パワハラの仕返しを退職後にしようとしている人へ

仕事をする上で問題になっているのが、上司や先輩からのパワハラです。
あまりに怒りが蓄積してしまうと、仕返しをしたくなるのではないでしょうか。
そのタイミングとしてベストなのは、退職後と考える人もいるかも知れませんが、会社を辞めてからですと、それが叶わなくなってしまうこともあります。
本当に仕返しをしたいのであれば、これを読んで準備してみてください。
ただし、本当にその価値があるかどうかが重要になります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

仕事のミス!実際にしてしまった最大のミスとミスへの対処法

仕事をしていると、時々ミスをしてしまうこともありますよね。小さなミスやケアレスミスであれば問題になら...

電話が鳴るのが怖い!緊張や苦手に感じる仕事の電話対応克服法!

仕事で電話がかかってくるのは緊張してしまい苦手に感じる事が多いと思います。私も事務の仕事をしてい...

給料が遅れる理由はやっぱり倒産?その時にやるべきこととは

今まで働いてきて給料が遅れるなんてことはなかったのに、今月は遅れた…。もしそんな事態になったらどんな...

サッカーの個人技を強化させる練習とは?ドリブルのポイント

サッカーの個人技であるドリブルを強化させるにはどのような練習をしたらいいのでしょうか?足が遅...

復帰後の挨拶でのお菓子を渡すタイミングや選び方とポイント

職場を復帰するときに挨拶をすることはもちろんですが、そのときお菓子も必要なのでしょうか?では...

警察採用試験の面接でよく聞かれる質問は?面接必勝法

警察採用試験は各都道府県で行われますが、実施内容が若干異なります。ただ、面接時に聞かれる質問はあ...

走り幅跳びの練習方法・家でできる筋トレとトレーニングの方法

家でできる走り幅跳びの練習方法が知りたいという人もいますよね。走り幅跳びをはじめたけど、どんな練習を...

会社を辞める時の挨拶のポイントや円満退職のためのマナーとは

会社を辞める時にはお世話になった上司や同僚に挨拶をしましょう。では、会社を辞める時の退職の挨...

水泳個人メドレーのコツ、自己ベストを上げるために必要なこと

4種目泳ぐ水泳の個人メドレーですが、泳ぎが速くなるコツや指導する場合どこを強化すべきかで悩むことがあ...

公務員(臨時職員などのパート)の面接とは?アピールすること

市役所の臨時職員など公務員のパートの仕事に応募したいという人も多いのではないでしょうか?では...

No Image

陸上200mの効果的な練習方法!これでタイムを縮めよう

陸上200mは短距離に入りますが、100mとも違います。コーナーがあるため、コーナーリングの練習も必...

韓国に住む、そして仕事をしたいと考えている人へのアドバイス!

日本から飛行機で3時間弱で行くことができる「韓国」。観光名所に行くと日本人でいっぱいですよね。...

年下上司にムカつく!上手く付き合うための対処方法について

年下上司が最近増えてきて、年配の方からムカつく!といった意見も・・・。しかし上司ですから、上手く...

仮面浪人に失敗するリスク!ぼっちになりやすい仮面浪人とは

大学でぼっちになりながらも仮面浪人をした結果が失敗。こんな悲しい体験をした人も世の中にはいます。...

バスケの基本的な練習方法!初心者がまず習得するべきこと

これからバスケを始めたいというバスケ初心者の方は、まず何から始めれば良いのか知りたいですよね。紹...

スポンサーリンク

パワハラの仕返しを退職後にするなら、しっかり準備をしよう

社会人になって会社に勤めると人間関係のトラブルが多くあります。
中でも特に悩まされるのが上司や先輩からの「パワハラ」です。
ニュースなどのメディアでも多く取り上げられている「パワハラ」は、場合によっては、命を落とすようなことにも繋がることもあるほど、深刻な問題となっています。

こうしたパワハラを受けた場合人によっては「仕返し」を考える人もいると思います。
パワハラの仕返しをするのであれば、まずはしっかりと準備をすることが大切です。

パワハラは「証拠」が全て

証拠が無ければ、パワハラをしたという事実はもみ消され、裁判になっても敗訴してしまう可能性が高いのです。

また、こうした仕返しをする場合には会社を辞めた「退職後」にと考える方が多いと思いますが、退職後は仕返しをするための証拠を集めることができません。
ですので、退職後にパワハラの仕返しを考えているのであれば、退職前からパワハラの証拠を集めるようにしましょう。

パワハラされているときの音声を録音する、パワハラによって病院に通うことがあれば医師から診断書を貰うなど、集められる証拠は集めておきましょう。
また、上司からの指示で過度な労働をさせられている場合には、タイムカードなど会社に居た時間を記録するものを用意しておくことも大切です。

パワハラの仕返しの計画、退職後でもこれは絶対にダメ

パワハラの仕返しには様々なものがあります。
ただどんなに憎くても「犯罪」になるような行為だけは厳禁です。

毎日のように罵声を浴びせされて辛い思いをしたのは分かります。
でも、だからと言ってパワハラをした上司を殴ったり、会社のお金を盗んだりといった犯罪行為に手を染めて良いというわけではありません。

仕返しの方法を誤ってしまえばあなたの人生は180度変わってしまいます。

仕返しの方法は1つに限りません。
証拠があれば、退職後にパワハラをした上司、パワハラを見過ごした会社にしっかりとした罰を下すことができますので、くれぐれも暴力や窃盗等の犯罪行為だけはしないようにしましょう。

パワハラの仕返しを退職後にする前に出来ることがあります

パワハラをしている当の本人は分かるはずもありませんが、パワハラをされている方からすると、パワハラは本当に辛く毎日がつらいものだと思います。

また、毎日のように嫌がらせや怒られてばかりだと、気持ち的にも沈み誰にも言わずただただ我慢を続けるようなこともあるでしょう。
しかし何も言わずにただ我慢をしている状態には限界があります。
気持ちが爆発した時には手遅れとなっていることも少なくありません。

そのため、パワハラを受けた場合には、「声」を上げるようにしましょう。
パワハラをしてくる上司よりも更に偉い立場にいる人間、会社のパワハラ相談窓口、労働基準監督署の総合労働相談コーナーなど、パワハラを相談できる場所はいくらでもあります。

パワハラをされている本人が声を上げないことには、パワハラしている事実に気付いてもらうことができません。
まずは、出来ることからはじめてみて、それでも改善されない場合にはまた他の改善策を考えてみましょう。

会社や上司に仕返しをするデメリットとは

退職後に会社や上司を相手取って「法的手段」でパワハラの「仕返し」をしようと考えている方。
パワハラの仕返しをすることは、気持ち的にスッキリすることができますが、その反面でデメリットがあるのをご存知でしょうか。

退職後の「転職に不利になる可能性がある」

企業の中には「以前に勤めていた企業で問題を起こした過去がないか」という調査をするケースがあります。
ですので、もし裁判をしたような過去があれば転職先にもその事実を知られることになり、結果として転職活動に影響する可能性があります。

会社としては問題が起きるようなことだけは絶対に避けたいものです。
そのため、例えあなたが被害者であってもそこに目を向けられることはなく、そうした問題が起きていたという所に目を向けて判断されてしまうのです。

パワハラされやすい人、されにくい人

パワハラをする人は「人」を見てパワハラ行為をしています。

パワハラをされやすい人の特徴3つ

  • 仕事に真面目
  • 頼まれると何でもやってしまう
  • 気を遣い過ぎる

パワハラをする人は、とにかく反抗心の弱い人間を標的としています。
自分の言葉で意思表示ができないタイプの人は、パワハラをする人の思うツボとなってしまっているのです。
もちろん相手に気を遣ったり仕事に対して真面目に取り組むことは、決して悪いことではなく、変える必要もありません。
ただ「それだけ」ではパワハラの標的とされてしまいます。

パワハラをされにくい人となるためには、自分の思っていることは言葉として伝えるようにすることが大切です。
本来は、上司がするはずの仕事を自分にするように強要してきた場合など「おかしい」と思う状況の場合には、無理してやる必要はないのです。
しっかりと言葉にしてできないことは「できない」と伝えることが大切です。