保育園の経営は儲かるの?保育園経営の裏事情とは

「保育園の経営はどうやら儲かるらしい」という噂を耳にしたことありませんか?

実際に本当に保育園の経営が儲かるかどうかについて調べてみました。

初期投資も少なく確かに利益率は高いですが、儲かるには信頼と実績がやはり必要かもしれません。
また、保育園が不足している理由や保育園経営のメリットについてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

休職と退職の違いとは?それぞれの特徴を確認しよう

退職を考えているときには、休職をしてから退職をしたほうがいいのでしょうか? それともすぐに退職をした...

転勤が多いといわれている職業と転勤が多い理由

世の中には様々な職業がありますが、転勤が多いといわれている職業はあります。調べてみたところ、...

自衛官の定年後の就職先は?定年が早い自衛官の再就職について

自衛官は公務員ですが、一般の公務員よりも定年の年齢が早いです。このため、定年を迎えた年齢でも再就職を...

裁判所事務官の面接試験は難関?その内容と合格ポイントとは

裁判所事務官の2次試験である面接。面接カードに書かれている内容について質問されることになっているよう...

卓球女子にオススメな練習メニューを紹介。卓球の大事な基礎とは

卓球と聞くと地味なイメージを持ってしまう人も少なくないでしょう。ただピンポン球を打っているだけと...

警察採用試験の面接でよく聞かれる質問は?面接必勝法

警察採用試験は各都道府県で行われますが、実施内容が若干異なります。ただ、面接時に聞かれる質問はあ...

水泳のバタ足が進まない時のコツや練習方法・ポイントを解説

水泳をやっている人の中には、バタ足がなかなか進まないことに悩んでいる人もいますよね。進むことができな...

ボクシングのストレートはコツを掴めば初心者でも打てる

ボクシングのストレートを打つには、コツを掴めば初心者でも打てるようになります。特に、ボクシン...

退職後の書類はいつ届く?離職票が届く日数と返却される書類

会社を退職したあと、退職した会社から離職票をもらわなければ失業保険の手続きをすることができません。退...

内定辞退はできる?転職はいつまでできる?

転職をしたいと考えている時、内定をもらった企業の条件と自分の条件が合わないなどの理由で、内定辞退をし...

警察の交通課は忙しい!特に忙しいのはやっぱりあの時期!

警察の交通課。スピード違反の取締りや人身事故の処理などを行うため、警察の中でも特に忙しいイメージがあ...

警視庁職員になるための試験の難易度は思ったよりも低かった!

警視庁の職員になりたい場合は地方公務員の試験を受けることになりますが、気になるのはその難易度について...

先輩への誕生日プレゼント【女性編】選び方のポイントや注意点

いつもお世話になっている女性の先輩へ誕生日プレゼントを贈るときには、どんなものを選んだらいいの悩みま...

剣道防具の洗い方!自宅で洗う方法とポイント、注意点を解説

剣道の防具は、いくら普段から手入れをしていても強烈な臭いがしてしまうもの。消臭剤を吹きかけても拭...

空手の蹴り上達のための練習で意識するポイントを教えます

空手の蹴りにはいろいろな種類がありますが、練習によって上達させることができれば試合でも有効に使えるよ...

スポンサーリンク

認可保育園の経営は儲かるの?

保育園の経営について、漠然に聞くととても大変で難しいことのように思えますよね。

しかし実際には、待機児童が問題とされていたり、保育士不足が懸念される中で、保育園の必要性が高まっています。
具体的に見ていきましょう。

保育園自体の数が足りていない

先ほども言いましたが、特に都心では待機児童が深刻な問題となっています。
預け先がないと、親としては働くことが出来ません。

育児休暇などで、復帰する時期が明確に決まっている状況だと余計に焦りますよね。

このような状況を解決するためにも、保育園はもっと必要とされています。
新しく保育園を経営すれば、おのずと園児が入園してくるでしょう。

園児の斡旋を役所がしてくれるので、広告費などがかからない

保育園を経営している経営者や、保育士が園児を入園するために営業活動をしたり、広告を作って街頭で配るなんてことをしなくてもいいのです。

役所の方で、園児が入園出来るように説明をしてくれたりするので、そのような手間や経費をかけずに済みます。

他の商売となると、自分たちで人を呼び込む必要があるので、そのような部分が大きく違うのではないでしょうか。

保育園には補助金が出る

園児の年齢によって変わりますが、入園している園児に応じて補助金が毎月支給されます。
子供一人当たりとして、金額が定められているので、たくさんの園児を受け入れることが出来るとその分、補助金も支給されるということになります。

保育園経営が儲かるならなぜ不足しているの?

実際に保育の現場にいる人は、都市部になればなるほど保育園が足りないと感じると言います。

都市部ほど、土地単価も高くなりますし、広く使える土地が少ないこともあります。
しかし、保育園は年齢によって変わりますが、一定の面積の基準が設けられています。

子供一人当たりに必要な、保育士の人数も基準があります。

このような基準を満たす条件を確保しようとすると、広い土地が必要になり、保育士も一定数必要なのです。

このような基準を満たすことを考えると、保育園を運営することに大変な部分があるということもよくわかります。

また、保育園では小学校入学前の小さな子供たちが複数で過ごします。
怪我や事故ということも、十分に考えられます。

感染症や食中毒といった問題が発生した場合、経営者は責任を問われ厳しい処分を受けることもあります。

そのような、人の命を預かるという責任の重さも不足を招く要因になっているかもしれません。

保育園経営よりも駐車場経営の方が儲かると言われている理由とは

駐車場経営は、そんなに儲かるのでしょうか。
そもそも駐車場経営は、固定資産税を払わなければならないが使い道がないという土地を、有効に利用するために行われることが多いようです。

資金面での負担も少なく、経営の知識がそれほどなくても始めることが出来るということも言われています。

立体駐車場の場合だと、建設費も必要となり、初期投資は避けられません。
しかし、立体にすることでより多くの駐車を可能にするので、利益としては多くなることが見越せます。

平面駐車場だと、初期投資はほとんどかけることなく始めることが出来ます。

比較的少ない資金で始めることが出来て、仮に思ったように売り上げが伸びなくてもリスクが少なくて済むとされています。

このように不動産の投資として、駐車場経営が人気を集めているようです。

保育園経営のメリットとは?園が安定すれば儲かるかも

保育園を経営するにあたって、どのようなメリットがあるでしょう。

まずは、他の商売に比べると、初期投資金額が少ないと言われています。

そして、利益率が高いことも特徴です。
通常の月極めでの保育の他に、利益が高いとされている一時預かり保育も必要性が高まっていて、利益を確保することで安定性も増します。

必要な経費としては、保育園の土地のお金や人件費です。
光熱費はどの仕事でも必要なので、ここではあえて書きません。

一度入園した園児は、急な引越しという理由でもなければ数年は通うことになるでしょう。

長期的な利益が見込めるので、安定した経営にも繋がります。
よりよい保育に努めることで、兄弟での入園もあります。

急な園児の人数の変動ということも少なそうですね。

認可保育園の経営が一番儲かると言われる理由とは?

保育園には認可保育園と認可外保育園があります。

認可の保育園は、国の基準を満たし認可を受けているので、補助金を受け取ることが出来ます。
国の予算でも、認可保育園に多額の費用を充てています。

しかし、認可外保育園とは国の認可を受けていないので、補助金を受け取ることが出来ません。

運営を毎月の保育料の収入から賄うことになるのです。
なので必然と、保育料の設定金額も割高になります。

親としては、少しでも安い金額で預けることが出来る認可保育園という選択になりますよね。

認可保育園は補助金があるので、安く保育料を設定することが出来るのです。
金額が安いから園児が集まる、園児が集まると補助金が支給されるというシステムでですね。

補助金があることで、園の設備も充実させることも出来、さらに園児が集まるキッカケにもなるでしょう。