暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

職歴証明書を公務員試験時に提出する理由とその必要性

      2018/10/11

職歴証明書を公務員試験時に提出する理由とその必要性

職歴証明書は、公務員に転職する際に提出を求められる書類の一つです。
職歴証明書は、在籍していた会社に申請することで取得するのですが、会社に内緒で公務員試験を受けている場合、この職歴証明書を発行してもらうと転職がバレてしまうのではといった不安も拭えません。

職歴証明書とは?なぜ公務員になるには提出が必要なのでしょうか。転職活動が会社にバレることは?

ではご覧ください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

職歴証明書とは?なぜ公務員になるには提出が必要なの?

あなたが公務員になりたいと思っているのでしたら、職務証明書の提出を求められますよね?

でも、どうしてそんな書類が必要なのでしょう。

職務証明書とは?

職務証明書は国家試験を受験する際であったり、転職する時に必要な書類で、会社に勤めていたことを証明する書類になります。

長い名称は職務経歴証明書と呼ばれることもあるようですが、履歴書と一緒に提出する職務経歴書とは違うので、注意が必要です。

職歴証明書は、「この会社に一定の期間、働いていた」ことを証明する書類になります。
その為、会社の人事や総務が申請することで入手できます。

職歴証明書を公務員で提出する場合の様式は?

職歴証明書の様式は自治体によりフォーマットが指定されている

その為、複数の提出先がある場合ですが、同じ内容の職歴証明書を提出しないように気をつけなくてはいけません。

フォーマットが決まっている時ですが、必要事項を自分で記入して、会社の総務部で社印を押してもらうことになります。指定がなければ、パソコンで作成しても、手書きでもどちらでも構いません。

職歴証明書の依頼の仕方

在籍していた会社の総務部や人事部に申請を依頼します。退職する時に健康保険資格喪失証明書などを発行してもらうと思いますが、その際に一緒に発行をお願いしましょう。

公務員試験で提出する職歴証明書によって転職活動が会社にバレるのでは?

職歴証明書ですが、決まったフォーマットにするのか、会社でどうやって申請するかについて上記でみてきましたよね。

あなたはもしかしたら、公務員試験で提出する職歴証明書を会社にお願いすることによって、転職活動がばれることに少し心配するのではないでしょうか?

ある方の意見ですが、大丈夫です。

公務員試験に合格してから、在職証明書の提出を求められたようですが、何も問題がなかったようです。

ただ、注意しなくてはいけないのは、受験資格で、民間会社で5年以上の職務経験を求められているので、その条件に達していない場合は、合格が取り消しになります。その為、どの位の期間勤務しているか、それは重要になってくるようです。

また、もしかしたら市役所から会社に電話確認が入ったりしないか?っと心配される方もいるかと思いますが、そんなことはありません。安心して受験して下さい。

公務員採用後に必要な提出書類の中でも一番不安なのが職歴証明書

公務員になるにあたって、提出しなくてはいけない書類の中で、一番不安なのは職歴証明書なようです。

どうしてなのでしょうか?

採用が決まり、市役所に提出しなくてはいけない書類ですが、次の8つになります。

  1. 意向調査
  2. 住民票記載事項証明書
  3. 履歴書
  4.  就労証明書
  5.  資格証の写し
  6. 親族調査表
  7. 卒業証明書
  8.  成績証明書

この中で一番勤めている会社に言いづらいのが、4の発行だそうです。理由は、上記でも少し触れましたが、「転職していることが会社にばれないようにするため」です。

その為には発行してもらう理由が必要ですよね。

ある方は、「資格試験を受けるため」という理由付けにしたようです。でも嘘はいけませんよね。適切な時期に会社に申し出ることによって、嘘をつかずに必要書類を発行してもらいましょう。

提出した職歴証明書に虚偽があった場合は内定取り消しになる?

公務員になる際、市役所に提出する職歴証明書ですが、転職活動をしていることがばれずに、また嘘をつかずに勤めている会社に発行してもらうことについてみてきました。

最後に、提出する職歴証明書ですが、嘘があった場合は内定取り消しになる可能性もあるので、嘘が書かれた書類を提出することは絶対にやめましょう。

余談ですが、生活保護を受給していた場合、その事実を話さなくてはいけないのか、不安になる方もいると思います。隠す必要はありませんが、そういった個人情報は言わないのが正解です。試験官がそういう質問をすることもないので安心して下さい。

仮に質問されたとしたら、訴えることができるくらいですから。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ