ソフトテニスの練習方法!フットワークが上達するトレーニング

ソフトテニスの練習ではフットワークを鍛えることがとても重要なポイントになります。

ここでは、遠くのボールに追いつくフットワークや前後のフットワークを鍛える効果的な練習など、テニスの要となるフットワークを鍛えるトレーニング方法についてご紹介致します。
フットワークを身につけることで、ソフトテニスは上達していくことでしょう。

ぜひ参考にして練習に励んでください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

同期が辞めるとわかって寂しい、でも前向きに考えて送り出そう

今までずっと仲良くしてきた同期が辞めることになると、不安や寂しい気持ちになりますよね。なんと...

ソフトテニスのローボレーの打ち方のコツ。姿勢や足さばきなど

ソフトテニスの前衛でローボレーが上手くない、苦手という声をよく聞きます。ローボレーが上手く打てる...

仕事を覚える期間に必要なことと早く正確に覚えるためのコツ

仕事を覚えるまでにかかる期間というのは、個人差がありますね。でも、なかなか仕事が覚えられない...

バスケの初心者はこう動こう!バスケットボールでの動き方

バスケットボールを始めたばかりだと、「どこにいたら良いのか」「どのように動いたら良いのか」「味方の邪...

消防士の体力試験の評価の目安と試験対策!

消防士になるためには、消防士採用試験を受けて合格しなくてはなりません。筆記試験や面接の他に体...

バイト先の店長が怖い!怖い理由を探って対処法を見つける方法

バイト先の店長が怖いという悩みを抱えながら日々のアルバイトに精を出している人もいますよね。バイト先の...

上司との面談で泣く部下の取扱説明書!上司が部下にできること

上司と部下で面談をしているとき、部下が泣く場面に遭遇してしまった!仕事の最中に部下が泣いてしまった!...

レセプションとは!バレーにおける意味やその役割について解説

テレビでバレーの試合を見ていると、解説者が「レセプション」という言葉を使っていますよね。「レ...

少人数の職場では急に休めないない実態がある!そのワケと対策

少人数の職場だと、体調が悪かったり急用が出来てもなかなか休めないという場合がありますね。人手...

ナックルとフォークの違いとは?名前の由来から特徴まで解説

プロ野球を観ていると、ピッチャーが投げた球種が表示されますが、その種類の中でよくわからないのが「ナッ...

牽制が野球の試合を制す!そのやり方について徹底解説します

野球の試合において牽制でランナーをアウトにすることもできますが、正しいやり方やコツがわかっていないと...

陸上の走り幅跳びで記録を伸ばすための筋トレ方法を教えます

陸上の跳躍種目の中でも走り幅跳びは、まず速く走る力が必要となるでしょう。では、記録を伸ばすた...

バレーのアンダーサーブの基本と上達のコツ【初心者向け】

バレーボール初心者はまず、サーブの練習から行います。サーブの仕方にはいろいろなスタイルがあり...

ハローワークから紹介された企業の面接を断る方法をご紹介

ハローワークから紹介状をもらった企業の面接は、断ることが出来るのでしょうか?絶対に受けなけれ...

跳び箱の台上前転の怖いを克服するためのコツや練習方法とは

跳び箱の台上前転は怖いと感じる人は多いですが、その恐怖心があると余計にできなくなってしまいます。...

スポンサーリンク

ソフトテニスの練習でフットワークを鍛えるラダートレーニング

テニスをする上で重要なことは一体どんなことがあるのでしょうか。
テニスはラケットを振って相手とのラリーを続けていきます。
ラリーと続ける上で手の振りが重要だと思っている人もいます。
実はテニスをする上で必要なことはフットワークを身につけることなのです。

フットワークを身につけるため重要な練習方法

それはラダートレーニングという練習です。
ラダートレーニングとは複雑なステップを使って早く駆け抜ける練習方法です。
この練習をすることで持久力が養われ正確にジャンプし着地することができるのです。
これは野球でもサッカーでも取り入れられる練習方法です。
ラダートレーニングをしようとしても最初は身体に負担がかかってしまいます。
その前にラダートレーニングをする前にのウォーミングアップが必要です。
ウォーミングアップと言っても難しいことはありません。
ウォーミングアップはただ歩くだけで構いません。
その際に背筋を伸ばし胸を張りましょう。
その体勢で背中の軸を伸ばすことができ、肩甲骨を寄せることができます。
この姿勢で歩き終われば、軽くジョギングしてウォーミングアップをします。

ウォーミングアップが終わればようやくラダートレーニングに移ります。
ラダートレーニングの時はまずラダーに合わせて正面からランニングをします。
その次はサイドステップ、クロスステップ、もも上げと練習をします。
ラダートレーニングをする際にテニスは両足の親指の付け根に力を意識しましょう。
ただなんとなくやるだけではトレーニングにはなりません。
意識しながら練習することで、テニスは上達するでしょう。

ソフトテニスの練習で遠くのボールに追いつくフットワーク

テニスをする上でフットワークを軽くすると良いことがあります。
それはどんなに遠くに飛んでしまったボールでも追いつくことが出来るということです。テニスは持久力を要するスポーツです。
長時間の試合になれば遠くのボールを諦めてしまう人もいるのです。
しかし諦めてしまえば試合は負けてしまうかもしれません。

遠くのボールに追いつくために必要なフットワークについて紹介します

  1. 追いつくためにはボールに追いつくフットワークと微調整のフットワークが必要です。
    まずボールに追いつくためのフットワークです。
    テニスだと自分のいる場所にボールが来るということは珍しいです。
    いかに相手を走らせて疲れさせるかを考えてボールを打ってくるでしょう。
    ボールに追いつくためには普通に走りましょう。
    ボールの方向に体を向けて走ります。
    ここで注意が必要なことは目線が上下しないようにしましょう。
    走っている途中やラケットを引いた際には目線が動きます。
    その時に意識するといいでしょう。
  2. 次に微調整のフットワークです。
    調整のフットワークとはボールを打つ場所のフットワークを言います。
    ボールを追いかける際多くの人は大股で走るでしょう。
    しかし大股で走りボールを打つとボールとの距離が合わないことがあるのです。
    その時に微調整が必要になってきます。
    微調整に必要なことは小刻みにすることです。
    例えばボール付近では狭い歩幅でステップを踏むなどの工夫です。
    しっかりと打ちたい場合はボール付近で細かくステップを踏むことが重要なので覚えておくといいでしょう。

ソフトテニスで前後のフットワークを鍛える効果的な練習

フットワークを軽くすることで試合に余裕が生まれます。
前後に行き来することがテニスの試合では多いので、フットワークが軽いと柔軟に対応することができるのです。
しかしフットワークは生まれ持った才能ではなく、練習が必要になります。

フットワークを軽くするために効果的な練習方法

  1. スタートの練習方法
    練習を行う際のポイントはボールを出してくれる選手が打った直後に動き出すことです。ここで早くスタートしてしまってはボールが来る位置で待ち構えることができてしまうので練習にはならないのです。
    シビアなタイミングで練習することによって反射神経を鍛えることができるのです。
  2. 右足の設置の練習方法
    前後に走ってボールを打つ練習は体力しか付けることができません。
    それを防ぐためにボールの落下点にいち早く右足を置くことを意識しましょう。
    もし前に出ると引っ張りにしか打てないという方も右足を早く設置することで解決することができるはずです。
  3. ステップの練習方法
    前後へ動く時のステップは重要なので練習しておきましょう。
    しかし前へのステップは簡単です。
    後ろのステップが難しいので、後ろのステップは特に練習が必要な部分です。
    よくサイドステップで下がる人がいるのですが、これを試合中行うと足元に突かれてしまいます。
    後ろに下がる際には頭だけを相手方向に向け、下半身は後ろに向かってクロスステップで走る下がり方がベストです。
    相手の状況を確認することができるので挑戦してみてください。

キレの良いフットワークを行うためのポイント

フットワークが重要だと言ってもなかなかキレが良いフットワークをすることは難しいかもしれません。
キレを良くするためにはポイントが存在するのです。
このポイントを抑えることでフットワークにキレが生まれてテニスの試合でも役に立つはずです。

  1. スプリットステップを使い分ける
    スプリットステップのイメージとしては両足を開いた状態で軽くジャンプすることです。この動きはテニスをする上で重要な動きになります。
    スタートを効果的に早めることができる技なので、苦手意識を持たずに行いましょう。
    短い移動をする時には大きなジャンプを意識することはありません。
    コンパクトに切れの良いスプリットステップを行うことで加速がしやすくなります。
    大きなスプリットステップを行う場合は、遠い距離の移動を素早く行う時です。
  2. 膝の固め方
    スタートを早めるためには膝の使い方にポイントがあります。
    加速するためのポイントは膝を固めて地面を弾く感覚です。
    この感覚をつかむことができるとスタートのキレが良くなります。
    何度も練習を重ねていくうちに自分なりの感覚が分かってくるはずです。
    その感覚をつかむように何度も練習を重ねてみましょう。
    逆に遠い距離を移動する時には膝は柔らかく使います。
    そうすることで大きなスピードを生むことができるのです。

ソフトテニスが上達するフットワークのトレーニング方法

テニスはただボールを追っているように見えますが、実は様ざまなステップが存在します。
そのステップの組み合わせをマスターすることによってソフトテニスが上達していきます。

ステップにはさまざまな種類がある。代表的なステップをご紹介します

  1. まずはサイドステップです。
    サイドステップは最もオーソドックスな反復横跳びの動作のことを言います。
    横を向いて走ってしまうとボールが見えないのですが、ステップを取り入れることで相手を見ながら移動することができるのです。
    サイドステップを練習するためにはゴムチューブをつけるトレーニングが効果的です。
    足にゴムチューブをかけてそれに抵抗を感じながらゆっくりとサイドステップを行います。
    足を広げるおしりの横の筋肉が鍛えることができ、素早くサイドステップができるのです。
  2. 次にクロスステップを紹介します。
    クロスステップとは前を向きながら普通に歩いている時のように足を逆側にクロスさせて移動するステップのことを言います。
    クロスステップを習得するためには球出しや素振りが効果的です。
    足の内側の筋肉を使うので内側の筋肉を鍛えられスムーズに動けるようになります。
    まだまだステップには種類があります。
    そのステップを1つ1つ習得することでテニスはより面白いと思えるはずです。
    1つ習得するごとに1つ新しい技を覚えることで楽しいと感じながらテニスができるでしょう。