就活用スーツはスカート丈が勝負?採用されるための選び方とは

就活用のリクルートスーツにはパンツもありますが、スカートの方が良いと言われています。

そこで気になるのがスカート丈やスカートの種類。短すぎるものはNGだということはわかるけど、どのくらいの長さが好印象なのでしょうか?形もタイトが無難?

就活の時に着用するスーツのスカート丈や種類、それ以外に注意すべきポイントについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小学校の用務員になるには?勤務形態や給料について説明します

小学校に勤務したいと考えている人の中には、用務員さんになりたいという人も多いと言います。では...

携帯ショップ店員の大変な面と魅力的な部分について

携帯ショップに行ったことがある人は多いと思いますが、知識も豊富で関心してしまいます。新機種が...

業務委託の副業がばれる可能性は?副業を行うコツと注意点

スキマ時間にちょっとでも稼げたらと副業を検討している方も多いでしょう。ただ気になるのが、副業をす...

転職初日の緊張を和らげる方法と転職時の心得

転職初日は緊張と不安でしかありません。これから先自分は戦力として必要とされるのか、この職場で...

バレークイックのタイミングは?トスとアタックの合せ方

バレーのクイックは、トスとアタックの絶妙なタイミングが生まれる攻撃の一つです。クイックする時...

学校の用務員の仕事内容とは?なるには?求められるもの

学校の用務員の仕事というと、学校の庭の草刈りや清掃といった仕事が目立ちますが、主にどんな仕事内容にな...

ソフトテニスのフットワークが上がる練習方法を紹介。姿勢も大事

ソフトテニスはフットワークが重要なスポーツでもあります。足が遅いからと諦めないで、フットワークの...

美容師の本音「こんなお客さんはもうイヤ!」と思うタイプとは

美容師という仕事ってお客さんといろいろな話もしなくてはいけないし、要望も聞かなくてはいけないので大変...

介護施設で働く看護師の仕事内容と役割、メリットについて

介護施設で働く看護師は、病院で働く看護師とどう違うのでしょうか?では、介護施設で働く看護師の...

サッカーで無回転シュートを蹴るときのコツとメリットを解説

サッカーをしている人であれば一度は蹴ってみたいのが無回転シュートです。世界で活躍するトップ選手たちは...

サッカー初心者ドリブル上達方法!ドリブルのコツやポイント解説

サッカー選手のピッチを縦横無尽に駆け巡り、ゴールを狙う姿にカッコイイと思った人も多いはずです。ワ...

ソフトテニスの効果的な中ロブの打ち方とは?練習方法も解説

ソフトテニスのロブの中でも「中ロブ」は攻撃にも使えるものですよね。でも、中途半端になってしま...

クロールの息継ぎの教え方とは?まずはプールサイドで練習しよう

クロールの息継ぎを子供に教えるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?子供にわかりやす...

会社を休めない!体調不良で休めないワケとブラック企業について

体調不良で具合が悪いのに会社を休めない。高熱でフラフラなのにどうしても出社しなくてはならない。こんな...

接客、向いてない…。お客様にイライラしてしまう時の対処法

接客、向いてないな…。接客でうまくいかないと、落ち込みますよね。イライラするのは、「私だ...

スポンサーリンク

面接官に好印象を持ってもらうための就活リクルートスーツのスカート丈とは?

面接官に好印象を持ってもらう為には、まず身だしなみがきちんとしていないことには始まりません。リクルートスーツを着ていればOKとはならないのです。

スカート丈一つで面接官からの印象が悪くなってしまう可能性もありますので、十分に注意しなくてはいけません。

長過ぎず、そして短過ぎずというのがポイントになります。具体的に言うと、立った状態で膝がわずかに隠れるくらいの長さです。

普段ミニ丈のスカートを履くことが多い女性の場合は、スーツのスカート丈が長いと感じる人もいることでしょう。

しかし、スカート丈を膝よりも短くしてしまえば、座った時には更にスカートが上がって短くなってしまいます。不真面目で軽薄な印象を面接官に与えかねません。そうすると、当然面接においても不利になるのは明らかです。

愛想よく質問にしっかり答えられた場合でも、スカート丈が原因でマイナスポイントがついてしまうというのは非常にもったいないですよね。

リクルートスーツを着る際は、オシャレや自分の好みの着こなしなんかを考えずに、とにかくきちっと着ることを心がけましょう。

就活用スーツのスカート丈がどのくらいがベスト?その基準とは?

就活のリクルートスーツを選ぶ際は、スカート丈もしっかりとチェックしてから購入するようにしましょう。立っている状態で膝が出てしまっていたり、少し短いかな?と感じる場合は要注意です。座った時には更に丈は上がってしまいますからね。

スーツを試着した際は、鏡の前で立って確かめるだけではなく、座ってみたりお辞儀をするなど色々なポーズをとってみるようにしましょう。それによって、ワンサイズ上げる必要が出てくる場合もあります。

また、スカートが短くなるのを懸念して、長いものを選べば良いのかと言えばそれもNGです。ふくらはぎまであるような丈の長いスカートを選んでしまうと、若々しさに欠けてしまいます。特に、身長が低い人の場合はスカート丈が長いことで重たい印象を与えてしまうのです。

リクルートスーツ選びに迷ってしまった場合には、店員さんに相談して是非アドバイスをもらってください。

就活用スーツのスカート丈がOKでも手入れはしっかりとしよう

リクルートスーツのスカート丈はクリアしていても、汚れがついていたりシワシワだったりという状態であれば、やはり面接官からの印象は悪くなってしまいます。

スーツのスカートは、1度使っただけですぐにシワがついてしまうんですよね。少し手間だと思うかもしれませんが、使用後は毎回手入れをするように心がけましょう。

といっても、毎回クリーニングに出してと言っているわけではありません。使い終わった後はブラッシングをして、シワはアイロンで伸ばしておく程度で大丈夫です。これをするだけで、随分と変わりますよ。

逆に、面接の前はキレイに仕上げられたスーツを着たいという場合はクリーニングに出すのもありでしょう。まるで新品かのようにキレイに仕上げられたスーツを着て面接に臨むのは、気持ちが良いですよね。

しかし当然クリーニングに出せば料金がかかりますし、仕上がりまでに時間もかかります。面接当日にスーツが無い!なんてことにならない為にも、クリーニングに出す場合は余裕を持ってお願いするようにしましょう。

就活用スーツのスカートの種類は業界によって好まれるタイプが違う?

就活の面接を受ける際、毎回同じ身だしなみで行っているという人も少なくないでしょう。しかし業界によって好む傾向も異なりますので、出来るのであればそういったところにも意識してみると良いでしょう。

例えばお堅い系の銀行や国家公務員なんかの場合は、タイトスカートが好まれます。こういった業界の場合は個性を発揮することを求めていない為、最も一般的なリクルートスーツであるタイトスカートを履くのが無難なのです。

また、その他の業界を受ける際には、台形スカートなどを選ぶのもおすすめです。こちらはタイトスカートに比べて歩きやすいですし、社会人になった後も着回しがしやすいので活用することが出来ます。

様々な色のスーツも出ていますので、あまり派手なものでなければ自分の気に入った色を選ぶと良いでしょう。

就活用スーツのスカートに合うストッキングの色は?

就活小物と言えば、黒が基本ですよね。スーツ、鞄、靴、髪の毛の色…。

それ故、ストッキングも黒を選ぼうとする人がいますが、それはNGです!就活のストッキングの色の基本は肌色やベージュです。

では、どうして黒のストッキングは避けなくてはいけないのでしょうか?

まず、黒のストッキングを履くことでフレッシュさに欠けてしまうというのが一つの理由です。それに加えて、どうしてもお葬式などの暗いイメージを連想させてしまうということもあります。

それだけではなく、ストッキングも黒にしてしまうと全身が真っ黒になってしまい重たい印象を与えてしまうからです。

その為、就活でストッキングを履く際は肌色やベージュのストッキングを選ぶようにしてくださいね。

ところで、ストッキングとタイツの違いというのはご存知ですか?就活においては、必ずタイツでは無くストッキングを選ぶ必要がありますので、この違いも是非覚えておいてください。

ズバリ、30デニール以上のものをタイツと呼び、それ以下のものをストッキングと呼んでいます。寒い時期に就活をする場合は、ついタイツを選びたくなってしまう気持ちもわかりますが、ここはグッと我慢してストッキングを選ぶようにしましょう。