電話が鳴るのが怖い!緊張や苦手に感じる仕事の電話対応克服法!

仕事で電話がかかってくるのは緊張してしまい苦手に感じる事が多いと思います。
私も事務の仕事をしていた時は頻繁に電話が鳴る部署でしたので、最初は電話が鳴るたびにドキドキしていました。

私が電話対応で緊張しなくなったコツは「慣れる」という事でした。緊張するので苦手でしたが、やらない事には仕事になりませんでしたので、何度も繰り返し挑戦する事で対応の仕方も身に付き、スムーズに電話に出られるようになったのです。

そんな電話対応が苦手な方の克服方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

教職を大学で取得するメリットと就活でアピールするコツとは

教職課程を大学で履修することはとても大変なことですが、それには大きなメリットがあります。 では...

職場の服装が厳しいのは何故?オシャレをしたいと考えるあなたへ

職場の服装の規定が厳しいと、なかなかオシャレも出来ずに自分が好きなファッションもすることが出来ません...

バスケの基本的な練習方法!初心者がまず習得するべきこと

これからバスケを始めたいというバスケ初心者の方は、まず何から始めれば良いのか知りたいですよね。 紹...

転勤が多い会社に勤めるのは大変!?大切なのは家族の絆

転勤が多い会社はあります。金融業界などでは3年という短いスパンで転勤することもありますし、会社によっ...

公務員の面接対策とは地元以外を受けるときの準備や心構え

地元以外の公務員面接を受けるときに必ず聞かれる質問。いったい、どのように答えたらいいのでしょうか? ...

No Image

【ソフトテニス初心者必見】フォアハンドの打点を見直そう

ソフトテニス初心者にとって、まずマスターしたいのはフォアハンドではないでしょうか。 中でも打点...

転勤したら住民票は独身でも移すべき義務と手続き方法

独身の社会人が転勤して住む場所が変わったときは、住民票を移すのは義務だということをご存知でしょうか?...

同僚の退職が決まり寂しいと感じる人へ。その気持ちの解消法

仲の良い同僚が退職する事が決まったらショックと寂しさで一杯になると思います。 会社の同僚と言えば同...

警察採用試験の面接でよく聞かれる質問は?面接必勝法

警察採用試験は各都道府県で行われますが、実施内容が若干異なります。 ただ、面接時に聞かれる質問はあ...

日本は休みが少ないはウソ?残業しないで帰る方法とは

日本は休みが少ないと感じるのはナゼ?外国と比べると日本はお休みが多いほうなんです。 しかし、ど...

研修期間中に退職したことを職歴に載せるべきなのか

研修期間中に何らかの理由で退職してしまうことはあります。 社風が合わない、条件と違っていたなど...

新入社員の指導で疲れたときの対処法と大切なこととは

新入社員の指導をするということは、自分にとってプラスになることでもあるとわかっていても、指導に疲れた...

コンビニの深夜バイトで女性は働けるのかどうかとその実態

コンビニの深夜バイトは昼間の時間帯よりも時給が高いので、時給優先で働く人もいますが、女性でも働くこと...

野球選手にとって不可欠な下半身トレーニングとは【野手編】

野球の選手にとって下半身トレーニングは欠かせないものですが、中でも野手のポジションの選手にはどんなト...

空手の蹴り上達のための練習で意識するポイントを教えます

空手の蹴りにはいろいろな種類がありますが、練習によって上達させることができれば試合でも有効に使えるよ...

スポンサーリンク

電話対応は緊張して苦手! 仕事中に身に付く電話対応の方法

電話対応は緊張して苦手という人も多いですよね。

でも、なんとか仕事の電話応対を克服したいものです。

そんなときは、仕事中に電話応対の仕方が身につくのが一番の方法です。

まずは、よく使う決まり文句を身につけおきましょう。

自分の中で決まり文句があれば、その後の相手の話にも落ち着いて対応することができます。

例えば、必ず受話器を取った時に伝える決まり文句は、電話や机の目の前にメモして貼っておくのもいいでしょう。

また、相手の名前や用件が聞き取りにくいときもありますよね。

そんなとき、聞き返すと失礼にあたると、そのままにしていませんか?

でも、そのままにしていたほうが、大きなトラブルになる可能性だってあるのです。

なので、そのようなときは、きちんと相手に確認するようにしましょうね。

電話が鳴ると緊張するのはこんな理由。 仕事中でも肩の力を抜こう

では、電話が鳴ると緊張してしまうのは、どんな理由からなのでしょう?

電話が相手が見えませんよね。

だから、相手の表情も見えないので、余計に恐怖心を感じるのです。

それに、一度電話で失敗した経験があると、どうしても電話に出る度にトラウマになってしまうのです。

そのため、電話恐怖症になってしまうのでしょう。

では、これを克服するにはどうしたらいいのでしょうか?

相手が見えないことの不安や失敗への恐怖を発想変えて前向きに考えてみてはいかがでしょうか?

例えば、電話の着信音を変えてみてはどうでしょうか。

今までの着信音を聞くと、つい反射的に嫌な記憶が蘇ってしまいます。

そのためにも、電話の着信音を変えて、新たな電話への前向きなイメージへと塗り替えましょう!

また、緊張して肩や首に力が入りすぎるという人も多いです。

なので、電話に出るときには、リラックスして肩の力を抜いてから出るようにしてみましょう。

ぜひ試してみてくださいね。

電話対応が緊張してしまう時の対処法。 仕事の電話のコツ

電話対応が緊張してしまうという人は、仕事の電話をどんな風に対応するといいのでしょうか?

まずは、メモを取りながら電話に出るように心がけましょう。

例えば、自分から電話をかける場合は、用件についてメモを作ってから電話をかけるようにしてくださいね。

そうすると、緊張もしにくくなりますよ。

もちろん、相手の話もメモすることを忘れずに!

このとき、カタカナを使って書くようにすると、後から読み間違いをしませんよ。

また、アルファベットの省略語を使ったり、縦に書くようにするのもポイントです。

きちんとメモを取りながら電話に対応しましょう。

また、どうしても緊張すると早口になってしまうという人もいますよね。

なので、ゆっくりと自分のペースで話すように心がけましょう。

そうすることで、相手もそれにつられてゆっくり話してくれるかもしれません。

その方がきっとわかりやすく、自分も理解しやすいでしょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

電話対応で緊張するのは仕事に対するまじめ意識の現われ

もしも、きちんと電話応対ができないと、仕事ができないと思われないかと心配していませんか?

そう思うと、余計に緊張してしまいますよね。

でも、それは、あなたが仕事に対して責任感を持ってまじめに取り組んでいるという証拠なのです。

緊張をするということは、よりもっと成長することができることになるのです。

なので、頑張っている自分を褒めてあげましょう。

電話の応対が苦手な自分を責めたり、情けないなんて思わなくていいんですよ。

これは、誰だって慣れることで乗り越えることができるんです。

口下手で、人とのコミュニケーションが苦手という人もいるでしょう。

そんな人にとっては、電話の応対はとてもつらいかもしれません。

でも、今上手に電話の応対ができている人も、もともとはとても苦手で、いろんな経験を得てできるようになっているのかもしれませんよ。

なので、自分を責めずに、前向きに頑張りましょう!

電話で緊張する場合、直接会って話しているイメージを持ってみよう

直接会って話すのは緊張しなくても、電話だと緊張してしまうという人はたくさんいます。

苦手だからといって、仕事中に電話の応対をしなければならないことはありますよね。

そんな人は、少しでも苦手意識を克服したいと思うでしょう。

電話の応対で大切なのは、相手の情報をきちんと聞き取ることです。

そして、相手にもきちんと伝えることなのです。

ですから、言い間違いは言い直せばいいですし、聞き取れないときは聞き直せばいいんです。

焦らずにゆっくりと対応しましょう。

きっと、あなたの努力を見ていて、評価してくれる人もいますよ。

なので、自分を責めずに頑張ってくださいね!