バレーボールのサーブの打ち方とはコツやポイントを紹介

バレーボールのサーブはどのような打ち方であれば入るのでしょうか?バレーボールのサーブといえば、フローターサーブですよね。

しかし、なかなか入れることができない、ネットに当たってしまうときにはまずこの練習から初めてみましょう。

初心者向きのサーブとは?それぞれのサーブの打ち方やポイントを紹介します。ただ当てるという動きではなく、全身の動きを意識して行ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケの基本的な練習方法!初心者がまず習得するべきこと

これからバスケを始めたいというバスケ初心者の方は、まず何から始めれば良いのか知りたいですよね。 紹...

指紋採取をする警察の鑑識員になるには?鑑識員になる方法

事件や事故現場で腰を屈めながら指紋を採取している警察官を見たことありませんか? これらの警察官...

腕立て伏せで鍛えられる筋肉の部位はやり方によって変わります

筋トレってジムに行かなくても自宅でも簡単にできるのが嬉しいですよね。 自分の体を鏡でみて、知らない...

ドラッグストアのバイトの服装について!面接や仕事の場合など

薬や日用品や化粧品などたくさんの商品を販売しているドラッグストアは、街の中の色んなところで見かけます...

明日、仕事行きたくない気持ちを抱えているあなたへ

明日、仕事行きたくない…。 ネガティブな気持ちでそう感じますか? それとも、愚痴程度の仕事行...

野球のバッティンググローブには意味がある!その必要性を解説

プロ野球の試合を見ていると、バッターボックスに入る選手は必ずバッティンググローブをつけていますよね。...

職場の可愛い子はやっぱり目立つ!彼女が好かれる理由とは

職場の可愛い子が目立つのは、見た目だけではなかった!可愛い子は隠れて努力をしているのかもしれません。...

バドミントンのバックハンドが上達するコツやポイントとは

バドミントンのバックハンドがなかなか決まらないときにはどんなことに意識したらいいのでしょうか?苦手な...

平泳ぎの息継ぎのルールとは?大会で失格とならない平泳ぎの呼吸

水泳ってクロールが花形なイメージがありませんか。 けれど水泳はやってみると色々な泳ぎ方があって、ど...

退職後に行う手続きの期限は?退職後に必要な手続きについて

退職後は色々な手続きをする必要があります。行わなければならない手続きの中には、期限が決められているも...

総合職で転勤を拒否する前に知っておきたい転勤のメリット

総合職だと転勤があるかもしれないことは、入社したときからわかっていたはずですよね。 しかし、い...

履歴書用の写真が古いものはNG!その理由について解説します

子供と違って大人は顔が変わることもないから、履歴書に多少古い写真を使っても問題ないだろう…そんなふう...

電話が苦手な人に教えたい!電話をかける事が苦にならない方法

プライベートでは電話をかける機会が減ってきていると言われていますが、電話をかける事でしか問い合わせが...

会社を休めない!体調不良で休めないワケとブラック企業について

体調不良で具合が悪いのに会社を休めない。高熱でフラフラなのにどうしても出社しなくてはならない。こんな...

嫌いな人が職場にいる時に示す態度とは?接し方に注意!

「最近職場にいる人の態度がおかしい、もしかして嫌われている?」と悩んでいませんか? 嫌いな人が...

スポンサーリンク

バレーボールのフローターサーブの打ち方のポイント

バレーは学校の授業で取り入れられるほど広く人に知られているスポーツです。
バレーを見ているだけではサーブは簡単に入ると思ってしまいますが、実は最初はサーブを相手コートにいれることも難しいものです。
最初にフローターサーブの練習をする人も多いのですが、フローターサーブには打ち方はあるのでしょうか。

フローターサーブがなかなか入らないという人にはいくつか原因があります。
代表的なものだと肘が下がっていることです。肘が下がる原因は左手を後方に下げる際に肘が曲がりすぎているためです。
つまり方と同じ高さになっているのです。肘が下がらないようにするためにはトスの位置を調整することで改善されます。

フローターサーブのコツはボールを打ち終わってからもしっかり見ることです。
サーブを打つ時に相手のコートを見てしまうこともあるでしょう。目標がある方がサーブが定まるという人もいるのです。

しかし相手のコートを見てしまうと打点が下がってしまうのです。
打点が下がるということは正確なコントロールができないということに繋がっていきます。
トスを上げて打つまではしっかりとボールを見ることが重要です。練習を重ねていくと少しずつネットを超えるようになっていきます。

ネットを超えるようになってきたら無回転サーブにチャレンジしてみてください。
フローターサーブは無回転の方がボールに変化が起こりやすいのです。試合中相手を動揺させることができるので、習得しておきたい技の1つです。

バレーボールのフローターサーブの打ち方を強化しよう

フローターサーブがなかなか上手く行かない方が多いですが、しっかりコツさえ掴めば簡単にできるサーブです。
上手く出来ないという方はフローターサーブのコツをまだ理解していない可能性があります。

フローターサーブに必要なことはトスです。トスが悪ければ良いサーブを打つことは難しいのです。
トスを上げるベストな位置は自分の斜め前方です。その部分にボールが落ちるように意識すれば変わっていきます。
前過ぎると打点が下がってしまうので注意しましょう。

他にも手のひらに正しく当てることもコツの1つでしょう。
ボールの真ん中に当てるように意識をします。
ボールの真ん中に当たらないボールはバチンと音はするのですが、まったく飛びません。ボールの真ん中と自分の手の正しい位置でボールを打つとしっかりとサーブは決まるでしょう。

フローターサーブを遠くに打つ時にもポイントがあります。
それはボールを打った直後にスナップを効かせないことです。スナップをせずにスイングを止めてください。そうすることでボールは無回転のままで飛んでいきます。

ただこのサーブで気をつけたいことはアウトになりやすいことです。
ネットスレスレで相手のコートの奥を狙うのがフローターサーブですが、サーブの位置を調整してアウトにならないように細心の注意を払いましょう。

バレーボールのフローターサーブの打ち方で大切なのは筋力

フローターサーブをするためにはコツがあります。そして基本的な打ち方もあります。

しかしその全てをしっかりとしているのにフローターサーブが決まらない人もいるのです。
フローターサーブが決まらないという人はサーブを打つための筋力が不足しているのかもしれません。
筋力に自身がないという人はサーブエリアに立ちボールをそのまま相手のコートに投げてみてください。
相手のコートにまで届くことができればサーブを相手コートに打つことができます。自信を持って練習をしましょう。

フローターサーブが出来ないからとつまずく必要はありません。
もしフローターサーブが出来ないのであれば、アンダーサーブの練習をしましょう。
フローターサーブをすることを目標にするのではなく、サーブが相手コートに入ることを目標にしていくのです。
ある程度アンダーサーブができるようになれば、フローターサーブを練習しましょう。
少しずつレベルアップしていきましょう。

フローターサーブには肩の筋力が必要になっていきます。
そのため肩の筋力が弱いという人はフローターサーブはオススメできません。
自分の体調やレベルに合わせてサーブを打つようにしましょう。

バレーボールのアンダーハンドサーブとサイドハンドサーブの打ち方

バレーのサーブにはいくつかの種類があります。
練習を重ねていくと自分にあったサーブが分かるようになります。
自分に合ったサーブを見つけていきましょう。

ではサーブにはどんなものがあるかお話します。
一番最初にバレーで触れ合うサーブはアンダーハンドサーブではないでしょうか。
アンダーハンドサーブは左足への体重移動をしながら右手を降り出します。
ボールの斜め下面を手のひらの付け根に当ててください。このサーブは確実にコート内に入れたい時に使うといいでしょう。
アンダーハンドサーブをする際の注意点は打つ時トスを肘が曲がらないようにすることです。
肘が曲がってしまうとボールが上手くあたらずにフォームが崩れてしまうのです。注意しましょう。

サイドハンドサーブというサーブ方法もあります。
サイドハンドサーブも初心者にはオススメのサーブと言われており、スピードの早いサーブと言われています。
ボールの中心を捉えると無回転になるので、相手はどこに行くか分からないボールに戸惑ってしまうはずです。
サイドハンドサーブにも打つためのポイントがあります。
それは肘を伸ばして顔の前で打ち、腕の振りは半円になるように肩と平行にすることです。
アンダーハンドサーブがうまくできるようになれば、次にこのサーブの練習をしてみるといいでしょう。

バレーボールのサーブ練習は前半または中盤にしよう

バレーの練習は人それぞれ違いがあるでしょう。
部活動によっては一連の流れがあるという所もあるはずです。
練習の中でサーブ練習はいつ頃行っているのでしょうか。
日本国内の練習の傾向としてはサーブ練習は練習の最後の方で行っているかもしれません。

しかしサーブは練習の前半や中盤に行うことが効果的なのです。サーブはバレーの試合の勝敗を左右する重要な技術です。
サーブは個人の技能を自由に発揮することができる場所なので、集中力の維持ができるタイミングでの練習が必要になります。
練習の前半や中盤であれば選手の疲れはピークには達していません。

逆に練習最後では体力的にも心理的にも疲れを感じており集中して練習に挑むことが難しいのです。
そのため一番集中力が上がる練習前半や中盤でのサーブ練習が良いのです。
サーブ練習をその時間帯で行うことでサーブの上達率も上がります。

試合中であればフルセットになることがあるでしょう。その時には疲れがピークになっている選手がほとんどです。
その中でサーブが決まるかどうかにさらに神経質になる選手は多いはずです。
そんな場合を考えて練習最後に行うこともいいかもしれません。
しかし技術やスピードなどの強化を求めた練習ならば、練習の前半や中盤にサーブ練習をすることが好ましいでしょう。