暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

大学のテスト勉強を一夜漬けで乗り切る方法と効率よく覚える方法

      2018/10/24

大学のテスト勉強を一夜漬けで乗り切る方法と効率よく覚える方法

大学のテストが迫っているのに、なかなかテスト勉強が手に付かないという人もいますよね。ちゃんと勉強しなくてはダメなのに、どうしても勉強をする気になれない!そんな時には一夜漬けでテストを乗り切ろうという考えが働くものです。

大学のテスト勉強を一夜漬けでする時、どんなことに気を付ければ上手く乗り切ることができるのでしょうか。少しでも効率よく勉強する方法は?

今回は、大学のテスト勉強を一夜漬けで乗り切る方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

大学のテスト勉強を一夜漬けで乗り切るには

テストを一夜漬けで乗り切ろうと考えている大学生も多くいることでしょう。一夜漬けともなれば時間はかなり限られていますので、どのように勉強をするかがとても重要になってきます。

一夜漬けをするのであれば、必ず過去問を手に入れるようにしましょう。過去問が無ければ始まりません。もちろん同じ問題が出るということは無いかと思いますが、ある程度問題の傾向などを知ることは出来るでしょう。

そして過去問を参考にして、どのような問題が出るのかを予測するのです!それが出来たら苦労しないと思うかもしれませんが、それでもあなたには時間が無いということを自覚してください。一夜漬けしないといけない状況に陥っているのも、あなた自身が生み出したものです。どんな問題が出るのか考えるのです!

一夜漬けをしている時点でこんな事は考えていないかもしれませんが、100点を狙う必要はありません。目指すは80点です。

一夜漬けで100点を目指そうだなんて、無理な話です。科目が1教科だけというなら良いですが、大学のテスト科目は他にもありますよね?全てで100点を目指そうだなんて絶対にしないでください。

大学のテスト勉強を一夜漬けで乗り切る!でも徹夜はしない方が良い

本来であれば計画的に勉強しておけば良いものを、気がつけば勉強しないまま試験が翌日に迫ってきてしまったなんていうのはよくある話です。

時間が無い中で、とにかく沢山の知識を詰め込もうと一夜漬けをする人も多くいます。しかしその場合でも、少しでも良いので必ず睡眠をとるようにしてください。

というのも、睡眠をとることで記憶が定着して、脳をリフレッシュさせることが出来るからです。夜中になかなか覚えられずに苦労したことでも、翌朝起きたら意外に覚えていたなんてことがあります。

だから、一夜漬けする場合でも睡眠を取ることはとても重要になるのです。短期間で覚えた記憶というのは、その分早いスピードで消えていきます。寝ないで試験に臨んでしまえば、前日の夜に覚えたはずの記憶が試験の際には既に消えてしまっていることもあるのです。

そして一夜漬けで全範囲を勉強しようとするのは、まず無理です。広く浅い勉強になってしまって、結局何も記憶に残っていないなんてことが起こってしまいます。もう時間が無いのですから、ある程度ヤマを張りましょう。

大学のテスト勉強を一夜漬けするときにできるだけ覚えるには

一夜漬けでテスト勉強をする場合は、本当に時間との勝負になります。しかし、だからと言って休憩もせずにひたすら勉強をするのは効率が悪いのです。

というのも、人間の集中力というのは90分が限界と言われています。大学の講義が90分なのも、そこに理由があったのです。

だから、90分以上続けて勉強しようと思っても集中は続きません。90分経ったら10分休憩をするなどして、勉強するようにしましょう。

そして勉強をする際、ひたすら「読む」もしくは「書く」だけを繰り返してしまっている人も多いことでしょう。

そんな人は、五感をフルに働かせる勉強法を取り入れてみてください。そうすることによって、記憶の定着率は確実に上がります。読む書くだけでは無く、声に出して耳で聞いたり、ジェスチャーを付け加えて覚えるなどすることで、覚えたことを忘れ難くなるのです。是非試してみてください。

一夜漬けでテスト勉強を乗り切る時のポイント

一夜漬けする人は、一夜漬けをする人なりの勉強法というものがあります。何せもう時間が無いのですから、限られた時間で少しでも多くのことを覚える為には一夜漬けなりの勉強をしなくてはいけません。

その為にも、まずはしっかりと一夜漬けをする為の準備をしておいてください。夜中になって「あのプリントが無い…!」となっても、友達にコピーさせてもらう時間なんてもうありません。どうすることも出来なくなってしまうのです。

こんな事態に陥らない為にも、一夜漬けするのであればしっかりと事前に準備もしておいてくださいね。

そしてもちろん、教科書を1ページ目から復習している暇なんてありませんよ。優先順位をつけて、重要だと思われるところから勉強していきましょう。こんな状況である以上、ある程度妥協することも大切です。ヤマを張るくらいの勢いで勉強をした方が良いでしょう。

そして、脳をリフレッシュさせる為にも仮眠をとることも忘れずに!そのまま朝まで寝てしまったなんてことが無いように気をつけましょう。

一夜漬けで勉強をしてもすぐに忘れる!コツコツ勉強が大切です

出来ることなら、一夜漬けで勉強というのは誰もが避けたいものです。そう思っているにも関わらず、テスト前になると毎回一夜漬けをしてしまうという人も多いのでは無いでしょうか?

人間の記憶力というのは、そう長くは続きません。一度覚えたものでも、一時間後、一日後には半分以上忘れてしまっていると言われています。

では、忘れない為にはどうしたら良いのか?重要なのは「復習」です。一度覚えたことを何度も復習することで、記憶が定着していくのです。やっぱり大切なのはコツコツ勉強することなんですね…。

一夜漬けで覚えたことを、その後も長い間記憶しているという人はいないでしょう。そうなると、また受験の際には一から覚えなくてはいけなくなってしまいます。

普段から復習をして、コツコツ勉強する習慣を身に付けるようにしましょう。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ