バレーボールのサーブの打ち方とはコツやポイントを紹介

バレーボールのサーブはどのような打ち方であれば入るのでしょうか?バレーボールのサーブといえば、フローターサーブですよね。

しかし、なかなか入れることができない、ネットに当たってしまうときにはまずこの練習から初めてみましょう。

初心者向きのサーブとは?それぞれのサーブの打ち方やポイントを紹介します。ただ当てるという動きではなく、全身の動きを意識して行ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

書類選考の結果は?不採用は連絡なし?選考期間の目安と連絡義務

企業の面接を受けて書類選考の結果の連絡を待っているという人は、なかなか連絡が来ないと不採用になったの...

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本からコツまで解説

ソフトテニスでサーブを確実に入れるためにはトスの上げ方が大切だと言われていますが、始めたばかりの初心...

仕事が遅い新人にイライラ…教える側の技量も問われます

仕事が遅い新人に対して、イライラしてしまうことがありますよね・・・。つい怒ってしまいたくなる...

面接で笑顔を褒められたら合格?就職が成功するための心得とコツ

就職活動中の就活生の皆さん、面接で笑顔を褒められたら合格!という考えを持ってはいませんか?就職活動を...

電話を取る時に緊張して噛む人のための対策方法を教えます

社会人になると仕事で電話の応対をしなければなりませんが、最近ではメールなどの普及によって電話で話す機...

バレエでポワントが立てない原因とは?コツやポイントをご紹介

バレエのポワントがなかなか立てない、グラグラしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?...

私立と公立の教師の違いって?採用試験や待遇面での違いとは

教師といっても、私立と公立とでは採用試験や級両面、待遇や働き方まで違いがあります。では、私立...

仕事のミスやクレームの正しい対応や落ち込んだときの心の守り方

仕事でミスをしてしまったり、そのミスによってクレームが来ることもありますよね。では、そんな仕...

野球選手にとって不可欠な下半身トレーニングとは【野手編】

野球の選手にとって下半身トレーニングは欠かせないものですが、中でも野手のポジションの選手にはどんなト...

ソフトテニス戦略、前衛として相手にプレッシャーを与える動き方

ソフトテニスで相手に勝つためには戦略が必要です。特に前衛の動き方は重要で、フェイントなどを使いながら...

剣道【子供】を上達させるには?練習するときのポイント

子供の剣道を上達させるにはどのようなコツやポイントがあるのでしょうか?まずは、子ども自身に目...

給料が遅れる理由はやっぱり倒産?その時にやるべきこととは

今まで働いてきて給料が遅れるなんてことはなかったのに、今月は遅れた…。もしそんな事態になったらどんな...

職場の可愛い子はやっぱり目立つ!彼女が好かれる理由とは

職場の可愛い子が目立つのは、見た目だけではなかった!可愛い子は隠れて努力をしているのかもしれません。...

fラン大学生の就職活動にどんな資格が必要なのか徹底解説!

fラン大学生は就職活動をしても不利だから資格を取得した方がいい、なんて話を聞きますよね。しか...

上司への報告はどこまで?その基準と方法について説明します

昔であれば、仕事で何か問題があるたび上司へ報告したものですが、今はどこまで報告すればいいのか悩む若手...

スポンサーリンク

バレーボールのフローターサーブの打ち方のポイント

バレーは学校の授業で取り入れられるほど広く人に知られているスポーツです。
バレーを見ているだけではサーブは簡単に入ると思ってしまいますが、実は最初はサーブを相手コートにいれることも難しいものです。
最初にフローターサーブの練習をする人も多いのですが、フローターサーブには打ち方はあるのでしょうか。

フローターサーブがなかなか入らないという人にはいくつか原因があります。
代表的なものだと肘が下がっていることです。肘が下がる原因は左手を後方に下げる際に肘が曲がりすぎているためです。
つまり方と同じ高さになっているのです。肘が下がらないようにするためにはトスの位置を調整することで改善されます。

フローターサーブのコツはボールを打ち終わってからもしっかり見ることです。
サーブを打つ時に相手のコートを見てしまうこともあるでしょう。目標がある方がサーブが定まるという人もいるのです。

しかし相手のコートを見てしまうと打点が下がってしまうのです。
打点が下がるということは正確なコントロールができないということに繋がっていきます。
トスを上げて打つまではしっかりとボールを見ることが重要です。練習を重ねていくと少しずつネットを超えるようになっていきます。

ネットを超えるようになってきたら無回転サーブにチャレンジしてみてください。
フローターサーブは無回転の方がボールに変化が起こりやすいのです。試合中相手を動揺させることができるので、習得しておきたい技の1つです。

バレーボールのフローターサーブの打ち方を強化しよう

フローターサーブがなかなか上手く行かない方が多いですが、しっかりコツさえ掴めば簡単にできるサーブです。
上手く出来ないという方はフローターサーブのコツをまだ理解していない可能性があります。

フローターサーブに必要なことはトスです。トスが悪ければ良いサーブを打つことは難しいのです。
トスを上げるベストな位置は自分の斜め前方です。その部分にボールが落ちるように意識すれば変わっていきます。
前過ぎると打点が下がってしまうので注意しましょう。

他にも手のひらに正しく当てることもコツの1つでしょう。
ボールの真ん中に当てるように意識をします。
ボールの真ん中に当たらないボールはバチンと音はするのですが、まったく飛びません。ボールの真ん中と自分の手の正しい位置でボールを打つとしっかりとサーブは決まるでしょう。

フローターサーブを遠くに打つ時にもポイントがあります。
それはボールを打った直後にスナップを効かせないことです。スナップをせずにスイングを止めてください。そうすることでボールは無回転のままで飛んでいきます。

ただこのサーブで気をつけたいことはアウトになりやすいことです。
ネットスレスレで相手のコートの奥を狙うのがフローターサーブですが、サーブの位置を調整してアウトにならないように細心の注意を払いましょう。

バレーボールのフローターサーブの打ち方で大切なのは筋力

フローターサーブをするためにはコツがあります。そして基本的な打ち方もあります。

しかしその全てをしっかりとしているのにフローターサーブが決まらない人もいるのです。
フローターサーブが決まらないという人はサーブを打つための筋力が不足しているのかもしれません。
筋力に自身がないという人はサーブエリアに立ちボールをそのまま相手のコートに投げてみてください。
相手のコートにまで届くことができればサーブを相手コートに打つことができます。自信を持って練習をしましょう。

フローターサーブが出来ないからとつまずく必要はありません。
もしフローターサーブが出来ないのであれば、アンダーサーブの練習をしましょう。
フローターサーブをすることを目標にするのではなく、サーブが相手コートに入ることを目標にしていくのです。
ある程度アンダーサーブができるようになれば、フローターサーブを練習しましょう。
少しずつレベルアップしていきましょう。

フローターサーブには肩の筋力が必要になっていきます。
そのため肩の筋力が弱いという人はフローターサーブはオススメできません。
自分の体調やレベルに合わせてサーブを打つようにしましょう。

バレーボールのアンダーハンドサーブとサイドハンドサーブの打ち方

バレーのサーブにはいくつかの種類があります。
練習を重ねていくと自分にあったサーブが分かるようになります。
自分に合ったサーブを見つけていきましょう。

ではサーブにはどんなものがあるかお話します。
一番最初にバレーで触れ合うサーブはアンダーハンドサーブではないでしょうか。
アンダーハンドサーブは左足への体重移動をしながら右手を降り出します。
ボールの斜め下面を手のひらの付け根に当ててください。このサーブは確実にコート内に入れたい時に使うといいでしょう。
アンダーハンドサーブをする際の注意点は打つ時トスを肘が曲がらないようにすることです。
肘が曲がってしまうとボールが上手くあたらずにフォームが崩れてしまうのです。注意しましょう。

サイドハンドサーブというサーブ方法もあります。
サイドハンドサーブも初心者にはオススメのサーブと言われており、スピードの早いサーブと言われています。
ボールの中心を捉えると無回転になるので、相手はどこに行くか分からないボールに戸惑ってしまうはずです。
サイドハンドサーブにも打つためのポイントがあります。
それは肘を伸ばして顔の前で打ち、腕の振りは半円になるように肩と平行にすることです。
アンダーハンドサーブがうまくできるようになれば、次にこのサーブの練習をしてみるといいでしょう。

バレーボールのサーブ練習は前半または中盤にしよう

バレーの練習は人それぞれ違いがあるでしょう。
部活動によっては一連の流れがあるという所もあるはずです。
練習の中でサーブ練習はいつ頃行っているのでしょうか。
日本国内の練習の傾向としてはサーブ練習は練習の最後の方で行っているかもしれません。

しかしサーブは練習の前半や中盤に行うことが効果的なのです。サーブはバレーの試合の勝敗を左右する重要な技術です。
サーブは個人の技能を自由に発揮することができる場所なので、集中力の維持ができるタイミングでの練習が必要になります。
練習の前半や中盤であれば選手の疲れはピークには達していません。

逆に練習最後では体力的にも心理的にも疲れを感じており集中して練習に挑むことが難しいのです。
そのため一番集中力が上がる練習前半や中盤でのサーブ練習が良いのです。
サーブ練習をその時間帯で行うことでサーブの上達率も上がります。

試合中であればフルセットになることがあるでしょう。その時には疲れがピークになっている選手がほとんどです。
その中でサーブが決まるかどうかにさらに神経質になる選手は多いはずです。
そんな場合を考えて練習最後に行うこともいいかもしれません。
しかし技術やスピードなどの強化を求めた練習ならば、練習の前半や中盤にサーブ練習をすることが好ましいでしょう。