ソフトボールのコツを理解して、体育の時間に打ってみよう

オリンピックなどのソフトボールの国際試合を見ると、体育の授業で自分もあんなふうに打ってみたいと思いますよね。

野球よりもボールは大きいとはいえ、ソフトボールでバットに当てるためにはコツが必要なのでしょうか?守備や走塁の基本とは?

体育の授業でかっこいいバッティングを見せよう!ソフトボールでバットにボールを当てるコツや守備・走塁の基本について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野球観戦を女子一人で楽しむススメと知っておきたいポイント

野球観戦に女子一人で行ってみたいけど、一人だと少し不安でなかなか行動できないでいる女子もいるでしょう...

年末年始休みなしの仕事でも休む方法と大切なアフターフォロー

年末年始と言えば家族とゆっくり過ごすという人が多いかもしれませんが、年末年始にも休みなしの仕事の人も...

卓球のドライブの練習方法や卓球で安定したドライブを打つ方法

卓球のドライブを打てるようになるにはどんな練習をしたらいいのでしょうか?なかなかドライブが安...

面接を連絡なしでドタキャンするのはだめ!相手の立場になろう

面接の連絡なしでドタキャンをすると、あなたの評価がガタ落ちしてしまう!?お互いのためにも、き...

警視庁職員になるための試験の難易度は思ったよりも低かった!

警視庁の職員になりたい場合は地方公務員の試験を受けることになりますが、気になるのはその難易度について...

ボクシングの観戦が初心者の方へ、基本情報や見どころを紹介

テレビ中継を見て生を見てみたくなった、知り合いにボクサーがいるなどボクシングを初めて観戦するという人...

バドミントンのバックハンドが上達するコツやポイントとは

バドミントンのバックハンドがなかなか決まらないときにはどんなことに意識したらいいのでしょうか?苦手な...

面接での印象がUPする!自然な笑顔の作り方と練習のポイント

面接では笑顔が好印象に!?でも無理に笑顔を作ろうとしても、緊張も手伝って不自然な感じになってしまいま...

跳び箱の台上前転の怖いを克服するためのコツや練習方法とは

跳び箱の台上前転は怖いと感じる人は多いですが、その恐怖心があると余計にできなくなってしまいます。...

年下の上司にタメ口を使うのは非常識?ビジネスマナーとは

上司が年下ならタメ口で話してもいいのでしょうか?年齢は自分のほうが上だから、年下上司がタメ口で話して...

人生における仕事の位置づけに対する考え方のヒント

長い人生の中でも多くの比率を占めるのが仕事です。仕事に費やす時間が長いため、人生のほとんどが仕事...

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本からコツまで解説

ソフトテニスでサーブを確実に入れるためにはトスの上げ方が大切だと言われていますが、始めたばかりの初心...

仕事で大失敗!損害を出してしまった時個人で補償するかについて

仕事で大失敗をしてしまった!損害を出してしまった時、自分で弁償しなければならないのでしょうか?...

会社を辞める時の挨拶のポイントや円満退職のためのマナーとは

会社を辞める時にはお世話になった上司や同僚に挨拶をしましょう。では、会社を辞める時の退職の挨...

野球の差し入れに嬉しいものとは!社会人野球で喜ばれる差し入れ

社会人野球をしている方に差し入れをしたいという場合にはどのようなものが喜ばれるのでしょうか。せっ...

スポンサーリンク

体育のソフトボールでバットにボールを当てるコツとは?

男子であれば、小さい頃から遊び感覚でキャッチボールをしたり、野球の真似ごとをした経験もあるかもしれませんが、女子の中には体育のソフトボール授業で、初めてバットやボールに触れたという人も多いでしょう。そんな感じですから、当然いきなりバットにボールを当てることなんて、なかなか出来ませんよね。

まずは、しっかりとボールを見ることから始めましょう。おそらく授業の初めの方は、誰かが近くから軽く投げたボールを打つか、ティーバッティングからスタートすることになると思いますので、ボールを良く見て、初めはバットを軽く当てる感覚で良いと思います。

バットのグリップは余り長く持ちすぎても、短く持ちすぎても打ちづらいものです。

体育の授業でソフトボールでバットを持つ方法やコツ

  1. グリップの真ん中辺を持ち、雑巾を絞るイメージでギュッと握ります。
  2. 足は肩幅に開いて、腰を少し落とし、重心はやや後ろ側(キャッチャー側の足)にかけます。背筋を伸ばして、バットは少し立てた状態でかまえます。
  3. ボールが近づいてきたら、いきなり打って前に飛ばそうとはせず、まずはバットにボールを当てるような気持ちでOK。バットを振ることにも慣れていないと思うので、何回か素振りをしてから打席に入るようにしましょう。

体育のソフトボールのコツ【バットの握り方】について

体育の授業では、ソフトボール初心者に対して、先生が基本をイチから教えてくれますが、事前に少し知識を入れておくことで、よりソフトボールの授業が楽しくなりますよ。

バットを握る際には、あまり力を入れすぎないのがコツです。握る力に入りすぎると、ガッチリと手首が固定されてしまうので、ボールに柔軟に対応出来ない原因にもなります。この絞る動作にもコツがあり、まずは軽く雑巾を絞るようなイメージで握ります。この絞る動作がないと、脇が開いてしまって上手くスイングが出来ないのですが、反対にあまりにも強く絞りすぎると、今度は脇が締まりすぎて窮屈な体勢になってしまうため、やはりスムーズにバットを振ることが出来ないのです。
基本は脇を軽く締めつつ、軽くグリップを握るようなリラックスした状態がベストです。
バットを握る際には主に中指・薬指・小指に力を入れて握り、親指と人差指は打つ瞬間までは軽く添えておく程度にします。

体育のソフトボールは野球よりも簡単に打てる?そのコツとは?

ソフトボールの試合をテレビなどで観戦したことがある方はわかるかもしれませんが、ソフトボールは野球に比べても、ピッチャーマウンドからバッターへの距離がかなり短く設定されています。ピッチャーからの距離が短いということは、その分だけボールがキャッチャーに届くのが早いため、体感的にはかなりボールのスピードが速いと感じるでしょう。

ピッチャーがボールを投げてから、実際にバッターの打つポイントにボールが届くまでにはあまり時間がないため、ゆったりと構えているとバットが振り遅れることになります。かといってガッチガチに固まってしまっては、どっちみちスムーズにスイングすることは難しいですから、リラックスしつつも、いつでもバットを振れるくらいの心構えが大切です。

ボールを遠くに飛ばすためには、ボールのどの部分にジャストミートさせるかも重要となってきます。とくに、下から投げるソフトボールでは、体育の授業だと下の方からボールが弓なりで飛んでくる場合が多いため、なかなか的を定めるのも難しいかもしれません。
前に確実に飛ばすには、ボールの真ん中か少しだけ下の方を狙うのがコツです。

ソフトボールの守備の構えの基本についても理解しよう

ソフトボールの守備のコツをお教えします

ソフトボールは塁と塁の間も狭いため、打球をいかに早く補球して、スムーズに送球するかが重要となります。

主に内野の守備はゴロをさばく機会が多いため、ゴロを上手くさばくことに重点を置いた体勢が基本です。まずは足を肩幅に広げ、腰を落とします。この時、重心はつま先側にして、かかとは浮かせた状態にします。しっかりと重心を落とすことで、様々な打球にも対応出来ますし、かかとを浮かせた状態で待つことで、すばやく移動して即座にスローイング出来るのです。

外野の守備では、フライとゴロの両方に対応出来るように、上体を起こしておきます。フライを捕球する際には、まずはグローブを頭の前に置いて、反対の手を軽く添え、膝も少し曲げておきます。フライはグローブでボールを取りに行こうとすると、落球などのエラーにつながりますので、あくまでもボールがグローブを構えた位置に落ちて来るように、すばやく捕球ポイントまで移動するのが基本となります。

ソフトボールの走塁にもコツが必要?

走塁とは、ベースランニングとも呼ばれ、塁と塁の間を走ることを指します。ボールを打ったあとは一塁を目指して走りますが、アウトになるかどうかの微妙なタイミングであっても、全力でセーフを狙って走ることで、相手にも焦りを与えてミスを呼ぶ可能性が高いので、打ったあとはとにかく全力で走りましょう。

短い打球の場合は、一塁ベースの外側を踏みながら、立ち止まらずに駆け抜けます。長打コースであれば、一塁までは少し外側に膨らみながら走り、一塁ベースの左側を踏みながら、少し身体を内側に傾けて曲がるのがコツです。

ただまっすぐ走るのとは違って、慣れるまではなかなかうまくベースを踏めなかったり、途中でスピードが落ちてしまったりするので、体育のソフトボールの授業でも、走塁の練習を取り入れてみると良いですね。