が高すぎると風に吹かれてブレてしまい、打ちづらくなってしまいますし、上げる位置が毎回定まっていないと不安定なサーブになってしまいます。

トスが安定して上げられないと良いサーブは打てないということです。

思い通りの場所にトスを上げることができれば良いサーブを打つことができる

トスが安定することで打点も安定し、さらにサーブも安定して打つことができるのです。

トスが安定していなくてサーブミスをしてしまっている姿は見ていられないくらい恥ずかしいものですよね。
恥ずかしい思いをしないためにも、自分に合ったトスの上げ方を習得して安定したトスを上げられるようにしましょう。

安定したトスが上げられるようになるとコントロールも良くなり、サーブで攻めることができるので、サービスエースを取れる確率もぐんと上がりますよ!

ソフトテニスで速いサーブを打つためには?

ソフトテニスで速いサーブを打つためにはどうすれば良いのでしょうか?

トスは体のひねりに合わせて上げることがポイントとなります。

肘や手首など腕だけを使ったトスは安定しません。このような上げ方ではトスにばらつきが大きくなってしまうのです。

速いサーブを打つためには安定したトスを上げることが必要

ラケットを引く際の体のひねりに合わせてトスを上げます。
体全体の動きを使ってトスを上げるとブレが最小限に抑えられるのです。

ラケットを引く際の体のひねりに合わせてトスを上げることで、ゆっくりと正確なトスが上げられるということです。

安定したトスを上げることができれば正確にサーブを打てるということに繋がります。

トスを上げた後ラケットを斜め上に振り上げて打つことで速いサーブを打つことができます。
速いサーブが打てるということはあなたの武器になります。ポイントをおさえて速いサーブを打てるように頑張りましょう。

サーブを打つ時には下半身の使い方も大切です

サーブを打つ時は下半身の使い方も大切だということを知っていますか?

下半身は体のタメを作るのにとても重要な役割をしているのです。
プロの選手の試合を見てみると、どの選手も膝を軽く曲げてタメを作っているのがわかります。
注意してほしいのが、膝を曲げるだけでは力を発揮できないということ。
下半身で作ったタメをボールに伝えるためには体のひねりも同時に行う必要があります。
トスを上げたタイミングで膝を曲げ、体をひねります。そして膝を伸ばすタイミングでひねった体を元に戻します。

こうすることで下半身でタメた力をボールに伝えることができるのです。

タイミングの取り方を間違わないように気をつけましょう。上手にタイミングが取れないとせっかくタメた力を無駄にしてしまいます。
膝や体は曲げすぎない、ひねりすぎないということを意識しましょう。

まずは自分に合った下半身の使い方、体のひねり方を見つけましょう。この動作をしっかり行うことができれば、しっかりとしたサーブを打つことができますよ!

ソフトテニスのトスの上げ方が良ければサーブも良くなります

ソフトテニスのトスの上げ方の説明はいかがでしたか?
わかりやすい!と思う人もいれば何を言っているのかわからない!という人もいるのではないでしょうか。

ソフトテニスのサーブを上手に打つためにはトスの上げ方がとても重要だと言うことはおわかりいただけたかと思います。

しっかりとしたサーブを打つためには安定したトスを上げることが大切なのです。
ソフトテニス初心者の方は一気に上達する方法を試すのではなく、1つ1つ確実に上達させていきましょう。

安定したトスを上げること、体全体を使ってボールを打つことがソフトテニスを上達させるために必要なことです。
文字だけではわからないという人は、プロテニスプレイヤーの試合を見て勉強するということも良い方法ですよ!