暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

同僚の退職が決まり寂しいと感じる人へ。その気持ちの解消法

   

同僚の退職が決まり寂しいと感じる人へ。その気持ちの解消法

仲の良い同僚が退職する事が決まったらショックと寂しさで一杯になると思います。
会社の同僚と言えば同じ環境で頑張ってきた仲間です。

そんな同僚が退職する事になれば嬉しい!と言った事にはならないでしょう。
ですが毎日寂しいと感じていても、仕方のないこと。退職する同僚が少しでも気持ちよく会社を辞める事ができるよう、残りの期間は気持ちを切り替えて過ごしましょう。

同僚の退職が決まり寂しいと感じたときの解消法についてお話します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

同僚が退職する事になり寂しいけれど、快く送り出そう

今まで一緒に働いてきた同僚が退職するとなると、寂しいですよね・・・。しかし、目の前の仕事はこなさなければいけないですし、寂しいと言ってばかりではいられません。

出会いもあれば別れもあります。残された時間は、とにかく同僚の良いところを吸収するようにしましょう。きっと同僚も、何かを残していきたいと思っているはずです。

残りわずかな一緒に過ごせる時間を大切に、無駄にしないようにしてくださいね。

そして一つ忘れないで欲しいのが、退職=最期の別れではないということです。確かにもう一緒に仕事をすることは出来なくなってしまいます。しかし、会おうと思えばいつでも会えるものですよ!

辞めてしまう前に、同僚はどんな存在だったのかをしっかりと相手に伝えてあげると良いと思います。同じ時期に入社した同僚はライバルでも戦友でもあり、きっと刺激をもらえて、励ましあうことが出来て、相談できる相手だったのではないでしょうか?

それらの感謝をしっかりと相手に伝えてあげることで、きっと同僚も頑張ってきた甲斐があったと思えるはずです。最後は労いの言葉をしっかりと贈ってあげましょう。

同僚が退職して寂しいと感じる人へ。これが最後だと思わないで!

同僚が退職するとなると、どうしても寂しさが一番にきて悲しい気持ちになってしまいますが、そうネガティブな気持ちになる必要もありません。転職で退職するといった場合でも、その人には新しい会社での生活が待っているのです。

確かに、もう一緒に仕事が出来ないというのは寂しいですが、本人のことを考えてみてください。新しい会社で、自分がやりたい仕事が出来るのです。転職後に楽しく働いていることを想像してみると、応援してあげようという気持ちにもなりませんか?

同僚が退職すると言っても、一生のお別れをするわけではありませんよ!もし連絡先がわからないのであれば、退職する前に聞いておくと良いでしょう。会社で会うことは出来なくとも、プライベートで会おうとすればいくらでも会えますよ。寂しくなった時には連絡を取れば良いのです。

同じ職場の同僚が退職する事に!その寂しい気持ちや心境とは?

自分自身を見つめ直すきっかけになる

  • 自分はこれで良いのか?自信がなくなってしまって、自分のキャリアが心配になります。
  • 自分はどうすべきか考えてしまう。
  • この会社に居続けて良いものか、自問自答します。
  • 自分も辞めたいと思ってしまいます。

寂しい

  • もう一緒に仕事が出来ないと思うと、とにかく寂しい。
  • 今まで一緒に頑張ってきた人が辞めてしまうのは、とても寂しいです。
  • 仲の良い同僚であれば、友人がいなくなったような気持ちになってしまう。
  • 先に卒業して、新しい道へ進むんだ・・・と寂しく思う。

応援する

  • 相手が気持ちよく退職できるように、送り出します。それが思いやりだと思うので。
  • 次の会社でも、元気に頑張れ!と思います。

気になる

  • どうして転職しようと思ったのかが気になります。
  • 転職先はどこなのか、気になります。いい会社だったら羨ましく思ってしまう。
  • 転職理由を聞いて、自分も該当するのかを考えてしまいます。もし自分とは関係ない理由だったら、ホッとしてしまいます。

会社を退職する側の人間が気をつけるべき点とは?

退職して一人抜けるとなると、誰かがその仕事の穴埋めをしなくてはいけなくなります。それぞれが沢山仕事を抱えている状況で、更に仕事を増やすことになってしまうのですから、なるべく負担は少なくするようにしてください。

上司に退職の意思を伝える際は、遅くとも2週間前には伝えてください。しかし、仕事の引継ぎなどもあるかと思いますので、1ヶ月~それ以上前に伝えておく方が好ましいと思います。

余裕を持って退職意思を伝えることで、スムーズに事が運ぶでしょう。

また、退職の意思を伝えると必ず理由を聞かれます。その際は、正直に伝えることが重要になります。と言っても、「この仕事が嫌なので。」「嫌いな人がいるので。」などの不満を言うのはNGですよ。「他の会社から声がかかりました。その仕事をすることで、自分が更に成長できると思っています。家族との時間も増えると思いました。」というように、自分が求めていることに焦点をあてて話すようにしましょう。

会社を退職した側が寂しいと感じるのはこんな理由

会社を退職するとなると、残された側も寂しいですが、本人も寂しさを感じています。今まで仕事で築き上げてきた人間関係を失ってしまうため、心に穴が開いたような気持ちになってしまいます。

毎日一緒に過ごしてきた仲間と、退職を機に顔を合わせる機会もほとんど無くなってしまうのです。寂しさを感じない人の方が珍しいでしょう。

特に、仲の良い同期や尊敬する先輩・上司、可愛がっている後輩などがいた場合には、その寂しさもより一層大きなものとなります。

もし仕事終わりにご飯に行っていたような仲であったとしても、プライベートで1対1で会うような関係で無い場合には、今後ずっと顔を合わせない可能性だってあります。

そして、ここで出来てしまった心の穴というのは、いつ埋まるのか、本当に埋まるのかどうかもわかりません。

職場の穴は転職先に入社すれば埋まるかもしれませんが、人間関係の穴を埋めるまでにはかなりの時間がかかるでしょう。

しかも、本当に埋まるかもわからないという状況で不安な状態が長く続くのです。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ