大学の講師になるには?必要な資格やなるための方法とは

大学の講師になるにはどうしたらいいのでしょうか?

大学の教員として働きたい、教授を目指すためにもまずは講師になりたいという人もいるでしょう。

では、大学の講師になるために必要な知識や資格とはどのようなものなのでしょうか?なるための方法とは?

そこで、大学の講師になるための必要な資格やなるための方法、またそこから広がる未来などご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

休みの日に鳴る電話!仕事関係ならどうするのか聞いてみた

せっかくの休みの日に仕事の電話がくることにどう思いますか? 休みの日くらいゆっくりさせて欲しい...

バドミントンを高校生から初心者で始めた人へ伝えたいこと

高校からバドミントンを始める場合、どんな準備や知識を知っておくといいのでしょうか? 周りとの差...

人生の失敗は大学受験ではない?自分の考え方を変えてみよう

人生における失敗は誰にでも一度はあることでしょう。しかし、大学受験で失敗してしまうと、それが「人生の...

経済学部は数学が苦手な人でも大丈夫!授業の取り方を工夫しよう

数学が苦手で文系の学部に進む人は多いでしょう。しかし、文系の中でも経済学部となると数学に関係する授業...

公務員最終試験に合格しても採用されない理由とは

公務員の最終試験に合格したからといって安心してはいけません。実は、最終試験に合格しても採用されないケ...

昼休みに仕事をする上司や同僚は迷惑?休憩時間も働く心理とは

昼休みになっても仕事を続ける上司や同僚の方もいますよね。 そんな上司や同僚の方がいると休みにく...

職場が合わない、そんな直感は当たるもの。居心地の悪い職場って

職場、合わない。 この職場、合わないなって直感的に思ってしまった会社に就職してしまったら、大抵...

ボールの投げ方の教え方で気をつけたいコツや握り方と注意点とは

ボールの投げ方がわからない、うまくボールを投げることができない子供に対しての教え方とはどんなことに気...

出版社に就職するには学歴が必要?学歴が重視される理由とは

出版社といっても大手から中小企業まで規模は様々ですが、特に大手出版社に就職するためにはある程度の学歴...

大学編入で理系から文系に変えるならスムーズ?大学編入の注意点

理系の大学に入学した後、やっぱり自分は文系が合っていたのかもと理系から文系へ大学を編入しようと考える...

ボウリング初心者ができること!上達するためのコツについて

ボウリングは幅広い年代に人気のスポーツですよね。 一度はやったことがあるという方が多いと思いま...

柔道の寝技を最強にする基礎トレーニングや練習のコツとは

柔道の寝技が最強に強くなりたいなら、基礎となるトレーニングやコツを掴んだ練習を重ねる必要があります。...

就職は東京より大阪が断然良い理由と住んでみたらわかったこと

就職するなら東京にするか大阪にするか悩んでるという人も多いのではないでしょうか? では、就職す...

職場にイケメンがいたら癒しになるという女性のホンネ

職場にイケメンはいますか?また職場にイケメンは必要だと思いますか? 職場にイケメンがいたら、「...

大学の課題を出さないのを防ぐコツや遅れないためにできること

大学の課題を出さないとどうなるのかは、きっとご存知ですよね。 では、どうして課題を出さないのか...

スポンサーリンク

大学の講師になるには専門性が必要!

大学の講師になることを、夢見る人もいると思います。その為にはどうしたら良いのでしょうか。

大学の講師になるには、公募で決まる事が多いのですが、「コネ」で決まる場合もあります。
非常勤の場合にしても、希望する学校で知り合いの教授がいると、推薦を受ける事もできます。

ただ、推薦だけではなく、授業科目に関しての深い知識や経験も必要になってきます。最低ラインが大学院修士課程修了以上になってきます。

その為、その学校とのコネ、プラスその学科での専門知識、この2つが大学の講師になる上で、必要になってくるようです。なんだかんだいって、その大学の、教授経由で頼まれたりして、講義を受け持つことがあるようです。

募集ですが、国公私立、各大学が独自に行っているようです。

大学の講師になるにはどうすればいいの?

大学の講師になるには、その大学の教授からのコネであったり、その学科の専門性が必要であることを、先程みてきました。

次に、大学の講師になるには、具体的にどうしたら良いのか、その過程についてみていきたいと思います。

一般的には、大学院を卒業し、研究室に残って、助手、助教を経て、講師になっていくようです。

大学の研究室の常勤講師や准教授として残る、その過程が多いようです。

では、非常勤講師の場合はどうでしょうか。

まず、非常勤講師の定義ですが、「非正規雇用の立場で授業時間にのみ出勤して授業を行なう講師」になります。

非常勤講師の場合ですが、収入に限度があるので、いくつかの大学で講師を勤めて、収入を確保しているようです。大学では、非常勤講師を採用しているケースも増えてきているようなので、活躍できる場所は増えてきているようですが。

大学の非常勤講師になるには?

大学の講師になるには、研究室に残って、助手や助教授を得て、講師になっていくことを、先程一緒にみてきました。

ここでは、大学の非常勤講師にはどうやってなれるのか、より深い角度でみていきたいと思います。

まず初めのステップですが、各大学の募集に応募して、採用されることが前提になります。
その際ですが、職歴、学歴、研究実績が大学側からチェックが入ります。

教員免許であっったり、大学卒以上の学歴が必修条件となってきます。

今は少子化が進んでいることもあって、正規雇用の教授の枠が狭くなってきているようです。その為、非常勤講師になれる確率の方が高いかもしれませんね。

ただ、専任教員になれない、非常勤講師が増えていることは、問題なのかもしれません。少子化に伴い、大学での講師の採用形態に問題が生じているようです。

大学の講師になれば教授を目指すこともできる

大学の非常勤講師になるには、学校に応募して、採用されること、また教員免許や大学卒以上の学歴が求められる事を上記ではみてきました。

次に、大学の講師になれれば、教授を目指すこともできる、その可能性についてみていきたいと思います。

教授になるということは、博士号を取得していなければなりません。ただ、博士号を持たなくても、社会人から教授になる道もあります。

ただ、それに似合った学歴や経歴が必要になってきます。

  • 高い専門知識
    博士号と同等になるかもしれませんが、その専門分野での高い知識が必要になってきます。ただ、それが社会人になってから取得できているのであれば可能性があります。
  • 経歴
    社会人になってから得た高度な資格であったり、肩書、研究結果など、それ相当の経歴が要求されます。社会人になってからも、大学の教授を目指すことはできます。まだ希望が見えてますよね。ただ、それにはそれ相当の実力が要求されてきます。

非常勤講師の経験から今後の可能性も広がる!

先程は、社会人になったとしても、教授を目指すことができる、そういった場合は、学歴や経歴がそれ相当のレベルであることが要求される点についてみてきました。

最後に、非常勤講師の経験を生かすと、その後の可能性も広がる、その可能性について触れて終わりたいと思います。

非常勤講師というのは、収入が限られているので、一つだけではなく、何個かの大学を掛け持って生計をたてていることを、先程も触れて来たと思います。そうなると、非常勤講師には、あまり未来がないと思われがちですが、そうではありません。

その理由は、非常勤講師ですが、教育歴としては、有効になるので、専門職を得る時に優位になるからです。その為、将来的に大学で働ける可能性が開けてくるのです。求人も大学の掲示板で張り出される位しか方法が無いため、実際に専門職の求人がオープンになる時に、声がかかりやすい、慣れやすいと言えるでしょう。

その為、非常勤講師で活躍している方々は、将来大学で働ける可能性が開けています。今の経験も無駄にはなりませんよ。