暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

公務員面接は笑顔だけでなく時には表情を引き締めて熱意を見せて

      2018/10/15

公務員面接は笑顔だけでなく時には表情を引き締めて熱意を見せて

公務員試験の面接では第一印象が大切ですが、良い印象を与えようと面接中終始笑顔でいるだけでは合格は難しいかもしれません。

笑顔が悪いわけではありませんが、どんな質問に対しても笑顔で受け答えすべきではないというわけです。
では、公務員試験ではどの程度の笑顔が理想で、どのタイミングで笑顔を見せるべきなのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

公務員試験の面接時はすべて笑顔で受け答えするべき?

公務員は人気の職業だと思いますが、その公務員の面接、笑顔で受け答えをすべきなのでしょうか。

結論からいいますと、笑顔は大切になります。ですが、ただ笑顔でいれば良いという訳ではありません。

作り笑顔と自然体の笑顔

作り笑顔を四六時中されても、面接官にはあまり良い印象を与えません。その為、自然体から出てくる笑顔が面接では、大切になってきます。

でも、そこで不思議に思うかもしれませんね。どうして作り笑顔が良くないのか。答えからいいますと、面接官には、あなたの本音が見えないからだと思います。

面接では、あなたの素の部分を面接官は見抜きたいと思っていると思います。その素が部分がでるよう、面接では、できるだけ自然体でいましょう。

公務員試験の面接ではどの程度の笑顔が理想なのか

公務員試験の面接ですが、笑顔は笑顔でも作り笑顔ではなく、自然体の笑顔で受けるべきであることを、上記ではみてきました。

でも、「どの程度の笑顔が大切なの?」と思うかもしれません。中々理想のレベルというのも想像がつきにくいと思います。

顔でいえば、口を意識して見て下さい。口角を少し引き上げるっという部分を意識してみると、良い笑顔を作ることができると思います。

また面接の時ですが、質問内容を勘違いしてしまったり、話が長くなりすぎて、最後は笑ってごまかすなんてこともあり得ると思います。

それは間違った対応ですので、気をつけましょう。そういった笑顔や笑いは面接ではマイナスになってしまいます。

その場合ですが、「笑う」ことではなく「謝る」ことが正しい答えになってきます。面接では、臨機応変に自分の言動には注意をしていきましょう。

公務員試験の面接時に笑顔を見せるべきタイミングとは

公務員試験の面接では、口角を少し引き上げる程度に笑顔に注意していく大切さを上記では学んできました。

でも、四六時中その笑顔を面接官に見せてもいけないですし、どういったタイミングであなたの笑顔を面接時に見せるべきなのか、疑問に思いますよね。

ここでは、その答えに触れていきたいと思います。

面接会場に入る時

第一印象は良くしておきましょう。その第一印象は数分で決まってしまいます。そのため、ここでプラスのイメージを持ってもらうために、是非あなたの自然な笑顔を用意しておきましょう。

自己紹介・志望動機を答える時

あなたの考えであったり、公務員を志望する理由を、笑顔で答えることができるのが、ベストだと思います。そこで、きりっとした表情も加えると、あなたの熱意も加わり、良い面接になると思います。

面接会場を出る時

始めと終わりはきちんと笑顔で終えた方が良いと思います。笑顔で、「ありがとうございました」っといって、面接会場を去りましょう。

公務員の面接官はどこを見ているのか

公務員試験の面接の際、面接官にあなたの素敵な笑顔をみせるタイミングについて、先程は触れてきました。

次に、公務員の面接官ですが、面接の最中、あなたの何について具体的にチェックしているのでしょうか。

面接でしっかりと話すことができるか

面接のある意味でのコミュニケーションです。面接官は面接であなたがしっかりとコミュニケーションを取ることができるか、その点についてチェックしています。
また、話し方についても注意深く見られていると思います。あなたが小さな声でトボトボと話しているのであれば、あなたの内面の自信のなさと面接官は捉えてしまうかもしれません。なるべくハキハキと話しましょう。

相手の話をよく聞く事ができるのか

面接なので、自分の事はアピールしなくてはいけませんが、相手の話をしっかりと聞く態度も大切になってきます。

相手の話を聞くということは、相手に対する尊敬も意味しています。そのため、面接官の話もしっかりと聞く姿勢を大切にしていきましょう。

公務員の面接時はゆっくり話すよう心がけることが大切

公務員の面接、面接官はあなたの何を見ているのか、上記では、話し方と聞く態度について触れてきました。

最後に、公務員の面接に限りませんが、面接時にはゆっくり話すことが重要であることに触れて、終わりにしたいと思います。

緊張してしまうと、誰でも早口になってしまいますよね。日頃から早口が癖になっている人もいると思いますが、面接では、相手にわかりやすいスピードで話すことを心がけましょう。

早口で話してしまうデメリットですが、落ち着きがない、攻撃的な印象を与えてしまう場合があります。そういったマイナスなイメージを面接官には与えたくないですよね。

では、どうしたら良いでしょうか。

本であったり、短い文章をゆっくり、大きな口を開けて読むことで改善されていきます。読む内容も、面接に関連しているものを読んでいくと本番の為の練習になって良いと思います。

あなたが合格できる、良い面接になると良いですよね。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ