職場が合わない、そんな直感は当たるもの。居心地の悪い職場って

職場、合わない。

この職場、合わないなって直感的に思ってしまった会社に就職してしまったら、大抵はその直感当たります。

今まで積み重ねてきた経験による直感って、当たるのもです。

職場や人間関係に不満を抱くことって、ワガママなんじゃないかな?と自分を責めてしまいがちです。

ですが、自分が居るべき環境ではないところに迷い込んでしまうこともあります。

職場の環境が良くないのか、特定の人が合わないのか、はたまたその両方なのかによって、対処法が変わってきます。

あなたの不安が解消されますように。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

不採用の理由を知りたい!ハローワークで聞いてみよう!

転職活動中の人はハローワークの求人を見て応募するという人も多いでしょう。しかし、運悪く不採用...

職場が寒いから辞めたい!解決方法と職場が寒い時にできる対処法

働いている職場が寒いことが原因で職場を辞めたいと悩んでいる人もいますよね。エアコンの設定温度によって...

自衛官の定年後の就職先は?定年が早い自衛官の再就職について

自衛官は公務員ですが、一般の公務員よりも定年の年齢が早いです。このため、定年を迎えた年齢でも再就職を...

野球観戦を女子一人で楽しむススメと知っておきたいポイント

野球観戦に女子一人で行ってみたいけど、一人だと少し不安でなかなか行動できないでいる女子もいるでしょう...

サッカーの個人技を強化させる練習とは?ドリブルのポイント

サッカーの個人技であるドリブルを強化させるにはどのような練習をしたらいいのでしょうか?足が遅...

平泳ぎの息継ぎのルールとは?大会で失格とならない平泳ぎの呼吸

水泳ってクロールが花形なイメージがありませんか。けれど水泳はやってみると色々な泳ぎ方があって、ど...

履歴書をパソコン作成!写真は?ポイントと気をつけたい注意点

最近では、履歴書をパソコンで作成するという人も多いのではないでしょうか。では、履歴書をパソコ...

アイドルの衣装をデザインする仕事をするために進むべき道とは

テレビで見かけるアイドルの衣装ってかわいいですよね。そんな衣装を見ていると「自分がデザインした衣装を...

会社を辞める時の挨拶のポイントや円満退職のためのマナーとは

会社を辞める時にはお世話になった上司や同僚に挨拶をしましょう。では、会社を辞める時の退職の挨...

教員採用試験の服装の一次試験で迷うなら、スーツがおすすめ

教員採用試験の一次の多くは筆記試験です。筆記試験なので募集要領には「服装自由」と書かれていること...

研修期間中に退職したことを職歴に載せるべきなのか

研修期間中に何らかの理由で退職してしまうことはあります。社風が合わない、条件と違っていたなど...

スケボーの乗り方【ジャンプ】とは?コツやポイントをご紹介

スケボーをスイスイ乗りこなす人ってかっこいいですよね。こんな感じに余裕に乗りたいと思った人って沢...

肩を柔らかくする方法で水泳が上達してケガの予防にもなる

肩が柔らかくする方法をトレーニングすると水泳がとても泳ぎやすくなるでしょう。それは、水泳のト...

スライディングの練習方法!野球が上手になるコツについて

スライディングは野球の走塁において欠かせないものですが、正しいコツを掴むまで練習をする必要があります...

硬式テニスのサーブの打ち方とは?初心者が入らない理由とは

硬式テニスのサーブがなかなか入らないのはどうしてなのでしょうか?初心者の場合はこんなことに注意してサ...

スポンサーリンク

職場に違和感?合わないと感じた直感は信じてもいいの?

職場に違和感を感じたり、合わないと感じた直感は信じてもいいのでしょうか?

それは「YES」でもあり「NO」とも言えます。
というのも、ある程度大人になれば、外見から感じ取る雰囲気や、少し会話をするだけで、相手がどういう人なのか、なんとなくわかります。
ですので、第一印象の悪い職場は、仕事に慣れても、いつまでも居心地の悪い場所のままであることが、よくあります。

しかし、なかには「この人合わなさそう」と思っていても、話をしてみたら、優しい人だったり、趣味などが合い職場だけではなく、プライベートでも仲良しになるなんてこともあります。

ですので、直感は大体は当たりますが、時々外れる事もありますので、100%信用しない程度にして、先入観だけで接しないようにしましょう。

職場が合わないと直感してしまったら?辞めたっていいと思っていよう!

職場が合わないと直感してしまったら、いつまでもぎこちない人間関係の職場になってしまうかも知れません。
数日で判断するのは早急ですが、「いざという時は、辞めたっていい」と思って仕事をすると、いくぶん楽になるはずです。

この人苦手だなと思うポイントは、人それぞれですが、仕事に支障が無いようなものなら、あまり踏み込まずに割り切って仕事をしましょう。
仮に「見た目が嫌い」と思っている人でも、その人の仕事がきちんと出来ていて、あなたに迷惑をかけないのであれば、「この人は、そういうものだ」と冷静になれるはずです。
ただし、苦手なポイントが「仕事に支障をきたすような、いじわるする人」や「精神的にダメージを与えるような悪口や、陰口を言ってくる人」というようなものであれば、そんな最低な人がいる職場にいる必要はありません。

職場で合わないと直感で感じた人への接し方とは

職場で合わないと直感で感じら「距離を置く」

あなた自身があまり社交的なタイプではないのに、やたらと仕事の帰りや、休日も誘ってくる、フレンドリー過ぎるタイプの人には、やんわりとでも「仕事とプライベートは分けたい」と伝えて、距離を置きましょう。
「せっかく誘ってくれたんだから」と無理して、その人に付き合うと、あなた自身が疲弊してしまいます。
付き合いはほどほどにして、自分のペースを守る事に専念しましょう。

また、「仕事が遅い」、「せっかちで雑」など、自分と仕事のペースが合わない人は、一緒に仕事をしているのですから、距離を置きたくても置けませんよね。
そんな時は、「心の距離を置く」ということを実践してみましょう。
その人の仕事の仕方にイライラしても、気持ちを落ちつかせて、遠くにいるようなイメージを思い浮かべてみましょう。
自分よりものすごく遠くのところでミスしていても、なんだか小さい事に思えてきます。

職場が合わないと直感。この直感ってなんなのでしょう

職場が合わないと直感を感じることは、よくありますし、他の人からも、そういった事は時々聞きますよね。
でも、この「直感」ってなんなのでしょう。

直感は、なんだかスピリチュアル的なイメージもありますし、一種の不思議な力のような気もしますよね。
もちろんそういった、科学では説明できない現象である場合もありますが、そうではない場合もあります。

直感とはその人の持つ「経験値」

たくさんの経験をしたり、多くの人と出会ってきた人、または、そうではない人でも、自分の中にある記憶などを元に、直感が作られる事があります。
それによって、意識をしなくても、「この人は合いそうだ」とか「この人は合わなさそうだ」などと瞬時に判断するのが、直感の要素のひとつになります。
ですので、親や友達が「あの人は良い人だ」、「この人は良くない気がする」と言った意見も、参考にしておくと、人を選ぶ時に、良い判断材料になります。

全体的に、本能が赤信号を出しているなら、辞める選択をしてもいいのです

自分自身が、まだ若くて経験値が浅かったとしても、直感や、本能が赤信号を出しているなら、辞める選択をしてもいいのです。

第一印象が「怖いな」と思っても、良い人はいますし、「優しそう」と思っても、実はいじわるな人だったりと、直感が当てにならないこともあります。
しかし、個人に対する意見が変わる事があっても、職場の雰囲気の印象自体が変わらない事もよくあります。

「職場の人それぞれは、良い人たちなんだけど、会社の体質が合わない」とか、「なんだか空気が重い気がする」と思ったら、それは本能が赤信号を出しているのかも知れません。
はっきりとした理由がないと、会社を辞める時の説明に困ると思いますが、本当に辞めたいのであれば、「体調不良」を言い訳にして辞めても良いのです。
あまり、職場をコロコロ変えるのは、親からも、世間的にも、良い目では見られないでしょう。
しかし、無理に自分に合わない職場にいることで、本当の病気になる前に、思い切った決断も必要と言えます。