暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

電話を取る時に緊張して噛む人のための対策方法を教えます

      2018/10/11

電話を取る時に緊張して噛む人のための対策方法を教えます

社会人になると仕事で電話の応対をしなければなりませんが、最近ではメールなどの普及によって電話で話す機会がなくなり、電話が苦手な人が増えていると言われています。

そのため、緊張して会社名などを噛むといった状態になってしまうこともあるのでは?

どうすれば噛まないようになるのでしょうか?練習すれば治るのでしょうか?

電話で緊張して噛む人のための対策方法と緊張しないための秘訣を教えます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

電話で緊張して社名を噛む場合の対策法とは?

会社名が変わった時、気を抜いていたり、習慣として電話を取ると、ついついクセで前の社名を名乗ってしまうことがありました。

お得意さんなら、良いのですが笑って『間違えました』では済まない相手の時は血の気がひいてしまいます。

電話対応も大事な仕事

仕事ですから、どんな些細なミスも許されないという緊張感をもって取り組むべきです。
そう言っても、朝から夜まで緊張しっぱなしなんて無理ですよね。

私が社名を間違えないように、前の社名と今の社名をごちゃまぜにして言わないようにするためにとった対策。
それは電話にひらがなと漢字で社名を張っておく!というものです。

読み上げるのではなく、目に入るとしっかりと脳が切り替わるからです。

この、原始的な方法は効果テキメン!

それから、社名を間違ったり、噛んでわけのわからない社名を言ってしまうことがなくなりました。

電話で緊張して噛む、上手く話せない「電話恐怖症」を克服するためには?

コミニュケーションツールがスマホやパソコンであることが当たり前の世代にとって電話は本当に恐怖のベルです。

見えない相手としゃべる。電話慣れしていない世代には、かなりハードルが高いのです。

でも仕事ですから、こなさなければなりません。

まず、同僚や先輩に『電話対応が苦手です』と宣言しましょう。
これは、だから取らなくてもいいよね?という意味でもなく、電話をなくしてしまいましょうという提案でもありません。
単に『口に出して言って気持をラクにする』だけです。

自分の不得意な部分や苦手なこと、かっこ悪いことをカミングアウトすると、肩の力が抜けてスッキリするものです。

激しい愚痴にならない程度に『苦手なんですよね』と口に出して打ち明けてみましょう。

それから、電話対応マニュアルを作ります。

電話がかかってくる用事として、ある程度のパターンがあると思います。

大抵の場合『引き継ぎ』ですから、社名を名乗り、相手が指定してくる人の在不在を確認し、取り次ぐか、折り返すかという対応になると思います。

いくつかのパターンをマニュアル化しておけば、頭の中が整理されますから、焦ることがなくなるはずです。

また、緊張したりテンパると早口になってしまいますから、ゆっくりと話すことを心がけるようにしましょう。

電話で緊張して噛むことを克服するための練習方法とは

朝一番の電話は噛みやすいと思いませんか?

そう!朝、頬も喉も声帯も舌も唇もまだまだ起きていないのでしょう。

一人暮らしだと、会話をしないまま会社に到着することもよくあります。

おはようございますしか、発しないで電話対応することは危険です。

朝起きて顔を洗ったら鏡の前で声を出してみましょう。

おはよう!
今日も元気だね!
今日も一日頑張ろう!

ゆっくりと、声を出すことを意識して発声練習しましょう。

そうすると、朝イチの電話対応も噛まずにこなすことができますよ。

歯を磨いた後に、丁寧にうがいをすることも忘れないでくださいね。

鏡に向かってあっかんべーもいいでしょう。

これを続けると、顔のむくみも取れるはずです。

電話で緊張しないために意識することとは?

電話対応で緊張しないコツ

自分で見つけるのが一番良いのですが、私が電話対応を緊張しないでできるようになったのは『電話の声の顔を想像する』ようにしてからです。

電話機と話しているのではありません。

顔を知っている人からの電話なら、その人の顔を。
顔を知らない人からの電話なら、声の感じからその人の雰囲気を想像します。

それから、笑顔を心がけるようにしました。

電話ですから、私の笑顔が相手に見えるわけではありませんが、声にはその笑顔が乗って伝わると思っています。

電話でも、めんどくさそうな返事をしたり、どうでもいい感じで話されると仏頂面が頭に思い浮かびませんか?

声を通して、相手の方の頭の中に私の笑顔が浮かんでいると思っています。

口角をあげると、脳がリラックスします。
電話対応は笑顔でするように心がけてくださいね。

電話が苦手な人は【台本】を用意してみよう

電話を取るだけではなく、電話を『掛ける』ことも緊張してしまいますよね?

私は、電話の内容を箇条書きにして頭の中を整理します。

まずは、相手の部署と役職、名前。
次に電話をかけた要件。
そして、なぜ電話をかけたのか(これが一番重要)
相手が不在の場合は、掛け直してもらうのか、改めて掛け直すのか。

メールで詳細を送ったほうが確実なのですが、相手が年配の方だとやはり電話でのやり取りが中心になってきます。

電話は緊張しますが、メールよりもコミニュケーションを深めやすいことは事実です。

仕事を円滑に進めるためにも、電話でのやり取りを緊張せずにスムーズに行えるようになるのも重要なことですよね。

『苦手意識』

電話が嫌なのではなく、苦手意識が離れないことが問題なのだと思います。

電話?余裕ー!と自分に言い聞かせて見てください。

電話対応には慣れも必要です。
苦手意識を持ちながら対応し続けても上達しません。

苦手意識で止まっていないで、ビジネスツールとして上手に活用できるようになりましょう!

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ