人生の失敗は大学受験ではない?自分の考え方を変えてみよう

人生における失敗は誰にでも一度はあることでしょう。しかし、大学受験で失敗してしまうと、それが「人生の失敗」だと思ってしまいますよね。

受験に失敗したら、やっぱりその後の人生は狂ってしまうのでしょうか?それとも考え方次第ではやり直せる?

大学受験は人生の失敗になるのかならないのか、先輩たちの経験談をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

刑事のスーツは支給される!?女性の場合は?警察官との違い

警察官というと青い制服のイメージですが、ドラマなんかで見る刑事はスーツで捜査などしていますよね。 ...

総合職で転勤を拒否する前に知っておきたい転勤のメリット

総合職だと転勤があるかもしれないことは、入社したときからわかっていたはずですよね。 しかし、い...

クロールの息継ぎの教え方とは?まずはプールサイドで練習しよう

クロールの息継ぎを子供に教えるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? 子供にわかりやす...

大学生の読書感想文の書き方のコツや高評価を得るポイントとは

大学生になっても読書感想文をレポートで提出しなければならないときがあります。 では、大学生の読...

就職は東京より大阪が断然良い理由と住んでみたらわかったこと

就職するなら東京にするか大阪にするか悩んでるという人も多いのではないでしょうか? では、就職す...

走り高跳び【女子中学生編】記録を伸ばすコツや練習のポイント

走り高跳びをやっている女子中学生には、思うように記録を伸ばせず悩む人もいるでしょう。 走り幅跳...

No Image

【バドミントン初心者のヘアピン】スピンヘアピンを覚えよう

バドミントン初心者にとってヘアピンの中でもマスターすることが難しいスピンヘアピン。 しかし、こ...

研修期間中に退職したことを職歴に載せるべきなのか

研修期間中に何らかの理由で退職してしまうことはあります。 社風が合わない、条件と違っていたなど...

No Image

サッカーのスパイクの手入れ頻度や正しい方法で大切に使おう

サッカーのスパイクのお手入れは、皆さんどのくらいの頻度で行っているでしょうか。 長く使うために...

退職は2週間前に伝えればいいの?正社員の退職について

退職したいなら2週間前でOK? 正社員での雇用なら、民法627条1項の定めにより、『雇用は、解...

お歳暮を上司に贈るときの相場や注意することについて

いつもお世話になっている上司にお歳暮を贈ろうと考えている場合には、どのくらいのものを送るべきなのか迷...

会社で無視されるのは、パワハラ・モラハラにあたる可能性が

会社での無視。 上司からの無視、同僚からの無視。 上司から業務上の連絡すらもらえないのは...

バスケのアップの方法とは?試合前にしておきたいアップ方法

バスケの試合前にはどのようなアップをしておくといいのでしょうか?いつもと同じようにアップをしておけば...

年上後輩が偉そうに感じても、同じ目線に立たないようにするには

年上後輩が偉そうでモヤっとする。 部下に指示を出すと、次のような態度を取る人っていますよね? ...

就活でバイト経験について嘘を付いてもバレないのか

就活の面接で話を膨らませやすく、自己アピールしやすい話題といえば「バイト経験」です。 面接で嘘...

スポンサーリンク

第一志望の大学に行けなかったら、それが人生の失敗につながる?

入りたかった大学に落ちてしまって、そこから引きこもってしまったり、性格が暗くなってしまうなんていう人は時々聞くことがありますが、第一志望の大学に行けなかったら、それが人生の失敗につながるのでしょうか?

自分の入りたかった大学に入学できれば、その先の就職先も願いどおりの会社に入ることが出来るかも知れません。
しかし、あくまでも「かも知れない」という話なのです。
いざ、入りたかった大学に行くことが出来ても、周囲の人たちに馴染めずに落ち込んで結局退学することになったり、卒業しても願いどおりの会社に入社できない可能性だって十分にあります。

大切なのは、「どこの大学に行ったか」ではなく、「どんな人生を送るか」です。
大学に落ちたから終わりではなく、「そこからどうするか」ということを考えるのが、生きる上で重要になります。

大学受験は人生の失敗ではない!大学を出てからが人生の始まりです

大学受験の失敗は、人生の失敗ではありません!
大学を出てからが人生の始まりです!

大学を卒業した後に、就職した先で自分が入りたかった大学の出身者や、それ以上にレベルの高い大学出身者に会って、引け目に感じることもあるかも知れません。
しかし、レベルの高い大学の出身者であっても、仕事が出来なかったり、いわゆる「使えないヤツ」と思える人だってたくさんいます。

仮に、その大学のレベルに見合った優秀な社員がいても、劣等感を持つ必要はありません。
ただ単に、その人が優秀なだけなのです。
あなたの出た大学が納得がいかなかったものだとしても、あなた自身が頑張って、会社に貢献できれば、あなたなりの輝きを放つことが出来るのです。
大学受験で色々あっても、卒業まできちんと出来た人は物事をやり遂げられる人です。自信を持って、突き進みましょう。

大学受験で人生に失敗したと思っている人は違う世界を見てみよう

「願いどおりの大学に入れなくても、大丈夫だよ」と人から言われても、落ち込んでしまうことを止められないこともあるあるです。
そのように大学受験で人生に失敗したと思っている人は、違う世界を見てみるのもひとつの手です。
海外のさまざまな景色や人に触れあえば、自分を見つめ直したり、落ち込んでいた気分も吹き飛ばせます。

留学や、ワーキングホリデーを経験して、見聞を広めてみてはいかがでしょうか。
比較的お金に余裕がある人は、留学で外国語を学び、自分のスキルを高めましょう。
あまり金銭に余裕がないという人は、ワーキングホリデーを選択すれば、現地で働きながら滞在費などを稼ぐことが出来ますから、少ない費用で勉強も出来て、一石二鳥です。
語学力を高めることが出来れば、その力を生かして、新たな道を見つけることが出来るはずです。

行きたい国や、滞在期間などを決めて予定を立ててみると良いでしょう。
出来れば、治安の良い国を選べば、ご両親も安心できるのではないでしょうか。

大学選びに失敗しても、人生はなんとかなります

大学受験で失敗といえば、「希望の大学に入れなかった」というのを思いつきますが、それ以外でも、「自分はここの大学で良いかな」と思って、入ったものの「やっぱり違う大学を選べば良かった」などと思うような、大学選びに失敗してしまうパターンです。
しかし、大学選びに失敗しても、人生はなんとかなります。

仮にランクの低い大学に入ってしまったり、途中でやりたいことがみつかって、それをするには、今の大学では学ぶことが出来ない場合などもあります。
とはいえ、ランクが高くても低くても、きちんと卒業さえすれば、「大卒」という肩書を身につけることが出来ます。
それに、自分のやりたいことと、現在大学で学んでいることが違っていたとしても、大学に通いながら学ぶことも出来るかも知れませんし、卒業した後に、改めて学び直したり、働きながら、やりたいことのスキルを身に着けても良いのです。

大学受験に失敗したら、自分のこれからの人生について考えてみよう

大学受験に失敗したら、自分のこれからの人生について考えてみましょう。
希望通りの大学に行けなかったことで、辛いのは、自分自身の力不足による不甲斐なさを感じたり、周囲の反応を見たり聞いたりするのが怖いといったことではないでしょうか。

人の中には、大学受験に失敗した人を悪く言う人もいるかも知れません。
しかし、その人に言われたからといって、就職が出来なくなるでしょうか?
友達が出来なかったり、結婚できなくなるのでしょうか?
一流大学を出ていても、仕事が出来なくて、友達付き合いも、恋人も出来ない人もいます。
それは、「どこの大学を出たか」によるものではなく、「どのくらいの人間力があるのか」ということが重要になるのです。
どんなに良い大学を出ていても、自らの働きかけがなければ、何事も上手くいきません。ですので、失敗でクヨクヨするよりも、自分の力で、より良い人生の道を切り開いて行くことに努力を傾けましょう。