ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本からコツまで解説

ソフトテニスでサーブを確実に入れるためにはトスの上げ方が大切だと言われていますが、始めたばかりの初心者にとっては難しく感じますよね。

基本的なトスの上げ方はどのように行えばいいのでしょうか?トスは高い方が安定するのでしょうか?

少しでも安定したトスを上げるためのコツと意識すべきポイントについて説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プロレスは勝敗が決まってる?客を魅了するプロレスの裏事情

「プロレスって試合前からもうすでに勝敗が決まってるんでしょ?」という話を耳にしたことありませんか?...

年下の上司にタメ口を使うのは非常識?ビジネスマナーとは

上司が年下ならタメ口で話してもいいのでしょうか?年齢は自分のほうが上だから、年下上司がタメ口で話して...

ソフトテニスのフットワークが上がる練習方法を紹介。姿勢も大事

ソフトテニスはフットワークが重要なスポーツでもあります。足が遅いからと諦めないで、フットワークの...

女の職場で飛び交う陰口について。言われても気にならない方法は

女の職場あるある。たくさんありますが、一番多いのは『陰口』で盛り上がるというのではありませんか?...

床屋と美容院の定休日が月曜に多い理由!実は地域で定休日が違う

床屋や美容院の定休日が月曜日のことが多いのはなぜなのか、疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか...

会社の試用期間中に休むと解雇?解雇になる条件と試用期間の意味

試用期間の最中に会社を休むと、正社員になれずに会社を解雇されてしまうのではないかと不安になっている人...

ゼミは就活に影響する?影響するかは結局のところあなた次第

ゼミで専門的な分野を学んでいるから就活に有利、ゼミに入っていないから就活で不利になる、などという話を...

柔道の寝技を最強にする基礎トレーニングや練習のコツとは

柔道の寝技が最強に強くなりたいなら、基礎となるトレーニングやコツを掴んだ練習を重ねる必要があります。...

大学の部活の中で初心者でも心配なく入れるものをご紹介!

大学に入ったら、サークルではなく部活に入りたいと考えている人もいるのではないでしょうか?しか...

警視庁職員になるための試験の難易度は思ったよりも低かった!

警視庁の職員になりたい場合は地方公務員の試験を受けることになりますが、気になるのはその難易度について...

年末はやっぱり仕事が忙しい!忙しい仕事を乗り切る方法

年末になると毎年仕事が忙しいと感じる人は多いですよね。会社全体がなんとなくバタバタして、年末...

バレーボール【中学生女子】上達のための練習方法について

テレビでバレーボールの女子の試合が放送されると、まだ中学生とはいえうまくなるためにたくさん練習しよう...

野球のバッティンググローブには意味がある!その必要性を解説

プロ野球の試合を見ていると、バッターボックスに入る選手は必ずバッティンググローブをつけていますよね。...

新入社員がカラオケを断るのはアリ?上手に断る方法

新入社員でもカラオケが苦手な人っていますよね。では、新入社員がカラオケの誘いを断ってもいいの...

退職後に行う手続きの期限は?退職後に必要な手続きについて

退職後は色々な手続きをする必要があります。行わなければならない手続きの中には、期限が決められているも...

スポンサーリンク

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本とは?

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本とは一体何でしょうか?

トスを上げる時はやや前方でボールから手を放します。
ボールはキツく握ることはせず、指の上に乗せて親指を上に添えるようにしてボールを安定させます。

上げる時は腕全体を使って上げましょう。

トスは高く上げる方と低く上げる方ではどちらが安定すると思いますか?
答えは低く上げる方です。

トスが高いとボールが風に吹かれてブレ、打つタイミングも合わせにくいからです。

トスを高く上げる方がスピードのあるサーブが打ちやすいですが、初心者の方向けに今回は安定感を重視してサーブを入れることを優先的にします。

トスが低すぎても余裕が無くなってしまうので、高すぎず低すぎずを目指しましょう。

しかし、トスはその日の天候や上げる時の少しのズレでも多少ブレてしまうものなので、あまりブレないようにすることにこだわらなくても良いですよ!
リラックスして上げることがポイントですよ。

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方で意識すべきこととは?

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方で意識すべきことは何でしょうか?

トスの正確さはサーブのフォームに関わってきます。
安定したサーブを打つためには正確なコントロールでトスを上げなければいけません。

トスを上げる時のボールの持ち方は上記でも説明しましたが、5本の指先にボールを軽く乗せるように持ちます。
手を逆さまにしたらボールが落ちてしまうくらい、優しく持つように意識しましょう。

サーブ時の体重移動の仕方

初めは前の足に体重を乗せて構え、一旦後ろの足に体重移動させ、再び前の足に移動させた瞬間にトスを上げます。

トスの上げ方で意識することは、「自分の思い通りの場所に安定して上げること」です。
トスが安定していなければ毎回同じ打点で打つことができないため、トスを安定して上げることはとても重要な役割なのです。
サーブを安定して打つということはゲームを制することにも繋がりますよ!

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方で大切なのは「高さと位置」

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方で大切なのは「高さと位置」です。

トスを上げる位置が高すぎると風に吹かれてブレてしまい、打ちづらくなってしまいますし、上げる位置が毎回定まっていないと不安定なサーブになってしまいます。

トスが安定して上げられないと良いサーブは打てないということです。

思い通りの場所にトスを上げることができれば良いサーブを打つことができる

トスが安定することで打点も安定し、さらにサーブも安定して打つことができるのです。

トスが安定していなくてサーブミスをしてしまっている姿は見ていられないくらい恥ずかしいものですよね。
恥ずかしい思いをしないためにも、自分に合ったトスの上げ方を習得して安定したトスを上げられるようにしましょう。

安定したトスが上げられるようになるとコントロールも良くなり、サーブで攻めることができるので、サービスエースを取れる確率もぐんと上がりますよ!

ソフトテニスで速いサーブを打つためには?

ソフトテニスで速いサーブを打つためにはどうすれば良いのでしょうか?

トスは体のひねりに合わせて上げることがポイントとなります。

肘や手首など腕だけを使ったトスは安定しません。このような上げ方ではトスにばらつきが大きくなってしまうのです。

速いサーブを打つためには安定したトスを上げることが必要

ラケットを引く際の体のひねりに合わせてトスを上げます。
体全体の動きを使ってトスを上げるとブレが最小限に抑えられるのです。

ラケットを引く際の体のひねりに合わせてトスを上げることで、ゆっくりと正確なトスが上げられるということです。

安定したトスを上げることができれば正確にサーブを打てるということに繋がります。

トスを上げた後ラケットを斜め上に振り上げて打つことで速いサーブを打つことができます。
速いサーブが打てるということはあなたの武器になります。ポイントをおさえて速いサーブを打てるように頑張りましょう。

サーブを打つ時には下半身の使い方も大切です

サーブを打つ時は下半身の使い方も大切だということを知っていますか?

下半身は体のタメを作るのにとても重要な役割をしているのです。
プロの選手の試合を見てみると、どの選手も膝を軽く曲げてタメを作っているのがわかります。
注意してほしいのが、膝を曲げるだけでは力を発揮できないということ。
下半身で作ったタメをボールに伝えるためには体のひねりも同時に行う必要があります。
トスを上げたタイミングで膝を曲げ、体をひねります。そして膝を伸ばすタイミングでひねった体を元に戻します。

こうすることで下半身でタメた力をボールに伝えることができるのです。

タイミングの取り方を間違わないように気をつけましょう。上手にタイミングが取れないとせっかくタメた力を無駄にしてしまいます。
膝や体は曲げすぎない、ひねりすぎないということを意識しましょう。

まずは自分に合った下半身の使い方、体のひねり方を見つけましょう。この動作をしっかり行うことができれば、しっかりとしたサーブを打つことができますよ!

ソフトテニスのトスの上げ方が良ければサーブも良くなります

ソフトテニスのトスの上げ方の説明はいかがでしたか?
わかりやすい!と思う人もいれば何を言っているのかわからない!という人もいるのではないでしょうか。

ソフトテニスのサーブを上手に打つためにはトスの上げ方がとても重要だと言うことはおわかりいただけたかと思います。

しっかりとしたサーブを打つためには安定したトスを上げることが大切なのです。
ソフトテニス初心者の方は一気に上達する方法を試すのではなく、1つ1つ確実に上達させていきましょう。

安定したトスを上げること、体全体を使ってボールを打つことがソフトテニスを上達させるために必要なことです。
文字だけではわからないという人は、プロテニスプレイヤーの試合を見て勉強するということも良い方法ですよ!