テニスの後衛のコツとは?前衛のサポート役で終わらせない方法

テニスの後衛はどんなことを意識して動く必要があるのでしょうか?コツやポイントとは?

前衛の足を引っ張らないようにと、いつもの力を出し切れていないときには後衛がしなければいけないことを確認してみましょう。
前衛をすることで、後衛の動きがわかるかもしれませんね。

テニスの後衛のスキルを上げるには、このような練習方法がおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

柔道の寝技を最強にする基礎トレーニングや練習のコツとは

柔道の寝技が最強に強くなりたいなら、基礎となるトレーニングやコツを掴んだ練習を重ねる必要があります。...

ソフトテニス初心者のためのスライスの打ち方とコツを教えます

ソフトテニスを始めたばかりの初心者だと、スライスの打ち方がよくわからないですよね。スライスを...

教育実習の時の髪型はパーマNG?注意するポイントを徹底解説!

教員免許を取得しようとしている人にとって大事な「教育実習」。ここで印象が悪くならないように注意しなけ...

火葬場の仕事の内容や給料はいくらか調べてみた!やりがいとは

日本の火葬技術は世界一といわれるそうです。火葬場の仕事にはどんなイメージがありますか?...

バレーボール【中学生女子】上達のための練習方法について

テレビでバレーボールの女子の試合が放送されると、まだ中学生とはいえうまくなるためにたくさん練習しよう...

学校の用務員になるには!用務員の就職方法や仕事内容

私達が小学生の頃や中学生の頃、学校には「用務員さん」と呼ばれる人がいましたよね。いつも笑顔で挨拶...

サービス残業は当たり前?公務員の残業について

公務員は定時で帰ることができるというイメージが強いですが、実はそんなことはないようです。サー...

教員採用試験の服装の一次試験で迷うなら、スーツがおすすめ

教員採用試験の一次の多くは筆記試験です。筆記試験なので募集要領には「服装自由」と書かれていること...

サッカー初心者のサッカー上達のコツ!取り入れたい練習を解説

サッカーをはじめたばかりのサッカー初心者の人は、どうすればサッカーが上達するのか、コツを知りたいと思...

上司との面談で泣く部下の取扱説明書!上司が部下にできること

上司と部下で面談をしているとき、部下が泣く場面に遭遇してしまった!仕事の最中に部下が泣いてしまった!...

大学編入で理系から文系に変えるならスムーズ?大学編入の注意点

理系の大学に入学した後、やっぱり自分は文系が合っていたのかもと理系から文系へ大学を編入しようと考える...

居酒屋でのアルバイトのコツ!メリットと気を付けるべきポイント

居酒屋は他のアルバイトよりも効率的にバイト代を貯めることができて、人気のアルバイトです。働いてい...

No Image

野球の球速アップのための筋トレ方法とは?バランスよく鍛えよう

筋トレで鍛えたことによって球速アップしているプロ野球の投手も増えてきましたよね。では、どんな...

大学の単位は4年生になる前に取っておこう!その理由を徹底解説

大学4年生ともなると就活もあり、大学へ行かない日の方が多くなりますよね。そうなると気になるの...

コンビニの接客で覚えておきたいコツ!笑顔・挨拶・レジ操作

これからコンビニで働こうと思っている人やすでに働いている人の中には、接客をする時のコツについて知りた...

スポンサーリンク

テニスの後衛のコツは仕事をきちんとこなすこと

テニスの後衛の仕事は大きく分けて2つ

  1. ラリーをつなげること
    ここで勘違いしないでいただきたいのですが、後衛は攻めるのではなく守ります。
    相手の後衛の方とラリーを続け、どんなボールも拾って守り続けることが仕事です。
    ポイントを取ろうとしてミスをすることが一番やってはいけないことなので、後衛は守りという意識を持ちましょう。
  2. 前衛をかわすこと
    相手の前衛は常に邪魔をしてきて、こちらがチャンスボールを打ってしまうことやミスをすることを狙っています。
    攻めに行ってポイントを取られてしまった時は仕方が無いですが、無意味ポイントを取らせたくはありませんよね。
    スピードの無いボールは相手のチャンスボールになってしまうことがあるので、考え無く攻め続けるのはよくありません。
    ミスで自滅しないように、守りをしっかり意識して攻めるときは的確に攻めましょう。

テニスの後衛で大切なのは?コツはコントロール力をあげる事

テニスの後衛で大切なことは何でしょうか?
それはコントロール力をあげることです。

テニス初心者の方はプロが打っているような速い球に憧れることが多いですが、いくらボールに速さがあってもコントロール力が無ければ場外ホームランのごとく飛んでいってしまいますよね。

テニスは体だけではなく頭も使ってポイントを取るゲームだということを理解しましょう。
相手とラリーを繰り返して陣形を崩し、隙をつくのがテニスです。

試合中に頭の中でボールを返す場所、それによる相手の動き、ここに打てばガラ空きになるということをイメージし、実行します。

イメージ通りの場所にボールを打つためにはコントロール力が必要になるのです。

さらに、試合の展開を想像する力も必要になります。
試合が始まったらまずは相手の実力や弱点などを探り出していくと良いですね。

テニスで後衛がポイントをとるコツ

テニスの後衛のポジションになったときはゲームメイクができるようになると良いです。

後衛はしっかり相手の後衛とラリーしてチャンスを引き出し、前衛にポイントを決めてもらいましょう。

後衛同士のラリーでその試合の主導権をどちらが握るかが決まる

なぜ後衛の自分ではなく前衛にポイントを決めてもらうのでしょうか?
それは、後衛は前衛に比べると打ったボールが相手に届くまでに威力が落ちてしまうからです。
どんなに強烈なサーブなどを打ったとしてもポイントを取るのは難しくなってしまうのです。

ポイントを取るコツは相手の前衛とどう向き合うのかが大切になる

強いペアの場合、前衛が活発に動いてプレッシャーをかけてきます。
しかし、それに負けてはいけません。
試合の初めにストレートへの展開を入れて思い通りにさせないようにしましょう。

ファーストポイントの印象はなかなか消えないので、印象が強いと相手の前衛はクロスラリーに絡むことができずに終わることもあります。

後衛はしっかりとゲームメイクができるようになるとポイントが取りやすくなりますよ!

テニスの後衛がポイントを決めるのは難しい!しかしチャンスはある!

上記で後衛は守りを意識することとお伝えしましたが、勝つためには攻めのチャンスがあれば攻めることが必要です。

後衛がポイントを決めるのは難しいことですが、そんな後衛はどんなことをするとポイントを取るチャンスになるのでしょうか。

ストレート展開で強く押し込むボールを打つことです。
高い打点から打ち込む場面だと相手の後衛はミドル割りにも警戒するので広い範囲を守ろうと意識をします。
しかし、結果的にストレートに打ちこまれると少し反応に遅れが出るので、後衛がポイントを狙えるショットになるというわけです。

打ち方のポイントですが、フラットな面でラケットをほぼ平行に振り、ボールを押すように打っていきます。
バウンド後に伸びるボールをイメージしてベースライン際を狙って打ちましょう。

相手にミドル側を警戒させる作戦なのでどのに打つのか相手にわからないような雰囲気を出しておくことも大切です。

右ストレート展開からクロスへ引っ張る中ロブもポイントになりやすいので、チャンスを見つけたらその時に合った方法でポイントを取りにいきましょう。

テニスの後衛力がアップする練習方法とは?

テニスの後衛力がアップする練習方法とはどんなことがあるのでしょうか?

コート上でネットを挟んでお互いにボールを打ち合う練習のことを乱打と言います。
簡単にいうとラリーを続ける練習です。

ほとんどの学校の部活やクラブチームなどの練習に取り組まれているほど、ポピュラーな練習方法ですね。

ただラリーを続けるだけではなく、お互いに打ち合う球種を制限したり、ロブの打ち合いをしたりなどいくつかラリーの練習方法はあります。

この練習をしているときに意識したいことは、深い位置までしっかりとボールを打つようにすることです。

ロブとシュートボールの打ち合いをする練習方法では、高さや深さに気をつけたり打点の高いところで打ち抜くということを意識しましょう。
ネットミスやアウトにならないように気をつけながら練習することが大切です。