職場が合わない、そんな直感は当たるもの。居心地の悪い職場って

職場、合わない。

この職場、合わないなって直感的に思ってしまった会社に就職してしまったら、大抵はその直感当たります。

今まで積み重ねてきた経験による直感って、当たるのもです。

職場や人間関係に不満を抱くことって、ワガママなんじゃないかな?と自分を責めてしまいがちです。

ですが、自分が居るべき環境ではないところに迷い込んでしまうこともあります。

職場の環境が良くないのか、特定の人が合わないのか、はたまたその両方なのかによって、対処法が変わってきます。

あなたの不安が解消されますように。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バドミントンのドライブを速く打つためのコツと練習方法とは

バドミントンのダブルスの試合ではドライブがよく使われていますよね。そのため、少しでもドライブを速く打...

年上後輩が偉そうに感じても、同じ目線に立たないようにするには

年上後輩が偉そうでモヤっとする。部下に指示を出すと、次のような態度を取る人っていますよね?...

部活の合宿費用は侮れない、実施時期に合わせて計画的に貯めよう

子供が入った部活が合宿や遠征がとにかく多く、費用が掛かりすぎて家計を圧迫する、そういったお悩みありま...

柔道寝技のコツとは?力をかけるポイントや練習ポイントを解説

柔道技のひとつ「寝技」ですが、寝技は練習をすればするほど上達すると言われており、柔道初心者こそ寝技練...

会社を休めない!体調不良で休めないワケとブラック企業について

体調不良で具合が悪いのに会社を休めない。高熱でフラフラなのにどうしても出社しなくてはならない。こんな...

サービス残業は当たり前?公務員の残業について

公務員は定時で帰ることができるというイメージが強いですが、実はそんなことはないようです。サー...

クロールは速く泳ぐコツがある!スイスイ泳げるようになろう

クロールは速く泳ぐコツを掴むことは、クロールを上達するためにも大切なことです。例えば、呼吸の...

水泳の自由形のコツは息継ぎの仕方とタイミングが重要なポイント

水泳って泳げるようになるまでは恐怖心があります。水中で空気がないことってこんなにも不安になること...

陸上の走り幅跳び練習方法!走り幅跳びの記録を伸ばす練習方法

陸上で走り幅跳びの競技をしている人は、自分の記録を伸ばすことができる練習方法を知りたいと思いますよね...

昇任試験の面接はスーツ!どんなことを見てる?受かるためには

昇任試験の面接では、服装としてスーツを着るのが一般的でしょう。では、昇任試験の面接でスーツを...

卓球でカットマンと試合をするときの攻略方法や戦い方とは

カットを使い、ボールに下回転をかけて相手のミスを待つ戦い方のカットマン。カットマンと戦うことが苦手な...

集団討論のコツ!教員採用試験で周りに差をつけ高評価を得る方法

教員採用試験では集団面接の他に集団討論も行われます。形式は色々ありますが、集団討論の配点は高いた...

公務員の志望動機の書き方のコツやポイント地元以外を受ける場合

地元以外の公務員試験を受けるときにはどのような志望動機を用意したらいいのでしょうか?地元以外...

肩を柔らかくする方法で水泳が上達してケガの予防にもなる

肩が柔らかくする方法をトレーニングすると水泳がとても泳ぎやすくなるでしょう。それは、水泳のト...

跳び箱の台上前転の怖いを克服するためのコツや練習方法とは

跳び箱の台上前転は怖いと感じる人は多いですが、その恐怖心があると余計にできなくなってしまいます。...

スポンサーリンク

職場に違和感?合わないと感じた直感は信じてもいいの?

職場に違和感を感じたり、合わないと感じた直感は信じてもいいのでしょうか?

それは「YES」でもあり「NO」とも言えます。
というのも、ある程度大人になれば、外見から感じ取る雰囲気や、少し会話をするだけで、相手がどういう人なのか、なんとなくわかります。
ですので、第一印象の悪い職場は、仕事に慣れても、いつまでも居心地の悪い場所のままであることが、よくあります。

しかし、なかには「この人合わなさそう」と思っていても、話をしてみたら、優しい人だったり、趣味などが合い職場だけではなく、プライベートでも仲良しになるなんてこともあります。

ですので、直感は大体は当たりますが、時々外れる事もありますので、100%信用しない程度にして、先入観だけで接しないようにしましょう。

職場が合わないと直感してしまったら?辞めたっていいと思っていよう!

職場が合わないと直感してしまったら、いつまでもぎこちない人間関係の職場になってしまうかも知れません。
数日で判断するのは早急ですが、「いざという時は、辞めたっていい」と思って仕事をすると、いくぶん楽になるはずです。

この人苦手だなと思うポイントは、人それぞれですが、仕事に支障が無いようなものなら、あまり踏み込まずに割り切って仕事をしましょう。
仮に「見た目が嫌い」と思っている人でも、その人の仕事がきちんと出来ていて、あなたに迷惑をかけないのであれば、「この人は、そういうものだ」と冷静になれるはずです。
ただし、苦手なポイントが「仕事に支障をきたすような、いじわるする人」や「精神的にダメージを与えるような悪口や、陰口を言ってくる人」というようなものであれば、そんな最低な人がいる職場にいる必要はありません。

職場で合わないと直感で感じた人への接し方とは

職場で合わないと直感で感じら「距離を置く」

あなた自身があまり社交的なタイプではないのに、やたらと仕事の帰りや、休日も誘ってくる、フレンドリー過ぎるタイプの人には、やんわりとでも「仕事とプライベートは分けたい」と伝えて、距離を置きましょう。
「せっかく誘ってくれたんだから」と無理して、その人に付き合うと、あなた自身が疲弊してしまいます。
付き合いはほどほどにして、自分のペースを守る事に専念しましょう。

また、「仕事が遅い」、「せっかちで雑」など、自分と仕事のペースが合わない人は、一緒に仕事をしているのですから、距離を置きたくても置けませんよね。
そんな時は、「心の距離を置く」ということを実践してみましょう。
その人の仕事の仕方にイライラしても、気持ちを落ちつかせて、遠くにいるようなイメージを思い浮かべてみましょう。
自分よりものすごく遠くのところでミスしていても、なんだか小さい事に思えてきます。

職場が合わないと直感。この直感ってなんなのでしょう

職場が合わないと直感を感じることは、よくありますし、他の人からも、そういった事は時々聞きますよね。
でも、この「直感」ってなんなのでしょう。

直感は、なんだかスピリチュアル的なイメージもありますし、一種の不思議な力のような気もしますよね。
もちろんそういった、科学では説明できない現象である場合もありますが、そうではない場合もあります。

直感とはその人の持つ「経験値」

たくさんの経験をしたり、多くの人と出会ってきた人、または、そうではない人でも、自分の中にある記憶などを元に、直感が作られる事があります。
それによって、意識をしなくても、「この人は合いそうだ」とか「この人は合わなさそうだ」などと瞬時に判断するのが、直感の要素のひとつになります。
ですので、親や友達が「あの人は良い人だ」、「この人は良くない気がする」と言った意見も、参考にしておくと、人を選ぶ時に、良い判断材料になります。

全体的に、本能が赤信号を出しているなら、辞める選択をしてもいいのです

自分自身が、まだ若くて経験値が浅かったとしても、直感や、本能が赤信号を出しているなら、辞める選択をしてもいいのです。

第一印象が「怖いな」と思っても、良い人はいますし、「優しそう」と思っても、実はいじわるな人だったりと、直感が当てにならないこともあります。
しかし、個人に対する意見が変わる事があっても、職場の雰囲気の印象自体が変わらない事もよくあります。

「職場の人それぞれは、良い人たちなんだけど、会社の体質が合わない」とか、「なんだか空気が重い気がする」と思ったら、それは本能が赤信号を出しているのかも知れません。
はっきりとした理由がないと、会社を辞める時の説明に困ると思いますが、本当に辞めたいのであれば、「体調不良」を言い訳にして辞めても良いのです。
あまり、職場をコロコロ変えるのは、親からも、世間的にも、良い目では見られないでしょう。
しかし、無理に自分に合わない職場にいることで、本当の病気になる前に、思い切った決断も必要と言えます。