暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

マラソンが趣味の人にみられる性格とは?共通点は〇〇

      2018/12/01

マラソンが趣味の人にみられる性格とは?共通点は〇〇

マラソンが趣味の人に見られる性格ってなんでしょうか?

ストイック?
がんばり屋さん?
我慢強い?

もちろん、一括りにはできませんが、共通点ってある気がします。
がんばり屋さんであることには、間違いありませんよね!

マラソンが趣味の人に見られる性格についてご覧ください!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

マラソンを趣味にするのが向いてる性格って?日本人はランナー向き?

マラソンが趣味の人の性格に、あなたはどんな人をイメージしますか。
まず、マラソンのイメージを挙げてみると、一人で黙々と長距離を走らなければいけないというイメージでは無いでしょうか。
結局マラソンとは、自分との戦いであり、マラソンをやっていない人からすれば、何が面白いのだろうと思ってしまうこともあるかもしれません。

ですから、マラソンに向いている人の性格というのは、物事に対しても、冷静に事を進めることが出来る人なのではないかと考えます。

マラソンに最も必要な事は、何でしょう。一番大切であり必要な事は「走る」という事です。走らなければマラソンではありません。明々白々な事ではありますが、出来ない人が多いのも事実です。

走るという行動には、気力が必要になります。走る前の状態から、走っていいるという状態に持っていくための、力が必要なのです。走る事を始めたとしても、それがマラソンになるまでには、かなりの練習が必要になるでしょう。さらに、走ることから、走り続けることが出来るようになるまで、冷静に取り組むことに抵抗がないこと才能さえも持ち合わせていなければなりません。

日本人は、仕事において、冷静に物事をこなすことができる人が多いと言われています。ですから、日本人がランナー向きと言われる理由も、そこに一理あるのでは無いかと考えられるのです。

マラソンが趣味!負けず嫌いな性格の人ってランナー向き?

マラソンを趣味にとした人の中には、運動があまり得意でなかったという人も少なくありません。レースに出る度にタイムを縮めることができれば、新たな自分を発見したという喜びであなたの心は満たされるでしょう。この気持は、スポーツが得意だった人よりも大きいのでは無いでしょうか。

その中でも、負けず嫌いの性格の人というのは、ランナーに向いていると言われています。マラソンは、ゴール手前が一番苦しい競技でもあります。特にフルマラソンとなるとそうかも知れません。

マラソンで辛くなると、歩きたいと自分と葛藤することもあると思います。でも、そこで歩いてしまえば、目標タイムに間に合わない。負けず嫌いな性格が背中を押して、ゴールするができるのです。走り続けることができるのです。

自分に負けたくない、もっと速く走れるはずと、次に対しても新たの目標ができます。走ったことで満足していては、2度目のマラソンはやってこないのです。

負けず嫌いの性格というのは、マラソンを趣味にする上での重要な要素の一つとなり得るのです。

マラソンが趣味という人に共通する性格の一つに「目標設定ができる人」というのがある

マラソンが趣味という人に共通する性格の一つに、目標設定の仕方が上手であるという事が挙げられます。目標設定が上手な人は、ビジネスの面でも、「できる人」という事になります。

目標を設定する際、必ず達成できるような目標を掲げた場合は、勿論、簡単に達成してしまうことができるでしょう。それでは、自身の成長に繋がりません。ちょっと無理そうだとしても、頑張ることによって達成出来るかも知れないという位の事を、目標に設定するべきです。自分の能力を高めざるを得ないという状況に、自分を追い込むことが重要になります。

目標を達成するために、具体的な工程を細かく分析し、極限的にスポーツに挑戦していくという姿勢は、仕事においても活かすことができます。

アスリートが職業というわけではない場合、仕事の合間に上手くトレーニングしていくことが必要になります。マラソンであれば、通勤時間を上手く利用して走っているという人もいるかもしれません。

どんな状況であれ、ゴールをしっかりと決めると、そこに到達するための時間管理が身につきます。また、どうすれば仕事が効率良く出来るようになるのかという道筋をしっかりと論理付ける事ができるようになり、習慣化していきます。

マラソンによって、仕事のコツをつかむことが出来るのです。そのためには、目標設定できるようになるという事は、とても重要になるのです。

マラソンが趣味のパートナーで良かったと思うこと

マラソンが趣味のパートナー。性格と言えば、忍耐力のある辛抱強いというイメージを思い浮かべる人もいるかもしれません。そのような人が側にいてくれる時、この人がパートナーで良かったなと思う瞬間が訪れることも幾度とあるでしょう。

ましてや、自分もマラソンが趣味となれば、互いにそのマラソンという世界を理解しているため、この人がパートナーで良かったと思うことも一入だと思います。

休みの日は、二人でマラソン。練習だけでなく、大会でも、辛い状況になることもあると思います。しかし、二人だから乗り越えられることもあるのです。自分がマラソン初心者であれば、大会に出るのは不安かも知れません。しかし、パートナーが居るというだけで心強いはずです。大会の際の苦しいポイントや、どんなものがあったら嬉しいのか理解してくれることもあるでしょう。

分かっているからこそ、応援の喜びもどれだけ嬉しいか、パートナーは知っています。
一番の勇気は応援なのです。
辛くて歩いてしまいたいと思うこともあるでしょう。しかし、パートナーが一緒に走ってくれれば、それだけでやる気がでると言うものです。

これは、生活でも同じことが言えます。共に支えあう、分かっているからこその声掛けは、一緒にいるからこそ出来ます。マラソンという忍耐力を必要とする競技を共に理解しているという事こそが、お互いの絆を深めることに繋がるのかもしれません。

マラソンを趣味で始めたきっかけって?

趣味がマラソンという人も多いでしょう。このような人は、どのようなきっかけでマラソンを始めたのでしょうか。

マラソン=ダイエットというイメージ人も多いと思いますが、実はダイエットや美容目的でマラソンを始めた人は少数派のようです。

実際、マラソンを始めたきっかけは、ダイエットではなく、体力づくりの為、健康維持の為という人が半数近くもいます。

マラソンの目的として、身体的な効果をあげる人が多いと思います。しかし、マラソンにはそのような効果だけでは無く、脳や心にも様々なうれしい効果をもたらしてくれます。
マラソンを行うと血行が良くなるため、脳が活性化します。そのため、思考力や記憶力が向上し、仕事に必須の能力を高めることが出来るのです。ビジネスマンには、もってこいのスポーツとと言えるのでは無いでしょうか。

また、会社や私生活で、様々なストレスを抱えている人もいるでしょう。マラソンにはリフレッシュ効果があります。マラソンなどのように、一定のリズムで動く適度な負荷の運動の際に分泌すされるセロトニンは、精神安定効果に繋がる物質で、気持ちをスッキリと前向きにしてます。

このように、マラソンが趣味になったきっかけは様々だと思いますか、マラソンを行うことで色々な効果が実感できれば、更に持続するモチベーションになることは言うまでもありません。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ